釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

月1の沖磯釣行in「七類」(ネイティブ沖田釣行記)
2017年08月19日(土)

こんにちはネイティブ沖田です。

やってまいりました「沖磯釣行」 

今回は前々回に七類に行った際に利用させていただいた「亮吉丸」さんにお邪魔させていただきました。
今回も同行していただいたのはパイセンの「Iさん」

前々回釣行記「THE沖磯」⇒https://pagos.jp/?p=121765

IMG_4292

事前の船長の話では「青物出てます!」と期待の出来る感じだったので、行く道中2人テンションMAX!!
松江自動車道を走行中に、深夜にも関らず対向車が多く「何かあったのか?」と思えば!?

IMG_4230

「松江」「浜田」「大田」「益田」で花火大会が開催されておりました。
※因みに浜田の花火大会を見ながら「ライケン」をされていたお客さんから連絡があり、イカは良く釣れたそうです。

早めに七類港に着いたので、渡船の出航時間まで仮眠をとることに。Zzzzzz

4時半に船に乗り込みいざ沖磯へ。

今回のポイントは「浅場と深場が隣接するエリア」船長のお任せで降りた磯は「九島」

IMG_4240

今回は何とか日の出前に磯に上がる事が出来ました。
早速、本命の「ヒラマサ」タックルをセットして、ダイビングペンシル・ポッパーをキャスト。

IMG_4245

プラグを通すと小魚が逃げる姿がチラホラ。
何時釣れてもおかしくない状況なのですが・・・・・・・ヒラマサからの反応は無く。

IMG_4247

時間だけが過ぎ・・・・・。

IMG_4248

耐えきれなくなったので「サブ企画始動」
今回も持ち込んでおりました「必殺アイテム」

バサロ+スナッチバイトシャッド

開始数投で本命ヒット!!

IMG_4252

根魚の反応は良いのになぜか「ヒラマサ」は釣れない・・・。
続いて「カサゴ」も釣れる釣れる。

IMG_4256

日が完全に上り、丘を登り沖合いを見ると「なんだあれは?」

IMG_4261

潮が流れている方向に「定置網」掛けられているではないか!!
仕方なくポイント移動。
と言ってもこのエリア広範囲に歩いて移動できるので、一旦先端を目指してみることに。
青物用タックルと根魚タックルの2タックルを持って移動。
※この判断が後に地獄を見ることに・・・・

IMG_4267

歩いて移動していると途中に「谷」があり、越えるためには一旦丘をあがらないと越えられない。

IMG_4264

しかも足元は「岩」だらけで不安定&直射日光で体力が削られる。
途中灯台に上がるための階段を発見、真裏にも歩いていける感じでしたが体力が足りず断念。

IMG_4269

2個目の谷を越える。

IMG_4270

ようやく先端に到着。
「思ってたよりかなり遠いぃ!」
この先端も一旦下まで降りて登らないと行けないポイント。
ここまで来たら行くしかないでしょと行ったのですが・・・・魚からの反応は無く戻る事に。

IMG_4271

このエリアは手前の15m位は浅く、15mを越えると深くなっている様子。
緩やかなスロープになっているのでバサロ28g使用するとをリフトしても着低までが早く、思うように探れないので戻りながら深場を探していると!!
小型のキジハタゲット! 

IMG_4275

この小型サイズのキジハタが 4インチのスナッチバイトシャッドを丸呑み。

IMG_4273

その後反応無くスタート地点に戻り、船長に連絡して「磯替え」を選択。
船に乗り込み目指すポイントは「ドン深ポイント」
とここでパイセンの帽子が午前中と違う事に気付く。
む・む・麦わら帽子!!このとき一瞬だけ「ゴルファー」に見えたのは自分だけでしょうか。

IMG_4276 

ポイントを移動して、開始数投で良型のキジハタをゲット。
沖のシモリではなく、足元のブレイクに潜んでいた1匹 。

IMG_4280

その後も広範囲にキャストを繰り返し、 カサゴやキジハタを追加!!

