釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

アジングカップ前にアジ調査&タチウオ行ってきました。(プリ島釣行記)
2013年10月28日(月)

プリ島です^^

10/22.23日と2日連続でアジングカップ前にアジの調査&タチウオ釣りに行ってきました。

1日目はIさんと久しぶりのアジングに西方面に行ってきました。
2日目は福山の遊魚船でタチウオ狙いに行ってきました。


アジは小型でしたが、開始から好調に釣れました。
 


ソイもヒット!


Iさんはコンスタントにアジを釣っていました!

僕は・・・まだまだ練習不足で豆アジを連発><
もっと練習しときます。

西方面アジ好調です。
大きなサイズを釣る事が出来ませんでしたが、アジの活性自体はとても高かったです。

今年も開催します!
アジングカップ^^
参加者募集中です。
みなさまお気軽にご参加下さい!
第7回パゴスアジングカップ



2日目は福山の遊魚船に乗って太刀魚を狙ってきました。

最近好調でしたので、期待一杯で出船!


ポイントに到着、波も無くとても穏やかで開始から入れ食い!


ジグを落とせば釣れる状態でした^^
モリックスのジグ「ジュグロ」も大活躍


落とせばヒット状態^^
あまり体験した事がないタチウオ入れ食いで、1人で少しパニックになったのはここだけの話(笑)

指4本までのサイズが30本ほど釣れ大満足の釣行になりました。
これからさらに好調になってくるタチウオ皆様もいかがですか?

山陰ショアロック闇ヲ徘徊ス・・・「アコウとヒラセイゴ」(バンダナ釣行記)
2013年10月22日(火)

バンダナです。

10月19日に山陰入りしておりました。
今回は「マグバイト」の営業+企画開発を担当しておられる岸名さんとの釣行でございます。

2014年春頃の発売開始を目標にアコウ(キジハタ)用のシンカーを開発されているマグバイトさん。
そのコンセプトは「スイミングでのアコウ(キジハタ)ゲーム」に特化したものとなっております。
15※シンカー部分の形状やブレードシステムについてはほぼ確定しております。
※フック取り付け部分に関してはこの日も色々と話になったのですがまだ確定はしておりませぬ。
※↑の真っ直ぐなワイヤー部分は加工前のモノであり、製品版は当然ながらフックがセット出来るよう加工が施されます。

今回はこのシンカーを使用したテストと写真・動画撮影が主な目的。

荒れてる日が続いているだけに釣行エリア・プランは直前まで二転三転・・・
最終的に浜田エリアの地磯に入ることにしました。
14(マグバイトさんのFBより画像を拝借)

単に確率論から言えば渡船を利用した磯・波止狙いが最良ですが、
「沖磯はウネリがありそう・・・」
「宇竜でお世話になっている「ごんげん丸さん」はこの日お休み・・・」
「波止は人が多い&ロケーションが良くないので撮影には不向き・・・」
「人が少なくてロケーションが良くて、実績のある磯・・・」

その辺を加味しつつ浜田の地磯をチョイスしております。

詳細につきましてはここでは割愛させて頂きます。
「いちおう」ながらアコウ(キジハタ)の顔を拝む事は出来ておりますが、希望・要望とは程遠い内容でして・・・
遠方からわざわざ来て頂いてにも関わらず申し訳ない限りでございました。

・・・とはいえ、一緒に釣りをする事で
「普段、ワタシがどうやってゲームを展開しているか?」
「実際どうやってアクションを繰り出しているのか?」
「どんな場所でどんな狙い方をしているのか?」

については一通りご理解頂けたものと思います。
また、動かし方については動画も撮っておられたようですのでプロモーションの「足し」にはなるのかな?

マグバイトさんのシンカーにつきましては「95%」釣れるシンカーに仕上がっております。
残り5%はフックシステムの完成をもって補てんされるコトになります。
発売は来年春頃を予定しておられます。
プロトはムク(鉛色)ですが、当然ながらカラーリングが施されます。
カラーバリエーションにつきましても去年・今年とやり込んで実績の高かったカラーを主体にラインナップされる予定ですのでお楽しみに!!
ウエイトバリエーションも7g位から1オンス位まで幅広くラインナップされる予定です!!

