釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

久し振りの島根半島にて(バンダナ釣行記?)
2014年03月27日(木)

バンダナです。

先に言っておきますが、
「何も釣れてませんので悪しからず」

3連休の最終日である23日に島根半島に行っておりました。

デカシーバス捕獲http://pagos.jp/?p=72898直後、超久し振りに風邪をひいてしまいました。
そしてそのまま3連休を迎えたワケですが、風邪を治す事に専念し悶々とした連休に・・・
その甲斐あって連休最終日の朝には復調♪
風邪は回復傾向、しかしそれと反比例して「海が見たくて仕方がない症候群」がひどくなっておりまする(笑)

んで、23日の昼過ぎに広島を出発。

タックルは一通り搭載しているものの釣りメインではなく、どちらかと言えばドライブメイン。
久しくご無沙汰している島根半島に進路を向けます。

天気は非常に良く、風も比較的穏やか。
場所によっては波っ気があるものの全体的に見れば海も穏やかと言えます。

先ずは宇竜の港にIN。

海の様子を見ながらウロウロしてると、停泊してる「ごんげん丸」の下に見慣れない魚が一匹。
3色は肌色、サイズは30センチ以上ありそう。
カタチは鯛のような体高のあるカタチ。
4目が結構大きいのも特徴かと。
一匹だけ船の真下のボトム付近でウロウロ。
「深海魚系」を思わせる雰囲気ですが結局正体は分からず。
後でわかった事ですが、どうやら数日前からごんげん丸の下に居ついているようです。

しばらく「正体不明」を観察してから移動。

お次は宇竜の各地磯に「歩いて」行く為のルート確認を行ないます。
2ルート確認は気温が低く、草木も枯れてる冬から早春にかけて行うのがベストっす。
・・・数カ所ルートを確認するつもりでしたが、病み上がりのせいかちょっと急なアップダウンを歩いただけでギブ。
一応メインのルートは確認出来たんで良しとしておきます♪

んで、お次は「民宿きむら荘さん」にIN。
きむら荘さんは昨シーズンお世話になった「ごんげん丸」の船長が経営されている民宿です。


例のゴトク、アポなし突撃をかましてしまったにも関わらず暖かくお出迎え頂き本当にありがとうございました♪

宇竜漁港から出港する渡船は「木村渡船さん(ごんげん丸)」「中出渡船さん(中出丸)」の2軒のみとなっております。
■ごんげん丸http://kimurasou.seesaa.net/
そして2014年は「5月1日」から渡船再開となります。

再開してしばらくの間は「上物」と「春アオリ」で賑わう事と思われます。
・・・ワタシは初っ端から根魚ですけど♪
昨年は青物が絶好調で非常に多くの釣師の方が宇竜に足を運ばれました。
広島からも松江道の開通によりアクセスが飛躍的に向上!!
釣りの帰りは「出雲そば」に舌鼓を打つ・・・なんてコトも可能です♪

更に、我々のような比較的遠方から訪れるアングラーの為にきむら荘さんに「休憩プラン」の提案もさせて頂いております。
要は「昼寝」が出来るプランです。
コチラに関しては前向きに検討して頂いており、プランが成立しましたらまたご報告させて頂きます♪


また、木村船長とは今年の展望についてのお話させて頂きました。

2014年の根魚ゲームは昨年より一層盛り上がる事が必至となっております。
ここでいう根魚ゲームとは「アコウ(キジハタ)」「カサゴ」をメインに「クエ」や「アイナメ」などをターゲットとするゲームの事を指します。
しかし、根魚はすぐに枯渇しやすいターゲットですのでパゴスブログでもポイントの紹介には非常に神経を使っております。
特にメディア・メーカーの取材ともなれば尚更です。
そんな中で、宇竜エリアは「渡船屋さんを介する」という方法を用いる事で他のエリアよりも詳しくポイント紹介をする事が可能。
更に、11月から5月までは渡船がストップするのでその間の資源回復が期待できます。
こういったエリアは非常に数が少なく「大切に&最大限」活用させて頂くつもりです。


船長も根魚アングラーの増加に期待しておられます♪

しばし色々な話をさせて頂いておりましたが、話の最中にも目の前の干物が何気に気になっております(爆)
そしてお土産ゲットです♪
6「しっとりふりかけワカメ」はバンダナ家で非常に人気の逸品!!
以前購入した分は完食しており、「島根半島には行かないのか?」と言われる程(爆)
毎週のように山陰入りしておきながらも中々立ち寄る機会が無かったのですが今回やっとこさ再入手しております♪

干物のほうは「エテカレイ」の干物です。
山陰エリアでは結構メジャーな干物ですが、意外と市場には出回っていないみたい。
炙ってから熱い内にカブリ付くと・・・激ウマです♪

