釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

フラッシュJ伝説再来の予感・・・(バンダナ雑記)
2014年01月24日(金)

バンダナです。

昨日に引き続き「ブツネタ」でございます♪

「フラッシュJ」と言えば「フィッシュアローさん」が発売されているリアルフォルムのソフトルアーですね。
本来はバス用として開発されたものですが、現在はソルト用のカラーも登場しており、バス用カラーでもソルトゲームに転用される方も多数おられます。
「ワタシもその一人」
集中して狙い続けて今年で3年目を迎えようとする「山陰の根魚ゲーム」では常時一軍ワームとしてワタシのタックルボックスの大半を占めております。

「根魚=クロー系ワーム」
の図式が定着している根魚ゲームですが、アコウ(キジハタ)等は小魚を偏食する傾向が多々見られます。
その傾向にマッチしたワームがフラッシュJシリーズです♪

また、根魚は
「①底にべったり張り付いている」
「②複雑な岩やテトラの奥に潜んでいる」

といったイメージをお持ちの方が非常に多いのですが、それは半分正解であり半分間違いと言えます。
「カサゴ氏」に関しては①や②の傾向が強い魚ですが、アコウ(キジハタ)に関しては変化に乏しい地形でもよく釣れたりします。
「広い体育館の真ん中にレンガを一つ置いたらそこがポイントになる」
と言ったらイメージしやすいでしょうか?
僅かな地形の変化がアコウ(キジハタ)の着くスポットになるコトが多々あります。

広い体育館のドコにレンガが置いてあるか?については見れば一目瞭然ですが、水の中ではそうはいきませぬ。
そういったスポットを探すのにコチコチボトムを小突いていたのでは時間がいくらあっても足りません。
船からならば魚探をかける・・・という方法も無きにしも非ずですが、ショアから狙うとなるとそれも難しい・・・
そんな観点から導き出したのが「スイミングによる根魚攻略」だったワケです。
「点」を見つける事は相変わらず難しいですが、「線」を多数引っ張る事により釣れるスポットを効率よく特定する事が出来ました。
そしてそのスポットに何があるのか?を丹念にチェックしたら僅かな変化だけだった・・・というワケ。

「フラッシュJシリーズ」 を根魚に使おうと思ったきっかけは偶発的。
フィッシュアロー製品の取り扱いをされている「魚矢さん」の営業である渡辺さんから「海で使えませんか?」と何本かサンプルを頂いたコトに始まります。
それが今やパゴスの主力ルアーの一角にまでなってしまったとゆー。
さらに時を同じくして「スリンヘッド」とも運命的な出会いを果たしております♪


スイミングによる根魚ゲームを実践してる内に根魚狙いではあまり考えられないような早いスピードでも釣れる事が分かってきました。
また、ボトムではなくかなり上の層(中層以上)でも釣れる事も分かってきました。
スイミングによる根魚ゲームはやればやるほどに新しい発見に出会う事が出来、そのほとんどがネットにも雑誌にも載ってない事ばかりなので興味が尽きる事がありませぬ。

「根魚は小魚を偏食する場合がある」と先程述べましたが、当然その逆もあります。
フィッシュ系ワーム(スイミング)では全くの無反応でもクロー系(ボトムをスローにアプローチ)ならば喰ってくる・・・という話は仲間内で時折交されております。
そんな時の為にワタシもいくつかのクロー系ワームは必ず忍ばせております(笑)
しかし、ワタシがフラッシュJに絶大な信頼を寄せている事に変わりはありません。
「恐らくきっと多分絶対」日本で一番根魚狙いでフラッシュJシリーズを使っていると勝手に思っており、それ故に強固な自信と説得力を保持させて頂いております♪

「ニオイ・味付き」が当たり前となった現在のソフトルアーですが、フラッシュJにはそれらは添加されておりません。
その代わりに「リアルさ」をとことんまで追求しております。
・・・ワタシはフラッシュJの「一つの特徴にとことん特化してる点」に対して強い魅力を感じているのかも知れません。
その内にフラッシュJにもニオイや味が添加される日が来るのかもしれませんがそれは時代の流れに沿った結果であり、肯定も否定もするつもりはありません。
ただ、それらがあっても無くても「フラッシュJらしさ」がある限りいつまでも使わせて頂く事になると考えております。


・・・話があさっての方向に飛んでしまいました・・・



長い前置きはこの位にしてここからが本題!!

