釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

180度方向転換!(ネイティブ沖田釣行記)
2017年03月23日(木)

こんばんはネイティブ沖田です。

ここ最近メバルに情熱を燃やしておりましたが、2日連続ホゲをくらい打ちのめされております。
あらゆる形状のジグヘッドを詰め込んで思考錯誤してますが釣れない時は何をやっても納得がいかない。


IMG_3546

その度に道具が増えている気がします。

IMG_3547

ジグヘッドの特徴をいかしていかに大型メバルを釣るか!
次回釣行の事を考えながら妄想を膨らまし、ニヤニヤしながらタックルの整理。

IMG_3549

と、メバルに行くと見せかけて・・・

今回は「180度」方向転換して自分のルアー釣りの原点の「バスフィッシング」に行ってきました。
「海」ではなく「山」に、1人で行くのは心細いのでお客さんの「Kさん」を誘いいざ出陣!
先ずはKさんのホームグラウンドの野池に到着。
早速、足元のストラクチャーに潜むバス狙いに、ガンクラフトのジョインテッドクロー178でアプローチ。
立木にルアーをステイさせジャークを入れ平打ちアクションで反射食いをイメージして通すと見事にヒット!

IMG_3555

この時期に動けるバスは大型が多いので釣れればデカイ。

IMG_3554

久しぶりに40UPのバスをゲット。

IMG_3556

しかし、同行して頂いたKさんには反応がなく。
見えバスを狙い見切られたそうです。
Kさんお疲れ様です!
次回「リベンジ」行きましょう。

未だサクラは咲かず(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年03月18日(土)

ゲーリー重森さんと釣行されたお客様のWさんのサクラマス開花宣言を聞いた2日後、スマイリー湯池さんと一緒にその川へ行ってきました!
今年は、この川は厳しいかもしれない、と思っている矢先の開花宣言だったので、一気にテンションが上がりました!

湯池さんは、昨年、コンスタントに太田川のサツキマスの釣果をあげていた長靴スタイルでサクラマス初挑戦です!

まだ暗いうちに到着。
夜明けと同時に川に下り、キャストする前に水温をチェック。
8.5℃くらいありそう。
17351978_1315555141862448_7888975790244878897_n
前回は7℃くらいだったので、数日でじわっと上昇してます。
サクラマスの適水温が何℃なのかわからないんですが、なんとなくプラスのような気がするのでモチベーションUPです!

最初に入ったのは、もちろんWさんがサクラマスをキャッチしたポイント。
重森さんたちの釣行から水位が減り続けているので、瀬を上らずまだ同じ場所にいそう。
雰囲気もいい!
ベイトっ気があり、湯池さんはシーバスらしき魚のライズも見たとのこと。
サクラマスの活性も上がっていることを願ってキャストを繰り返しましたが、他の魚からの反応もなく次のポイントへ。

そこも重森さんが何かをバラしたというポイント。
ここも雰囲気がいい。
湯池さんと上流下流に分かれてキャストしますが、ここも反応なし。

そこから2箇所ポイントを回ったものの、やはり反応はなし。
そこで、もう1度朝イチのポイントに入り直します。
時計は正午を過ぎ、午前中から比べると少し水位が上がってきている様子。
Wさんがヒットさせたのも同じくらいの時間帯。
水位も上がり、サクラマスが動き出すタイミングかもしれない。
淡い期待を持ちながら、手持ちのルアーで出来る限り上から下までレンジを通したんですが、それでもサクラマスからの反応はなし。

最後の望みをかけて別の実績ポイントに入りますが、無情にも雨が…。
いや、天候の変化でチャンスかも。
と思っていると、雨脚は強まり、そこに海側から吹いてくる強い風も加わり、心がポキリ…。
ここで終了となりました。
17359132_1315555131862449_6160372942459315422_o

川岸には、春を知らせる花も咲いているんですが、桜の木はまだ蕾の状態。
17358583_1315555095195786_5563546841451075269_o

17359297_1315555091862453_5139264748811967543_o

それでも、陸の上、水中ともに少しずつ春めいてきている気配を感じます。
サクラの開花をお知らせできるように、まだがんばって通ってみます!

干潮から干潮まで!?(ネイティブ沖田釣行記)
2017年03月16日(木)

こんばんはネイティブ沖田です。

前回「ゴールデンホール」を探しに3人でトライしましたが・・・・惨敗。
しかし、気になる「ゴールデンホール」気になりすぎてまたまた1人で行ってきました「東の島」

前々回の釣行時に大事なカサゴをサギの襲撃で盗まれ、対策に購入した編み付きバケツ。
アングラーの皆さんお気おつけて下さい。※猫の襲撃にもご注意を!!