午後5時頃にきむら荘さんを出発してしばし海を見て走ります。
体調もかなり良いので夕マズメにメバルを狙ってみるつもり。
5島根半島の至る所で「ノリ」が採れます。
冬場の貴重な収入源ともいえ、立ち入り禁止になるエリアも多数あります。
その為、島根半島エリアでのウインター地磯ゲームは天候や潮の流れ以外にも「海苔場ではないか?」を確認してから入釣する必要があります。
その立ち入り禁止も4月1日から解除になる場所が多くなります。

1・・・これからのシーズン、いいメバルが出そう・・・
今年の山陰メバルは(ワタシも含めて)苦戦を強いられる方が続出・・・
それでも春メバルが徐々に良くなりつつあると聞いておりますので狙ってみるのも手です♪

結局、夕マズメのメバルは気持ちいい位にハズしてしまいました・・・

そのまま大田方面に流れて山越えして帰広と相成っておりまする。

パゴス本店の隣にある中学校の桜が咲き始めました。
いよいよ「春」ってカンジです♪
山陰エリアでは春の風物詩とも言える「夜光虫」の大量発生が始まっております。
それはいつしか「夜光虫赤潮」になるのですが、それに呼応するかのように春メバルが最高潮を迎える・・・予定。
また、浜田漁港内には「ヤリイカ(テナシイカ)」の群れが入ってきております。
タイミングが良ければ漁港の外灯下で「サイトフィッシング+数釣り」が楽しめます♪
エサでもエギでも狙う事が可能です!!
漁業関係者の方の迷惑にならないようこの時期ならではのお手軽イカ釣りをお楽しみ下さい♪



さて、風邪もほぼ完ペキに治ったし週末はドコに行こうか???

フラッシュJハドル「試作品」(バンダナ雑記)
2014年03月20日(木)

バンダナです。

19日に書いたブログhttp://pagos.jp/?p=72898の中で
「フラッシュJハドルのソルトカラー」について少し触れさせて頂きました。

・・・で、本日サンプルが到着!!
2サンプルモデルは既存の「フラッシュJ・SW」のカラーを移植したモノ。
すごく良いカンジです♪

近日中に投げに行ってみたいと思います。

かしこ。

闇ヲ徘徊ス・・・「其ノ7・メバル狙いdeデカシーバス」(バンダナ釣行記)
2014年03月19日(水)

バンダナです。

日曜日(3/16)に山陰入りしておりました。
前日は爆風で波っ気もあったようですので風裏の多い大田方面に今回は釣行しておりまする。

・・・と、その前に江津にある「アングル江津店さん」にIN。

店長の横田さんは江津(江の川)を知り尽くした方です。
基本的には競い合う間柄・・・ではあるのですが、ライバルと言う枠を超えて情報交換するのもアリだとワタシは考えております♪
「持ちつ持たれつ」の精神ってヤツです♪
今回は「江の川流域の情報をお聞きする」と「消耗品の補充」の為、立ち寄らせて頂きました。

稚アユの遡上は始まっているものの、それに着くシーバスはまだ本調子ではないとの事。
今年のメバルは非常に良くないとの事。

その他モロモロな情報を交換・共有させて頂きました。
更に「パゴストラウト部隊」が喜ぶネタも快く教えて頂き感謝です♪

尚、山陰メバルに関してはドコに行っても同じ言葉が返ってきます。
魚釣りは「良い年」と「悪い年」が数年周期で巡ってくる事が多く、今年は悪い年にハマっているのか?それとも・・・?

アングル江津店さんは江津エリアに関するシーズナルパターンやポイント等に関してどこよりも深く精通しておられます。
江津エリア釣行の際には立ち寄って情報収集をするのも良いかと思います。
(もちろんお店の商品を買ってからね♪)




お店を後にしてからは「江の川東波止」の隣にある塩田港に立ち寄っております。
時間は午後5時チョイ過ぎ。
まだ周囲は明るく、水は透明度が高いので「パゴスオリジナルアコウシンカー」のテストを少々・・・
1「モザ無し」のシンカーは初公開ですね♪
昨年から今まで約1年間隠し続けてきた部分はこのシンカー最大の特徴である「レールランシステム(仮称)」
・・・詳細を語り出すと一つの長編ブログが出来上がってしまいますのでまた次の機会に・・・(爆)
12スリンヘッドに施したチューニングは時を経てオリジナルのシンカーに形態変化!

