釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

2014年最後のバンダナ(バンダナ雑記)
2014年12月29日(月)

バンダナです。 

今年最後のブログです♪

2014年がいよいよ終わろうとしております。
今年1年も色々な方にお世話になりました。
この場をお借りして深く深く御礼申し上げます。
・・・来年もしっかりお世話になるからヨロシクね(爆)

ワタシの2014年釣行は去年、一昨年と同じく
『根に始まり根に終わる』
といった状況でございます。

山陰エリアでの「ロック&グルーパーゲーム」を本格的に始めて4年が経過。 

「ロックフィッシュ」と書くとメバルもカサゴもアコウ(キジハタ)も全てがひとくくりにされがちです。
しかし、ざっくり分けてもメバル・カサゴ・アコウ(キジハタ)は釣り方も習性も大きく異なっております。
その為、ワタシのブログでは
「メバルやメバルゲーム」
「カサゴはロックフィッシュ」
「アコウ(キジハタ)はグルーパー」

とそれぞれ定義させて頂きます。


約3年前から「スイミング」での釣りに完全特化して仲間が他のリグで釣っていたとしてもただひたすらに泳がせ続けておりました。
まるで「●●の一つ覚え」のように・・・
また、釣れても釣れなくても全ての釣行を詳細にブログに書き続けてきました。
IMG_0930その結果、新たなロック&グルーパー捕獲法として認知され始め、更にブログをご覧になられたメーカーさんから声がかかり、「ロック&グルーパーのスイミング」に関する製品開発に携わらせて頂きました。
自分の座右の銘は「継続は力なり」ですが、その言葉通りただひたすらに「継続」した事が新たな出会いを生み出すきっかけとなりました。

ワタシの釣行ブログ更新は「仕事の一環」とお考えの方も多いかと思いますが、意外とそうでもありませぬ。
「単に書くのが好きなだけです♪」
ブログ作成についても業務時間外に書く事がほとんどです。
釣れなかったり、大苦戦した事も隠す事無くブログに書き綴ってるので時にはしんどい時もあります。
ブログ内容についてクレームが来て、ブログを書くのが心底嫌になった事も1度や2度ではありません。
それでも続けてきたことが今やっと実を結び、アングラーさんはもちろん、メーカーの方や問屋の方もご覧になられております。
それが製品開発にまでつながるとは予想もしてませんでしたが・・・
自分が続けてきた結果なので「声を大にして」言わせて頂きますが、ブログを書き続けるのは立派なスキルです。
特に「テスターになりたい」とか「メーカーのサポートを受けたい」とかお考えの方にとっては重要なスキルの一つになるかと思います。
・・・ただし、1年や2年ちょこちょこっと書いたくらいではダメだと思いますけど(爆)


vassallo_1flashj_shad1
19自分が関与したモノは既に製品化されたモノ、これから発売されるモノ、それぞれがあります。
その全てに自身のこれまで培ってきたモノ全てを注ぎ込ませて頂いております。

自分の言葉足らず、表現力足らずで
「釣り方が分からない」
「(リグの)使い方が分からない」
という方が多数おられました・・・
これにつきましては素直に謝罪いたします。
ただし、そういった方を「放置して先に行く」つもりは毛頭ありません!!
来年も「スイミングでロック&グルーパー」を続けます。
使用するタックルやエリアには若干の変化が生じる可能性がありますが「根幹部分」はブレる事ないと断言します!!
詳細はブログでしっかり書かせて頂きますのでご覧頂ければ幸いです。


メーカーさんとのお付き合いの深まりがメディア取材にも繋がり、実に沢山の経験と勉強をさせて頂きました♪
1他にも初めての動画撮影も体験。

「マグバイト バサロPR動画」
https://www.youtube.com/watch?v=lQ5bVQvQm90

1
「フィッシュアロー ザ・ストロングパワーベイトVOL.89」
(
http://www.apstv.net/spb/spb89.html)

プライベート釣行で自分撮りする事を何度かやってますが、それとは全く異質で強大な緊張感とプレッシャー・・・
それも今となっては本当に良い思い出となっています♪
IMG_0796.JPG (2)IMG_0925
・・・にしても「天候」だけには常に泣かされ続けました。
そのお陰で「大きなエリア変更」⇒「そこで爆釣!」⇒「結果オーライ♪」になった事案もありますが♪
2
IMG_0920もしかしたら2014年はパゴスに来てから一番変化の多い(大きい)年だったのかもです。
・・・また、プライベートでも大きな変化のある年でしたね。

来年2015年の釣行については「ロック&グルーパー」をやる事は確実ですが、それ以外は未定です。
・・・それ以外の釣りも・・・と思ってますが、やると
身体が足りなくなるので「根に張り付く」可能性が特大かなぁ・・・(笑)
これまでは山陰エリア(島根県)のみでのゲーム展開でしたが、来年は別のエリアに行ってみたいな・・・とも考えております。 
また、ショアへのこだわりを持ちつつも「オフショア」からのゲーム&エリア開拓もしてみたいと考えてみたり♪