重い撮影機材を背負って地磯入りされた岸名さん。
山歩き(登山)が趣味の一つであると言っておられましたが、地磯までの道のりに関しては予想以上だったとのコト。
12「もちろん悪いイミで(爆)」

行きも帰りも二人でヒーヒーハーハー言いながらアップダウンを踏破。
山道から舗装路に出た時の安堵感はいつもながら心底「ホッ」とさせられます。
それは岸名さんも同様に感じておられた事でしょう♪
13
頭上にはアケビが口を開けており、秋の深まりを感じさせてくれます。

2013年の山陰アコウ(キジハタ)シーズンは残り僅かであると言えます。
しかしながら、「海況さえ良ければ一番獲りやすいシーズンである」とも言えます。
最後の最後まであきらめず追い続けてみたいと思いますです♪

根魚ゲーム終了は午後1時過ぎ。

それから浜田釣行時の定番「うどんのいまださん」にIN。



「うどんのいまださん」ですが、11月末でお店を閉められるそうです・・・

大将は弥栄村(現、浜田市弥栄町)にもお店をもっておられ、今後はそちらに専念されるそう。
うどんが食べれなくなるのは非常に残念ではありますが、今度は弥栄のお店に行かせてもらおうかと思います♪

現時点でどのようなお店なのか???ですが、立ち寄り次第&分かり次第、当ブログでもご紹介させて頂く予定です。

何にせよ約1ヶ月しかありませんので浜田に行かれた際は是非お立ち寄りを♪

大きな地図で見る




うどんを食べた後に岸名さんとはお別れ。

岸名さん、本当にお疲れ様でした!!
また機会がありましたら「ヒーヒーハーハー」言いながら山道を歩きましょう(笑)
引き続きテスト&撮影は継続しますので、気が付いたコト&いい写真が撮れましたら報告いたします♪




普段であればこのまま帰路につくワケですが、この日はまだテンションが保てており、益田方面に進路を取ります。

不甲斐ない結果でしたので「そのフォローが出来ないか?」ともう一つの実績磯を目指します。
この日は時間の経過と共に海は穏やかになっております。
そして駐車場に入ったら「車多数・・・」
高台からポイント付近を見たらパッと見だけでも6~7名おられるし・・・
その時点で戦意を喪失して「ふて寝」

気が付くと世の中は暗くなっておりました・・・

再び上昇するテンション(爆)
日曜は実家入りするつもりでしたのでお土産用として前回好調だったヒラセイゴを狙ってみる事に。
・・・あわよくばアジも・・・♪

そう思いつつ、前回ヒラセイゴが爆ったエリアへ。
「たまたま群れが入ってただけで次回も続くとは限らない」みたいなコトを前のブログに書きましたが・・・

「まさしくその通り」
・・・とはいえ、釣れる事は釣れるんです。
9「ミニマル(小さいマルセイゴ)」

10「ピラセイゴ(木の葉のようなヒラセイゴ)」

この日の為に「ラッキークラフト・ストリームドライブ35HD」を準備しております。
そして、予想通りバイト連発です!!

「オニのように小さいですが(汗)」

早急に見切りをつけて移動・・・

何度か移動を繰り返し、「とあるエリア」に辿り着きます。
ベタ凪無風状態で空は曇天。
一時雨がパラついてレインスーツを着たのですが、その後は雨降らず。

「荒れ気味が良い」とされるヒラセイゴ狙いには不向きな状況であると言えますが・・・
6居ました♪

その後も超単発ながらほとんど移動する事無くヒラセイゴを追加。
11今回は比較的良いサイズにも出会うコトが出来ております♪

8「ラッキークラフト・ストリームドライブ35HD」が大活躍!!

stream_d35hd_1
正直、バラシやフッキングミスも多かったのですが「ストリームドライブ35HD」2色と「ジグヘッド+ワーム」のローテーションで拾っていくパターンが効果的でした。
動きやフォルムの異なるプラグとワームの使い分けでヒラセイゴをだます手口です♪

プラグでミスバイト&バラシがあった場合はワームにチェンジ、リアルアクションでフォロー。
ワームでミスバイト&バラシがあった場合はプラグにチェンジ、リアクションバイト狙い。

4お土産には十分な量を確保して再び場所移動。
今回使用した「ストリームドライブ」はラッキークラフトオリジナルです。
今後は待望のクリアカラーやホロリウムを採用した「ファイブコアカラー(FC55カラー)」もリリースされます!!
ワタシ個人としましてはFC55カラーの方がかなりオススメ!!
これから始まる山陰メバルでもガンガン使ってみたいルアーの一つです♪


・・・さて、ラストはアジ調査です。

アジ狙いに関して言えば非常に良い状況。
それ故に期待値も高まってゆきます・・・が、全くの音沙汰ナシ・・・

手を変え品を変え・・・
レンジを変えスポットを変えエリアを変え・・・
したものの何もねーし。

最後にワタシのテンションをブチ切っていったのは・・・
1
「ゴンズイ」
ゴン・ズイ雄さんの3匹目が掛かった瞬間にテンションがプッツン。

「こりゃダメですわ」と納竿する事にしましたとさ。

この時、20日午前4時前。
山陰に24時間レベルで滞在したのはホントに久しぶりです。
アコウは狙い通り獲れず・・・アジは全く釣れず・・・でしたが、ヒラセイゴだけは裏切る事無く釣れてくれ、ホクホクで実家への帰途につく事が出来ました。