シンカーの形状はほぼ確定しており、2カ所に設けたブレードそれぞれの動きや干渉度、「レールランシステム」の調整等を行なっておりまする。
動きはワタシの予想通りで完璧!!
後は各ウエイトのサンプルを作っての実釣テストです。
遅れに遅れまくっており、シーズン初期に間に合わない事がほぼ確定・・・
でも、最高のモノに仕上げますのでロックフィッシュゲームに興味のある方は期待してお待ち下さい!!




江津周辺はフラットフィッシュがよく釣れます。
「もしかしてテスト中にフラットフィッシュがヒットしたりして・・・」
なんて思ってましたが
「思っただけ」
・・・滞りなくテストは終了、夕マズメを目前にメバルを狙うべく移動を開始します。

メバル狙いの為に江津から大田方面に移動したのですが、途中の「福光~湯里」の間の山陰道が部分開通してました♪
普通に国道を走っても知れた距離ですが、早速乗ってみました。
・・・であっという間に終着点まで到達。
数分レベルの時間短縮ですが、急ぎの時は活用できますわ♪


目的のポイントに到着。
風・波共に予想よりも弱く非常に良い雰囲気を醸し出しております。
せっせと準備してキャスト開始。

マズメ時の高活性個体がいれば表層の速い釣りでヒットするハズ・・・
そう思って「ワンダー」「フラッシュJハドル」等を表層引きするも反応無し。
wander45_orign2014_1wander60_orign2014_1
【ラッキークラフト】ワンダー45/60パゴスオリジナルカラー「クリアー/夜光砂」
http://search.rakuten.co.jp/search/inshop-mall/140319/-/sid.258352-st.A

ワンダーオリカラはお陰様で非常に良く売れております♪
可能な限り沢山作ったお陰で45はまだ余裕ありますが、追加サイズの60は残りわずかとなりましたのでお早めに!!


次なる手はフォールでレンジを下げてチェック。

「ブリーデン・ミニマルdeep」をキャストしてリーリング&フォール・・・
3これが正解!!
サイズはまだまだですが「プラッギング&フォールバイト感知&掛けて獲る動作」は非常に楽しいです♪
2プロト状態で尚且つラメの密度等がバラバラのまま販売に踏み切った「ミニマル・パゴスオリカラ」
何気に良く釣れますのでお持ちの方はガンガン酷使してやって下さい!!

尚、ミニマルのオリカラの第二弾についても考察が始まっております。
今シーズンには間に合いませんが、時間を掛けてじっくりと煮詰めてまいりますので販売が決定しましたらヨロシクです♪


「釣れるサイズは小さめ」
「バイトは単発傾向」
「集中してないと感知できないバイト」
「テールフックばかりにフッキング」


とマズメ時の高活性さを感じさせない状況ですが、このトコロ魚に見放された釣行を強いられてるワタシ、
「何気にウハウハです(爆)」

・・・で、バイトに集中してると徐々にレンジが上がってきてる・・・
最初は10カウント以降でバイト、それがカウント7・・・カウント5・・・とフォール時間が短くなってきた。
そこでミニマルから「フラッシュJハドル」にチェンジして上からの釣りを試してみる事に。

まばらに生えた藻の際をトレースするイメージ・・・
そして「カッ!」というバイトに反応してフッキング!!
フッキングしてしばらくはドラグが悲鳴を上げております。

「シーバスや」

フラッシュJハドルは本当にシーバスに強いワームです。
シーバスもメバルと同様に「見て捕食する」タイプの魚であり、リアルフォルムが非常に効くのだろうと推測しております。
メバルが釣れないのはメバルの食性がまだ小魚系ではない為・・・とも推測。
それは持って帰ったメバルを捌いた時に確信めいたモノに変わりました。
そのハナシはこのブログの最後で・・・


テトラ帯でのゲームを展開しており、足元のテトラに突っ込まれたら即ジエンド。
そういった意味では一気に沖に向けて走ってくれたのは幸いです。

「ポイントは完全につぶれたけどね」

沖でエラ洗いをするシーバス。
小型のような軽くて派手なエラ洗いではなく重くてドッシリしたエラ洗い。
良型である事は間違いありませぬ。

「70センチくらいかな?」

そう思いながらやり取りを続けていたのですが、どーにもこーにも寄ってこない・・・
リールを数回転巻いたらその倍以上ドラグがジー。
姿が見えるかなと思ったらドラグがジー。

外灯は一切ありませんが、この日は丸いお月さんが頭上にありかなり明るいです。
でも、少し沖で時折エラ洗いをするシーバスのサイズまでは分かりませんので浮いてきた頃合いを見計らってヘッドライトを点灯。

「デカくね?」

メバルタックルで掛けたシーバスとしては間違いなく自己最高サイズ。
「こうなれば意地でも獲りたい」
とアングラーとしての本能が覚醒!!
でもしかし、どうやって取り込めばいいのか?