根魚のハナシをしてしまいましたが、今回は「フラッシュJをメバルゲームへ流用する」提案でございます。

本日、魚矢さんから荷物が到着。
その中に「バンダナさんへ」と書かれた袋が・・・
5その袋を手に取り、中身を見た瞬間に「ビビッ」ときてしまったフォルムとサイズ。
「フィッシュアロー フラッシュJハドル 1インチ」

前置きが文字ばかりでしたので今度は写真をどーぞ♪
4サイズは約48mm
1インチは約2.5cmですが・・・その辺りは気にしないよーに(爆)

7名前の元になっている「フラッシング」を発生させるアルミホイル板が内部にインサートされております。
そのアルミホイル板がスパイン(背骨)の役割を果たし、小魚っぽい適度なハリを持たせてあります。

1ジグヘッドは「がまかつ・コブラ29(1.4g-#2)」

3「ハドル」の名を冠している理由は強い波動を生み出す「ハドルテール」を装備しているから。

8上から見ると結構スリム。
ハドルテールが生み出すのは強い波動だけではなく「ローリングアクション」も生み出します。
ローリングする事で両サイド面とトップ&ボトム面がアピールON・OFFの効果を発揮。
更にサイド面のフラッシング効果も加味すればそのON・OFFのメリハリが強烈に際立ちます!!

このフラッシュJハドルは魚矢の渡辺さんが「メバルにどーですか?」とサンプル的に入れてくれたのは間違いありません。
それは「海で使えませんか?」とフラッシュJシリーズをいくつか手渡して頂いたあの時と同じ・・・
今回は「あの時」以上に確信めいた「ナニか」を感じてしまいました。


「パゴスではメバル用ワームとして取り扱いします!!」

現在のカラーラインナップがバス系のモノばかりですが、その中からソルトに効くであろうカラーを厳選して取り扱いさせて頂きます。

このブログをご覧になって「ビビッ」とこられた方は少なからずおられるかと♪
入荷するまで楽しみにお待ち下さい♪


・・・で、ワームをいじくりまわしてる時に簡易チューンを思いついちゃいました♪
2「フラッシュJハドル」はハドルテールがキモ!!
しかしながら、メバルゲームでは波動が強すぎ・・・という可能性も捨てきれません。
最初はノーマル状態でお試し頂きたいのですが、アピール力を落としたいとお考えの際は「テールハーフカットチューン」を施して下さい!!

やり方は非常に簡単♪
「ハドルテールの上部、もしくは下部をハサミでカットするだけ!!」
6これだけでアピール力をダウンさせる事が可能です。
「上カット」「下カット」どちらが良く釣れるか?といった検証をしてみるのも面白いですね♪

でもフラッシュJハドルの一番の売りはやはり「ハドルテールによる強波動+ローリングアクション」ですのでその点だけはお忘れなく!!
このアクションはハドルテールだけにしか出来ません!!

ピンテールタイプのワームやI字形のプラグなど、メバル用のルアーは微波動・低アピールのモノが多く、パゴスでもその有効性・重要性に注目しております。
それでも昨今流行している「ワインド系」や「メタルバイブ」等の強いアピール力を持つルアーもメバルゲームには必要。
「フラッシュJハドル」が威力を発揮する状況も絶対にあるハズです!!

「定価は850円(税抜)」で8本入りとなっております。
パゴスでは10%OFF+消費税での販売を予定しております。
ワームとしてはかなり高価な部類ですが、フラッシュJシリーズのこれまでの功績と小型サイズ登場による可能性&期待、さらに確信に近い「ナニか」を感じます!!

渡辺さん、今回も良いモノを紹介して頂き本当にありがとうございます♪
また「良さそうなモノ」「怪しいモノ」がありましたらお知らせ下さいませ!!


それでは「フィッシュアロー フラッシュJハドル1インチ」をぜひぜひヨロシクお願い致します!!