73
前回、今回とヒラセイゴは場所探しに難儀しておりますが一度見つけたら結構いいカンジになれる可能性大だったりします。
んで、まだ2回目ですが小型ミノープラグとフォロー用のワームがあれば何とかなるのでは?とも思っておりますです。


アコウがダメでもヒラセイゴがある!!というパターンは心の安寧をもたらしてくれます。
「二兎追うものは一兎をも得ず」という言葉もありますけどね(笑)
アオリも結構良い感じで釣れてるみたいで一部のテトラ帯や波止はかなり黒くなっております。
そういえば根魚狙いしてた際にもナブラが湧いて1匹だけですがワカナ(ヤズ)も捕獲しております♪

一つのターゲットに集中するも良し
色々なタックルを持ち込むも良し


せっかくの良い時期ですので皆さん思い思いのターゲット、狙い方で釣りを楽しまれてはいかがでしょうか?
とはいえ、今週末は再び台風の影響で大荒れになりそうです。
上手い具合に進路が変わってくれればいいのですが・・・




さて、次は・・・やっぱりアコウ(キジハタ)ですな♪

タチウオの時期になりました!(プリ島釣行記)
2013年10月19日(土)

プリ島です!

10月12日に予定していたライトケンサキは台風の影響により中止になったので、瀬戸内の遊漁船オーシャンでサーベリングに行ってきました。

ご一緒したお客様はKさん、Tさん、本店アルバイトの高橋君です。

海は少し風&波がありましたが、とても天気が良くて釣り日和でした。
PA121184

 

ポイントには40分で到着早速釣り開始!


ファーストヒットはTさん!
フォールでヒットしていました^^


高橋君のファーストヒットは!
!?グチのスレ掛り^^


バイト数が減ったのでポイント移動^^

 

移動中!!!
僕の横で立ったまま寝てる人が!
前日も釣りに行っていたそうで、開始早々なのに睡魔に襲われていました。

移動して幸先よく(笑)
僕のファーストヒットはエソ><
PA121177

 

ポイント移動後にKさんとTさんにダブルヒット!

 

当日ジグのカラーはパープル系が反応良かったです。

 
高橋君はジグからテンヤに切り替えて^^


指5本サイズを捕獲!
PA121182

タチウオより高橋君の左手が気になった方!?
コチラの商品「おさかなガブリ」はパゴス各店で価格¥444円で販売しております。
気になった方はパゴス各店まで。


当日はジグよりテンヤの方が明らかにバイト数に違いが出ていました^^

Kさん夕方からプチラッシュになり、連続ヒット!
PA121190

これからますます好調になるサーベリング皆様もいかがですか?

使用したPEのご紹介!
僕はカウンター付きリールを使用してサーベリングをしてますので、10メートル毎に色分けしていなくても大丈夫なので僕はこのPEを使っています。
とても強く、ラインが糸鳴りしないので超オススメです。


パゴス価格¥3675-

明日は月に1度のパゴスの日です^^
ポイント2倍でお得な1日是非お越し下さい!
ポイント2倍

闇ヲ徘徊ス・・・「序章・ヒラセイゴ乱舞」(バンダナ釣行記)
2013年10月17日(木)

バンダナです。

連休最終日となる10月14日の昼過ぎから山陰入りしておりました。

今回は根魚タックルに加え、アジメバタックルも搭載。
明るい内は根魚を狙って暗くなってからはアジメバ系をチェックしてみる・・・つもり。

海に手を入れたらお分かりの通りまだまだ水温は高く、メバルを狙うにはまだ時期尚早であると考えております。
それは「絶対に釣れない」というイミではなく、ワタシ自身が「良し」と考える状況では無いというイミですので誤解無きよう・・・

海況はややウネリが残っている様子。
丁度この日に山陰入りしていた井口店テンチョー「ゲーリー重森君」にTELしてみたら沖波止では波の影響をさほど感じないものの、周囲の地磯は遠目に見てもサラシが発生しておりシーバスが良さそうな雰囲気・・・とのコト。

因みにゲーリー君たちは浜田・西沖波止に渡ってジグをキャスト、同行者のお客様がカンパチ捕獲、そして「ワカナ(ヤズ)」を各自複数匹捕獲したそうです。
2~3日前から入り始めたワカナのナブラは随所に発生!!
(浜田エリアに)入りたてホヤホヤなようで、まだオキアミについておらずジグばかりヒットしてた模様。
ベイトはシラスっぽい非常に小さな小魚類ですので、ジグのサイズに注意です♪
また、ワカナは超ハイスピードアクションでリアクションバイトを誘発させる方法がかなり有効です。
本格的なショアジギタックルではすぐにバテてしまいますし、青物としてはサイズは小さめですのでライトなタックルで挑まれる事をオススメします♪


