釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

近場メバル調査!(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年03月12日(日)

こんにちは、マリホ店増田です!

最近バリバリ釣りに行っているネイティブ沖田さんに刺激されて、昨日の閉店後、エース池内店長と廿日市木材港に行ってきました!

到着早々、メバルがライズする音が聞こえてきます♪

浮いている活性の高いメバルがいそう♪
ということで、0.6gのジグヘッドにレイン/ロックバイブシャッドをセットしてキャスト!
レイン ロックバイブシャッド メバル

着水後、すぐリトリーブして表層を探ると幸先よくヒット♪
廿日市 木材港 メバリング メバル (2)

今まで使ったことがなかったワームですが、BOX入り確定です☆

時合になると池内さんとダブルヒット!

廿日市 木材港 メバリング メバル (1)

そのあともぽろぽろ釣れ続け、1時間ほどの短時間の釣行でしたが充分癒されました☆
徐々に近場もメバルの活性が上がってきているみたいです!
少し沖で大きそうなメバルのライズ音が聞こえていたので、フロートで狙ってみても面白そうです!

また調査に行きましたら報告させていただきます!

激流でも「アミパターン」!!(ネイティブ沖田釣行記)
2017年03月09日(木)

こんばんはネイティブ沖田です。

2月は毎週のごとく「東の島」釣行に出撃しておりましたがこれには訳が・・・・・。
激流の中でも表層に出てくるメバルにターゲットを絞り数釣りを攻略しようと連日通っておりました。
いつもなら同行者がいるのですが、今回は「単独」で激流攻略に行ってきました。

IMG_3471

橋を渡り目指すは「島」

IMG_3478

こんな感じのエリア。

IMG_3480

足元でさえも「激流」
とりあえず日没までその辺で「デイメバリング」をと思ったのですがアタリすらなく・・日没。
選ぶエリアによってはタイミングは様々「潮の流れ」・「速さ」・「流れの当り方」などが複雑です。
2月の間に色々なポイントを回遊して今回のポイント選択。
変化の早い「下げ潮」での反応が良いポイントを選択。

満潮の時間帯はボトム付近を0.6g~1.5gで漂わせていると「コッン」バイトしてくる魚。
「カサゴ」
潮が緩んでいると良くヒットします。

IMG_3481

このガシラをバケツに入れておいたらサギに獲られました・・・・。涙

徐々に潮が動き始め「流れ」の境界線や緩む場所が絞れてきます。
そこが「キモ」なんです。
この時点でジグヘッドは0.2g前後
まさに表層を漂う「アミ」を演出。

IMG_3485

時合いがくると連発!
3時間でバケッが満タンになったのでクラーに入れ替え。

IMG_3487

その後も様々なワームを投入。
途中風が強く吹く場面があったのですが、ジグヘッドを重くすると反応しない。
仕方なくジグヘッドはそのままでワームサイズを上げ対応。

IMG_3491

ジャッカル アミアミ2.3インチ
2.3インチあると流石に飛距離が変わります。
その後も着実に釣果を伸ばし、大きいサイズだけゲット。

IMG_3492

今回のアベレージは18cm~23cm。

IMG_3496

激流育ちのメバルの引きは強く、釣り方も考えさせられます。

IMG_3497

「アミパターン」で更なるサイズアップを求めているのですが・・・・。
どうしたらサイズUP出来るのか今後の課題です。
明らかに大きなサイズもライズしているように見えるのですが・・・・無念。
3月も「アミパターン」検証します。勿論イカナゴパーターンも!

自作ロッドの検証2(ネイティブ沖田釣行記)
2017年03月01日(水)

こんにちはネイティブ沖田です。

前回の釣行の際に、自作ロッドを検証して納得のいかなかった事を元に新たなロッドを製作した。
そしてそのロッドを検証しに、昨日の晩釣行に行って来ました。

今回もフィールドは「東の島」

使用したロッドは「マグナムクラフトX5914+ショートチタンティップ(10cm位)」と新たに作成したロッド。

前回作ったロッドより今回製作したロッドはレングスが若干短くなりました。
大きく変えた仕様は「ガイドサイズ」&「チタンティップの長さ・硬さ」
X5914では張りを残すために小口径のガイドバランスで設計した為、ラインがガイドに干渉することが多く飛距離が出ないことが判明。
尚、チタンティップが柔らかいので曲がりやすくキャストした際に、ティップにブレが多く放出の抵抗になっている感じがありました。