絶好調のメバリング行ってきました!(プリ島釣行記)
2014年01月24日(金)

プリ島です。

1月17日

東方面でメバルが好調とお客様より情報をいただき、アルバイトの坂田君、高橋君、釣りガールの4人でメバリングに行ってきました。

今回はプラグだけ使いメバルを釣ろうと思います。

ポイントに到着後、海の様子を見ていると海面でメバルのライズを発見!
急いでトップウォータープラグをセットしてキャスト。
しかし、反応がないので中層からボトムを探ってみると、メバルがヒットしました!


ヒットルアーは「ブリス メバジーFW 2g


パゴス価格¥330-
お求め安い価格で操作が簡単でよく釣れる!
プリ島、超オススメの商品です。

このパターンで高橋君とダブルヒット!



アジ狙いをしていた酒田君にもメバルがヒット!
当日はアジはいませんでしたが、メバルが高反応でした。


釣りガールはジグヘッド&ワームでヒット!


ヒットルアーは「デコイ デルタマジック」&「レイン アジリンガー」の組み合わせでヒット!


パゴス価格¥294-

レイン アジリンガー


パゴス価格¥434-


更にライズが頻繁になってきましたが、トップには出ないので少し沈めて狙うと!
これがヒットパターンになり入れ食い!
高橋君1人爆釣です^^


ヒットルアーは「ラッキークラフト ストリームドライブ45


パゴス価格¥1417-
これからイカナゴが接岸する季節マッチザベイトのオススメルアーです!
ほんとよく釣れます^^


これからさらに釣果が上向いてくるメバル、みなさまもチャレンジしてみてはどうですか?
パゴス全店メバリング関連商品盛り沢山でお待ちしてます。
ライトゲーム用プラグも充実しています^^



今回の買取キャンペーンはリール全品です!全品!
不要なリールございましたら是非お持込ください^^
商品不足により高く買取させていただきます。
買取キャンペーン

今日のパゴス事務所(バンダナ雑記)
2014年01月23日(木)

バンダナです。

釣行ネタが欲しいトコロですが、先週末は大人しくしておりネタは無し。
今週末は・・・と天気予報をみたら「週末だけ狙ったかのよう」に天気が悪いとゆー・・・
いい意味で天気予報が当たらない事を祈りつつパソコンのキーを叩いておりますです。

そんなパゴス事務所に本日、「アピアさん」から中平氏が来社されました。
色々なハナシの中で新製品「風神R」のサンプルを見せて頂いております♪
1風神Rは2万円台の比較的リーズナブルな価格帯。
シーバスロッドでそのラインナップは13種にも及びます。
スタンダードなスペックからキワモノに近いスペックまで様々なシチュエーションに対応可能。
磯のヒラスズキを狙えるスペックもあります♪

また、パゴス的視点から「メバルに良さそうじゃん♪」と思えるロッドやワタシ個人が情熱を燃やす「アコウ(キジハタ)」に使えそうなロッドもありシャチョー以下事務所スタッフ全員でブンブン振り回させて頂きました♪
一昨年は大フィーバー、去年は一瞬で終焉を迎えた「市内河川ブリ」にも最適なスペックもあります!!
パゴスでは風神Rの取り扱いを検討しており、シーバスをメインとしてシーバス以外の「パゴス的使い方」の提案もさせて頂きたいと考えております♪
入荷・発売開始の折には改めてご報告させて頂きますのでお楽しみに♪


んで本日、「パゴスネットショップ」では「アピア・レガシーSC」の値下げを敢行させて頂きました!!
この機会に是非ご検討をお願いします♪
apia_sc77mlt_1
↑の画像をクリックするとレガシーSCのページにジャンプします!!

パゴスでは現在、「レガシーSC全機種」を取り扱っております。
直接竿をチェックしたい方は「パゴス本店」に展示してありますのでチェックをお願いします!!




そして本日、FBをチェックしてると「マグバイトさん」からイメージPVの投稿アリ。
「いつもながら良い仕事されてますわ♪」とPVを見てると・・・
2対ロックフィッシュ用スイミングリグ「バサロ」が登場!!
フック&ブレードは標準装備されており、任意のワームをご用意頂くだけで直ぐに根魚ゲームが展開できます!!
フックサイズはアコウ狙いで一番多用される「3インチクラス」に対応。
一番消耗(摩耗)するフックはワンタッチで交換可能!!
自分がこだわるフック形状やワームのサイズに合わせたサイズに素早くチェンジ出来ます。
ブレードの形状は最後まで思案した結果、小魚をイメージさせる「ウィローブレード」に決定!!