地磯で根魚を狙おうかと思ってましたがあまり芳しい状況とは思えませんでしたので「自分も沖波止で根魚を狙ってみるか・・・」と思いお世話になっている
「加宝丸渡船さん(旧加戸渡船さん)」にIN。
丁度船長がおられたのでしばし談笑していたのですが、浜田の渡船は午後4時が最終であるコトをすっかり忘れておりました・・・
その事を船長から告げられ、時計を見たら賞味2時間出来るかどうかのレベル・・・
「5秒ほど」考えて沖波止釣行はキャンセルし、船長に挨拶した後に進路を西へ。

いきなり「打つ手なし」の状況になりつつあります・・・(汗)

暗くなるまであまり時間が無い点を考えると移動に時間のかかる地磯はNG。
そう考えながら浜田以西に点在する根魚ポイントを思い浮かべながら車を走らせるものの良い場所が見つからない・・・
その内、暗くなってからの事を考え始め「益田以西から浜田方面に戻りつつアジメバ系のチェックをしてみるか」と思い立ち一気に須佐の「ホルンフェルス断層」まで移動。
11・・・ココまで移動する時間があれば余裕で地磯に入れたのでは?というツッコミは無しでお願いします・・・(笑)

周囲はまだ明るく、海況もまずまずでしたので根魚タックルを持って断層近くの地磯にIN。
このエリアにはエサ釣り師の方がお一人、少し離れたトコロにエギンガーらしき方が数名・・・

ココでは過去にカサゴ氏を狙って何度か釣行をした事があります。
全体的に水深は浅めでワタシが思う大型アコウを狙う条件ではないのですが、過去とは全く違うアプローチなので予想外の大物が・・・と一抹の期待を胸にキャスト開始。
14・・・で、予想通りのカサゴ氏ゲット♪

13オリジナルシンカーをキャストしたいのですが、30gしかプロトを作っておりませぬ。
水深の浅いこのエリアでは不向きですのでここでは「スリンヘッド改」をチョイス。

その後もぽつりぽつりヒットするものの全てカサゴ氏。
そしてワームクラッシャー「フグフグ男」にワームを複数個破壊され・・・
12夕暮れを迎えております。

このエリアはアコウ狙いに全く不向きと言うワケではなく、十分に有望なエリアと言えます。
ですが、広島からはかなり遠い場所であり、頻繁に通うのはちと困難。
それを補うだけの条件が揃っていれば・・・ですが、「ワタシの思う理想のエリア」とは少し異なっており「通い詰める」までには至らなそう。

「メバル・アオリ狙いだった場合は別です♪」

10いいカンジのサラシが出てる箇所もあり、お約束のミノーをトレースしてみましたが全くの無反応で「夜の部」を迎えます。




【夜の部】闇ヲ徘徊ス・・・「序章」


ワタシ自身の脳内は未だにアコウ(キジハタ)をはじめとした根魚に占有されております(笑)
しかしながら、世の中は確実にメバルシーズンに向けて移ろいでおります。
そしてメバルはパゴス的主力魚種の一つであり無視する事は出来ませぬ。

「釣れない」というのも立派な情報になるワケですし、そろそろ「アジ」も入ってくる頃・・・
アジに関してはメバル程に水温の低下を待たずして釣れる可能性がありますです。
そして「とある情報スジ」から得ていたヒラセイゴ情報もあったのでそれら全てをまとめてチェックするプランでございます。
・・・因みにその情報はナゼか大阪方面から逆輸入されたカンジで耳に入っておりまする。

過去に実績のあった港や磯場をテンポよくランガンです。

いきなりバイト!!となればいう事無しですが世の中はそんなに甘くございませぬ。
適度に肌寒く、周りの雰囲気だけで言えば「もしかしてメバルもイケるかも?」と思わせてくれる状況ですが、海に手を浸けるとあまりの暖かさに「やっぱまだ早いわ・・・」とガッカリしてしまう事を幾度となく繰り返します・・・。

そしてとあるエリアにIN。
どこに行っても雰囲気はかなりいいカンジ。
上下乱高下してるテンションですが、移動後のファーストキャストはテンションアゲアゲ(死語)です♪
そして数度のキャストで徐々にテンションが下がり始め・・・た頃に「コッ!!」とバイト。
藻やシモリではなく確実に魚からのシグナルです♪

キャストしてるのはキャスタビリティーに優れ、メバル・ヒラセイゴのどちらでも高い威力を発揮する
「ラッキークラフト・ストリームドライブ45(FC55カラー)」
stream_d4
ストリームドライブシリーズはテンポ良く探れるのでエリアチェックには最適なプラグと言えます♪

