釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

2013年最後のバンダナ(バンダナ釣行記)
2013年12月29日(日)

バンダナです。

2013年最後のブログとなります。

今年1年も多くの方にお世話になりました。
お陰様で大幅なスキルアップが出来たと感じております。
ワタシに関わって下さった全ての方に厚く御礼申し上げます。
「本当にありがとうございました!!」

・・・来年もしっかり「おんぶにだっこ」されますのでヨロシクお願いします(爆)


あらためて振り返ってみるとワタシの2013年は「根の年」と言うべき年でした。
2012年とほとんど変わってない点につきましてはスルーして下さい(笑)
今年もアコウ(キジハタ)をはじめとする多くの根魚達に出会う事ができ、「夢」・「超々本命」と位置付けた「クエ」の捕獲にも小型ながら成功!!
もう一つの夢である「アコウ(キジハタ)50UP捕獲」の夢こそ叶わなかったものの複数のランカークラスのアコウ(キジハタ)の捕獲を実現しております。

2012年は「数・サイズ共に秋が最高!」と言ってましたが、2013年は序盤からランカークラスのアコウの捕獲に成功しており、考え方が大きく変化した年でもありました。 
レベルは少しずつ、確実に上昇しております♪

狙い・目標に関しては「数」から「サイズ」にこだわりが移行。
これは「小さい=ダメ」という意味ではなく、自身のレベルアップにより今まで以上に手強い相手を求めた結果、そうなっただけ。
そして精力的な新規エリア開拓も行なっております。

また、「パゴスオリジナルシンカー」をリリースすべく2013年釣行のほぼ全てを使ってテストを繰り返してきました。
その結果、数々のランカーアコウ(キジハタ)や念願のクエを含め、2013年に捕獲した根魚のほぼ全てをオリジナルシンカーの原型となる「スリンヘッド・改」で獲る事ができ、オリジナルシンカーに対する自信はゆるぎないモノになりました。
更に今年は「マグバイトさん」からの打診を受け、アコウ用シンカーの開発に関わらせて頂きました。
パゴスオリジナルシンカー開発と並行しながらのテストでしたが、パゴスオリジナルに負けず劣らずの情熱を注がせて頂き、マグバイトさんの感性もプラスされたことにより素晴らしい製品が誕生しております。
いずれも2014年リリース予定ですのでどうぞご期待下さい!!

今回のブログは2013年の総集編です。
「いつも通り」長いのでお正月準備が終わった後でまったりとご覧頂ければ・・・と思います。

さて、記憶を掘り起こしてみようかな・・・



【2013年・冬】

年明け前後から春先まではメバルやアジを狙った釣行を繰り返しております。

ぶっちゃけますが、ワタシの山陰メバル熱は少ーーーしずつですが下がり始めております。
それでも世間一般の方が見る限り、全然そうではないように映っているかと思いますけど(笑)
ただし、パゴス的に見たら主力のターゲットであり、ワタシがパゴスに居させて頂く限りは狙い続けるべきターゲットである事に違いはありませぬ。

しかしながら、今までのように「とにかく大型を数釣る」といったガツガツ感を少しずつ無くしていき、今後は出来るだけ多くの方に山陰でのメバルゲームを楽しんで頂けるような提案が出来れば・・・とも考えております。
足場が良くて外灯がある・・・といったシチュエーションが少ないが故にハードルが高めであることは否定できませんが、それでもワタシのブログを通して「楽しい山陰メバル」を感じて頂ければ幸いです。
16 
45
37
「なぜ山陰にこだわるのか?」と聞かれたら、「昔から山陰ばかり釣行していた為」と言わせて頂きます。
また、人の多い場所や街中が苦手・・・という事もありますです。
「一人闇に紛れて釣りがしたい・・・」そんな気持ちがワタシを山陰にいざなっております。
・・・この時点で「みんなが楽しめる山陰メバル」から逸脱しているのがバレバレですが、徐々に軌道修正していきますです♪

そんなワタシもごくまれに瀬戸内に出没する事がございまする♪
2122
それは「ファイブコア・安部さん」との釣行の時。
基本的には安部さんを山陰に拉致りたい(爆)のですが、それが不可能な天候の際は瀬戸内でアジメバを狙っております。

また、今年は「平郡島」に初上陸。
1514目的は「パゴスオリカラ」のテストであり、平郡の驚異のポテンシャルを体感する事が出来ました。
16・・・でも、アジはまともなサイズが1匹だけでしたけどね(汗)

3月には「モンスーン・BBイール」がリリース!!
bb_eel1
四国の岡林釣具さんとパゴスがコラボレーションしたブランド「モンスーン」
そのソフトルアー第一弾として「BBイール」が誕生しております!!
1213
「BBイール」はアジングでもメバルゲームでも非常にナイスな威力を発揮!!
特にメバルゲームにおける「テールカットチューン」は激ヤバですので是非お試しあれ!!