昨年のテストでは初期段階から威力を発揮、2014年のロックフィッシュシーンに新たな旋風を巻き起こします!!
46

57
発売開始&根魚シーズン再突入まで楽しみにお待ち下さい♪

・・・でPVの終盤に・・・
3ちゃっかり登場させて頂いております♪

動画撮影当日は期待とは裏腹に厳しい状況・・・
「取材とかそういった状況にメッチャ弱いバンダナ」を再び露呈させてしまいましたがナイス編集!!

「マグバイト2014PV」フルバージョンはコチラをどうぞ!!


「アピアさん」と「マグバイトさん」
2014年も目が離せません!!

「闇ヲ徘徊ス・・・」+「月一定例釣行」(バンダナ釣行記)
2014年01月17日(金)

バンダナです。

先に言っておきますが「釣れてません」
なので写真少々、文字多めでございますのでおヒマな時にご覧くださいまし(笑)

1月12日と15日に「島根半島」に行っておりました。

15日は「ファイブコア・安部さん」との月一定例釣行。
12日はそのプラも兼ねた場所チェック釣行でございます。

強風・荒波が日常となった山陰エリアにおいて、風裏・波裏の存在がキモになるコトが多くなりました。
島根半島は「これぞ日本海!!」な冬の激荒れエリアであると同時にその複雑な地形から多くの風裏・波裏エリアを有しておりまする。
また、足場の良い港が意外と多く「磯・テトラ帯不可」の月一定例釣行にはうってつけ♪

広島からの島根半島はかなり遠い場所と言えますが、「松江道」の開通によってアクセスが飛躍的に向上。
広島市内からでも高速をフル活用すればほぼノンストップで松江市内に入る事が出来ます。
松江道の大半が無料区間になっている点も嬉しいですね♪
R54を利用していた時は三次から松江までが2時間コース。
それが現在は広島から松江までが2時間コースとなっており、これまでR54で松江入りしていた人間にとっては驚異的なスピードといえます。

ただし、松江道が通ってる区間には中国山地でも特に雪の多いエリアが含まれております。
冬季は積雪による通行止めや各種規制がかかる場合がありますので事前の状況確認は必須です。
スタッドレスタイヤは常識中の常識であり、チェーンの準備も必要です。
・・・チェーンを持ってても「装着方法が分からない」という方が意外と多いのでもしもの時の為の予行演習をお忘れなく♪




【1月12日】


12日はさっきも述べた通りの「プラ的釣行」
アコウ(キジハタ)を狙っていた昨年の夏頃は頻繁に通ったのですが、それは出雲方面(島根半島西部)のハナシ。
今回は松江市を中心とした島根半島中央部のチェックです。

道中の山間部には雪がたっぷりありますので保冷剤代わりにクーラーに積み込みます。
4「高野」で雪を確保。
この時期、他のエリアであれば木に残されてるのは「柿の実」
それがココでは「リンゴの実」
さすが高野ってカンジです(爆)

312日・15日共に高速道路上の雪はほぼ皆無。
スイスイです♪
除雪と塩撒きがきっちり行なわれております。

12日は釣りする前に「かめや釣具・松江店さん」に立ち寄って情報収集。
店長の横山氏はワタシが三次に居た頃からの知り合いだったりします。
彼は島根半島を中心としてルアー・エサを問わず各ジャンルの釣り情報に精通♪
本人はオフショアを中心としたジギング・キャスティングに情熱を傾けておられ、今年はショアジギにも力を入れるとのコト。
その辺りの情報は更に精密になるコト間違い無しですので近くに釣行の際は情報収集に立ち寄られるのも良いかと思います♪
(情報収集だけでなく、お買い物するのをお忘れなく!!)
ショップ的には互いに競り合うべき間柄・・・となるワケですが、一人のアングラーとしての立場であれば情報を交換・共有する間柄。
今回も最新メバル情報とエリア情報を聞かせて頂いております♪


横山氏からの情報と風向き、足場の良し悪し等を加味して気になるエリアをチェックするも全くといっていい程に音沙汰ナシ。
それでもテンポよく、順にエリアチェックを進めていきます。
中盤以降はテトラ帯や少し厳しい磯などの「安部さんNGエリア」もチェック。
これで釣れれば「単なるスポットのズレ」となるんですが、いくらテトラや地磯を走り回っても何もないとゆー・・・

