釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

夢のバラマンディ ~最終話~
2006年01月04日(水)


寝すぎて眠れないぐらい寝てしまった・・・
体調、タックル共に万全!
いよいよ最後のバラマンディ釣行。
昨日と同じ場所にボートを降ろし、ゆっくりと進んでいく。
まずは、シャローエリアからスタート。
ボートの周りでベイトが何かに追われ、ざわついている。
バラマンディに追われているのかと期待を込めアランに聞くと
「ペリカンだよ」

マジで・・・・・・・・・・・・


思いっきりペリカンに向かってキャストしていたorz
これでもかとルアーを交換しまくりキャストを繰り返すが、振られっぱなし。
集中力も途切れ、惰性でリトリーブシていると急にアランが背中を引っぱった。


「クロコダイルがいる」


指差した先を、目を凝らして見ると暗闇の中にボーッとクロコダイルの顔が見えた。
今度は、クロコダイルに向かってキャストしていたらしい。
小心者の雨男はビビリまくり、なるべくボートの真ん中に立ちキャストをするがつれるはずも無い。
一息入れ、昨日のヒットパターンを思い出す。
「ロッドを立てて、デッドスロー」
焦りまくりですっかり忘れていた。
「デッドスロー、デッドスロー」と心の中でつぶやきながらリトリーブしていると


「ゴンッ」


強烈なアタリが手に伝わってきた。
と思った瞬間ロッドが一気に曲がる。
今までに体験したことの無いほどの強烈な引きが、焦りを助長させプチパニック・・・
気付いたらネットの中にバラマンディが入ってた。


釣れちゃいました。
















79cmのバラマンディ!!!!!!!!!!!!
顔が引きつってます。
あと1cmで80cmだったのに・・・残念。
それでも、ボウズかもしれないと思っていたから嬉しすぎる。




そして、このあと又も強烈なアタリが!!



バラマンディぢゃないです。



ヒゲが生えたお魚さん釣れちゃいました。
しかも、結構デカイ。
微妙に気持ち悪い・・・
アタリも少なくなり、橋へと移動。
橋脚や陰を狙って丁寧に探っていく。
同船していた三浦さんにバラマンディがヒットするものの、橋脚にまかれラインブレイク・・・
もう一度シャローへと戻った瞬間



ゴバシャッ!!!



とボートの横でクロコダイルが暴れた・・・
あまりの恐怖に、腰が抜けたかと思った。
っていうか、チョビッと漏らしたかも・・・・
もー集中できない!バラマンディじゃなくクロコダイルがいないかと周囲をキョロキョロしまくり。
だんだんと残り時間も少なくなり、橋へと移動。
ボートを降ろした近くの橋脚で、ベイトがざわついている。
たまに、何かがボイルしているがターポンかクイーンフィッシュだろうと思いつつ橋の影の中へとルアーを放り込む。
早めにリトリーブしていると、



「ヒットォォォォォ!!」



しちゃいました。
でも、あんまり引かない・・・
余裕で寄せてきていると、ドラグが一気に出始めた。



ヤバイ!!



このときスピニングリールだったことを後悔するが、もう遅い。
ラインはPE3号でリーダー80LBだったのでいけると思い、ドラグをフルロック。
橋脚に巻かれないようスプールに手を当てて耐える。
アランも何とか釣らせようと、ボートをゆっくりと橋脚から遠ざけてくれる。
何とか橋脚から引き離し、リールのハンドルに手をやると魚が宙に舞った。
間違いなくバラマンディだ!
しかもさっきのより、大きい!!
ここからが長かった・・・
ボート際まで寄ってきては、また潜っていく。
かと思えば、体全体が水面に出るほどのジャンプ。
ドラグも耐え切れなくなり、出だしのスムーズさが無くなってしまった・・・
自分もバラマンディもヘトヘトになり、やっとネットイン。





よっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ




自然と声が出た。
マジで嬉しかった。
オーストラリアまで来てよかった。











玉網入れ:三浦氏(ありがとうございました)













アランがサイズを測り、メジャーに指を当てて見せてくれた。

81cm やっちゃいました!

しばし余韻にふけり、終了までラストスパート。
そして空が明るくなり始めた頃、












シャローで三浦さんにヒット!
しかもかなりデカイ!!
休むまもなくラインが引き出されていく。見ている側もかなり興奮!

が・・・ルアーのフックが伸ばされてしまい。。
しかし、すごかったです。言葉じゃ伝えきれない・・・

空もすっかり明るくなり終了。









ガイドのアランとドゥエインともお別れの時間。
たくさんたくさんありがとう。

夢のバラマンディー ~その3~
2005年12月27日(火)

スコールに打ちのめされ、びしょ濡れのまま車に乗り込みホテルに戻ってくると、綺麗な虹が!