ショア・オフショアどちらにせよこだわるのは「スイミング」
IMG_0933 
「ロック&グルーパーはボトムをネチネチ攻めるもの」という概念を大きく覆す「スイミングメソッド」
今までもスイミングで根魚を獲っておられたアングラーさんは多数おられたかと思います。
しかし、「スイミング専用のリグ」があったかどうかについてはワタシが知る範囲では「皆無」でした。
今は「専用リグ」が存在し、それにベストマッチするワームも開拓されてきました!!
IMG_0926ロック&グルーパーのスイミングメソッドに関する「基盤」は十分に出来たと考えています。
後は皆さんが使い、思考し、釣って頂くだけです♪


もう一つのワタシの「メイン」は山陰メバル。
昨シーズンは過去最強レベルで「完膚なきまでに叩きのめされた」年でした・・・
それはある意味トラウマになっており、今シーズンの釣行がおっかなびっくり状態でございます(爆)

・・・とはいえ、ポジティブにいえば1年の空白期間で釣り方や思考が「リセット」されたと考える事もできます。
3そんなリセットされた中でリリースしたのが異色のカラーである「レイジング(起毛)カラー」
「クリア至上主義」のメバルプラグの世界に敢えてカチ込んでみました♪
14
既に嬉しい評価と厳しい評価を頂戴しております・・・が、結論は最低でも1シーズンは使ってからお願いしたいと思います。
ワタシはアングラー・ショップ両方の視点から今後も「毛」の可能性を追求していきます。

18クリアは万能・・・なのは事実ですが、確実に飽和状態となっており1製品当たりのセールスも確実に低下を続けています。
そんな状況に一石を投じる色になってくれれば最高なんですけどね♪

「アジメバ」はパゴスの主力ターゲットの一つです。
そう言った観点からも今後も精力的な釣行をしていきます♪
また、今後も色々な商品の提案をさせて頂きます。
現在、大型のショップ様に行けば「一から九まで」の商品が手に入る時代です。
しかし、パゴスは小さなショップですので一から九までを一気に揃えるのは難しいです。
その代わり、「十」に該当する独創的な提案(パゴスらしい商品提案)をこれからも行なってまいります。
・・・中にはハズレもあるかもしれませんが、その逆もあるハズですので是非お付き合い下さいませ!!

また、「トラウト」に関しても今後一層の「パゴスらしさ」が発揮されるものと思います♪
56 
トラウトについてはワタシが関与する事はほぼありませぬ。
・・・ホントは海よりも山の方が好きなんだけどね(爆)
それは「住」のほうであり、「釣」のほうはゲーリー重森&エース池内のツートップにお任せです♪
非常に難しいとされ続けてきた中国地方最大河川のトラウト攻略についても今年は僅かな足掛かりから素晴らしい結果を導き出しています。
来年は更なる飛躍をしてくれるものと我々も期待しておりますので皆様も「乞うご期待!!」
・・・と二人にプレッシャーを与えてみる(爆)


去年・一昨年と年末最後のブログはかなりの長編になりましたが今回はこのあたりで(爆)


あらためて今年1年、ワタシが関わった&関わって下さった全ての方々に厚く御礼申し上げます。
お互いに健康・安全に気を付け、2015年も楽しいフィッシングライフを・・・!!
IMG_0932.JPG (2)
それでは皆様、良い年をお迎えください♪

2014年12月29日
バンダナ

闇ヲ徘徊ス・・・其ノ1「瀬戸内・半年イチ定例釣行」(バンダナ釣行記)
2014年12月24日(水)

バンダナです。

12月19日の晩から瀬戸内海はとびしまエリアに出撃しておりました♪
今回は「ピュアフィッシングジャパン・安部さん」との釣行でざいます。

安部さんとは以前、月イチのペースで山陰・内海を問わず釣行を繰り返しておりましたが安部さんの転職に伴い一緒に釣行するのが中々難しい状況に・・・
そんな中、安部さんの四国営業巡回の終了と共に広島で合流、そのまま約2日間にも及ぶ釣行に出撃しております♪

あいにくと天候は悪いみたい・・・
金曜から土曜に変わる頃から雨になるらしい・・・
そして土曜は夕方まで雨。
日曜になってやっと回復する予報でございます。

単独釣行であればイモを引く状況ですが「久しぶりの安部さんとの釣行+釣果よりも楽しむ事優先」ですので少々の悪天候は問題ナッシング!
互いに仕事終了直後からの釣行ですので雨が降る事で「かえって休憩時間が増えるかも?」とポジティブシンキングしてみたり。
16先ずは「キミッツさん」でお好みを食べて腹ごしらえをしてから出発です。

お互いに蒲刈大橋を渡るのはもちろん、瀬戸内で釣りをする事自体が超久し振り。
・・・で、干潮・満潮の時間やこの日が何潮なのかも知らないままに来てしまったとゆー(爆)