また、3月には「ラッキークラフトさん」のルアーでパゴスオリカラをリリースさせて頂きました!!
1
ワンダー45・パゴスオリカラ「ホロリウム&夜光砂」
「ホロリウム」は既に説明する必要が無い程に広く認知され、そして数々の驚異的な釣果を叩きだしてきた夢の素材。
「夜光砂」はホロリウムのホロを排除し、「点発光」のみを追求した新たな素材。
一見すると酷似していながらも大きく性格の異なる点発光であり、新たな可能性を感じさせてくれました。
109
824
因みに2014年もワンダー・パゴスオリカラを販売させて頂きます!!
2014年は「ワンダー45」とコアアングラー様からの要望が多かった「ワンダー60」の2サイズをリリース。
カラーは「クリア/夜光砂」1色のみ。
現在急ピッチで「夜光粒子均一化選別作業」を行なっておりますのでお楽しみに♪



【2013年・春】

春を迎えると共にワタシの目線は「根魚」に移行しつつあります・・・
ですが、メバルの状況も良かったのでナイト&デイの「二束ワラジ」状態の釣行も多々ありました。
053051 
月一定例釣行ではパゴススタッフ「プリ島」のガイドで初の倉橋釣行を敢行。
056057
058
んで、2013年の春は「アオリイカ」を求めての釣行を何度か行なっております。
054・・・まあ全く釣れなかったんですけどね(爆)
釣れなくとも出雲で割子そばを食べたりと充実した釣行でございました♪
23055
浜田や島根半島での久し振りのエギング。
1ハイでも「春アオリ」が釣れてれば申し分ないのですが、昨今のエギングについていけてない自分がおりました(汗)

そしてワタシの2013年のメインターゲットである根魚を追い求めた釣行が始まります・・・
序盤は「様子見」としての釣行・・・といった意識でした。
それは2012年に「アコウは秋が一番である」という結論を出していたから。


・・・しかしそれは「良いイミ」ですぐに裏切られるコトになります。
052先ずはお馴染みの「カサゴ氏」からスタート。
彼らの存在なくして根魚ゲームは始まりませんです!!

今年の狙いは「ディープエリア」
春先の低水温という事も加味しての事でしたが、最終的にはシーズン全てに「ディープ」が絡んでおります。
また、移動時間を惜しんでの渡船利用を積極的に行なった年でもあります。

・・・序盤から「神憑き」とでもいうべき釣行に何度も遭遇。
島根半島では自分にとってのラスボス的存在である「クエ」の捕獲に成功!!
64
クエとしてはまだまだ小型サイズ。
それでもワタシの記憶に刻み込まれたスーパーメモリアルフィッシュ・・・
65
更にミラクルなのは同日にもう1本クエを捕獲したコト。
これによって「少しだけ」ですがクエを狙って獲る為のヒントを得る事が出来ました。
2014年はそれを更に洗練・昇華させ、「捕獲パターンの確立」を実現したいと考えております。

ワタシの根魚釣行において一番のターゲットは「アコウ(キジハタ)」
6162
嬉しい事に「狙って獲る」行為自体はさほど苦労する事無く実現できるレベルに達する事が出来ております。
2013年は更に上のレベルである「大型アコウ(キジハタ)の捕獲」に挑戦。
今まで獲った大型サイズは全て秋のシーズン。

「今年も同じだろう・・・」と思っておりましたが、またしても「神憑き」
67
アコウ(キジハタ)48cm捕獲!!

捕獲までにはもう一つ神がかり的出来事が・・・
「ラインを高切れさせてしまい、更に岩場で転んでアコウを海にシュートして、最後は高切れしたラインを手繰り寄せてキャッチした」とゆー(爆)
アコウ(キジハタ)に対する情熱が幾たびのミラクルを起こしてくれた・・・と都合よく解釈しております♪
68この時は釣友である「セトコージさん改めキジ太郎さん」が一緒。
互いにアコウ(キジハタ)を首尾よく捕獲し、更にワカナ(ヤズ)の群れにも遭遇し非常にエキサイティングな1日となりました。
6669
こういったコトがあるから釣りは止められません!!



【2013年・夏】

2012年は最も苦戦したシーズン・・・でしたが、2013年は最も多くのアコウ(キジハタ)を捕獲したシーズンとなりました。
昨年の釣行で一定の結論に達した「シーズン別・狙い方と傾向」があっさりと崩壊してしまったのは予想外でしたが、そのお陰で驚異的なレベルアップを果たす事が出来ました。
そういった意味でも非常に得るものが多かったシーズンでございます♪
73
「マグバイトさん」からの打診を受け、マグバイト・アコウシンカー(仮称)のテストを開始したのもこの頃からです。
77178
ファーストサンプルからシンカーの形状については「合格」と判断。
シンカーとフックとの接続部分の仕様・形状やカラー、ブレードの形状等の細部については徐々に欠点を修正していきました。
79数多くのアコウ、および40upの捕獲も苦労を要せず実現しており、その威力の程が伺えます!!