タモは持ってきてたものの・・・
9
頭は入るだろーけどコレでランディング出来・・・そーもない。

やり取りをしつつランディング方法を脳内でシュミレーション。
久し振りの大物ヒットとかなり厳しいシチュエーション。

「スリルとサスペンスが満ち溢れております♪」

シーバスと一進一退の攻防を繰り返すも時間の経過と共にシーバスの動きが鈍り始めます。
時間を測ったワケではありませんが30分近くはやり取りしてたかなと。
魚は確実に疲れてますがワタシも確実に疲れてます(笑)

様子を見つつ、徐々に寄せていきます。
間近であらためて見るとやはりデカい・・・
「フックアウト」
「ラインブレイク」
「ロッドブレイク」

そんな不安が脳裏を何度もよぎるものの勇気を振り絞って取り込みに入ります。

「一撃で獲らなければ!!」

そう思い海面にスレスレのテトラに乗って寄せ波と共に一気に寄せてタモ入れ!!
首尾よく一撃でタモに入ったものの・・・

「頭だけしか入ってないし!!」

引き波と共にタモから抜け、再び抵抗を始めるシーバス。
この時ラインがテトラに接触しなかったのはホント運が良かったです♪
腕はダルダル、心臓はバクバク・・・
手持ちのタモでは絶対ムリだと悟り、ランディングツールでの捕獲に挑戦。

そのランディングツールですが・・・
10
みじかっ!!
それでもこのランディングツールに全てを賭けます。

再びゆっくりと近づいてきたシーバス・・・
波が一番高くなる時に最も接近するようタイミングを見計い、「アリッサ」のバットパワーをフルに使って一気に寄せ!!
「クチ思いっきり閉じてますやん」
でもランディングツールを強引にネジ込んで・・・

「捕獲成功!!」

波止の上まで慎重にテトラをヨジ登って捕獲成功の余韻に浸ります。
8メバルタックルでのシーバス自己記録・・・よりもシーバス自体の自己記録更新です。
車まで急いで戻ってストリンガーをセットし魚体を休め、ワタシも休みます(笑)
息が落ち着いた所でメジャーを出して計測。
7
6
5
口が開いてるので厳密ではありませんが、95センチ位としておくんなまし。
やせ気味の個体であり、その為メバルタックルでも獲れるファイトに収まったのかもですが、数々の運に助けられたのも事実。
ホンマよー獲れましたわ・・・
4コレがあるから釣りは止められません!!

flash_j_huddle1_1
【フィッシュアロー】フラッシュJハドル 1インチ
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005208/

ワタシの中の「フラッシュJ伝説」はまた新たな1ページが刻まれる事となりました・・・
今回の立役者「フラッシュJハドル1インチ」ですが、ソルトカラーの試作が始まっております。
それが製品化されればより一層メバルゲームが楽しくなるのは間違いありません!!
また、他のフラッシュJシリーズにつきましてもソルト対応モデルの話が出ております。
今後はその辺りの情報もお伝えしていきますのでヨロシクです♪


smoky_allissa76_1smoky_allissa84_1
【オフト】スモーキー・アリッサ
http://search.rakuten.co.jp/search/inshop-mall/Allissa/-/sid.258352-st.A

につきましてもワタシの良き片腕に昇華しつつあります(ワタシは84を愛用)
今回のシーバスヒットは想定外でしたが、それでもアリッサの持つポテンシャルを深さが獲れた要因の一つであると考えております。
・・・ワタシが不甲斐ないばかりに本来のターゲットであるメバルに関してはまだ真価を発揮させてあげれていないのですが、それも近い将来・・・♪


長時間ファイトとその後の撮影会でグロッキー気味のシーバス。
波穏やかな港の奥隅でエラに水を送り込み回復を待ちます。

基本的にキャッチ&イートが身上のワタシですが、流石に荷が大き過ぎ。
リリースする事を考えつつも、
「誰か食べる人いないかな?」
と考えた時に脳内に浮かんだ人物。

「陽気な狩人・今田さん」

シーズンには何倍もデカい猪を獲っておられるワケだし、捌くのもお手の物のハズ。
そう思ってTEL。
電話が繋がり「シーバス食べますか?」の問いに「いいね~♪」と即答。

蘇生・回復作業から一転、締め・血抜き作業に転じます。

エラをカットして血を抜き、同時に神経締めワイヤーで神経も抜いて締め完了。
持参してるクーラー(26ℓ)では半分以上出てしまうし、魚体を曲げてしまいます。
(魚は出来るだけ真っ直ぐにして保管したほうが後々美味しく頂けます)