濡れた服を洗い、ゴソゴソしてたらいつの間にか寝てた・・・
晩飯を食べるのに一回起きただけで、後は記憶無し。
まさに釣り三昧の生活!!

明日の釣行があるから夜は2時間ぐらいで帰るのだろうと思い、タックルの準備もそこそこに出発したのが大間違い・・・朝まで釣りをするとは、思っても見ませんでした。















夜は橋の周辺での釣り。
周囲が良く見えない中で、「パンッ」と銃声にも似たバラマンディーの捕食音が響き渡る。
そのバラマンディーを釣るべくルアーをキャストしまくるが、反応無し。
しかし、山下さんにはアタリがあるらしい。
「橋の影の際ギリギリをトレースしてこないと釣れない」らしい・・・
しかし、流れが速く自分の技量では無理。。。
反応が一番良いルアーを教えてもらうが、


【セラ】ゼファー(パゴスオリカラ)



そのルアー持ってませんからorz
山下さんのタックルボックスから無断拝借しようと試みるが、1本しか持ってきていなかった。一人意気消沈していると、



「ヒットォォォ!!」



マジデスカ??しかも、結構デカそう。



エギングに行くんですか?
と聞きたくなるほどのタックル。
かなり慎重なやり取り。






無事ネットイン!!






ボートに貼ってあるステッカーで検寸。
でも、ステッカーのプリント消えかかってる。
かなりテキトー!!


















76cmのバラマンディー!と最高の笑顔!!
いいなぁー。

そしてこの後もゼファーが大活躍で、バラマンディーを魅了し続ける。
が、悲劇が・・・
痛恨のラインブレイク!
1本しかなかった、ゼファーが無くなっちゃいました。
時間も遅いしコレで終了かな?とガイドのドゥエインに聞くと、
「朝までやるよ」
ってマジで??昼の釣りはどーなったの?
良く話を聞くと、夜の潮のほうが良いから今日と明日の夜しかやらないらしい。
この時初めて予定変更を知りました・・・

何とか気合を入れなおし、釣り再会。
ゼファーの無くなった今、バラマンディーの反応は激渋!
移動してもらおうとドゥエインに言おうと思うが何て言えばいいの?
必至に考えて言ったのがコレ


「MOVING」(これが精一杯ですorz)


でも何とか通じたようで、シャローに移動。
相変わらず、雨男には何のアタリもないわけで・・・
ゼファーの無くなった山下さんもと思いきや、一人楽しんでる。
今度はコレ。


【DUO
】タイドミノースリム140
レッドヘッド



ロッドを立ててデッドスローでリトリーブすると良いらしい。
コレならある!!
早速ルアーを交換。同じようにリトリーブするが、何も反応無いですが。何か?
へこむ、マジでへこむ。だって横ではアタリまくってるんですよ。
気付けばロッド曲がってるし・・・


























釣れてるし。でかいし。
最初の写真のバラマンディーより明らかに大きいが、ボートに貼り付けてあるステッカー検寸では同サイズ(76cm)らしい。
この後、掛けたバラマンディーにタイドミノーは破壊され、改めて凄さを実感する。
気付けば空がうっすらと明るくなってきている。
周囲ではバラマンディーに追われベイトが狂喜乱舞しているが、ベイトが多すぎルアーの出番無し。
雨男は結局・・・



ボーズ!


でした。
後一日しかないのにボーズって・・・
まだチッチャイバラマンディーしか釣ってない。
焦りはMAX!
でも、ホテルに帰って気付いたら爆睡でした。
しかも写真撮られてる。



ニタニタしながら寝てる・・・
多分バラマンディー釣った夢見てます。




続きは次回のブログで

ゲーリーもクリスマスかぁ・・・ 番外編
2005年12月24日(土)


オレ「ビービー」


ゲーリーのブログにへこまされたよorz
いーなぁーゲーリー。。
何着せるのかなぁ・・・セーラー服かなぁ??
あっ!違ったゲーリーが着ていく服だった。。
どこに連れていくのかなぁ??
オレだったらオレの生まれ故郷のエアーズロックかなぁ。。
行ったこと無いけど・・・
今夜は友達の「ウータン」と雪見酒でもするか。


「エーン、ビービーと二人は寂しいよぉ・・・」
「オレもゲーリーと行きたいな。尾行しようかな」
でも寒いからやーめた!ウサギだけど寒いのチョー苦手!!
しょうがないから取って置きのこいつで、ビービーと二人でヤケ酒でもあおるか。


じゃあゲーリー寂しい俺たちの分まで楽しんできてね♪

登場人物
ビービー:フクロモモンガ(0.5才)オーストラリア出身
ウータン:シマウサギ(年齢不詳)福岡県出身


夢のバラマンディー ~その2~
2005年12月19日(月)


爆睡から目覚め、外に出ると厚く覆われた雲の隙間に青空が顔を覗かせている。
いや~な予感がする・・・


もしかして、雨が降る?