ワタシ自身がプロデュースする「パゴスオリジナルシンカー」についても着実に実績&経験値を蓄積。
7177
その中で再び「神憑き」が発生し、ランカーアコウ(キジハタ)の捕獲に成功!!
76自身が位置付けるランカーサイズの基準は45cm以上。
今期もハンパなく苦労しましたが、それ以上の喜びを手にしております♪
77272
8584
773
サイズ狙いと並行して進めた新規エリアの開拓についても面白いように進展し、2013年最高のシーズンでした。
86
でもしかし、暑い事には変わりなく文字通りの「へらちょんぺ」になったのもこの頃でございます(笑)

夏、「ファイブコア・安部さん」との月一定例釣行は瀬戸内アジングがメイン。
7475
「楽しめたかどうか?」につきましては二人の表情からお分かり頂けると思いますです♪
安部さんとの釣行は「気の合う釣友との釣行」という面と「商品開発における意見交換の場」という面が含まれてますです。
その結果、「ラッキークラフト×ファイブコア」のコラボカラーと言える「FC55カラー2014モデル」の誕生に繋がっております。

8281
瀬戸内情報に疎い我々をサポートしてくれたのはプリ島であり、彼のお陰で良い釣りをさせてもらいました♪
83
来年もしっかり調査&ガイドをお願い致しまする♪



【2013年・秋】

9月を迎えると残暑厳しいながらも秋を感じさせるシーンがあちこちに出現。
94昨シーズンはこの頃から一番良い時期を迎えましたが、2013年の秋は場所探しやオリジナルシンカーテストが中心。
「心の余裕」が十分にあり、非常に大らかな気持ちで秋を迎えております♪

その心の余裕が再び「神憑き」をもたらしました・・・
991今シーズン、沈黙を保ったままだった「バンダナ的山陰アコウの聖地」

93
その聖地で再びランカーアコウ(キジハタ)の捕獲に成功!!
92魂を揺さぶるバイトの衝撃と重量感のあるファイト・・・
来年も「魂を揺さぶられ」に山陰釣行を繰り返す事になりそうです。

9596
9197
魂が揺さぶられずともヒットしてくる魚達は大きさ・種類を問わず非常に嬉しいモノです♪
992
・・・ワームクラッシャー(フグやベラ)だけはご勘弁願いたいですけどね(爆)

9899
マグバイト・アコウシンカー(仮称)は使用しているワイヤーの線径等の非常に詳細な部分の調整に着手。
十分な威力は感じ取れるのですが、まだ微調整は必要でした。

そんな中、「マグバイト・岸名さん」との釣行が10月に実現。
111
「聖地」で釣りをしたのですが、予想に反しての大苦戦・・・
どうやらワタクシ、本番に弱い性質のようです(汗)
112そんな中でも自分が伝えたいコトの殆どを伝えるコトが出来、いよいよ製品化の目処が立ってきました!!

105その反面、パゴスオリジナルシンカーはやっとこさ脳内イメージがカタチになった段階を迎えております。
んで、実際にカタチにしてみると、イメージとの現実の余りに大きなギャップに唖然・・・
10411_3
「釣る」コトに関しては予想通りの結果を出してくれるのですが、シンカーの形状については全く別モノになるレベルの修正を決断。
11_2
パゴスオリジナルのプロトが形になったのは9月末。
荒れる日が多くなり、テスト出来るタイミングが限られておりますが納得出来る製品を目指し、今後もテストを続けてまいります!!


【2013年・冬、そして現在・・・】

11月を迎えると山陰は一気に冬の海の様相を呈しております。
・・・が、水温は高い状態が続いており「フライング山陰メバル」の方が次々と玉砕。
そんな中、ワタシは「山陰アジ」に興じておりました♪
11_4
良型ぞろいで味も良く、非常に楽しめる山陰アジング。
各方面に配っても非常に好評で、ホイホイ言いながら釣行しておりました♪

そんな中、お客さんであり「ティクトさん」のモニターでもある「悠翔さん」や「Y岡さん」との釣行も実現。
11_1111_12
「本番に弱いバンダナ」の名を一層確固たるものにしてしまう程の激渋釣行でしたが何気に楽しませて頂いた自分がそこにおりました♪
11_811_711_6
安部さんとの月一定例釣行も舞台を山陰に移したのですが初っ端から大苦戦させられてましたですな・・・