ココから先は時系列が曖昧でございます。


曜日が土曜になる頃から雨が降り始め、安部さんは車の中でバタンキュー。
そんな状況でしたが、気合を入れて一人「とある波止」に足を延ばします。
天気が良ければ高確率でアングラーさんの姿があるハズですが、雨がザンザン降っている事が幸いして波止にはワタシ一人。
外灯の影響がある波止先端を中心にチェック。
時折、シーバスらしき魚が「ボシュッ」とライズするもののワームを通してもプラグを通しても音沙汰ナシ。
降りしきる雨の中でテンションは確実に低下しております・・・

ひとしきり波止先端付近をチェックし、文字通りの「濡れネズミ」になってスゴスゴと撤退・・・
帰りにも小さな外灯がぽつんと立っております。
「先端付近が全くダメなんだからやるだけ無駄だろーなー」と思いつつも持ち前の往生際の悪さが発揮されチェックしてみる事に。
この場所はテトラ帯。
干潮から満ちに転じてはいるもののまだまだ潮位は低くテトラはほぼむき出し状態。
どう見てもテトラが絡むラインでは釣れなさそう・・・
そんな時、海面を叩く雨粒の中にライズを発見!!
すぐさまキャストしてみたら一撃でヒット♪
6際立てて大きくはない・・・でも決して小さくもない・・・ぷりっぷりのメバルゲット♪
キャストしたのが『ジップベイツ・リッジ35SSパゴスオリカラ(レイジング/クリア)』ってのが更に喜びを際立たせてくれます!!
rigge35_2015_r1
リッジ35F/SS「レイジング/クリア」⇒ http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005550/

そして短時間ではありましたが連発状態に♪

「クリア系」を基調とし、こだわってきたリッジ35F/SS・パゴスオリカラシリーズですが、レイジングカラーに関してはクリア路線から完全に逸脱しております。
メバル用のプラグとしては初となる起毛塗装を施し、独特の感触をもった文字通り「異色のカラー」といえます。
18当初は「ネタ切れによる苦し紛れ(笑)」だったのですが、実際にサンプルを作成してテストしてみると色々な点に気が付きました。

■起毛が水を含む事で自重が増し、結果飛距離が伸びる。
■起毛が水を纏う事で従来のリッジよりも引き抵抗が増し、結果「動かしてる」という感覚が増強される。
■起毛が水を纏う事で柔らかい波動を生み出す。
■起毛が水を纏う事で水抵抗を持ちバイト時のハジキを軽減させる。

■起毛がある事でフックがボディに干渉する際の異音が激減する。
■Fに関しては起毛が水を纏う事で表面張力が増強、トップでアクションさせても水から飛び出しにくくなる。
■Fに関しては起毛が抵抗となり従来のFよりも格段にスローフローティングとなる。
■SSに関しては起毛が抵抗となり一層のスローシンキング・・・場合によってはサスペンドに近くなる。
■夜光仕様でないタイプでも夜光のようなボワッ(モヤッ)とした見え方になる。
■起毛塗装のリッジをフィッシュフォーミュラに軽く漬けることでニオイ付きのプラグになる。


尚、上記全てがメリットとして機能するわけではありません。
状況によっては逆にデメリットとして機能するかもしれません。
しかし、従来の塗装には決して実現できないこれらの特徴全てを我々は「メリット」として捉え、開発を進めてきました。

一番気にしたのはやはり「クリア(透明)ではない点」
水に濡れる事で若干は透けるのですが、誰がどう見てもクリアではありません。
しかし、構造上クリア化が出来ないルアーでもメバルが良く釣れるものも多数存在します。
中国地方は特にクリア系カラーを「神聖化」する傾向が強く、我々ショップ側もそれを増長しているのは否めない事実です。
そんな中でレイジングカラーをリリースするのは正直勇気が必要でした。
不安は決して小さくありませんでしたが、自らを信じてリリース決行!!
2そしてこの日、雨がザンザン降る中でレイジング/クリアにメバルが連発!!
「(レイジング発売は)決して間違ってないよ!!」との声が聞こえたかのような会心の連発劇でした!!
3雨が海面を叩いてる状況だったのでSSを使っておりますが、ライズも頻繁に発生してたのでFが良かったのかも?
「F」も持ってましたが指先は既にかじかみ・・・さらにSSでも十分にヒットしてくるので最後まで交換する事無くSSのレイジング/クリアのみでゲームを続行。
4身体は芯から末端までもれなく冷えたものの、気持ちはホクホクです♪
5「レイジングシリーズ」によるまともな釣果は今シーズン初。
そういえばまともなサイズを釣ったのも今シーズン初やな・・・♪
1時間にしてみれば1時間強といったカンジですが、この内容で今回の釣行全てが報われた・・・ってカンジ♪
・・・その後は結構苦戦続きだったんだけどね(爆)