そういえば、天気予報も雨が降るって言ってたし。
雨男オーストラリアでも大活躍!!!
ロクナモンジャナイ・・・

何て考えているうちに、出発の時間。
時間ピッタリにアランとドゥエインが到着。
と思ったらアランしか来ていない・・・ドゥエインは??
頭の中は「早く釣りに行きたい」ばっかりで、待っている時間がものすごく長く感じた。
少し遅れてボートを牽引したランクルが現れた。
バタバタとタックルを積み込み、いざ出発!



こんな感じで移動。






ボートを降ろしている横にこんな看板が!
「この周辺はワニがいるので注意!」
「泳がないように」って書いてあるけどそんな勇気無いです・・・





このボートでバラマンディを釣りに行きます。





ボートで川の中流域まで移動。
川に入ると、一気に水の色が赤茶色に変わり、周囲の風景も一面マングローブに・・・
空気も湿度が高くなり、ムワっとした感じで汗が自然と浮かび上がってくる。
しばらく走った所で、ボートのスピードが落ちる。
ゆっくりとポイントに近づいていき、やっと釣行開始!



このマングローブの奥にバラマンディが・・・







キャスト!







ひたすらキャスト!





しかし、キャストの練習もほとんどせず、ぶっつけ本番で行った2人にキャストがうまく決まる分けもなく・・・
マングローブの奥にルアーが入ったと思えば、枝に引っかかるし。。
それでも「下手な鉄砲も数打ちゃ当る戦術」でひたすらキャストを繰り返す。
そして、山下さんに

ヒット!




ものすごく細い「バラ××××!」
バラクーダでした_| ̄|○








続いてコレ。ブリームでした。
バラマンディー釣れないです・・・








あっという間にお昼の時間。
無我夢中で釣りしてました・・・




ドゥエインが用意してくれた昼ごはん。
ボリューム満点で美味しかったです。




満腹になり、睡魔に襲われつつも釣行再開!

そして、ついにホンモノのバラマンディが

ヒット!!

















このお魚さんが「バラマンディー」です。
とても綺麗な赤い目にうっとり・・・

















サイズはあまり大きくないけど、メチャクチャ嬉しい1匹!
このあと、同じぐらいのサイズがポロポロ釣れ初めるが、なかなかサイズが上がらない・・・
キャストもだんだんと慣れてきて、サイズアップを狙ってマングローブの奥へとルアーを送り込んでいく。
うまく決まるとかなり気持ちが良い。
そして、バラマンディーがいれば必ずといってよいほどルアーにチェイスして来てくれる。
のらなくても同じポイントにルアーをキャストできれば、また出てくる。
優しいバラマンディーに遊ばれながら時間をすごしていると、ドゥエインが遠くの空を指差して何かを言っている。




雨雲が迫ってきてる!!!
早く逃げなきゃ!




ここでストップフィッシング。
すぐに片付けボートを走らせるが、時すでに遅し・・・
スコールのような雨が急に降り始め、BB弾で打たれているぐらいの痛みが全身を襲う。
ボートランプに付いた頃には、全身ビショビショでとてつもない疲労感・・・
痛かったです_| ̄|○




オーストラリアでも雨男全開!!









続きは次回のブログで・・・

上関&浜田釣行
2005年12月17日(土)


18日の夜に上関にアジ釣りに行ってきました。
上関に行くのもアジングするものまだ2回目。ですがすでにハマってます。
通称「漁協前」にて実釣開始。

 

クロソイゲット。25センチ位デス

結局アジは25匹位ゲット。小さいサイズはゴイサギ君のお腹の中に・・・。





ヒットワームは「ネジワーム」チャートリュース。


夜明け前の潮止まりと共に釣り終了。このまま家(三次)に帰っていると・・。



大雪!!
画像は千代田付近デス。雪道走行に自信の無い方には酷な状況。



家でゆっくり寝るつもりが釣友のTELにより一変。




浜田ジグキャストツアーに参加決定!!
おまけに高速道路通行止め。地道走行・・・。

千代田から浜田まで3時間かけて到着。浜田は雪も無く波も穏やかです。


でも皆沈黙。その中でやっとサゴシゲット。

走行距離300キロオーバーの釣りが終わりました。