そして11月はいつも通わせて頂いた「うどんの今田さん」が閉店。
11_511_13
美味しいうどんが食べれなくなるのは非常に残念ですが、今後は浜田市弥栄町にある「陽気な狩人」が新たな舞台に!!
年明け早々にも行ってみようかと画策しております♪

日本海は水温が高い・・・とは言え、確実に冬に向かっておりました。
11_10
冬型の季節風が吹き始めると共に山陰各地に接岸してくる山陰晩秋~初冬の風物詩「ソデイカ(紅イカ)」

ソデイカを見た日にアコウ(キジハタ)を捕獲したのですが、シーズン的違和感バリバリでした(爆)
11_911_14
初雪を迎える頃には「ターゲットとしての根魚」はナリを潜め、「製品テストとしての根魚」が台頭。
釣果に繋がる内容でありませんので釣行記ではスルー傾向にありますが車には常に搭載しており、状況を見つつ随時キャストしております。

2013年最後の「月一定例釣行」は再び山陰入り。
12_412_2二人で「いかに小さいアジをたくさん釣るか大会」になったり、最後は突風と雨の中での修行釣りになったりしましたが、無事に(!?)締めくくる事が出来ました♪
12_1安部さん、来年もアチコチ行きましょう♪
今年1年、本当にお世話になりました!!

時を同じくしてワタシのターゲットに「山陰メバル」が追加されたものの全くノーカンジ。
12_3「あじ」はそれ相応に釣れてくれるんだけど。

そんな折、中学からの友人である「中森君」との釣行で今季初の山陰メバル捕獲に成功!!
12_812_7
中森君と仲良く1匹づつグッドサイズを捕獲し、少しだけホッとしておりまする(笑)
12_612_5
夜が明けてからは「メバル2匹だけでは荷にならぬ」と気合でサゴシを狙い、しっかりとお土産確保♪


どうやらこの釣行がワタシの2013年釣り納めになりそうです。



【来年に向けて・・・】

「来年はどんな年になるのか?」についてはフタを開けてみないと分かりません。
・・・が、今年に負けないような積極的な釣行を繰り広げていきたいと考えております。

ターゲットについて具体的に書こうかと思いましたが、書いたら自身の制約になるのでやめときます。
これまでの釣りにプラスして新しい釣りを模索していきたいと思います。

どんな釣りでも言えるコトであり、ワタシが常に言う言葉が「継続は力なり」という言葉。
ワタシが山陰アコウに関してそれ相応のレベルアップを果たせたのも釣行を繰り返して経験値を溜めてきた結果です。
ワタシは「週末アングラー」とか「サンデーアングラー」と呼ばれるアングラーの一人であり、釣行環境は必ずしも良いとは言い切れませんし、自身そう思っておりません。
ただ、釣行環境を少しでも良くする努力は行なっているつもりです。
それなりに責任のある立場・年齢になってしまい、今後も制約が増えることが予想されますがそれでも「スキあらば釣行」を続けていくつもりです♪

尚、来年のバンダナ釣行記は舞台を少し変えてお届けする予定です。
(感じとしてはゲーリー君ブログ的なカンジ)
舞台が変わっても引き続きご覧頂ければ幸いです。
・・・よりマニアックになる可能性が高くなりますので「ソレ系がお好きな方」は要チェックでお願いします♪


ワタシは本日(12/29)をもちまして年内の業務を終了させて頂きます。
パゴスネットショップは12月28日から翌2014年1月5日まで業務が停止しておりますのでご注意下さい。
ワタシが至らぬばかりにネットショップでご迷惑をおかけしてしまった全ての皆様にこの場をお借りして深くお詫び申し上げます。
来年もご迷惑をお掛けする事があろうかと思いますが改善してまいりますので何卒宜しくお願い申し上げます。

パゴス本店・井口店も本日(12/29)で年内営業終了です。
ただし、パゴスマリーナホップ店は年末年始休まず営業しておりますので是非遊びにお越し下さい♪
年始は1月3日(金)午前10時から初売りセールをもって新年の営業開始です!!
(マリホ店は1月1日(水)午前10時より初売り!!)

皆様のご来店をお待ちしております。



最後に今年1年本当に有り難う御座いました!!
来年もどうぞ宜しくお願い致します。


それでは良い年をお迎えください!!

タチウオ絶好調です!(プリ島釣行記)
2013年12月27日(金)

プリ島です。

釣具全品対象10%UP買取キャンペーンしてます!
12月29日までなのでお早めにお持込ください^^
買取キャンペーン



12月21日、タチウオ狙いで遊漁船アジアマリンに乗ってきました。

タチウオがたくさん釣れていると、お客様から情報をいただき調査に行ってきました。

当日は午後から天気が崩れるそうで、午前中に魚を釣らないと早上がりになる可能性もあるので、「バンバン釣って」と船長からの話^^

港を出て1時間、ポイントを見渡すと、大船団がいました!!