IMG_4285

IMG_4287

今回使用したバサロは28g1個でこの釣果!
しかし、バサロが根掛りする事は無かったのですが・・・肝心の「ワーム」がフグの餌食になる事は多々あります。

IMG_4290

何故かテールだけをかじる。
このテールが無くなると、魚からの反応が無くなるので交換を余儀なくされます。
そうこうしていると磯上がりの時間。
朝一違うポイントに入っていた3人組のアングラーの方も船に乗っていたので情報交換。
根魚オンリーで磯を転々とされたそうですが、思ったサイズは釣れなかったそうです。(朝一青物のナブラを見たそうです)

しかし、この方達が乗って来た車のナンバープレートを見て驚きました!「こ・神戸!!」

IMG_4291 
この後「温泉」に入って3時間半のドライブだそうです。

遠い所お疲れ様です。(パイセンも)
また会うことがありましたら宜しくお願いします。
さあ!来月の釣行は何処に行こうかな!!

波止際で予想外のサイズ!デビルクラッカー大活躍!(ブリトリー酒田釣行記)
2017年08月11日(金)

みなさんこんにちは!ブリトリー酒田です!

今日から世間は連休。

テレビは朝から渋滞のニュースで持ちきりです。何処行くのも大変そうですね~・・・

そしてそんな移動にうんざりする連休前に行って来ましたオクトパッシング!!

今回は青物調査も含め、東方面へお客様のWさんと一緒に釣行!!

朝イチはブリ狙いでひたすらピンテールを投げ倒しますが不発・・・

時折起こるボイルもシーバスのみでした・・・

日が出てからはタコ狙いにチェンジしますが、あまり良い反応も無くポイントを移動します。

移動した先はかなり長い距離の波止場で、とりあえず足元が気になるのでルアーをワンナック販売:デビルクラッカーで探って行きます。

波止際を探りながら、ふと隣の波止に目をやると同じように際をデビルクラッカーで探っているアングラーが。笑

数年前ならこんな平日のド日中に、同じオクトパッシングをしているアングラーには絶対出会わなかったでしょう!

皆さん。タコ流行ってます!やるなら今の内ですよ~

さて、足元を散々探ってそろそろデビルエイトでキャスティングして探ろうかと思っていたその時・・・

「ズンッッ」っと違和感・・・ここは焦らず少しシェイクを入れて、思いっきりあわせると・・・重い!!

しかし遠慮無しにゴリ巻きし、抜き上げ!!デビルクラッカーは針沢山付いてるのでバラシが少なく安心して抜き上げれます♪

IMG_1420

デカイ!笑

IMG_1417

余裕で2kgある感じです♪

IMG_1421

デビルクラッカーのチョコバナナカラーでゲット!!

IMG_1423

後計測してもらうと自己記録更新の2.4kgでした☆

そしてこの後もデビルエイトでこのサイズより少し小さいのを掛けたのですが抜き上げ寸前でバラシ・・・

悔しかったです・・・

しかしデカタコポイントを見つけたので今回はかなり収穫がありました♪

今年は3kgUPを目標に、まだまだ通ってみようと思います!!

そして一緒に釣行していたWさんですが、当日はゲットできなかったものの、次の日リベンジして見事ゲットしておりました♪

IMG_1424

家に帰って、たこ焼・タコ飯色んな料理で楽しまれた事でしょう♪Wさん!また行きましょうね♪

 

話は変わりまして、現在自分がオクトパッシング用に使っているロッドなんですが、

マグナムクラフトのスネークヘッドリミテッド7095と言うブランクスで自作したロッドです。

IMG_1247

上の写真をご覧のように、タコだけでなくバスのフロッグゲームや、ライトカバーの雷魚なんかにも使っております。笑

レングスは元々7ftしかないブランクスを少し延長して7.4ft。飛距離も十分出るので遠投にもヘチにも探りやすくて良い感じです。

ティップは少し柔らかめで、デビルエイトをサビいて誘う時もルアーが動きすぎず良い感じ!

ベリーからバットにかけてはかなりパワーがあり、2kgクラスであっても、フッキングと同時にタコを浮かすことも容易であります♪

そして今まで釣ったタコは全部抜き上げていますが、コチラも全く問題ナシ。2kgオーバーでも全然抜けます♪

タコロッドを自作しようかなーっと考えている方!メッッチャ少ないかと思いますが・・・

120%オススメなので是非このブランクスで作って見て下さい!!

・・・ひょっとしたらワタクシ、ブリトリー酒田が同じブランクスで1本組んで、今月中に矢野駅前店で販売するかもです!委託で販売してますので見つけたら是非買ってください!!笑

はい。ここからは商品紹介です!良いタイミングでいいの入ってきました!!

P1140891

デビルクローの欠品していたカラーが再入荷!!