ワタシが綴るアジメバ釣行記「闇ヲ徘徊ス・・・」シリーズはレイジング/クリアのお陰で今シーズンも無事本編に進む事が出来ました!!
最近は「ロック&グルーパー(アコウやカサゴ)」にウエイトが偏ってしまってますが、今期も精力的な釣行+ブログアップしますので宜しければお付き合いくださいませ♪



さて、夜が明けましたが雨。
15藻場を探してデイメバを・・・と考えていたんですが今回入釣したエリアには予想に反して藻場が非常に少ない状況。
時期によっては藻が帯のゴトク海岸線を取り囲むように繁茂して釣りにならないんですが・・・
それを考慮してやや早めにチェックする事にしたんですが、ちょっと早過ぎた(笑)

明るい内に周囲を目視にしてチェック、その後は雨風がしのげる場所でカップラーメンタイム♪
安部さんとは最近の業界内の話やプライベート的な話などで盛り上がっております。
久しぶりの再会ゆえにネタは尽きる事無く・・・

食後に雨が小康状態になり、すかさずキャスト再開!!
でも、キャストするのはアジメバタックルでは無く、シーバスタックルだったりロック&グルーパータックルだったり♪
17「シーバスとかいませんかね?」と安部さんがキャストしたテールスピンジグにカサゴ氏ヒット♪
ワタシはワタシで安部さんが持って来られた「ロック&グルーパー系ロッド・セカンドプロト」の感触を確かめるべく久しぶりに「バサロ+フラッシュJ」をキャスト。
相当な間違いが起こらない限り本命がヒットする可能性は限りなく低いのですが、感触を確かめるのが目的ですのでキャスト&アクションのフィーリングを厳しくチェック。
19ワタシがテストさせて頂いている「山陰仕様・ロック&グルーパー専用パワースピニングロッド」はセカンドプロトに移行。
ファーストプロトと比較して外観が大きく変貌し、レングスも変更。
ロッド自体のパワーも上がっています(ガチガチになったというイミではありませんので、念のため)
これ以上の情報公開はNGとなっておりますので悪しからず。
「恐らく多分」来年のフィッシングショーでプロトロッドをご覧頂けるのでは?と勝手に推測しております♪


冬季もエリアを変えてロック&グルーパーゲームをするつもりでおりましたが、ワタシのプライベートな事情によりちと難しい状況になっております。
その分アジメバに注力する事が出来るようになったのですが、諦めたワケではありませんのでスキあらば・・・!!


時間の経過と共に雨は小康状態になってきました。
その代わり、今度は風が強くなってきたとゆー・・・

明るい内はわずかに生えている藻場を中心にダートヘッドで攻略。
9デイでは安部さんが完全にペースを握りメバルを連発!!
ワタシも隣でモノマネしてみるも全く足元にも及ばないとゆー・・・(汗)
8
「シュラッグミノーが良いに違いない」と思ってたら今度は「フラッシュJ1インチSW」で連発させる始末。
釣る度に安部さんが「チラっ」「チラっ」とこっちを見てくるのでガン無視(爆)
・・・こっちはこっちでコツを盗むべくチラ見してましたけどね♪

それが功を奏したのかまずまずのサイズがヒット♪
13
夜メバも面白いですが、デイメバもテクニカルでかなり面白いですね♪
翌日のデイでも安部さんにコテンパンにイわされましたが、いつか必ずリベンジしたいと思います。

尚、山陰ではデイメバ成立が非常に困難です。
相当昔に山陰のデイで尺メバル2本釣った事があるんですが、それはシーバス狙いで磯のサラシをチェックしていた時に「釣れちゃった」モノ。
全く釣れない訳ではありませんが、以降も「釣れちゃった」的な状況ばかりで「山陰デイメバを攻略!!」と声高に言える状況ではとてもありませぬ。
もし山陰デイメバの極意を掴んだ方がおられましたら是非ご教授下さい!!


shrug_minnow1flash_j_1sw_1
■シュラッグミノー⇒ http://item.rakuten.co.jp/pagos/10004657/
■フラッシュJ1”SW⇒ http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005552/
安部さんが「ピュアフィッシング」、ワタシが「フィッシュアロー」にそれぞれ関わっているコトもあり「シュラッグミノー」と「フラッシュJ1インチSW」をメインに使用。
いずれもダートヘッドとの相性が非常に良いのが特徴です!!
特にシュラッグミノーはダートさせる為に生まれてきたような印象ですが「タダ巻き」でも非常に効くワームです♪
フラッシュJ-SWのタダ巻きに関しては言うまでもありませんが、「無警戒な小魚」をイメージしながらリーリングすると良いかと思います♪

・・・因みに1インチ表記のフラッシュJ-SWよりも1.5インチ表記のシュラッグミノーのほうが小さいのですがその点につきましてはあまり深くツッコまないように(爆)
サイズやウエイト表記が結構いい加減なのは今日に始まった事ではありませんので・・・
実際に商品を見て、手にした時の感覚を大事にして頂ければ・・・と思います♪


暗くなってからは一気に気温が下がると共に我々の活性が急低下(爆)
風は相変わらずピューピュー。
外灯下に停車した車を中心にキャストする安部さんを残してしばし付近を探索。
そしたら浮き桟橋の橋の下部分でメバルオニ爆!!