海の上に白く見えるのは全て船なんです。

ポイントに到着、船は20隻ほどいました。
辺りを見回すと、どの船も好調に竿が曲がってました!

急いでジグを投入。
開始1投目から釣れました^^
ブリス 「タチジー 100g」


ボトムから高速ワンピッチジャークに反応が良く、当日はタチジーがアタリジグになりました。


安くて良く釣れるプリ島超オススメジグです。

パゴス価格¥472-



タチウオフックも充実してます^^

パゴス価格¥504-


開始から入れ食いで、正午になるまでにクーラーが満タンになりました!



ジグからテンヤに切り替えても、バッチリ釣れました^^
テンヤへの反応もよく、特にテンヤは大きなサイズが釣れました。

パゴス各店テンヤの在庫ございます^^


あると便利な商品入荷しました。
アクティブ 「タチウオ袋」
持ちやすい取手付きで、持ち運びに超便利です。

パゴス価格¥472-


これからさらに数、サイズ共に釣果が上向いてくるタチウオ、皆様もいかがですか?
パゴス各店にはタチウオ用品&中古ジグも販売してますので、釣行に行かれる際は是非お越しください^^
タチウオとっても楽しいですよ^^

闇ヲ「少しだけ」徘徊ス・・・「初メバル」(バンダナ釣行記)
2013年12月24日(火)

バンダナです。

12月22日に山陰入りしておりました。
今回は中学時代からの友人であり、広島に出てきてから再開した「中森君」との釣行。
1
・・・クリスマスの着ぐるみをしておりますが、彼は安佐北区落合にあるサロン「美容室Arden(アーデン)さん」に勤務している美容師。
一昨年の春にアオリイカ狙いで釣行して以来のお久し釣行です♪

彼の仕事が終わってからの出撃となり、暗い内はメバルやアジ、明るくなってからは海の状況を見つつエリアとターゲットを決定するとゆープラン。
出発は22日の午後11時半頃。

大朝ICまで下道を通り、そこからは高速を使っての山陰入り。
冬らしく「強風・荒れ模様」の山陰エリア。
さて、ドコからチェックするべーか?と浜田湾内で最近お世話になりっぱなしのアジングポイントが空いてたのでそこにIN。

数日前に激荒れしてた事を物語るニゴリと浮遊ゴミが漂う中でゲームスタート。
「・・・でアジ1ぴきだけだったとゆー・・・」
ニゴリのせいか?荒れたせいか?水温低下のせいか?「わけわかめ」のまま場所移動・・・

お次も浜田港内。
外洋に面した波止に入るも目の前にグワーッと押し寄せる大きなウネリにビビって即撤収。
その近くの内湾をチェックします。
ボトムには所々海藻が生えており、尚且つ過去に良型メバルの実績がある場所なので気合いを入れてチェック。

「・・・でまともなバイトも得られないまま時間だけ経過」

テトラ帯や地磯が気になるもののスニーカースタイルで狙えるエリアである事が今回の必要項目であり、それに該当し、尚且つ釣れるエリアを求めて転戦。
そして朝マズメを意識する時間帯に差し掛かります。
あまりにも反応に乏しいので少しだけ「厳しいエリア」に入る事を提言、即了承となり移動。

そこはスニーカースタイルでの入釣限界エリア。
全域にわたり足元の岩はザラザラした岩質、常に海水がかかる場所以外は滑る可能性は非常に低くなっております。
(どんな場所であろうとも決してスニーカースタイルを提唱している訳ではありませんのでその点は誤解無きよう)
外洋に面していながらウネリをしっかり受け止めてくれる地形になってて毎年海藻が繁茂する・・・そんな場所です。
この時は海藻が非常に少なかったものの確実に生えており「いかにも」ってカンジ。

夜が明けるまではココで頑張るつもり。

過去の実績も十分であり、時間帯はマズメ絡み。
海況も「非常に良い」と感じる事が出来る状況ですが、大きな不安が一つ。
それは「今シーズン、まだメバルを釣っていない」事。
1匹でも捕獲しているのであれば話は別。
皆さんも体感されてると思いますが「0」と「1」の間にはとてつもなく大きな溝が広がっているのであります。

そんな不安を振り払うかのようにキャスト開始。

少しずつスポットをずらしながらキャストを繰り返す二人。
相変わらず反応ナシ・・・ですが、気配らしきモノは感じる・・・

そして足元の白泡を意識した並行キャストに久し振りの感触!!
考えるよりも早く身体が反応するのはワタシがアングラーの端くれである何よりの証拠です♪
6そして今季初のメバルゲット♪
小さくもないが特にデカいワケでもない・・・それでも強烈に嬉しい1匹である事には間違いありません!!