その後も「コッ」と当たるバイトが超単発ながら続き、何とか正体を掴んでやろうと躍起になります。
水温の高い状況では「フグフグ男さん」の活性も高く、プラグにも果敢にアタックしてきます・・・
そのアタックは「コッ」という超ショートバイト系のアタり方が多く、加えて全くフッキングしない事で不安が更に増大。
まぐれでもフッキングして正体が分かれば納得できるのですが・・・

トレースするライン、リトリーブスピードを変化させつつ、時折手首を軽く返す程度ながらワンアクションも加えて様子見。

そのワンアクション直後にバイト!!
今度はしっかりフッキング♪(嬉)
鋭く突っ込むファイトはグーフー(フグの事ね)ではありませぬ。
最後は躊躇なくブチ抜いてランディング。
9お久しぶりのヒラセイゴ捕獲ナリ♪

8サイズは30cmチョイと小型ですが、鋭いファイトは健在!!

7何より美しい魚体&カッコいいフォルム。
これに魅せられて狙う方も多いのでは?

一瞬のイレギュラーアクションが効果的だと推測してその後もキャストを続けるもこのエリアでは最終的に5フッキング1キャッチ。
ショートバイトを克服できずこの場を後にしました。

そして次のエリアに入ります。
到着してみると本格的なシーバススタイルの方が準備をしておられました。
同じ場所に入られるのであれば遠慮しようかと思ってたんですが、挨拶して話をしたトコロ、別の場所に入られるとの事でしたので釣りをさせて頂く事に。
チェックしたいと思っていたテトラ帯を一通りチェックするも音沙汰ナシ。
素早く見切りをつけて移動・・・しようかと思いながら波止の内側を覗いてみたら何か居る・・・

わずかに外灯の影響を残す海面に魚らしきシルエットがいくつか見えております・・・

忍び寄ってキャストしてみたら一撃でバイト!!
・・・が、一瞬でバレてしまう・・・
「マルセイゴ」か「ヒラセイゴ」かまでは分かりませんが確実にセイゴシリーズ。
正体を確かめるべくプラグをローテーションさせるも先程と同じように超ショートバイトばかり。
でも、個体数が多いのか、活性が高めなのかキャストする度に何らかの反応が見られます。

「もしかしてルアーのサイズか?」

そう思うものの小さめのプラグは今回持参せず。
「ジップベイツ・リッジ35シリーズ」は常備してるもののプルプルアクションには全くの無視。
メバルでは超効果アリのポーズも完全に見切られる結果となり打つ手なし。
その他の手持ちは全て40mmサイズ以上のプラグばかり。
・・・40mmサイズは決して大き過ぎるサイズではありませんが、この時は僅かなサイズの差が大きな釣果の差に繋がっております。

そこでワームをチョイス。
1.4gジグヘッドにバークレイ・ベビーサーディン2インチ・・・
「シルエットが大き過ぎか?」と思いつつもキャスト。
コレにも頻繁に反応を見せるもののやはりフッキングにまで至りません。

ワームを「エコギア・グラスミノーSS」チェンジします。

「大正解!!」
20ここから怒涛のラッシュが始まります♪

21「エコギア・グラスミノーシリーズ(特にSS)」は誕生してからかなりの年月が経過しております。
その間、カラーバリエーションの変化は多少あったもののフォルム自体は変更無し。
その間、私自身のグラスミノーSSに対する信頼度が揺らぐ事は一切無し。
パゴスではごくまれにしか置いてませんが、そろそろ定番ワームとして常時取り扱いを・・・と考えております。

ワームのサイズをダウンさせる事で劇的に反応が良くなっております♪
確かにバラす事も多かったのですが、バラした直後でも直ぐにバイト!!
「ワームに狂ってしまっている・・・」
そんなカンジです(笑)

サイズは相変わらずの30チョイクラス。
そもそも春頃に釣れる40越えクラスはこのヒラセイゴ達が成長したものであり、今時期に40越えは厳しいと思われ・・・です。
それでもメバルタックルでのバイト&キャッチは非常に楽しい♪

ヒラセイゴは警戒心の強い魚に属しており、幼魚と言えども同じ場所にキャストし続けるとスレてしまう・・・
とゆーのがワタシの見解であり、この時もそうでした。
グラスミノーシリーズはテール部分のプルプルが特徴のワーム。
22※写真は過去のものですので悪しからず

プルプルアピールにスレた・・・と考えたら今度はストレート系のテールにチェンジするのが得策か?
そう考え、「モンスーン・BBイール」にチェンジ。
bb_eel1
もちろん、このままでは希望とするサイズよりもはるかに大きくなってしまいますので「テールカットチューン」を施します。
19テールカットチューンはハサミでテールを斜めにカットするだけ。
とっても簡単、かつ効果絶大なチューニング方です!!