IMG_3504

ポイントに到着したのが夜の19時満ち上げでの釣れるポイントをくまなく探り・・無反応。
満潮前後は潮が緩み始めるのでそのタイミングが「最大のチャンス」
ジャッカル「タングステンシンカー キャロナイナスティック」を使い誘導キャロでボトムを調査。
この頃から時折「爆風」が襲いかかる場面がチラホラ。
キッチリボトム付近をワームが通ると必ず反応してくるのがコイツ!
「カサゴ」

IMG_3523

【23時】
満潮のタイミングで時折メバルの「ライズ」が単発で起こり始めたのですがまずは「ゴールデンホール」を優先。
しかし、潮が下げ潮に切り替わると同時にあの「爆風」が頻繁に襲いかかるようになりまともに釣りが出来ない状況に変化。
狙っているポイントの流れと風の向きが間逆で釣りにくい状況。
どこかのタイミングで「爆風」が止むのではと思い「風」との我慢比べ。
それから2時間30分ぐらい経った頃1台の車が登場、お客さんの「Tさん」が偶然登場。
その頃から風が弱まり何とか釣りが出来る状況になり釣り再開。

ドラマはこの後突然やってきました。

何だかんだとTさんと話をしながらギリギリボトムを感じることの出来る
「TGシンカー3.5g+ロケットプラス0.45g」でボトム付近をスローリトリーブすると!!

「コッツン」とバイト
待ちに待った待望のバイトを即合わせしヒット。
やり取りの最中、今まで釣り上げてきたメバルより重く・引きが強い事を確信!
慎重に寄せTさんにネットですくって貰いキャッチ。

IMG_3520

第三弾自作「キャロ・メタルジグ」ロッドで今期最大の25cmをゲット。
これが「ゴールデンホール」か!?

IMG_3518

再現性を求めて同じコースを通したのですが反応無く。
その後、Tさんがロッドを取りに車に戻っているタイミングでヒット!
何とか1人でランディングして追加。

今回は月が大きいのでもチャンスのタイミングは少ないと思っていましたが、何とか2匹キャッチできました。

IMG_3524

今回最大26.5cm・25cm
その他、カサゴ・小メバル
爆風で数は釣れませんでしたが今回は納得のいくサイズをゲットできました。

IMG_3528

このサイズのメバルを見ると20cmクラスのメバルが小さく見えます。
しかし、このサイズをコンスタントに獲るのは至難の業になりそうです。

IMG_3537

午前7時、釣行終了
朝日を見ながら帰宅。
今回も「ゴールデンホール」の確信にはたどり着きませんでした
この後は、10時から知り合いと宮島観光。睡眠不足です。Zzzz

釣れたメバルは知人の所へ
「メバルの煮付け」になったそうです。

IMG_3545

次回はジグヘッド単体を封印、キャロオンリーで調査してみます。

「ゴールデンホール」を探しに!(ネイティブ沖田釣行記)
2017年03月13日(月)

こんにちはネイティブ沖田です。

自作ライトゲームロッド第三弾を完成させ狙うは「ゴールデンホール!!」(勝手に命名)

「ゴールデンホール」とは
川の様に流れている中、流れていく方向とは別に「吸い込む」流れ。

その流れにリグが吸い込まれるとデカメバルが釣れると言う情報を入手。
これは試すしかないでしょう、と言う事で「東の島」へ行ってきました
「どのタイミング」で「どの様」に起こるか全く解かりませんが、「イメージ」と「勘」が頼りです。

今回、同行してくれたのは「Kさん」「Rさん」
「ゴールデンホール!?」と聞いと困惑しておりましたが「イメージ」を伝え、釣りスタート!

ボトム付近を調査していたRさんに小メバルがヒット。(リリース確定サイズ!)
その後Rさん根掛り地獄にハマッテました。

IMG_3512

ゴールデンホールを求めてネイティブ沖田もボトム付近を調査するのですが・・・・・カサゴ連発。
そもそもボトムに「ゴールデンホール」が出来るのかも不明。

IMG_3513

イメージと勘だけでは簡単に釣れないと言う事が判明したところで、気分を変え「アミ」付きメバル狙い。
Kさんなかなか「アミパターン」の釣り方に対応できず1人迷走。
その隣で「鬼」の様にヒットさせるRさん、良型を連発しておりました。

IMG_3516

2時には帰る予定でしたが気付けば3時!!
睡眠不足決定です。

Kさん・Rさんお疲れ様です。
また「ゴールデンホール」探しに行きましょう!!