ヒットワームは「エコギア・グラスミノーSS」
カラーは既に廃番となっているパンプキン系カラーであり、仲間内では「ブラック」と共に未だに探し求めている人間が多いカラー。
パゴスではグラスミノーシリーズそのものを置いてませんがワタシにとっては絶対に外せないワーム。
「バンダナ超推奨ワーム」として置いてもらおうかな?(笑)


連発しそうな雰囲気をよそにその後の反応が無くエリア内を小移動。
現在の我々はマズメラッシュに遭遇できるだけの条件・状況・レベルに達していない模様。
それでも山陰メバルと呼べるサイズを釣ってほしい・・・

そんな事を思ってると彼が闇の中で慌ただしく動きだし・・・
5見事に初山陰メバルを捕獲♪
因みにヒットルアーは「自分でカットして作った元スクイッド系ワーム」
ハサミを持たせたらヘアーカット以外でも一流の仕事をする・・・とゆーコトですな。
自作系ワーム使用に加え、初25cmオーバーと彼にとって深く記憶に刻まれるであろうメモリアルフィッシュ。

非常に厳しい内容でしたが最後の最後で大どんでん返しを見せてくれました♪

結局メバルはお互いに1匹ずつ捕獲したのみで夜明けを迎えストップフィッシング。
海は相変わらずの荒れ模様につき、「サゴシでも狙ってみるべーか?」と移動してみる事に。
4浜田港内でサゴシが良く釣れるエリアに入ってみたものの反応ナシ。
その代わり、先に釣りをされていたショアジガーの方が釣っておられました。

そして三隅方面に移動。
車横づけで釣りが出来、足場は最高・・・の岸壁でございます。

「なんちゃって」とはいえ、ショアジギ初挑戦となる中森君、寝不足もたたってキャストもアクションも見ててぎこちないコトこの上なし(爆)
基本的にタダ巻きでOKな「ブリーデン・メタルマル」をキャストし続けるのですが何もありませぬ。
ナブラでもあればな~。
そんな我々の期待に応えてか、それともあざ笑う為か「メッチャ遠い場所」で超単発&超小規模ながらサゴシのナブラ・ライズが発生。

最初の数ナブラは活性急上昇させてましたが、いつしかナブラが見えても反応が乏しくなる二人・・・
そして中森君は途中で脱落、一人「孤高のサゴシハンター」となりキャストを繰り返します・・・
3そして超単発ですがサゴシ君ゲット♪

今まで小さいフィッシュグリップしか持ってませんでしたが最近「ワニグリップ」を入手。
使ってみたら掴む力の強さと使い勝手の良さを体感、非常に重宝しております♪

wanigr1 wanigrip-holster
早くから買っとけば良かった・・・
携帯性やコンパクトさを重視されるなら「ワニグリップ・ミニ」等の小型フィッシュグリップをチョイスすべきですが、そうでなければワニグリップをオススメさせて頂きます♪


ナブラこそキャスト範囲を超えた場所ばかりでしたが、サゴシ自体は近くも回遊してるみたいでヒットするのはかなり手前にルアーが戻ってきてから。
それらを含めパターンらしきものが見えてきたので中森君を起こそう・・・かと思いましたが「口を開けて気持ちよさそうに」寝てるのでそっとしておくコトに・・・
因みに「口開け睡眠写真」は彼の希望により未掲載・データ消去させて頂きました(爆)

いつぞやの釣行で「サゴシキラー」になりつつあったメタルマルですが、この日は完全沈黙。
レンジやアクションが合ってなければ流石のメタルマルさんでも手も足も出ない・・・ってコトがよく分かりましたです。

この日は40~60gのメタルジグによるハイピッチショートジャーク&セミロングフォールがキモでした。
2雨がパラつく中、頑張って昼までに5本を確保。
お土産としては十分です♪

最終的に雨風が強まり、お腹も減ったので昼過ぎにゲームエンド。

そのまま益田市に入り「三洋軒さん」で昼ごはん。
7
(写真がボケてたので「食べログ」から画像を拝借)

三洋軒さんは去年、店舗と場所を一新。

大きな地図で見る
(食べログの地図は場所が微妙に違ってるので注意です。お陰で周囲を2周する羽目に・・・)

少し前に旧店舗に行き、店の看板が無くなってたのに唖然としたまま店の前を素通りしてしまったのですが後で移転されてると知り一安心です。
また、「店が新しくなってから云々・・・」とも聞いていたもののワタシは全然気になりませんでしたが何か?(笑)
ただし「古き良きモノ好き」としてお店のたたずまいだけは前の方が良かったなと素直に思いました。
何にせよ今後も益田エリア釣行の折には立ち寄らせて頂きたく思っておりますです♪

食後はR191を通っての帰広と相成りました。
帰りは超睡魔に襲われ途中で休憩を交えながら加計の「鯛焼き・よしおさん」で鯛焼きを頬張りつつ無事に帰り着いております。