しかし「用意が良い」とはこのコトで、車には古新聞と大きなビニール袋を搭載。
血が止まった事を確認したら新聞紙を海水で濡らして魚体を包み、特大ビニール袋に入れて車にIN。
暖かい時期には使えない手ですが、今時期ならば十分です♪

防寒装備のまま車の窓を開けて車を走らせ一路「陽気な狩人さん」へ。

この日は時間の経過と共に風・波が落ちて頭上にはお月さんが煌々と光っております。
闇磯・闇テトラ徘徊には最高の状況とも言えますが、シーバス捕獲劇でワタクシ「ご馳走様状態」になっておりこのままゲームエンドしております。
この日の雰囲気から言えば他のエリアでも釣れたのでは・・・とも思いますが、これから良くなっていくサインだと信じてこの日は納竿です。

日付が変わる前に「陽気な狩人さん」にIN。

・・・予定より時間が掛かってしまったのですが、事もあろうに釣り場にデジカメを置き忘れてしまってたとゆー・・・
それを取りに戻ったので余計に時間が掛かってしまいました(爆)
取りに戻ったら「タモ」も置き忘れてたとゆー・・・
入れ違いで車が駐車スペースに入って来られたのですが、闇エリアだったのが幸いしました♪


辿りついたお店ではラーメンやお餅を御馳走になりホント有難い限りです♪
(ラーメンはお店のメニューではありませんので念の為)
11遅くから突撃したのでご迷惑だったかな・・・と思ってましたが、朝夜の各2時間ほど犬の散歩をされてて午前0時頃でも普通に起きておられるとか。
大将、メチャクチャパワフルです!!
因みに犬は計7匹で猟で活躍する猟犬。
朝夕計4時間の散歩も猟に向けての大事なトレーニングだそうです。

また、猟師の育成等にも精力的に活動しておられ、そのアツい魂にワタシは惹かれてしまいます。
大将、今後ともどうぞヨロシクお願いします♪

そして少しの間、釣りの話や山の話をしてから帰路につきましたとさ。

持って帰ったメバルですが、胃袋にはワカメムシ(ワレカラ類)が入っておりました。
小魚系は一切無し。
これは前日に山陰入りしてメバルを捕獲していた「セトコージさん改めキジ太郎さん」も同様のコトを言っておりました。
ここ最近のメバルは海草に付いたプランクトン・甲殻類系をメインベイトにしているようです。
「だから小魚系のルアーは絶対にダメ」とは言いませんし、今後も積極的に使用するつもりですが戦略を練る際のヒントには十分なると思います♪


「今年の山陰メバルは良くない」

・・・が合言葉のようになってしまってますが、それでも春のベストシーズンを迎えつつある感触アリです♪
皆さんも思考・戦略を巡らせて会心の1匹を獲って下さい♪

ワタシも「暗メバ・明シンカーテスト」で山陰のアチコチを徘徊したいと思います♪



さて、次はドコに出没しようか???





【インフォメーション】

パゴスでは4月12日(土)午後2時から
「第13回パゴスロックフィッシュカップ」
を開催いたします!!
13th_rfc_hptop2
詳細につきましては↑の画像をクリック!!
http://pagos.jp/?p=72680

お気軽に参加して頂ける大会となっておりますのでよろしければ是非ご参加下さい!!
(事前の参加登録が必要ですのでよろしくお願いします)

闇ヲ徘徊ス・・・「其ノ6・それゆけアジング」(バンダナ釣行記)
2014年03月10日(月)

バンダナです。

3月8日(土)に山陰入りしておりました。

狙いは「メバル」、そして「アジ」

出発は8日午後2時頃。
昼メシを食べずに出てきてしまったので今回も「陽気な狩人さん」にIN。




大きな地図で見る
「うどんの今田さん」あらため「陽気な狩人さん」は3月1日から浜田市弥栄町にて営業を開始しておられます♪
うどんのラインナップは減ったものの以前と同じ自家製うどんを堪能する事が出来ます!!

場所については説明が非常に難しいので↑の地図をご覧くださいませ。
緑の矢印部分ズバリが陽気な狩人さんの位置となります。

5今回は当日オススメの天ぷらうどんとおにぎりのセット♪
おにぎりには付き添えでお漬物とシシ肉が付いておりました(付き添えの内容は日によって異なります)