「・・・まあメッチャ小さいサイズですけどね(爆)」

それこそワンキャストワンヒット状態でエンドレス。
時折アジが混じる状況で最初は全てリリースしてたんだけど「アジ南蛮」が食べたくなったのでアジだけ少量キープ。
機械のように「釣っては逃がし」を繰り返し気が付けば余裕で40~50匹は釣ってた計算。

「・・・まあメッチャ小さいサイズですけどね(爆)」

エンドレスヒットしてくるのは「手裏剣メバル」と呼称しているサイズで皆さんも「手裏剣」と聞けば大体大きさのイメージがつくでしょ?
そんなサイズです♪
尚、サイズが更に小さくなると「撒きビシメバル」と呼称されます(笑)

ひとしきり小メバルと戯れて車に戻ってみると安部さんバタンキュー。
一応状況を聞いてみたらシーバスがヒットしたとの事。
10ヒットルアーは「ラッキークラフト・ワンダー60」です。

そしてワタシが何気にキャストしたら直ぐにシーバスがヒットしてきたとゆー。
安部さんがタモを出してくれてたお陰で労する事無くネットイン。
ワタシがつったシーバスは50チョイで安部さんのシーバスも同じくらい。
良く見たら外灯の明暗部に何匹がウロウロしてるのが見えてました。


そして翌朝(日曜日)の最終日を迎えます。
朝マズメに期待したものの何事もなく朝を迎え、朝食の後に車で周囲を散策。
14前日の雨がウソのように天候は回復。
タイムリミットは正午。
しかし釣りをする気はあまり無し(爆)
なので散策しながらのんびりと時間をつぶします。

・・・普段は何かと時間に追われる生活をしてるのでこういった時間が本当に「至福の時」と言えます♪

散策した後は港周辺で最後の釣り。
・・・もちろん「まったり」とね♪
1211
相変わらずデイは安部さんのペース。
もし、土曜の「起毛deメバル連発」が無かったら悔しくってたまらない状況なんですが、気持に多少の余裕があったので隣で連発されても大丈夫♪
・・・でも正直言うと結構悔しい・・・やっぱ今後リベンジや・・・

そして正午を迎えゲームエンド。
帰りは大崎下島は大長にてお待ちかね(笑)の「ミカン大量購入」で魚以外のお土産もゲット♪
ワタクシ、自他ともに認める「チョーミカンスキー」なのであります。
今年も再び「手の平黄色化現象」に見舞われる事となりそうです(爆)

最終的に広島に戻ったのは21日午後5時前。
行き帰りも含めれば実に48時間にも及ぶ釣行でしたが無事終了を迎えました。
・・・安部さんはさらにココから一気に帰阪。
帰りの道中は眠気覚ましにミカン7個を捕食されたようです♪


予定ではもう少し良いサイズのメバルを釣って頂くつもりでしたが、やっぱり行き当たりばったりはダメでした。
それでもお互いに「釣り」と「休日」を満喫出来たので結果オーライ!!
安部さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました♪
以前は「月イチ定例釣行」でしたが今は「半年イチ定例釣行」といったカンジ。
それでも次回釣行&再開を今から楽しみにしております♪
・・・次回は必ずリベンジしてやる・・・

ワタシ自身、瀬戸内の情報や事情に疎いので申し訳ないのですが、そんな自分でさえプラッギングによるメバルゲームを堪能する事が出来ております♪
山陰と違って激荒れになる事が少なく、釣り場に行くまでに雪道を走る事も少なく、更に山陰より近い場所も多いので是非出かけてみて下さい!!

「その際はリッジ・パゴスオリカラを絶対お忘れなく!!」


さて、次は山陰?それとも内海???

闇ヲ徘徊ス・・・序章2「近況報告」(バンダナ釣行記)
2014年12月16日(火)

バンダナです。

釣行記更新が滞って久しくなります・・・
自分が納得できる釣果を得たならば「序章」を卒業するんですが、それは未だ叶わずでございます(-_-)

自身がホームとして設定している山陰エリアに関しては荒天続き。
アコウ(キジハタ)をメインターゲットとした「ロック&グルーパー」に関してはほぼ完全にナリを潜めてしまった・・・ってカンジです。
山陰エリアでのロック&グルーパーはしばらくの間「獲りに行く」というよりも「(テストで)投げに行く&泳がせに行く」って状況になりそうでございまする。

そのロック&グルーパーと入れ替わりで台頭してくるのが「アジメバ」

ここ最近の釣行に関しては「場所見」を目的とした広範囲ドライブを繰り返しております。
・・・といって11月30日と12月14日に行っただけなんですが(苦笑)
自分がチェックしているエリアに関して・・・ですが、予想よりも海藻の生育が良く、また小メバル君の姿も多数確認♪
この小メバル君たちが大きくなるにはこの後数年を要するワケですが、見てるだけで何だか嬉しくなってしまいます♪

山陰エリアをホームとするアングラーの大多数が「昨シーズンのメバルは悪かった」との感想を述べており、ワタシもその一人に入っております。
魚釣りは「良い年」「悪い年」が一定周期で繰り返される事が多いのですが、果たして今シーズンはどっちなのか・・・?