中森君、不慣れ・・・とゆーよりも人生初に近い山陰ナイトゲームで心身ともに疲れたと思いますが念願の山陰メバル捕獲が出来たので良しとして下さいませ♪
そして親しい人にしかしないワタシの毒舌トークにキれずにお付き合い頂きました事、深くお礼申し上げまする(爆)
次回山陰メバルを狙う際はもっと厳しい場所にお連れしますので足回り装備を完璧にしておいておくんなまし。
なにはともあれ「お疲れ様でした!!」

中森君と一緒に「0から1」になったワタシの今季山陰メバルゲーム。
今後は他の事もしつつ・・・ですが、じんわり確実にレベルアップしていきます♪



さて、次回のバンダナ釣行記は「2013年ラスト」となる総集編です。
今年も色々なドラマがありました。
来年はどんな年になるのだろーか???

月一定例釣行4・それゆけアジング「大荒れの山陰にて」(バンダナ釣行記)
2013年12月17日(火)

バンダナです。

少々ネタが古くなっておりますが・・・
12月12日に山陰入りしておりました。

毎月恒例行事となっている「ファイブコア・安部さん」との釣行でございます。

直前まで「山陰か瀬戸内か?」で悩んでおりましたが山陰でもゲーム展開できそうな天候に推移しており山陰釣行を決定。
出発前に「キミッツさん」でお好み焼きを食し、いざ出発です♪

荒れてるのは間違いないので先ずは「ヒラセイゴ」から狙ってみるかな・・・

いつも通り高速を使って浜田へ・・・ではなく、今回は戸河内ICまで高速を使い、そこからはR191を使って益田市に入るプラン。
道中は予想していた程の雪が無く、安部さんニコニコでワタシはガックシ。
7
それでも山間部はマイナスの世界。
深夜早朝はカチコチやな・・・

車内で「あーだこーだ」言ってるとあっという間にファーストエリアに到着。
予想よりも荒れてませんがそれでも雰囲気はいいカンジ・・・
「雰囲気だけはね」
期待値マックスでキャストを繰り返すも反応一切ナッシング。

早めに見切りをつけて次のポイントへ・・・とその前に湾奥の外灯下が気になった。
「ちょっとチェックしてみますか?」とキャストしてみたトコロ・・・
5超ミニマムなアジゲッツ♪

中々ノらないもののバイトは頻発。
それが二人のテンションを高めてゆく・・・(爆)
「5cm前後のアジしかいない」のは分かっているのですが、そのアジを何とかして連発させようと試行錯誤。
4浜田のアジは表層の小さなベイトを捕食していることが多かったので、今回シークレットとして極小ジグヘッド+極小ワームを持ってきてたのですがココで活躍するとは・・・

使ったのはヤリエさんのジグヘッドとワームの「極小コンビ」
ajimebaami_1amibaits_1
「ヤリエ・アジメバアーミー NO.647」
「ヤリエ・アーミーベイト NO.691」

かなり小さいので釣り場でセッティングするのは難しい(っつか面倒)と判断、予めジグヘッドにセットして持って行ったんですが大正解でした♪
お互いに「次に行きましょう」の言葉を発する事無く黙々と豆アジとの対決を繰り広げております・・・(爆)

・・・で大幅に時間をロストしてしまったとゆー・・・

次のエリアへの移動を決意した時点で日付変更線がかなり目前に迫っておりました(汗)
予定ではテンポよくランガンして浜田にかなり近づいてるハズなのに。

次は安部さんお気に入りの港でございます。
ヒラセイゴの実績がそこそこ高く、足場も良く、外灯も良い感じで照っており・・・のまさしく「安部さんポイント」でございます(笑)
910
外灯下にはセイゴの影が多数。
キャストすると直ぐに反応があるものの釣れるのは手の平有る無しのセイゴ君ばかり。
それでも楽しめてしまうのはライトタックルを持ち込んでいるせいなのか?それとも安部さんと釣りしてるからなのか?
安部さんは「ラッキークラフト・ストリームドライブ35HD(FC55カラー)」でヒラセイゴゲット♪
対するワタシは最初からヘタレて「バークレイ・ベビーサーディン」をチョイス。
フッキングに苦戦する安部さんを尻目に連発させるもののサイズは相変わらずでございます♪

ひとしきりキャスト&捕獲を繰り返すと反応が突然ストップ。
すぐに完全沈黙状態になり、ここで見切りをつけて移動する事に。

既に日付変更線は突破。
浜田港内のアジは「深夜に機能するよーな気がしている」のでこのタイミングで一気に浜田に戻りアジングを展開。
ついでに明暗部で何度も目撃したシーバスも狙ってしまおう・・・と思ってたら目的の波止が真っ暗・・・
何かトラブルがあったのかどうかは不明ですが、全ての外灯が消えてました。