なので「X5914」より硬いブランクスを使い、大き目のガイドを使用しても張りが失われないブランクスを選択。

【ここでマグナムクラフトブランクスの表記の説明】
マグナムクラフトで販売されているブランクスは全て「アルファベット」と「数字」で表されております。
【アルファベットはそのブランクスのシリーズ名】
【数字はレングス・キャストMAXウェイト】

【例】X5914=「Xシリーズ」「5フィート9インチ」「MAX:14g」
と言った表記になります。
シリーズによってはブランクスの重さ・曲がり方が変わってきます。

それを踏まえて選んだブランクスはコチラ。
マグナムクラフト「究極のフィネスアジングブランクスAJXシリーズ AJX5919」に「ショートチタン(5cm位)」を接着
張りを残す為にチタンティップは短めの5cm。
TOPガイドリングを4.5に設計


ポイントに到着して先ずは満ち上げの潮で検証。
しかしあまりの流れの速さにバイトすらない、と言うより魚のレンジに到達してない感じ。
ウェイトストッパー+ジグヘッドで沈めてもレンジまで届かない状況。
流れ・深場の釣りはPEが感度が良くいいのですが、フロロしか持ってません!

仕方なく流れが変わるのを待ちながら、魚が動きやすくなるタイミング・ポイント調査。
徐々に流れが緩くなり今まで無かった生命感が表層に現れ出します。

そして先ず釣れたのはコイツ!!
ライトゲーム釣行において、よっぽど運が良くないと取れない「シーバス」
フッキングの瞬間水中で翻ったので「まさか!?」と思いましたがそのまさかでした。

IMG_3434

50cm位のシーバスを時間を掛けて何とかキャッチ。
2LBでファイトするとスリリングで面白いですよ。

IMG_3436

その後、メバルのライズが頻繁に起こり時合い突入!?

IMG_3437

ジグヘッドは0.6g+アジリンガーで「アミパターン」を演出。

IMG_3439

何時終わるか分からない「時合い」なので物持ち写真なし。

IMG_3441

釣れるだけ釣って気が付けばバケツが大変な事に!?

IMG_3443

今回の最大級のメバルは24cm。

IMG_3447

前回釣行の元アルバイター高橋にのサイズに及ばず・・・・・しかしあのメバルデカかった。

IMG_3448

結果、新しく製作した「AJX5919」は張りを強くした分1.5g以上のジグヘッドを使用してもティップが負けない感じに仕上がり
中層からボトム・流れの速いエリアでも探れるように仕上がりました。
ガイド径も大きくした事によりラインがガイドに接触する事が軽減されキャスト時のラインの抵抗感もX5914より軽減されました。

IMG_3457

前回釣行より釣果が良くなってます!
「春」は直ぐそこです!

因みに最近良く登場するM君も実は一緒に行って居たのですが・・・

色々試したあげく迷走入りしてしまったので今回は画像なしでした・・・
IMG_3308_thumb_thumb_thumb-
頑張れM君!!

自作ロッドの検証(ネイティブ沖田釣行記)
2017年02月27日(月)

こんばんはネイティブ沖田です。

今月に入って毎週何処かに釣行にでております。
と言うのも、自作したロッドを使い込む為に様々なフィールドで使用してみました。

自分があまり使うことのないライトクラス「アンダー1g」に設定して製作したロッド。

元になるブランクスはマグナムクラフト「ライトゲームXシリーズ X5914」にショートチタンティップ(10cm位)
ブランクスは切らずにそのまま繋ぎ、先端にくるチタン部分を短くする事で重量を減らし出来るだけブランクスの張りを残しましたが!?

結構曲がります!!

しかし、この1g以下を操作する面で必要な柔らかさになったような気がします。

何度か釣行を重ねて、何とか使いこなせるようになってきました。
以前までの釣行の際は「スナップ」を使わないことが多かったのですが、このロッドを使い始めて使用頻度が増えました。

と言うのもチタンティップの感度が良くラインを「軽く張る」だけで明確にリグの存在を教えてくれるのです。
「張る」「緩める」を繰返してリグが「フワフワ」している感じを演出して漂う「アミ」を演出しておりました。

そして、昨晩も「東の島」の激流ポイントにIN。
しかも、ただでさえ流れが速いのに昨日の潮は「大潮」

激流+大潮=川 (海じゃない川だぁぁ~!)