大将と猟師仲間の方としばし談笑した後に目的のポイントへ・・・



少し前になりますが山陰某所でアジが釣れているとの情報をゲット。
メバルと併用して狙うつもりでしたが、荒天に阻まれておりまして・・・

先週の釣行http://pagos.jp/?p=72473もアジ狙いが含まれてましたが荒天によりポイントに入る事すら叶わず。
今回、やっと入る事が出来ます♪

・・・が、先週末から釣果が激下がりしたらしい・・・
一抹の不安を抱えつつもこの日は適度な波気と弱い風、気温が低い事を除けば絶好の釣り日和ともいえ、期待値も高まります。
山陰エリアのアジはメバルと同様に夕マズメが一つのタイミング。
近くのテトラ帯でメバルをチェックしつつ、アジの回遊を待ちます。

そして3名ほどおられたエサ師の方がアジをポツリポツリ釣り始めた頃、メバル狙いのテトラ際トレースで「コツン」というバイトに反応!!
掛けてしばらくはエモノが動かず「久々のグッドメバルか!?」を思った次の瞬間、水面ドバドバ・・・
2やはりキミなのね。
少々足場の高い場所でタモは持って来ず。
取り込みに一瞬だけ躊躇したものの「アリッサ」なら抜けると判断して一気にブチ抜いて確保。
smoky_allissa76_1smoky_allissa84_1
84は特に尺メバル獲りに重点を置いたロッドであり、バットパワーが強靭!
この位(50cmクラス)のシーバスをメバルロッドで掛けた場合、出来る事ならばタモで取り込むのが理想ですが、アリッサのような強靭なロッドならば抜き上げが可能!!
(とはいえ、無理な抜き上げは禁物!!また、抜き上げ時のロッド角度が極端に鋭角になると破損に繋がりますので注意!!)
素早く取り込んで場所を荒らす事無く、すぐに次のキャストに移る事が可能。
時合は短い&釣れるスポットは狭いですしね♪
写真をサッと撮ってから素早くリリース、ラインチェックして次のキャストに移ります。

「そしてまたヒットしたとゆー・・・」

今度は更にサイズアップ。
とても抜けるサイズではありませぬ。
水面をドバドバするシーバス君に対し、「どうやって取り込むか?」を思案してたら何度目かのエラ洗いでフックアウト。

これでピンスポットが消滅。
アジ狙いにシフトします。

「これがまた釣れねーし」

自分なりに頑張って・・・
4「アジ3ぴき」

一時は数・型共に良く、今回の釣況にはエサ師の方も首をかしげておられる始末。
しばらく続いた荒天の影響か?それとも気温の急激な低下のせいか?
どちらにせよ群れは小さく、群れの平均サイズも小さい状況でした。

今回の釣行で唯一景気の良かった魚は・・・
1「カサゴ氏」
空白の時間が多かったアジ狙いで気分転換に足元に落としたら連発♪
腹パンで小魚を出す個体も多く(カサゴは胎生のお魚です)、慌ててリリース。
足元の波止際に落とし込むと着底する前にガッと喰ってくる状況も多々あり、楽しませて頂きました♪
(釣れない事もあり)最近はカサゴ氏に癒される状況が多くなっております(爆)

これは「アジメバ狙っとらんでさっさと根魚を狙え」と言う暗示か???




その根魚に関するネタですが、パゴスオリジナルの根魚用シンカーもようやくカタチになってきました♪
6開発・テストのお手伝いをさせて頂いた「マグバイトさん」の根魚用シンカー「バサロ」と基本コンセプトは同じ。
ただし、スイミングに特化したバサロとは異なり、パゴスオリジナルはスイミングもボトムズル引きにも対応させております。
↑の写真にはブレードが2カ所装着されておりますが、実際は状況や使い方に合わせてどちらか片方にブレードを装着して頂く事になります。
回転性能の良いベアリングスイベルではなく、普通のスイベルをブレードアイに採用しているのも意図的であり、ワタシなりのこだわりです。
また、モザイク部分はこのシンカーの最大の特徴であり、もう少しオフレコにさせて頂きますのでご了承くださいませ♪

このシンカーは日本古来の漁具である「インチク」が原点。
インチクはオフショアの釣りですが、ボトム着底から10m以上巻き上げても根魚がヒットするという点に着目。
「これってショアからのキャスティング&スイミングでも根魚が釣れるのでは?」と考えました。
時を同じくしてダミキジャパンさんの「スリンヘッド」と巡り合い、それから数年間はスリンヘッドのみで多くの根魚を獲ってきました。
その過程で色々なチューニングを施し、特にブレードチューンに関しては絶対的自身を持つに至りました。
31
【SLINHEAD】BLADE TUNE

しかし使い続けている中で既存の製品と自身が欲するモノとのギャップが出始めたのも事実。
チューニングに関しても意外と面倒であり、どなたでも気軽に行なえるものではありませんでした。
そこでパゴスオリジナルとして根魚用シンカーを作ろうと決意した次第です。