2017年トラウトシーズンスタート!!(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年03月12日(日)

解禁から遅れること1週間。
車の不調があり、ようやく2017年のトラウトシーズンが始まりました。
今年もサクラマスからスタートです!
マリーナホップが休館日ということで、休みが合ったエース池内さんと一緒の釣行です。

年券を購入した川は、解禁日、解禁初週の土日も釣果どころかサクラマスからの反応がない状況。
もともとサクラマスの魚影が薄い川とは言え、少し厳しそう…。
そこで、池内さんの提案で、少し足を延ばして別の川に遠征することに。

予定していた川からプラス2時間半、往復約8時間の道程です。
というわけで暗いうちからの出発です。

丁度タイミング悪く、寒波が襲来。
高速道路はこの状況。
サクラマス 2017 山陰 中国 (17)

そこに畳み掛けるようにさらに雪が降ってきます。

サクラマス 2017 山陰 中国 (3)
いつもは快調に車を走らせる池内さんですが、安全運転しているということが状況の過酷さを表しています…。

サービスエリアも真っ白。
駐車中の車が数台凍っていました。

サクラマス 2017 山陰 中国 (2)

強く降る雪に出発当初の淡い妄想を吹き飛ばされつつ(サクラがダブルヒットー、とか言ってたな~。(白目))、なんとか予定していた時間に川の最寄の釣具店に到着。
年券を買う池内さんにそそのかされ、僕も年券を購入。
うん、日券高いしね!9月いっぱいまでできるからまた来るよね!渓流もいいみたいだし!
往復8時間だけど!!

さて、ついに最初のポイントに到着です!
車から川までの間にも雪が積もっていて、買ったばかりのNEWシューズの裏に踏み固めた1cm厚の雪が張り付いて歩きにくい…。

サクラマス 2017 山陰 中国 (10)

しかし、僕にとって初めての川、しかも中国地方ではサクラマスの実績河川ということでやる気充分です!!

サクラマス 2017 山陰 中国 (4)

池内さんも気合入ってます!?
サクラマス 2017 山陰 中国

逸る心を抑えて、キャスト前に水温を計測。
6℃…、を少し切ってます。

サクラマス 2017 山陰 中国 (20)

池内さんにサクラマスもエキスパートなHさんから電話があったそうで、曰く、「ギリギリ口を使う水温」とのこと。

低水温と濁りが気になりますが、サクラマスがこのポイントにいると信じてキャスト開始です!!

サクラマス 2017 山陰 中国 (12)

NEWロッドとNEWリールの感触を確かめながらキャストを繰り返しますが、反応なし。

しかし、このポイントから上流にもまだまだポイントがあるということで移動です!

雰囲気がすごい。
サクラマス 2017 山陰 中国 (1)

足下も水深があり、ピックアップ直前にも食い上げてきそうな感じです。
サクラマス 2017 山陰 中国 (6) 

しかし、そう上手くはいかず。
ただ、池内さんもこのポイントが気になるらしく、また戻って来ようということで別のポイントへ移動です。

そこは、長い瀬の中にも水深の変化があって、もう少し時期が進んだらショートリップのミノーで釣ると楽しそうなポイント。
サクラマス 2017 山陰 中国 (11) 

サクラマス 2017 山陰 中国 (19)

二人で2回流しましたが、反応はなし、
すぐ上流の工事の影響で濁りも入ってきたので、ここで昼食休憩することにしました。
サクラマス 2017 山陰 中国 (14)

安くてお腹一杯になるというお店に入ってみました!
これが600円で食べられるなんてサイコー!

サクラマス 2017 山陰 中国 (7)

しかし、雪も降る寒い中で釣りをしていたので、笑顔のつもりが顔の筋肉がうまく使えない池内さん…。
顔もいつにも増して真っ白のような気がします…。

でも、これで充電完了!!
午後からもがんばるぞ!!
ということで、ポイントに到着すると先に1名のサクラマスアングラーが。
少し様子を伺っていると、空から再び雪が…。
しばらくしたら止むかな、と思っていると、止むどころか風も強くなり吹雪に!
こちらは運転席側の写真ですが、逆側から風が吹いているので、助手席のガラスは真っ白…。

サクラマス 2017 山陰 中国 (5)

予報を見ても天気が良くなる感じではないということで、残念ですがここで終了となりました。
二人とも前日ほとんど寝ていないので、少し睡眠を取り、広島に向けて出発しました。

今回は状況も悪く、残念な結果になりましたが、とても魅力的な川でした!
少し遠いですが、また必ず来ようと思っています!!



そして、その日から2日後、再びサクラマスを求めて川へ!
前回釣行を見送った川へ出発!
今回は風神小田さんと一緒の釣行です。

まだ寒波の影響が残っていて、道路にかなり雪があるということで早朝からの出発は断念。
朝9時の段階で道中のライブカメラにようやくタイヤの跡ができ、これなら行けるかなということで出発しました。

サクラマス 2017 山陰 中国 (18)

高速から見える景色もこんな感じでした。

サクラマス 2017 山陰 中国 (8)

まずは昼食をとり、そこから釣り開始。
今年、この川での釣行は初めてということで、ワクワクしながらキャストしますが、やっぱりそう簡単には釣れてくれませんね。

サクラマス 2017 山陰 中国 (13)

しかし、その2日後、ゲーリー重森さんと一緒に行かれた方が見事サクラマスをキャッチしたそうです!!
これを聞いて、俄然モチベーションUPの僕は明日も行ってきます!

そのときの様子はまた釣行記で書かせていただきます!
では、明日がんばってきます!!