オマケに降水確率が低いにも関わらず雨が振り出す始末。

12日は夜明けまでメバル狙い、明けてからはサゴシでも・・・と考えておりました。
が、13日午前3時頃に突風を伴った大雨となり戦意完全喪失。
夜明けまで車内で仮眠しようかとも考えたのですが、車をグワングワン揺さぶる風の前にワタシのテンションは切れてしまっております。

そして午前6時になる頃に広島の自室に着。

うーむ、15日が不安だ・・・



【1月15日】

「ファイブコア・安部さん」とパゴス事務所で合流して出発したのは15日午後7時過ぎ。
高速道路三次ICで一旦降りてコンビニで晩ごはんを買って松江道にIN。
後はひたすら松江道を北上します。

浜田方面に行くよりも移動時間が長いのですが、安部さんとの話は尽きるコトがありませんので道中ヒマを持て余す・・・なんてコトはありませぬ。

「真面目なハナシから不真面目なハナシ」まで続けてるとあっという間に宍道湖が見えてきた。
・・・で、ナゼか雨降ってるんスけど・・・
それもかなりまとまった雨でして、車内にも暗雲が垂れこめております・・・
その代わり、出発前は10mだの8mだのと言ってた風は落ち着きを取り戻しております♪

最初のポイント到着が15日午後10時。
帰りのコトを考えたらいくら粘っても16日午前1時がタイムリミット。
幸いにも雨が丁度止んでくれたのでせっせと準備してキャスト開始。

13日は突風でグワングワン揺さぶられ、撤退を決意した港ですがこの日は非常に釣りがしやすい状況♪
これでメバルが釣れてくれれば最高なんだけど・・・

「世の中そんなに甘くはない」

反応の無いままに港内をチェック。
そして再びまとまった雨が降り出したので雨宿りを兼ねた場所移動・・・

3カ所目の港でタイムリミットを迎えたのですが、ココは過去に安部さんも来た事がある港でした。
降ったり止んだりする雨に一喜一憂しながら表層からボトムまで細かくチェック。
そして二人のボトムチェックに待望のバイトが!!
1キミかい!!それも小さいし(爆)

二人で仲良く「2ぴき」ずつキャッチ&リリースして午前1時に納竿。
相変わらずの修行釣行でしたが「いかにも自分達らしい内容ですな♪」と妙に納得しながら帰路につきましたとさ♪

「手堅く確実に釣れるゲーム」を意識しつつも月に1回の釣行故に「せっかくなんで山陰らしいサイズを・・・」と考えてしまい、ついついギャンブル性の高いゲームを選択してしまってます。
ただし、安部さんが「絶対に釣れなければダメ!!」という方ではなく、「釣りという行為自体」を楽しむスタイルなのでワタシもかなーり気楽にやらせて頂いております(笑)
・・・それでも良いサイズを釣って欲しいとゆーのが本音ですけどね。

修行の果てに「ドカンっ!!」なら最高なんですが果たしてどうなる事やら。

安部さん、今回もお疲れ様でした。
次回も「修行」しましょう♪




年始以降、ワタシの苦戦続きとなっておりますがもう少し試行錯誤を行なってみます♪
天候に恵まれないのはいつものコトであり、今シーズンは新たな試みもプラスしておりますので必然と苦戦を強いられております。
「苦戦」と書くとマイナスイメージバリバリですが、当の本人は楽しんでおりますのでその点はお間違えなく♪

行きたいエリアややりたいコトが沢山あり、視線が定まっておりませんがそれらも含めて少しずつレベルアップしていく過程をブログを通じてご覧頂ければ・・・と思っております。


「ラッキークラフト・ワンダーオリカラ」につきましては、「夜光砂分離均一化作業」がどうにかこうにか終了し、15日に安部さんに直接手渡し。
後は塗装に取り掛かるだけとなりました。
1発売は2月以降になる予定ですのでお楽しみに!!



さて、次は釣れるかな???

