冬告魚(エース池内釣行記)

 2012年12月3日

気付けば12月、一年を締めくくる最後の月・・・今年は良い釣り出来てますか?

日が沈めば一段と空気は冷たく冬の到来を肌で感じます、日没時間は早くなり想像以上に早く日は暮れる。

夕暮れ時 

これからが僕らの時間♪寒波が入り河川の水すら暖かく感じる中、お客様のN波氏、藁谷君の三人で市内河川ナイトフィッシングの始まりです。

ここ数日で状況が良くなって来ている河口域のポイントを重点的に橋脚周辺に群れているコノシロに着いたシーバス狙い。

明暗 

一瞬ドキッ!とする明暗際でのバイトの正体は脂の乗ったドラゴン太刀魚、

太刀魚 

下げ潮が効き始め、下流のN波氏と藁谷君のオマツリ姿を撮影!笑)

お祭り騒ぎ・・・ 

そんな中、静寂の河川に藁谷君の声が響き渡る。
「来ました!!!」慌ててカメラ片手に若者の方を振り返ると何かがヒットしている。

何かがヒット! 

「なんじゃーこれ!エイじゃー!いやっ違うヒラメ!?」
興奮する若者の隣で自分はバラさない様に正体不明の魚を一撃でハンドランディング!

 イシガレイ45cm!

ヒラメゲットー!じゃなくて正体は「鰈」(読み:かれい)ちなみに種類はイシガレイ。

サイズは45cmオーバー!「アイマ サスケ130剛力」のフロントフックにがっちりフッキング。
のんびりしたイメージのかれい君もよく見ると結構厳つい顔してるんですね・・・

サスケ130剛力 

結局シーバスからの反応はゼロ・・・おまけにウェーダーが浸水と良い事無しの様に思いますが、本命が出なくても極寒の中でのシーバスもまた楽しいもんです♪

N波氏、藁谷君お疲れ様でした、また冬の河川に漬かりましょう♪

最新の投稿

アーカイブ

tags