これが「超正解!!」
4バイト数&キャッチ率が復活♪

3・・・試しにチューニング前のBBイールをキャストしてみたら反応がピタッと止まってしまったとゆー。
そしてテールをカットしてキャストしたらバイト復活。
単純な思考ではありますがワームのサイズ・ボリュームが釣果にしていると判断出来まする♪

5BBイール・グラスミノー共にクリア系のボディにシルバーラメが入ったカラーがこの日は最強でした。

6「何十匹釣ったのか?」と思われてしまうような書き方をしておりますが、実際にキャッチしたのは20本弱。
全てキープするつもりはなく「5本キープ」と決めてたんですが、最終的に8本ほどキープさせて頂きました。

16
飛び抜けたサイズでなくとも幾度となくランディングを繰り返した結果、親指はボロボロ。
・・・でもこれは自分にとっての勲章です♪

本当はプラッギング主体で釣りたかったのですが、今回の手持ちルアーでは完全に役不足でした。
せめて「ストリームドライブ35HD」を一つでも忍ばせておけば・・・と後から思っております。
stream_d35hd_1
そのサイズとアクションから類推するにこの日のプラッギングで一番効果を発揮したのでは?と思ってしまったストリームドライブ35HD。
数日前に「ファイブコア・安部さん」からFC55カラー(ファイブコアオリジナルカラー)の35HDサンプルを見せて頂いていただけに何とかして「略奪」しとけばよかった・・・(爆)
しばらくの間、ヒラセイゴは小さなベイトを追っているものと考えられますので山陰釣行される方は要ゲットです!!

2狙えばまだまだ獲れた状況でしたが、翌日は仕事でありもう数カ所チェックしたいエリアも残しておりましたので午後10時半頃に見切りをつけて場所移動。

月・潮・ベイト・ルアーの条件が整っていた結果の爆釣劇でしたので、次回同じ場所に行ってもダメそう・・・
それでも、狙うべきエリア・スポットに関するヒントは十二分に得る事が出来ております。

その後は再び音沙汰ナシの世界にIN。
そしてこの日最後となったエリアに入ります。

この日は潮位がかなり高く、普段露出している岩やテトラも水没しておりました。
過去にもそれと同じ条件の中での釣りを何度も行なっているワケですが、どういった作用なのか「アジが良かった」という印象が強く脳内に残されております・・・

そしてこのエリアはヒラセイゴよりもメバルやアジの実績が高いエリアでしたのでアジを狙ってみるべくジグヘッド+ワームでチェック。
表層からかなり深いレンジまで細かくチェックするも反応ナシ・・・

ココは外灯の影響を少なからず受けているエリアですが、この日は頭上にお月さんも出ておりましたので外灯の「有る・無し」は特に気になっておりませぬ。
・・・なのに外灯の影響を受ける範囲ばかりキャストしてる自分に気づき、少し場所移動。
月明かりが潮目を映し出しているのを目視、その付近にキャスト。
数投目に「グッ」とバイト!!
反射的にフッキング、その後のファイトはまぎれもなくアジ♪
首尾よく抜き上げてランディングネットにIN。
尺には及ばないものの自身にとっては十分過ぎる程にグッドサイズのアジでした♪

タイムリミットと位置付けた日付変更線までで釣ったアジは4匹。
超単発であり、レンジもスポットもバラバラ。
パターンの「パ」の字も見つからず・・・でしたが、今回は「居る」という事実だけで十分に満足です!!
17
全てを水温のせいにするワケではありませんが、やっぱり水温が高い・・・
そのせいか、いつも目にするウニ以上に・・・
18「ガンガゼ」多数

1長いトゲに毒があり、刺されたら非常に痛いので注意!!
今回立ち寄った港湾部の一部でしたがガンガゼ密度が非常に高い場所がいくつかありました。
それも、素手で楽に触る事の出来る場所・位置におりましたので一応注意して下さいませ。

因みに食べたら普通のウニと同じく非常に美味しいらしい・・・
・・・でも、れっきとした「ウニ」ですので勝手に獲るのはNGですので要注意!!