闇ヲ徘徊ス・・・「其ノ1・初釣行」(バンダナ釣行記)
2014年01月06日(月)

バンダナです。

昨日(1月5日)、山陰入りしておりました。
2014年の初釣りとなりまする。

今回は初釣りに加え、新たに入手した「オフト・スモーキーアリッサ84」の竿おろしも兼ねた「W初釣行」
「験担ぎ」とゆーイミでも良い釣りが出来れば最高なんですけど果たしてどうなる事やら・・・

出発は5日の夕方。
大田方面から釣りを開始して浜田まで流れてそのまま広島に戻るとゆープラン。
天気は・・・それなりに良いみたい。
海況は・・・さほど荒れてないみたい。

大朝ICまで高速を使い、そこからは下道を通り大田市方面へ・・・
最初のポイントに到着したのは周囲が闇に飲み込まれる直前。
テトラ帯と磯が混在、ウィードは予想より少ないものの例年のこの時期は結構良く釣れる場所。
オマケに夕マズメ。
期待値が上昇してるのは言うまでもありません♪

・・・が、全くの音沙汰ナシだったとゆー・・・

いきなり最初のポイント選択をミスってるし(滝汗)

「いちおう」設定した終了時刻は午前0時。
それまでに浜田まで移動となるとテンポよくランガンする必要があります。
1カ所に停滞しがちなワタシの釣りですが、素早く見切りをつけて東から西へ移動を繰り返します。

そして「とあるテトラ帯」で2014初メバルを捕獲♪
ウレしくしながら「ブツ持ち写真を♪」とデジカメを取り出すも元々調子の悪いワタシのデジカメちゃん、この日は相当ご機嫌ナナメだったようでウンともスンともいいませぬ・・・
車に置いてある予備バッテリーに交換しても機嫌は直らないので諦めてそのままランガンを続けます。

別の港ではワタシを知っておられるという地元の方(そういえばお名前を聞くの忘れてました・・・スミマセン)にお会いししばし談笑。
今年の状況等を教えて頂きました。
パゴスにもよく来店されるとの事でしたのでご来店の際は声を掛けてやって下さい♪

・・・更に西に向け車を走らせます。

この日は雨は降らないと思ってたんですが、序盤から雨がパラパラ。
沖合では雷、気温は思ったより低目となんだか狐につままれてるような天気でございます。
雨は通り雨のように時折強く降ったり、かと思えば空一面に星が見えたり・・・とコロコロ変化。
唯一、強風でないのが幸いです。

そして「とある港」でアリッサを大きく曲げるバイト!!
2「セイゴですけどね」
ダメ元でデジカメちゃんを起動したら一瞬だけ機嫌が直ってたのですかさずパチリ。

この場所ではキンタローアメのように同じサイズのセイゴがバイト。
「ヒラセイゴ」ならばかなり嬉しいサイズですが、今回は全てマルセイゴ。
1ただし、コンディションは非常に良く、アリッサの調子・パワーをチェックするには最適なエモノでした!!

今回は最後の「アジ土産確保」以外はアリッサのみ使用。
メバルは最大で26~7cmってカンジ、セイゴは50cmは超えてたと思うのですがいずれも余力を十分に残してのやり取りとなっております。
また、キャスト及びリーリングの際のフィーリングが非常に気に入りました♪
いずれも釣りにおいて一番回数の多い動作だけに非常に重要な部分であると個人的には思っております。
アリッサを手にした際に「重い」と感じる方が結構多いようですが、ワタシもそうだと思います(爆)
ただし、実釣で使ってみると「重さの違和感」が無いコトに気が付きます・・・
逆にある程度の自重との引き換えに得られる「重厚感・安心感」がラフなファイトをしがちなワタシにとって竿を選択する際の必須項目になっております。
・・・といっても十分に軽量化されたロッドですのでその点はお間違え無く♪
「ブリーデン・GRF-TR85PE・スペシャル」と比較についてはもう少し使い込んでから「バンダナ的視点」でお伝えしたいと思います。


この日のセイゴ君、小さいベイトに着いているようで45クラスのプラグには全くの無反応。
その代わり、35以下のプラグや小さなワームにするとポツポツではあるものの反応を示してきます。
そしてかなり遠投した先でバイトしてきます・・・
ジグヘッド+小型ワームで一通りチェック、その後はプラグで更にロングレンジをチェック。
・・・となれば使用するルアーはある程度限定されてきますね。
stream_drive35_fc1
【ラッキークラフト】ストリームドライブ35HD(FC55カラー)
ワタシの手持ちのプラグの中で今回ピカイチの威力を発揮!!

