遂に今年もシーズン終了してしまいましたね。。
今年は相変わらず釣行回数は少ないものの、中々楽しめた。
新たなエリアの開拓も少しできたし。

自分のシーズン最終釣行は27日。
朝、暗いうちから出発し、目的の川へ。
やりたい区間がある。

ポイント到着後、まだうっそうとした水辺は薄暗い。
そんな中、ファーストヒットはシンドラーのベンケイ オモワザで。
1475037589404

うっすらとピンクがかり、背びれの端まで赤い。
良い魚なんだけどもっとケバいのが釣りたい。
欲深いもんですね。

その後も増水したボサ川を遡行する。
歩きやすい川原がないので、ずっと水中を遡行。
とにかくしんどい。
それでもたまに良いのが反応する。
1475037544903
これまた27cm位。
悪くないけどまだ夏の魚。

そして先行者の足跡が見えるようになり、反応もなくなった。
午前中でクタクタになったので一度車に戻り、昼食・休憩。

昼からはこの川の下流部。
前釣行時にやった所。
普通は前回やった所をもう一度歩く事を僕はしない。
けれどもどうしても確認したい事があって。

それは【40cmを軽く越える、ゴン太のヤマメの存在。】

前回、そいつは自分のルアーを咥え、ランディング寸前の所で逃げていった。
今までに見たこともない太くて大きな魚体。
本流からは絶対に遡上できない場所なので、サクラマス・サツキマスではない。
渓流育ちのスーパーサイズ。
内径30cmのランディングネットを差し出した時に、
「これ、絶対入る大きさじゃない。。」と初めて思った魚。
その魚の存在を知っていて無視できなかった。

しかし、世の中そんなに甘くないですね。
一度、大きな魚が反転したけれど、恐らく尺半ば。
あの魚じゃない。。
もう他のアングラーに釣られたか、またコイツが着た、と思って笑っているか。
それでもすがすがしくシーズン終了できた。
今シーズン同行してくれた方、現地でお会いした方、アドバイスしてくれた方、
ありがとうございました!
シーズンオフにお酒でも飲みに行きたいななんて考えてます!