P1140892

同じく欠品していたデビルエイトの33gや、デビルパラシュートも入荷しました♪

この連休中に是非オクトパッシングにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

皆さんのお越しを是非お待ちしております♪以上釣行記でしたー♪

ナイトオクトパッシングツアーin音戸周辺(ネイティブ沖田釣行記)
2017年08月04日(金)

こんばんは。ネイティブ沖田です。

ここ最近タコ釣行が続いてます。
7/29日は「とびしま釣行」
7/31日は「エース池内とプチ遠征」
そして3日の晩は、音戸釣行に行って来ました。

今回同行されたお客さんは「Kさん」
タコルアー(タコーレ)は持っているがロッドは持っていないと言う事でレンタルタックル貸し出し。

開始30分位は、色々と釣り方を説明させて頂き、タコのイメージを膨らませて実釣。

ワームカラーは様々です。
その日によって反応するカラーが変わるので、カラーバリエーションは豊富な方がヒット率UPに繋がります。
今回の釣行でも散々レッドカラーのワームを通したのに「イエロー」に切り替えた途端ヒット!

IMG_4205

今回もマグバイトから発売されている「バイキージグヘッド」を使ってタコ&根魚調査。
Kさんが「いまいちコツがわからない」と言う事で、実践しながらKさんと話していると、「空気が読めないタコ」がヒット!

IMG_4208

この出来事によりコツがつかめたのか、先程までとはKさんのロッドワークが変わった気がしました。

IMG_4209

そして、ついにその時は訪れたのです!
先端に立って釣りをしているKさんの行動が何故か「挙動不審」な感じになり、疑いながらも軽いフッキング!?
案の定水面でオートリリース!!!!あぁぁぁぁぁ!!と雄たけびが上がる。
しかし、タコの場合はもう一度バレタ場所にルアーを投入すると再度抱く事があります。
再投入して逃したタコを何とかゲット!!

IMG_4213

Kさん初タコおめでとうございます。
また次回行きましょう。
次回釣行の際はマイロッドの持参をお願いします。
カスタムロッドの作成も可能なのでご検討よろしくお願いします。

さて今週末は月1のあの企画「沖磯釣行」が始動!
今回は島根半島方面に行く予定なのですが「台風」の動向が気になります。
釣れるのかの前に「船出るのか?」
乞うご期待。

モフィー使ってみました&カマドウマパターンに遭遇!?(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年08月03日(木)

マリホ店増田です!

最近は暑すぎで、休日は涼を求めて渓流に行ってます♪

先週は、スプリーモから発売された新作ミノー「モフィー」が使いたくて芸北エリアの渓流へ行ってきました。

そして、到着して1投目、こんな感じかなと「チョンチョン、グリグリグリ」としたところでドン!
夏らしい太ったアマゴが釣れました♪
20294323_1502620199822607_6653192779433936577_n

そのあとも居そうなところからは反応アリ!
モフィーをがっぷり食ってきました!

20293168_1502619773155983_8817823896741204261_n 

このモフィー、同メーカーのバイラと比べると、横から見た感じはそっくりのフォルムですが、リップがワイドになり、横幅も太くなって浮力アップしてます。
その分、ただ巻きでのアクションがパワーアップ。
ロッドアクションに対するレスポンスも上がっており、このミノーに搭載されている「ダブルリップシステム」と「ベリーキッカー」と相まって、前滑りすることなく、規則正しく左右に軽やかにヒラ打ちしてくれます。
本当に使いやすくて、ほとんどこのミノーだけで釣りできてしまいます。

だからと言ってバイラの出番がなくなる訳ではなく、流れが速く水深があるようなポイントでは、バイラの沈下速度とレンジキープ力が効果を発揮してくれます!
この日1番のアマゴは、そんなポイントでバイラ50Hを使って釣れました。

20376093_1502619913155969_4432756806766138506_n

 

モフィーは1軍お気に入りミノーになりましたし、魚の反応も多く、初めてオオサンショウウオを見たりして(しかも2回!)、楽しい釣りになりました♪

20429877_1502619996489294_3690545229235597154_n

 

そして今週は、友達のMくん、最近よく一緒にトラウトに行っている弟1(末弟)に加えて、デジカメを買ったばかりでいろんなものを撮ってみたい弟2(長弟)も渓流トラウト初参加し、増田兄弟勢揃いで渓流に行ってきました!
せっかくなので弟2が撮ってくれた写真を使ってみます。
↓弟2です
20476629_1509611189123508_8461629648054690791_n