そんなガンガゼ達を見てるとその底付近にメバルの姿がチラホラ。
小型サイズではあるもののメバル達もしっかり居る事が分かりましたです♪
今回はメバルは大小を問わず一匹も釣れてませんが今後は・・・楽しみです♪


今回は運よくヒラセイゴのたまり場と必釣パターンを発見する事が出来ました。
また、単発であったもののグッドサイズのアジも捕獲!!
今後は「確実に」良くなっていきますので山陰エリアに行かれる皆さんもそろそろメバル・ヒラセイゴ・アジを意識して下さいませ♪

ワタシも今回の釣行で「少しだけ」ですがメバルモードに脳みそが切り替わってきたような感じです。


・・・ですが、次回釣行は再び「山陰ショアロックフィッシュ紀行」の予定。
台風が過ぎて以降、山陰は荒れ模様が続いておりどうなるかは直前まで分かりませんが・・・

ダメだったら再びヒラセイゴを狙ってしまうかもです(笑)



さて、今週末はどんな天気になるのか???

それゆけアジング・月一定例釣行編2(バンダナ釣行記)
2013年10月15日(火)

バンダナです。

10月10日に上関方面にアジングに行ってきました。
『ファイブコア・安部さん』の来広に合わせた「月イチ定例釣行」でございます♪

ホントは山陰エリアでライトケンサキに行く予定でしたが、荒天後でウネリが残っている&良い釣果が見込めないコトもあり、船長と話をしてこの度はキャンセルに。
だから今回はのんびりまったりと・・・
・・・とゆーコトにはならず「アジング行きましょう!!」という話になり一路西に向けて出発!!

大島に行くつもりでしたが、本店スタッフ・プリ島君に「そそのかされて」上関になっております(笑)
そのプリ島君も参戦、ワタシと安部さんは一足先に出発してプリ島君は閉店後に追いかけてくる事になりました。
安部さんとの釣行は一見するとメーカーとショップスタッフの真面目な製品開発やテスト・・・に見えるかもしれませんが、

「半分以上、そうではありません(爆)」

ただし、真面目な部分も見え隠れはしており、今回は「ラッキークラフト・ファイブコアカラー(FC55カラー)」今期モデルのサンプルチェックと意見交換。
6

宮島SAで晩御飯を食べながらカラーサンプルをチェック。
何気に真剣です(笑)

ワタシ自身が多少でもタッチさせて頂く製品に関してはどんなメーカーさんであろうとも一切の妥協なく「思った事を素直に」言わせて頂いております。
安部さんもその事は重々承知しておられるワケで、いきなり最高レベルのサンプルを持ち込んで来る始末。
・・・ツッコむ箇所があまりない・・・(笑)
それでも多少の修正はなされる事となり、完成版が待ち遠しいです。
「釣れる色と売れる色」は必ずしも一致していないのが常のルアーのカラーリングですが、「使ってみたい」と思える色であり、実際に使って「釣れる」色になっておりますのでお楽しみに♪

ファイブコアカラー採用のプラグ、カラーの詳細に関しましては後ほどファイブコアさんから正式に発表がありますのでそれをお待ち下さい。
・・・この時、サンプルを一つもらっておけば・・・と「10月14日の山陰」で超後悔したのですがその話はまた後ほど・・・


食事を取りつつ、カラーサンプルについて話をしつつ・・・の後に上関に向けて進軍再開。

最初に入ったのは「上関方面に行ったら必ずチェックする」定番の橋下です。
風が強く、潮の流れと風向きが正反対という非常にやりづらい状況・・・

ジグヘッド単体ではナニしてるのか「わけわかめ」
ワンタックルオンリーのワタシと対照的に3タックルを持ち込んだ安部さんはロッドの一つにキャロをセッティング。
5
ファイブコアのライトSWロッド「ファンクスターシリーズ」は3タイプが展開中!!
パゴスにも既に入荷しており、ネットショップでも近日発売開始予定ですので要チェック!!
使い手を厳選する競技志向のカリカリチューニングロッドではなく、幅広くお使い頂け、更に使い分ける事の楽しさも味わえるロッドとなっております!!

安部さんは今でも律儀に「コアキャロ」を使ってくれております♪
7
※作り方につきましては↑のバナーをクリック!!
もしくはコチラからご確認下さい⇒ http://pagos.jp/?p=19024

・・・現時点でもここまで交換性に富んだコンパクトでシンプルなキャロシステムは無いと感じております(自画自賛)
コアキャロを考案、作り方を公開して既に4年になろうとしておりますが、いまだにお使い頂いている方が多く非常に嬉しい限りです。
ネットショップでもコアキャロ製作グッズ&コアシンカーが安定して売れております♪

それでもキャロというリグを組む事に対する手間は今も昔も変わらずワタシ自身、いつの間にかジグヘッド単体のゲームが主流になっているのも事実。
この日もそうでした。

「そしてコテンパンにイわされたとゆー・・・」

強風下においてもアジの居るスポット・レンジを確実にトレースする事が出来るキャロにバイトが集中!!
4次々とアジを捕獲する安部さん。

ワタクシ、まさに「ぐぬぬ」状態(爆)
キャロに対抗すべくジグヘッドのウエイトをチェンジしたり、即席スプリットショットリグをキャストしたり・・・したものの釣るのは安部さんばかり。
最終的にはワタシも久し振りにキャロシステムを組んでみるものの組むのに時間が掛かってしまったばかりか数投で足元の敷石に引っ掛かってプツリ・・・
ワタシの中のナニかも切れております(涙)

