釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

モフィー使ってみました&カマドウマパターンに遭遇!?(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年08月03日(木)

マリホ店増田です!

最近は暑すぎで、休日は涼を求めて渓流に行ってます♪

先週は、スプリーモから発売された新作ミノー「モフィー」が使いたくて芸北エリアの渓流へ行ってきました。

そして、到着して1投目、こんな感じかなと「チョンチョン、グリグリグリ」としたところでドン!
夏らしい太ったアマゴが釣れました♪
20294323_1502620199822607_6653192779433936577_n

そのあとも居そうなところからは反応アリ!
モフィーをがっぷり食ってきました!

20293168_1502619773155983_8817823896741204261_n 

このモフィー、同メーカーのバイラと比べると、横から見た感じはそっくりのフォルムですが、リップがワイドになり、横幅も太くなって浮力アップしてます。
その分、ただ巻きでのアクションがパワーアップ。
ロッドアクションに対するレスポンスも上がっており、このミノーに搭載されている「ダブルリップシステム」と「ベリーキッカー」と相まって、前滑りすることなく、規則正しく左右に軽やかにヒラ打ちしてくれます。
本当に使いやすくて、ほとんどこのミノーだけで釣りできてしまいます。

だからと言ってバイラの出番がなくなる訳ではなく、流れが速く水深があるようなポイントでは、バイラの沈下速度とレンジキープ力が効果を発揮してくれます!
この日1番のアマゴは、そんなポイントでバイラ50Hを使って釣れました。

20376093_1502619913155969_4432756806766138506_n

 

モフィーは1軍お気に入りミノーになりましたし、魚の反応も多く、初めてオオサンショウウオを見たりして(しかも2回!)、楽しい釣りになりました♪

20429877_1502619996489294_3690545229235597154_n

 

そして今週は、友達のMくん、最近よく一緒にトラウトに行っている弟1(末弟)に加えて、デジカメを買ったばかりでいろんなものを撮ってみたい弟2(長弟)も渓流トラウト初参加し、増田兄弟勢揃いで渓流に行ってきました!
せっかくなので弟2が撮ってくれた写真を使ってみます。
↓弟2です
20476629_1509611189123508_8461629648054690791_n

ただ、この日はなかなか魚が出てきてくれず辛い釣りに…。
20621290_1509611045790189_3754635386633847237_n 

 

それもそのはず、水温は約25℃。
ヤマメやアマゴの適水温が18℃くらいまでと言われてるので、ルアーを追う元気もない感じだったのかもしれません。
3人+たまにカメラマンの弟Ⅱも僕や弟1のロッドを借りてローテーションでキャストしますが良さそうなところもノーチェイス。

20621283_1509610765790217_2261526291506672811_n

20621007_1509610855790208_2011587025635158740_n

20597022_1509611015790192_8277449667793034642_n

ハードなヤブコギをしたところで今日イチの魚が反応してくれましたが、少しルアーに触れただけで、2回目のチェイスはありませんでした。
20526163_1509610572456903_3674053091370149956_n 

 

移動してみても、大場所でヒットしたのはナイスサイズのウグイでした。
水中で銀色に光ったのでやったー!と思ったんですが…。
20479856_1509611135790180_902445293224034548_n

いやー、それにしてもデジカメは綺麗で雰囲気がある写真が撮れますねー。
普段はすぐリリースしてしまう魚も、いいカメラで撮るとまた違った雰囲気があるような。
(フェイスブックにアップロードした写真をダウンロードして使っているので、少し画質が落ちているかもしれません。)
20604650_1509610649123562_4175651915710603591_n

20525913_1509610805790213_4805825995407534500_n

 

釣果はいまひとつでしたが、興味深いシーンに遭遇しました。
それはこの川のそばにいたキリギリス(?)。(苦手な方、すみません…)
20638072_1509611279123499_4808798965367220158_n

何の変哲も無いキリギリスですが、このあと自ら川へジャンプ!
すぐに「あ!これってもしかして寄生虫に操られてる!?」と気づいて、キリギリスを観察しようと思いましたが、流れに乗って下流へ下って行ってしまい確認はできず。
以前、寄生虫ハリガネムシに操られたカマドウマが同じような行動を取るという記事を見ていて、そこに僕たちトラウティストにとって面白いことが書いてあったんです。
それを実際に確認できるチャンスだったんですが…。
その内容というのは、かなり掻い摘んで書くと、「ハリガネムシに操られて川に飛び込んだカマドウマが渓流魚の餌になっており、渓流魚たちが摂取する年間の総エネルギーの6割をカマドウマから摂っている。」というもの。
そんなに食べてるならパターンとして成立するのでは!?と、この記事を知ったパゴストラウト部内ではかなりザワザワしていたんです。
なぜハリガネムシは虫を水に飛び込ませるのか?など詳しく知りたい方は下のURLをクリックしてみてください!
「第一回 カマドウマの心を操る寄生虫ハリガネムシの謎に迫る」
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141030/422341/

 

釣りは厳しい内容でしたが、カマドウマパターンの信憑性を実証するシーンにも出会えたり、デジカメの写真の綺麗さを目の当たりにしたりと、いろいろ収穫アリな釣行となりました。
来シーズンはマイカメラを買って、いろんな釣り場で写真を撮ってみたいと思います!