釣果に関して特筆する事がなくって申し訳ないのですが11月30日の釣行では・・・
IMG_0091豆アジばかりの状況に辟易して周囲を散策したら「カニ」を大量捕獲したとゆー♪
最初は「カニがいるね~」程度にしか思っていなかったんですが、岸壁の至る所に張り付いてたんで1匹ずつ捕獲していったら良いお土産に♪
実家に戻って良いサイズは丸ごとボイル、小型は甲羅を剥がして真っ二つにした後にミソ汁に。
非常に美味で家族にも大好評でございました!!

12月14日は「冬の日本海」の様相を呈してる中での釣行。
・・・スタッドレスタイヤを新調したのでつい嬉しくなって山越えをしてしまった・・・とゆー部分が少なからずございます(爆)
風裏・波裏を探してポイントINしたんですが、肝心のターゲットには出会えず・・・
水温もかなり下がったハズですが、相も変わらずヒットするのは豆アジ・・・そしてエリアを変えたら超ミニセイゴ君(ヒラセイゴ含む)・・・
期待の「カニ獲り」は港湾部でも波ザブザブ+一定の水温低下が影響したのか全くいなかったとゆー・・・

4
今期は既に戦力を大幅に増強しており、準備自体はほぼ完ぺき!!
山陰釣行「冬の陣」は始まったばかりですのでこれからせっせと通ってみたいと思います♪

rigge35_2015_r1rigge35_2015_h1
【ジップベイツ】リッジ35F/SS・パゴスオリカラ「レイジング」「ホロリウム」シリーズ
は、お陰様で一部タイプ・カラーに欠品が出始めております♪
今期は過去最多となる生産数となっており、年明けの予定ですが全色再入荷します!!
今まではプラッギングが一番良い時期(2月~早春)よりもかなり前の段階で完売してしまいご迷惑をお掛けしてましたが、今季は大丈夫「だと思います♪」

rigge35_goku2015_1rigge35_ig2015_1
【ジップベイツ】リッジ35F/SS・魚矢オリカラ「極上シリーズ」
【ジップベイツ】リッジ35F/SS・岡林オリカラ「IGポケットカスタムカラー」

もお陰様で一部欠品が出始めております♪

今期は定番からオリジナルまで色んなリッジが登場し、「リッジ祭り」みたいな様相を呈しております(爆)が、それぞれ異なる特徴を持っております。
「定番のクリア路線重視」なら「ホロリウムシリーズ」を、
「クリア系+αが欲しい・・・」という方は「IGポケットカスタムシリーズ」を、
「異色系が好み」な方は「レイジングシリーズ」を、
「色以外の要素が欲しい・・・」という方は「ラトルINシリーズ」を、

それぞれチョイスして頂ければ・・・と思います♪
5
・・・レイジングシリーズに関してはメバルプラグで一番重視される「クリア(透明)」を敢えて捨てております。
その事で抵抗・違和感を持つ方が多数おられる事は十分に予測しておりました。
発売後の皆さんの反応も賛否両論・・・といった状況ですが、結論を出されるのはまだ時期尚早かと。
他のルアー達と一緒にじっくり使い込んで頂きたいと思います♪

少々手厳しいご意見を頂戴する一方で「クリアより反応が良かった」という嬉しいお言葉も頂戴しております。
また、「フッキング率が良いような気がする」という声も・・・
発売開始からまだ間が無いのに「この点」に気づかれるとは・・・ちょっとオドロキです♪

・・・釣行ネタが少ないせいでいつの間にか製品ネタになってきてる・・・

これからの山陰エリアは荒天が当たり前のような状況になります。
また、広島市内から出撃される場合は山間部(中国山地)を越える必要があります。
ライジャケや足元装備は完璧に!!
車はスタッドレスタイヤ装着が必須です!!
荒れても雪が積もっても出撃してるワタシが言うのもなんですが
「無理な釣行は控える&安全には最大限の努力・注意を払う」
ようにして下さいませ!!

・・・18日まで強い冬型になり山陰エリアはもちろん、瀬戸内エリアも荒れ模様との予報。
土曜日は雨って言ってるし・・・
でも・・・「釣りには行きます♪」

あっ、そう言えば山陰釣行の帰りにお立ち寄り頂く方が増えつつある
浜田市弥栄町のうどん屋「陽気な狩人さん」
ですが店内改装につき来年2月まで休業となりました。
6「闇徘徊」で冷え切った身体を鍋焼きうどんで暖める・・・が当分できないのはツラい所ですが、パワーアップして再開されるのを期待して・・・♪




さて、次は良い釣果を報告できるかな???