昨年から試作品のテストを開始したのですが、丁度同じ頃にマグバイトさんから根魚用シンカー製作の話をお聞きしました。
そして開発&テストのお話をお受けしております。
7【MAGBITE】VASSALLO

昨年はメーカーの製品作りのお手伝いとパゴスオリジナルのテストの二束ワラジ状態となっております。
「根魚を獲る」
「スイミングで獲る」

という基本的なコンセプトや原点となるインチクの形状はバサロもパゴスオリジナルもそれぞれ踏襲しておりますが、細かい部分に関しては違いが出ております。
・・・それは「どちらが良くてどちらが悪い」というイミではありませんで誤解されませぬよう。
それぞれのコンセプトを皆さんが見聞きして、更に直感でお選び頂ければOKです♪

マグバイト・バサロは現在生産中で4月以降の発売開始を予定。
対するパゴスオリジナルは・・・やっとこさスイムテストに持ち込める個体が出来た状況。
とはいえ、カタチはほぼ完成形となっており細かい調整をするのみ。
今シーズンには何としてもリリースさせたいと考えておりますのでお楽しみに♪

・・・まだまだ書き足りませんが本編より長くなりますのでこの辺で・・・(爆)




相も変わらずの貧果っぷりですが、アジフリャーはサイコーでした(爆)

この日は再び冬に舞い戻ったかのような寒さ。
風が痛かった・・・
翌日に用事があったので夜明けを待つことなく午前2時ごろにゲームエンド。

メバル「も」ダメダメでしたが、エリアによっては復活しつつあります♪
またこの日は特別寒かったのですが、それでも今後は徐々に気温も上昇。
プランクトン系が少なく、透明度抜群なエリアも多い日本海も少しずつ確実に春の海になって行く事でしょう。
「そうしたら釣れない病のワタシでも釣る事が出来るかも?」

そんな淡い期待を抱きつつ山陰通いを続けてまいります♪

また、4月12日は
「第13回パゴスロックフィッシュカップ」
も開催いたします!!
13th_rfc_kokuchi
「この頃は流石に釣れる時期になってるでしょ?」と予想。
山陰エリアのアフター回復大型個体を獲れば上位入賞間違い無し「だと思いますので」是非ご参加くださいませ♪


さて、次はドコに出没しようか???

闇ヲ徘徊ス・・・「其ノ5・ヤマネタとブツネタ再び」(バンダナ釣行記)
2014年03月05日(水)

バンダナです。

未だ「釣れない病」が完治せず悪戦苦闘を続けておりまする・・・
・・・とゆーコトで「今回も釣れてません」ので悪しからずです♪
釣りネタが少ないので「ヤマネタ」と「ブツネタ」を入れてみましたのでご覧くださいませ♪

3月2日に山陰入りしておりました。
今回は釣行前に「陽気な狩人さん」に立ち寄っております。

出発は2日正午チョイ過ぎ。
加計の「鯛焼き・よしおさん」で鯛焼きを買って頬張りながらの山越えです。
国道186号線をひたすらに北上、そして浜田市内に入る手前で左折、県道52号線に入って目的地である「陽気な狩人さん」に着。
7


大きな地図で見る
「うどんの今田さん」あらため「陽気な狩人さん」は3月1日から浜田市弥栄町にて営業を開始しておられます♪
うどんのラインナップは減ったものの以前と同じ自家製うどんを堪能する事が出来ます!!

場所については説明が非常に難しいので↑の地図をご覧くださいませ。
緑の矢印部分ズバリが陽気な狩人さんの位置となります。

またはこちらhttps://goo.gl/maps/m6Z5qから場所をチェックして頂くのもグーです♪
さらにグーグルマップをよく使う方はマップ内の検索窓に「34.786786, 132.118644」をコピペ&検索してもOK。

因みに周囲は山と田んぼだらけ。
入り口に看板があるのみでそれ以外の目印は皆無に等しいので事前に場所をよくご確認下さいませ。
14
看板ヨコの小道を上がった先にお店があります。

店内は大きなテーブルが一つ。
4
今田大将(写真右)とヘルプの佐藤さんの2人でこの日は営業しておられます。
10
・・・そういえばうどんの写真撮るの忘れてたな・・・
まぁ今後も頻繁に通う事になるのでその内に・・・♪

9店内には弥栄町の特産品である「どぶろく」や「お餅」、「加工品」も販売。
どぶろくは大将の奥さんが、お餅や加工品は佐藤さんが作っておられます。

お店が浜田にあった頃はお客さんの出入りが激しく、あまり話が出来ませんでしたがココでは大将たちと語らいながらうどんをすする事が出来ます♪
釣行前、もしくは釣行後に寄り道してはいかがでしょうか?