ただ、この日はなかなか魚が出てきてくれず辛い釣りに…。
20621290_1509611045790189_3754635386633847237_n 

 

それもそのはず、水温は約25℃。
ヤマメやアマゴの適水温が18℃くらいまでと言われてるので、ルアーを追う元気もない感じだったのかもしれません。
3人+たまにカメラマンの弟Ⅱも僕や弟1のロッドを借りてローテーションでキャストしますが良さそうなところもノーチェイス。

20621283_1509610765790217_2261526291506672811_n

20621007_1509610855790208_2011587025635158740_n

20597022_1509611015790192_8277449667793034642_n

ハードなヤブコギをしたところで今日イチの魚が反応してくれましたが、少しルアーに触れただけで、2回目のチェイスはありませんでした。
20526163_1509610572456903_3674053091370149956_n 

 

移動してみても、大場所でヒットしたのはナイスサイズのウグイでした。
水中で銀色に光ったのでやったー!と思ったんですが…。
20479856_1509611135790180_902445293224034548_n

いやー、それにしてもデジカメは綺麗で雰囲気がある写真が撮れますねー。
普段はすぐリリースしてしまう魚も、いいカメラで撮るとまた違った雰囲気があるような。
(フェイスブックにアップロードした写真をダウンロードして使っているので、少し画質が落ちているかもしれません。)
20604650_1509610649123562_4175651915710603591_n

20525913_1509610805790213_4805825995407534500_n

 

釣果はいまひとつでしたが、興味深いシーンに遭遇しました。
それはこの川のそばにいたキリギリス(?)。(苦手な方、すみません…)
20638072_1509611279123499_4808798965367220158_n

何の変哲も無いキリギリスですが、このあと自ら川へジャンプ!
すぐに「あ!これってもしかして寄生虫に操られてる!?」と気づいて、キリギリスを観察しようと思いましたが、流れに乗って下流へ下って行ってしまい確認はできず。
以前、寄生虫ハリガネムシに操られたカマドウマが同じような行動を取るという記事を見ていて、そこに僕たちトラウティストにとって面白いことが書いてあったんです。
それを実際に確認できるチャンスだったんですが…。
その内容というのは、かなり掻い摘んで書くと、「ハリガネムシに操られて川に飛び込んだカマドウマが渓流魚の餌になっており、渓流魚たちが摂取する年間の総エネルギーの6割をカマドウマから摂っている。」というもの。
そんなに食べてるならパターンとして成立するのでは!?と、この記事を知ったパゴストラウト部内ではかなりザワザワしていたんです。
なぜハリガネムシは虫を水に飛び込ませるのか?など詳しく知りたい方は下のURLをクリックしてみてください!
「第一回 カマドウマの心を操る寄生虫ハリガネムシの謎に迫る」
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141030/422341/

 

釣りは厳しい内容でしたが、カマドウマパターンの信憑性を実証するシーンにも出会えたり、デジカメの写真の綺麗さを目の当たりにしたりと、いろいろ収穫アリな釣行となりました。
来シーズンはマイカメラを買って、いろんな釣り場で写真を撮ってみたいと思います!

ネイティブ沖田と行く!オクトパッシングツアー(エース池内釣行記)
2017年08月02日(水)

こんにちは!エース池内です!

この夏も暑い中、連日オクトパッシングに繰り出しております!
前回プチ遠征した福山方面が好調だったので今回は休みの重なった矢野店店長のネイティブ沖田と行って来ました!
前回の釣行記はコチラ→https://pagos.jp/?p=124246

AM10:00待ち合わせ~出発
本当は早朝から出発したかったのですが沖田パイセンが朝一用事があるとかで少々遅めの出発となっております。
沖田パイセンの愛車ランクルプラドともこの日が最後の釣行、どうやら車検費用が想定外の金額になるそうで乗り換えを決断されたそうです。
ハイラックスサーフ→ランクルプラドと四駆ばかりを乗り継いできた沖田さんも次は燃費の良い2駆のワゴンにするそうです。

IMG_3109

途中に氷や弁当を買いに寄り道をしてポイントに到着したのが正午過ぎ。
ささっと準備を済ませ波止の先端からキャスト開始!

