アジング遠征(風神小田釣行記)

 2010年1月20日

大変ご無沙汰しております。
長引いた風邪もようやく治り、思い切って東の島々に遠征してきました。

夜はアジングをメインに日中はデイメバルの予定で昼頃出発。

予報と反して思ったより風が強い。いつもの事ですが・・・。
風裏の波止を見つけてはメバルを狙うも、釣りやすい場所では15cm前後の猛攻

楽しちゃあかんぜよ!

風は諦め潮通しの良いポイントへ移動。

沖合いに本流が走り、手前の引かれ潮の中に沈み根を発見!
3gの尺ヘッドDタイプにアジリンガーをセットしポイントまで流し込み、ポイント手前で
ワンアクションを入れ巻き始めると直ぐに反応が・・・。

P1180065 
23cmの筋肉質なメバル

今年はデイメバルが好釣のようで、周防大島・上関などでも30cm近いサイズが上ったそうです。

良いポイントを見つけたのも束の間、潮が見る見る緩くなりあっと言う間に潮止りの時間

メバルは諦めて明るい内にアジのポイントを探索することに。

とりあえず水深と潮の向きを気にしてランガン。
そして一番大事なリアルタイムの情報を地元の釣り人に聞いてまわる!

常夜灯が点き始め早速条件の整ったポイントで釣りを開始するが30cm前後のサバが邪魔をする

釣り応えはあるが君じゃないの・・・。

暫しサバと格闘した後、知人に聞いていた実績ポイントへ大移動。

潮が複雑に動き、手前にいい感じのヨレが出来て釣れる度100%

そのヨレにリグを流し込んで1投目から尺オーバーのアジをキャッチ!

潮止りまで時間が無いので写真も撮らずキャストを繰り返し、ボトムの様子が分かり始めた頃

今までとは違う「コッ」という繊細で硬いアタリが・・・

アワセて直ぐに尺クラスとは別物の重量感を感じ、竿先を叩くような引きでドラグ音を響かせながら抵抗する。

強引に浮かせ取り込んだアジ・・・。

38cmグランデ!

P1190090 
その後も30cm後半を2本キャッチして潮止りで終了。
下から3匹目のアジは何と体高が12cmもありました!

地元アングラー曰くそろそろ大アジも終了との事です。
40cmオーバーを夢見て来期に備えます!

P.S. 使用リグ
初めてのポイントや潮の変化が激しい場所では「コアキャロ」をオススメします。
ウエイト交換が容易でいち早くベストなリグを見出せます。

最新の投稿

アーカイブ

tags