仕方が無いので別の波止にIN。
ココがこの日最後のポイントとなっておりまする。

気を取り直して・・・と思ってたら今度は背後からの強風。
時折突風状態になり、追い風ながらも釣りが展開しにくく四苦八苦。
それでも狙いのスポットにキャストが決まるとアジからの反応が・・・♪
3
最後に「アジングらしいアジ」をゲットして二人してご満悦♪

そんな我々の目の間では単発ながらボイルが発生しております。
よく目をこらして見たらアジではなさそう・・・
水面のナニかを目がけて反転食いしている様はまさしく「メバル」であり、何とか釣ってやろうと試行錯誤。

その内、沖合では雷がピカピカし始め、突風と共に大粒の雨がバチバチ叩きつける始末。
なんだか釣りが修行じみてきた・・・
それでも雷はまだ遠く、雨は短時間に降ったり止んだりをリピートしておりましたのでゲームはこのまま続行。

捕食対象となっている「水面のナニか」はおそらくアミとかそういった極小のベイトに違いない・・・
「それならば」と再び「極小コンビ」をセット。
その目論見は見事に的中し、水面直下を走る極小コンビに黒い影がバイト!!
11・・・でその正体はヒラセイゴ君だったとゆー。
てっきりメバルだと思ってましたがコレはコレで十分にアリでございます♪

その後、雨足が強まり、突風ビュービュー時間が長くなってきたのでココでギブアップ。

2(写真は帰りの道中に撮ったものでございまする)

豆アジに時間を費やし・・・浜田では風と雨に邪魔され・・・で一部修行の様相を呈しておりましたがお土産としては十分!
本当はもっとたくさん釣って頂くつもりでしたが、時間も天候もタイミングも選べない我々にとってこれがこの日最高のパフォーマンスだったかと。

「いや、時間配分をもっとよく考えたらもっと良い結果になってたのでは・・・」

それもそうなんですが、安部さんとの釣行は「楽しさ一番・釣果は二の次」なのでございます♪

8この日の締めは「ローソンうどん」
個人的に「野菜かき揚げ」がツボっており、いつもトッピングしてるんですが、かき揚げのサイズが大きくなっておりました。
それだけでハッピーでございます♪

結局、うどんを食した後の撤収開始が13日午前3時頃で、広島に戻ったのが午前5時前・・・
次の日の仕事は・・・まぁ中々にハードでございました(爆)


安部さん、今回もお疲れ様でした。
次回もまた再び「楽しみ&修行」しましょう♪


荒天続きの山陰では良いカンジに海が掻き回されておりいよいよ冬の海に変貌しつつあります。
山陰メバルに関しては相変わらず苦戦を強いられる方が続出している感がありますが、懲りずに「攻めの釣行」でいきましょう!!
・・・そう言ってるワタシ自身がメバルに関して少し守りに入ってるんですけどね(爆)
ワタシは他の釣りで攻めに転じたいと思っておりまする。




さて、次はドコでナニ狙おうか???

近場でメバリング!(プリ島釣行記)
2013年12月13日(金)

プリ島です。

12月12日
今月に入ってから近場のメバルが好調という情報を、井口店アルバイトの増田君から聞いたので、本店アルバイトの高橋君も連れて3人でメバリングに行ってきました。

近場でメバリングという事で、ポイントには井口店から10分で到着!
風も無く釣りやすかったです^^
僕が準備をしていると!
隣で釣りを開始していた増田君のドラグ音が!

増田君、開始数投でメバルをキャッチ!

急いでリグをセットして僕もキャスト!


ミニメバルヒット!
メバルが表層に浮いているみたいで、キャストして表層を漂わせるようにスローで巻くと、バイトが連発する状況!


今回仕様したジグヘッドはこちら↓↓
大きなアイでラインを結ぶ時、非常に便利です^^



表層ではミニメバルが連発するので、大型狙いでボトムを狙っていた高橋君にヒット!

サイズアップ^^
20cmジャストの良型メバルが釣れました。

僕もボトムを探ってみると、メバルではなくソイが釣れました><


海面でライズが発生したので、増田君がプラグをキャストしてみます。
数投後、ドラグ音と共に竿が大きく曲がります!

お見事!
丸々と太ったメバルをキャッチ!


増田君、超オススメ、ジップベイツ 「リッジ35SS」
ほんと良く釣れるプラグです^^



当日はメバルが高活性で数&サイズも狙えてとても楽しい釣行になりました。
これから釣果がさらに上向いてくるメバリング皆様もいかがですか?




釣果アルバム募集中です^^
釣りに行かれた際は、釣果をお気軽にパゴスホームページにアップしてください^^
アジングメバル投稿