途中、先に釣行していた元アルバイター高橋と合流したので探れる釣り方・エリア・レンジが広がます。
そして紹介が遅くなりましたが今回も「彼」が同行。

IMG_3308_thumb_thumb_thumb

早速合流した高橋、思考錯誤した結果25cmのメバルのヒット!
慎重にランディングネットでキャッチ。

IMG_3406

久しぶりに良いサイズを拝ましてもらいました。
M君、初めてみるメバルのサイズに興奮してました。

IMG_3412

その後も良いサイズを1匹追加して、満足したのでしょう高橋逃走!(帰宅)


ドンドン流れが変化し、潮が緩むポイントではボトムにリグが到達すると必ずと言っていいぐらい「ガシラ」がヒット。

IMG_3413

緩むポイントが段々絞れてくると、ベイトが固まり始めるのでプラグでもヒットします。

IMG_3415

この時既に広範囲でライズが起きてました。

IMG_3417

流速の変化を狙いながら0.6g・0.8gのジグヘッドで狙った結果良いサイズはキャッチ出来ました。

IMG_3418

前回逃したサイズは高橋に取られましたが、次回またリベンジします。

IMG_3422

しかし高橋のメバル大きかったなぁ~。

自作ロッドは常に矢野駅前店に展示しております。(釣行に行く際は無くなります)
更なるライトゲームロッドも製作中!
乞うご期待。

釣行移動距離160km越え!!(ネイティブ沖田釣行記)
2017年02月24日(金)

こんばんはネイティブ沖田です。

またまたメバリング釣行に行って来ました。

そして今回も「M君」登場。


IMG_3308_thumb_thumb
今回もフェリーに乗り一路「江田島」へ。

IMG_3363

夕マズメに「秋月」方面に行ったのですが反応無く。

大きくポイントを移動して「音戸」へ
ポイントに到着したのですが・・・潮の流れ無く魚からの反応も無く移動!

更に東に移動して「東の島」に上陸。
ドンドン奥の方の進み空いているポイントにIN。
このポイントで粘る事にしたのですが釣れるのは小メバルと小ガシラ。

潮の流れが緩いのでボトムにルアーが着低すると高確率でガシラがヒット。

IMG_3364

表層から中層にかけてメバルの層があるのですがフォールでは反応無く。
レンジを横に引くとメバルが釣れるのですがサイズアップは見込めない感じ。

IMG_3366

しかし、今回の本命は「満ち上げ」
狙っていたポイントに移動して本気モード突入。

開始早々表層でライズしているメバルに目標を決めジグヘッド単体で勝負。
0.6g・0.9g・1gのジグヘッドを色々と試しヒット。

IMG_3390

今までとは違う引きにサイズUPを確信。
揚がってきたのは23cmのメバル。
しかし、この辺から天候が悪化して風が強くなり釣りがしにくい状況。
そろそろ移動しようかなと思っていたら、先端でプラグを投げていたM君にヒット。

スミス ガンシップ45でシーバス!?メバルじゃないんかい!!

IMG_3368

初の「東の島」シーバスと言う事でイートする事に。

IMG_3372

ポイントを若干移動して流れの変化をライトリグで探ると小型のメバルは反応するのですが大型が現れない。

IMG_3374

その間にもM君プラグでメバルをキャッチ。

IMG_3381

そしてドラマは突然やってきたのです!
今まで反応の無かった層でバイトがあり条件反射でフッキング。
23cmのメバルを釣っても出なかったドラグが出る!出る!
シーバスが頭を過ぎったのですが見えたのはメバル!!
しかも「デカイ!!」寄せ抜き上げようとした瞬間!
ピンと張っていたラインに何かがすれたと思った瞬間「ポチャ」っと本日最大級のメバルは逃げていきました。

今回の釣果は「2匹」

IMG_3383

そして、後日M君からこんな画像が届きました。

IMG_3392

シーバスのムニエルだそうです。
M君自分で調理するそうなのですが、前回の「タコ」の出来栄えの悪さに挽回したかったそうです。
前回のタコ↓

IMG_3302
見栄えが全然違います!
M君お疲れ様でした。
また次回リベンジしましょう。