IMG_3180

波止際には捨て石も入っていて雰囲気は最高!
マヅメにはサイトフィッシングも出来そうな感じです。

IMG_3179

二人で色々投げてみましたがこの波止ではタコからのシグナルは無く歩いて隣の港へ移動。
波止の真ん中付近で釣りをされていた子供連れの方に挨拶をして話を聞くと、サビキで小アジが沢山釣れたとの事。
先端付近で釣りをさせてもらう事に、波止際を「ワンナック:デビルパラシュート」のテクトロで探っているとグンっっと押さえ込む感触が・・・
しっかりシェイクしてフッキングするとズーンっと重量感が!そのままゴリ巻きで500g位のタコをキャッチ!
このタコはお話した子供連れの方に贈呈しました!

IMG_3111

その後キャストで探るも反応は無く沖田パイセンの方へ向かうも姿が無い!?
仕方なく車まで戻ると何やら長電話している沖田さんを発見、仕方なく車の近くでキャストしながら時間を潰していると電話終了。
結婚式を挙げるとか何とかで色々難しい話をされておりました・・・

電話が終わったので次にポイントに移動。
沖田さんはこの日、「マグバイト:バイキージグヘッドにワンナック:デビルクロー」を装着してタコが釣れないものかという検証に燃えており一日バイキー縛りで釣りをするそうです。
そんな沖田さんに待望のアタリが!しっかりシェイクして思いのほかスイープにフッキング!
バイキーのフックが1本なので少ない力でフッキング出来ると思う!との事です。

沖田パイセンが「マグナムクラフト:スネークヘッドリミテッド7095」で作ったオクトパスロッドがそこそこ曲がっている!
一気に抜き上げたのは・・・ロープ+牡蠣+イソギンチャク。。。

IMG_3114

沖田さん曰く、タコがヒットしてもこの様にしっかりフッキングするとの事です。。

IMG_3115

「デビルパラシュート+新色のパールグリーン」で探っていた自分に極小リリースサイズがヒットしてこの場所は移動。

IMG_3178

次のポイントまでは山越えルート!
急勾配&急カーブの連続です、頑張れ沖田プラド!

IMG_3116

元々狭い道もどんどん狭くなってきて・・・

IMG_3118

擦ってしまったら下取り査定大幅減は避けられない!とビビリ始めた頃に道が開けた。
頂上付近からのオーシャンビュー!
興奮した沖田さんは太平洋じゃー!と一言。(※瀬戸内海です。)

IMG_3120

山を下って到着したゴロタ浜のポイント。
フルキャストで届く距離にブレイクラインがありそこを重点的に探っていた沖田さんに今度こそタコがヒット!

IMG_3121

沖田さん念願のバイキーでタコゲット!
確かにしっかりフッキングしています。

IMG_3124

自分はあまりの暑さに膝まで浸かりながらキャスト♪

IMG_3166

ブレイク際を丹念に探っているとムニュっとヒット!
このサイズでもブレイクの向こう側で掛けるとゴリ巻きで寄せてくるので結構しんどいです。

IMG_3173

夕マヅメになりゴロタ浜にはイシガニが沢山姿を現す様になってきました!
それを食べに来ているのかタコの反応も良くなり連発モードに突入!

バイキーオンリーの沖田さんもヒットを重ねます!

IMG_3154 

フッキングから沖田さんが動画を撮影してくれていました!



日も沈みかけ薄暗くなってきたのでマヅメに強いチャートに交換したら即ヒット!
チャートは日中も夜も良く釣れる大好きなカラーです!

IMG_3152 

暗くなる前にゴロタ浜を移動し夜の部に突入!
写真を撮り忘れましたが沖田さんと自分が1杯ずつタコをキャッチしております。

最後はメガバス:タコーレ80でまさかのカサゴのスレ掛かりで終了。
結果はエース池内:10杯 ネイティブ沖田:4杯
途中から勝手に開始していたタコ釣りバトルはマリホ店の勝利!

IMG_3145 

帰りはファミレスで夕食。
魚が苦手で食べられない沖田さんが何故かマグロ丼をオーダー。。

本人はマグロなら食べれるんよ!とか言ってましたが肉にすれば良かった・・・というのがこの表情に現れています。笑

IMG_3140 

昨日は早速タコ焼き器を引っ張り出して今年初のタコ焼き!
釣りたてのタコでたこ焼!文句なしで美味かったです♪


IMG_3212

沖田さんお疲れ様でした!次はクラーケン狙いで行きましょー!
釣って楽しい!食べて美味しいオクトパッシング!是非チャレンジしてみて下さい♪