四国青物弾丸ツアー!~佐田岬編(エース池内釣行記)
2014年12月12日(金)

こんにちは!ショア青物の魅力にドップリなエース池内です!

「前回の弾丸ツアー」から4日後の月曜日にまたしても行ってきました!

深夜0時過ぎに広島ICから目指すは西のロックショアの聖地と言っても過言ではない愛媛県は佐田岬半島!!

メンバーは前回同様、破魔矢さん、おきキヨさんと自分の3名。

毎週のように通っている四国の道にすっかり慣れてしまいもう遠征という感覚が薄れてきています。。

前回の沖磯と違い今回は渡船は使わない地磯での釣り。

数日前に大型が出たという情報が出ているだけあり夜明け前に到着したポイントには既に夜明けを待つアングラーの車が。

※ローカルルールでは先行者がいた場合はそのポイントはスルー。
もしくはポイントにキャパがあり先行者の承諾を得られた場合は必ず先行者の後追いでポイントに入る事になっているようです。


一番最初に入りたかったポイントには先行者がいた為スルーし他のポイントにイン!少し仮眠して夜明けをまちます。

夜が白み始めたころに準備を整えポイントへ。

まずはこの一枚の写真をご覧いただきたい。。。

IMG_0153

佐田岬のポイントの多くは道路から海面までかなりの高低差があり釣場へのエントリーもかなりハード!

急勾配な獣道を歩き、先人達が設置したロープを頼りに斜めの岩盤を慎重に横断。

ちなみに設置しているロープは新しい物から古い物まで複数本が混在していて良く選ばないとあっさりプッツン・・・

新しい物でも元をたどれば貧弱な枝一本に結ばれていたり・・・と決して全体重は掛けずに支え程度に利用します。

そしてようやく朝焼けの佐田岬へ降り立つ!



目の前に潮目が出ていてベイトとなるアジが水面に群れている最高のロケーション!

直ぐに準備を整えて一投目からフルキャスト~!!

IMG_0151

しかし期待とは裏腹に3箇所に分かれて探るも全員に反応なし!

粘っても良くなさそうなので移動。

という事はまた来た道を引き返すという事・・・

IMG_0172

ベテランの破魔矢さんに安全な経路を確認してもらいながら慎重に慎重を重ねながら進んでいきます。

IMG_0171

写真でみても分かる通り急斜面な岩盤の上にさらに落ち葉や土が積もっています!

※スパイクシューズ+フローティングベスト+グローブは最低限必要な装備です!
ちなみに沖磯で多用するフェルトスパイクでは朝一の夜露に濡れた落ち葉の上では殆どグリップしないのでスパイクソールは必須です!


IMG_0173

次のポイントに入る前にモンベル ジェットボイルでお湯を沸かしカップラーメンで気合を入れます!

この季節に釣場で食べる暖かい物はイイですね~♪

実はパゴスではモンベル製品の取り扱いも行なっています!



次のポイントは「前回の釣行」で夕マヅメに訪れた場所。

IMG_0164

ここも高低差がハンパないっす!

そして3人それぞれ前回と同じ立ち居地でキャスト開始!

始めは風も無く穏やかな海でしたが徐々に風が吹き出し海面もさざ波だっていかにも冬の佐田岬的な雰囲気に。

TOPウォータープラグで攻めている2人を自分は横目にジップベイツ ザブラシステムミノー15HD-Sへチェンジ!

ちなみにシステムミノー15HDはマリホ店で販売中デス♪

飛距離が出ない中我慢して投げ続け2回ジャークを入れた後に、ドンッ!!

70cmクラスのハマチをキャッチ!!

サイズはたいした事ないですが佐田岬初フィッシュに感動♪

DSCN6963

その後、ますます強くなる風!しかし青物の活性はドンドン上昇!

おきキヨさんのキャストするダイビングペンシルに何回も出るけど乗らない!ww

それを繰り返すこと数回…遂にロッドが絞り込まれた!!

DSCN6966

根が点在する地磯での緊迫のファイトシーン動画をご覧下さい!!



無事キャッチしたのは80㎝オーバーのナイスハマチ!

DSCN6968
その後、隣の岬で釣っていた破魔矢さんにもヒット!

速攻で血抜き&ワタ抜きをしていましたので写真はありませんが胃袋の中にはアジが5匹も入っていたナイスコンディションでした♪

夕マヅメになり薄暗くなってきたところで帰りの山道も考えストップフィッシング。

今回は一日フルの地磯でしたが山道ありクライミングありと渓流釣りに似た要素もありとても楽しい釣行でした!