ワタシが考えるメバル狙いにおいてのミノーは「フローティング~スローシンキング」が基本。
その観点から言えばストリームドライブ35HDはかなり的を外したミノーと言えます。
ストリームドライブ35HDのコンセプトは「小粒でもカッ飛び」
そういったコンセプトのミノーは意外と少なく、一旦「ツボ」にはまると他を圧倒する唯一のミノーになってしまいます。
今回はまさにそういった状況でした。
今回捕獲したのは全てセイゴでしたが、いずれはメバルでもその真価を見せつけてくれるコトでしょう♪
因みにパゴス在庫は非常に少なくなっております。
発売元のファイブコアさんにいたっては既に完売しておりますので今の内に確保しておいて下さい!!



セイゴポイントに入って機嫌が直ったかと思われたデジカメちゃんですが、すぐに機嫌を損ねて今度は完全沈黙・・・
これまでダマシダマシ使ってましたがいよいよ新調するタイミングになったようです。
5ほぼお亡くなり状態の先代「W20(左)」と最近ご機嫌超ナナメの「W90(右)」
いずれもペンタックスのデジカメで防水・耐衝撃性に優れている・・・とゆーフレーズに誘われて購入。
暑い時も、寒い時も一緒に地磯を歩きまわり、テトラを飛び回ったので非常に愛着があるのですが・・・
「写真は写ってさえいればOK」なワタシですが、さすがに最低限の動作にさえ不安が出るとなると浮気も考えてしまいます(爆)
一応ワタシの飯のタネになってますしね。
「安くて強くて防水で耐衝撃性に優れてて昼でも夜でもきれいに写るナイスなデジカメ」があればいいのですけど(笑)

そして浜田に入ります。

「初メバル」そして「セイゴアタック」と内容としては既にホクホク状態・・・ですが、浜田に来たのであれば最後は「あじ」で締めたいかなと思いラストバトル。
雨と引き換えるかのように風が強まっており、時は既に午前0時・・・
「一応メバルも・・・」と2カ所ほどチェックしてみるもそれぞれ5投ほどで釣り自体を投げる始末。
そしてアジを確保すべく車を走らせます。

苦戦を強いられてるメバルとは違い、大体のポイントは把握出来てるアジはさほど労せず確保出来ております♪
パワータックルは必要ないので「ブリーデン・GRFーTR74エレクトロ+2Lbフロロ」で少しだけ繊細な釣り。
「あと一匹釣ったら帰ろう」を何度も繰り返し午前1時過ぎにゲームエンド。
3久し振りに(?)によく走った釣行でした。
メバルは相変わらず良いトコ無しですが、前回よりは少し良くなってる点に注目♪
レベルが1か2くらい上がったかな?

釣果の一部は即日嫁入り。
既に「美味かった」とのメールが届いております♪
味に関して瀬戸内と比較され、ナゼかいつも劣勢に立たされるコトの多い山陰の魚達ですが十分に美味しく頂けますのであまり邪険にしないよーに♪

今晩は久し振りにメバルの煮つけとアジフリャーでございます♪

天候が比較的安定していた年始の釣行で良い結果に恵まれた・・・という話があちこちから聞こえております。
その反面、全然ダメだった・・・とゆー話も多数。
良い内容だった方の大多数が「(メバルが)居る場所と居ない場所が極端だった」と言っておられます。
それはある意味当然のコトなんですが、今時期は特にそれが際立っているようです。
また、「群れる」とされるブルー系のメバルがヒットしても後が続かない・・・という場面も多いようです。
ワタシのように「一ヶ所でネチネチ粘る系」の人間にはちと耳の痛い情報でござる(笑)
今回は外灯下や波止場等の足場の良い場所での釣りも展開しておりますが、メバルを捕獲したのは暗黒テトラ帯。
出来るだけ楽に(笑)釣りしたいと考えてますが、やはりメバルだけはそれ相応の場所に行かないとダメなのかな・・・とゆーのが今回の感想です。
「次回、言う事が180度変わってるかもしれませんけどね」


今後も「楽しく・真剣に」エモノ達を追い求めてみたいと思います♪


さて、次はいくつレベルが上がるだろーか???