大将のもう一つの顔である「猪猟師」は2月一杯で猟期が終了。
6
この日も最後のエモノであろう猪がブラ下がっておりました♪

5
店内では蚊取り線香の親分を発見(爆)
製品名は「パワー森林香」
林業関係者にとって定番のアイテムらしく、蚊・アブ・ブユなどのあらゆる害虫に威力を発揮するらしい・・・
メマトイでイライラさせられ、アブの襲来に怯えるコトの多い渓流トラウトでも使えそうですな。
因みに普通の蚊取り線香よりも煙量は多めでいったん火をつけると5時間程度は楽に持つらしいっす。
大将曰く、夏の農作業には絶対欠かす事が出来ないとのコトです♪

「うどん」+「山間部」+「山バナシ」+「居心地の良さ」でついつい長居しておりました。
気が付けば4時前になっており、慌ててお店を後に・・・


天気予報を見ずに出てきており、「釣り日和であるハズ」と勝手に想像してたんですが・・・
1海は爆風のシケシケポン。
夕マズメに入ろうと思っていた波止にいたっては波が波止を洗ってる状況・・・
2波を避けるコトの出来るエリアは何カ所か浮かんだものの風が強過ぎ!!
13カモメたちも波と風を避けるように河口域にタムロってました。

さてここからは迷走です。
何とか釣りが出来るエリア複数をチェックするもののアタリは無し。
「そろそろ稚アユの時期になるな・・・」と毎年稚アユが溜まるエリア複数を見て回ったものの姿は発見出来ず。
・・・ってか風波が強くて「居る・居ない」の判断がつけられまへん。

終盤に立ち寄った湾奥エリア。
「ここもダメか・・・」と諦めかけてた時に目の前でライズらしきもの発見。
「波がそう見えたのかも・・・」と思いつつも付近にキャストしたら一撃でヒット♪
12エモノはセイゴ君。
11超単発ながらも複数匹をキャッチ&リリース。
何とかかんとか手に魚のニオイを付けることに成功しておりまする♪

普段であれば日付変更線を越えても釣りを続行してるんですが、今回は午後10時過ぎには撤退を決意。
セイゴ君が釣れてなかったら粘ってたかもしれませんけどね(笑)

帰りは再び下道を通っての山越え。
途中でボチボチな雪になりましたが特に何事もなく帰広。

早く帰れたのでゆっくり寝る事が出来ております♪





そして週明け。

レインの「パゴスオリカラ」が週末に再販。
月曜日は「オリカラ発送ラッシュ」で超バタバタしておりました。
ご購入いただきました皆様、本当にありがとうございます♪

時を同じくしてパゴスに再び「アヤシイ商品」が着弾。
little_fish1
【クリーム】リトルフィッシュ
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005222/

2月の大阪入りの際、井口店テンチョーのゲーリー君と共に「一目惚れ」して仕入れたワーム
frisky_frog1
【クリーム】フリスキーフロッグ
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005209/

と同じメーカーの今度は小魚系ワーム。
1ボディ中央のクビレとフィンが水流を受けてテールがプルプルします♪

フリスキーフロッグと異なっている点は「クオリティーが低いコト(爆)」
little_fish2ネットショップの説明書きにもしっかりクオリティーの低さを書かせて頂きました(大爆)

こうなると普通のショップさんでは仕入れを躊躇されるのでは・・・と思いますがパゴスは違います。
「これで釣れたら面白いやん♪」
このヒトコトで仕入れ決定です!!

この商品は本体のズレや精度のバラつきを見つけても軽く笑い飛ばせる方限定の商品ですのでヨロシクです♪
little_fish3カラーは4色。
・・・クリスタルシャッドはホントに触った指がラメラメになりますのでご注意下さいませ♪

逆付けのフィンはテールアクションを誘発させる以外にも水抵抗を増す効果も発揮。
軽量ジグヘッドでもしっかりルアーの存在を把握しながらリーリング出来ます。
・・・そう考えると最近の流行にマッチしてるような気がしますね♪

ネットショップでは本日(3/5)より発売を開始!!
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005222/
実店舗各店でも取り扱い致しますので是非お試し下さいませ。
販売価格はフリスキーフロッグと同じく一袋298円(税込/3月現在)です。




相も変わらず苦戦を強いられておりますが、浜田方面の釣行では新たに立ち寄る場所が出来ました♪
それだけでも次の釣行が楽しみでございまする。
「釣れない事に慣れる」のは良くない事ではあるのですが、釣行を続けてればいつか良いコトもあるだろうとポジティブシンキングしております。
海も山も少しずつ春の気配が強まってますし。


さて、次はちゃんと釣るコトが出来るかな???