破魔矢さん、おきキヨさんお疲れ様でした!次はいつ行きましょうか?笑



chain131_thumb13_thumb2
12/5~12/29までの期間限定で買取キャンペーンがスタートしました!!

なんと!5000円の買取毎に中古商品にご利用いただける1000円の商品券をプレゼント!

売れば売るほど超絶お得な企画になっております!

年末大掃除で出てきた使わない釣具は全てまとめて是非パゴスへお持ち下さい!!!

買取キャンペーン

四国青物弾丸ツアー!(エース池内釣行記)
2014年12月04日(木)



昨日、青物を求めてまたまた四国へと旅に出ておりました。

最近は四国南西部までの片道4時間にもすっかり慣れてしまい遠征って感じも薄れてきたこの頃です。

実は、前回ブログで書いた釣行の翌週も同じ沖磯の同じポイントへ釣行したんですがノーバイトノーフィッシュの洗礼を受けたのはここだけのハナシ・・・

さて、今回のメンバーは前回もご一緒したおきキヨさんとベテランアングラーの破魔矢さん。

破魔矢さんは四国の沖磯に精通している頼もしい助っ人です。

夜中0時過ぎに出発、数日前から寒波が入り雪がちらつき四国最高峰の石鎚山付近では気温2℃道路が薄っすら白くなっておりノーマルタイヤで超慎重に通過。

今回のポイントは愛媛県・宇和島市から渡船で50分程走った所にある日振島周辺の沖磯!

渡船で日振島までの道中は風も強くかなりウネリが残っていて何時もより少し時間がかかりましたが無事ポイントに到着。

今回は狭い磯が多いので自分とおきキヨさんが二人で同じ磯、破魔矢さんは少し離れた磯へ単独で渡る事に。

自分はこの磯に一度上がった事のあるので海底の地形などは把握できています。

素早く準備を整えて朝のゴールデンタイムがスタート!青物釣りで一番気合が入る時間です。

IMG_0106

朝イチは少し時化ているのでヒラスズキを期待してあえて細めのリーダーシステムを組んだタックルにタイドミノーLDをセットし磯際へキャスト!

なんとから一投目にドンッ!!エラ洗いのないファイトと引きの強さからすぐに青物だと確信、慎重にやり取りし無事キャッチ!

70㎝ちょっとのハマチをゲット!この海域のこの時期のハマチは食べてもかなり美味いらしいです!

おきキヨさん朝焼けバックのナイスな写真ありがとうございますっ!

IMG_0080

磯に渡ってからしばらくして強かった風は弱まりヒラスズキ感も無くなったのでミノーから青物狙いのトップに変更。

朝イチからトップを投げ続けていたおきキヨさんに遂にヒット!

DSCN6956

フルキャストからの2アクション目位の沖目でヒットしているのでやり取りが楽しそうです。

サイズは自分が釣ったのと同じ位ですがトップで釣る所がシブイですね~!

DSCN6958

タイドプールに入れて少しトラウト風に接写してみましたが青物もなかなか綺麗ですね♪

DSCN6952 

その後は連続で出るけど中々乗らないバイトが続き、時間だけが経過。

別の磯で釣っていた破魔矢さんも何回かトップに出たけどバイトが浅く乗らなかったとの事でしたがジグで60㎝はありそうなでっかいオオモンハタをゲットしていました!

渡船の船長やグレ釣師の方達が羨ましがっていたので相当美味しい魚だと思われます。笑

おきキヨさんが新調したタックルも大活躍!今回、三人とも同じロッドです。笑

IMG_0114

午後2時に渡船が迎えに来てストップフィッシング。

3時前には宇和島の船着場へ帰着しましたが冗談で一言、この時間なら佐田岬で夕マヅメが出来ちゃいますね!

と言ったところ破魔矢さんが時計を見て一言・・・「行っちゃう?」マジですか!?

そして夕マヅメの佐田岬地磯へ立つ青物バカ3人!笑

IMG_0085

やはり青物で有名な佐田岬、ただならぬ雰囲気を醸し出しております。

そしてなんとおきキヨさんのキャストしたペンシルにドッパーンと出た!!

しかし無念のフックオフ・・・一気に色めきだす三人!

しかしその後は何も無く日が沈んで薄暗くなってきた所で終了。

その後は四国の釣具屋に寄ったり夕食を食べたりして前日出発した時と同じような時間に広島へ到着。

ガッツリ24時間遊びました!

自分の中で絶賛大流行中の磯からの青物ホント最高です!もう毎週四国に行きたい気分です!笑




chain131_thumb13_thumb2

※不要な釣具お売り下さい!!

只今、中古商品が不足しておりますのでいつも以上に全力で釣具の買取を行っております!

釣具でしたら何でも結構ですので不要になった釣具は何でもまとめてパゴスまでお持ち下さい!

また、釣具以外にもキャンプ用品、アウトドアウェアなどの買取も行っておりますので不要な物はまとめてパゴスまでお持ち下さい!!!

中古釣具買取のパゴス広島