その後、プリ島君が到着し、しばらくの後に本命と位置付けている港にIN。

数名のアングラーさんがおられましたがすぐに撤収され、思い思いの場所でキャストを続けます。
・・・で、ここでも「安部さんwithキャロ」が火を噴きます♪
ワタシやプリ島君にもアジが釣れ始めるのですが、安部さんの釣るアジはひと回り大きい・・・

「ボトム付近のアジは良いサイズ」

そのコトにみんな気づいており、ワタシもジグヘッド単体で落とし込んでみるもののいざ釣れたら安部さんのアジが大きいとゆー・・・
途中から別ロッドを掴んでのライトワインドを展開、そこでも良型アジを捕獲してしまう安部さん。

「とめて!!だれかあべさんをとめて!!」

そう思うもののワタシもプリ島君も絶好調の安部さんを止めるコト叶わずで終盤を迎えます。

3人とも「帰ろう」という言葉を発しない為、ズルズルを時間が経過。
とうに午前1時を過ぎており次の日の仕事に支障をきたしそうなレベルになっておりますが誰も帰ろうと言いませぬ(笑)
そこでファイナルバトルをする事に。
ルールは一斉にキャスト、アジを捕獲した人から抜けていき、最後に残った人は皆にジュースをおごるもの。

ココまで良いトコ無しのワタシは禁じ手を使用・・・
babysardine5
・・・といっても「バークレイワーム」を使っただけですけど♪

でも、その威力はハンパ無くこの日一番のダメ男さんだったワタシが一抜け♪
バークレイハンデとしてその直後にもう1匹追加!!

そしてプリ島君がアジをヒットさせ、ブチ抜きランディング・・・したら勢い余って背後の港内にオートリリースしてしまったとゆー(爆)
それでリズムが崩れたプリ島君の目の前で安部さんがアジを抜き上げてゲームエンド。

以前3人で行った時もプリ島君にジュースをおごってもらいましたが今回もおごって頂きました♪
プリ島君、ありがとう!!
3今回はファンクスター3兄弟とコアキャロの前に敗れ去っておりまする。
アジメバ以外にもライトソルトゲーム全般に対応できるロッドに仕上がっております!!
安部さんと行く定例釣行は今後山陰エリアにおけるメバルやヒラセイゴなどがターゲットになる事もありそうですが、ファンクスター3兄弟は山陰でも活躍する事しょう!!

結局納竿したのが午前2時過ぎ。
釣りをしてる間、雨は全く振らなかったものの帰りの道中は豪雨。
前がまともに見えないレベルでした。
広島に戻っても雨足が衰える事はなく、安部さんの車に荷物を移すコト自体が超困難。
最終的に近くのお店の屋根をお借りして片付け。

いやはや、釣りしてる最中に降らなくて良かった。

最後にアヤシイ撮影風景でも・・・
2♂同士の超接近はあまり見たくねーなー・・・(爆)



なにはともあれ安部さん・プリ島君、本当にお疲れ様でした!!
次回は負けませんよ♪




『インフォメーション』

パゴスでは11月2日に
「第7回パゴスアジングカップ」を開催いたします!!
各地でアジ好調の話が出ており、これからサイズも大型化してくると思われますので大会当日が非常に楽しみです!!
7th_ajc_pop
■ルール等詳しくはコチラ
http://pagos.jp/?p=66561
只今参加者大募集中ですので興味のある方は是非!!
残念ながら釣れなかったとしても豪華景品多数の「じゃんけん大会」で挽回可能です♪
初心者の方からコアな方まで楽しめる大会を目指しておりますのでどうぞヨロシクお願い致します!!





パゴスロックフィッシュカップ(メバルの大会)では大型メバルを追い求めて山陰エリアに足をのばす方もおられますが、パゴスアジングカップでは今の所はおられません。
「アジは山陰より瀬戸内か?」と思う方が圧倒的であり、ワタシ自身も「7割以上正解だと思います」

・・・が、山陰エリアでも良型アジの接岸が始まっております・・・

次回のブログは10月14日の釣行をご報告。
ワタシの山陰メバル・アジ・ヒラセイゴ釣行記「闇ヲ徘徊ス・・・」シリーズがいよいよ再起動します♪

序章ではいきなりヒラセイゴ炸裂&山陰アジ捕獲に成功!!
8近日中にアップしますのでご興味のある方はお楽しみに!!