釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

大島朝マヅメメバリング&2018初バスGET!(マリホ店増田釣行記)
2018年03月05日(月)

マリホ店増田です!

前回のメバリングが楽しかったので、またしても周防大島にメバリングに行ってきました!
満潮が朝の7時くらいということで今回は朝マヅメ狙い!
夕食を済ませて少し仮眠を取ったあと、弟を連れて午前2時くらいから出発しました。

ポイントにはアングラーの姿はなし、ということで、確信部は一旦置いておき、波止の先端の常夜灯周りをチェックしてみます。
しばらく反応がありませんでしたが、徐々に夜明けが近づくにつれて活性が上がってきたのか連続ヒット!
中には20cmを越える良型もいました♪
28378511_1763287683755856_6476183983888852073_n

28378346_1763287370422554_6797607341048499247_n

そろそろ朝マヅメのプライムタイム。
ということで、確信部に入ろうとしたんですが、いつの間にかそこにはライトゲームアングラーさんの姿が・・・。
仕方なくそれまでのポイントで釣りを続けながら、チラチラとそのアングラーさんのほうを見てみると、どうやらぽつぽつ竿が曲がっている様子。
やっぱりそこだったかー!
すっかり夜が明けた頃にそのアングラーさんは帰られたのですが、すぐに入れ替わりで餌の方がIN。
どうも皆が狙う好ポイントだったようです・・・。

このまま不完全燃焼で帰るのはいやだったので、近くのポイントを探索してみることに。
偏光グラスをかけて水中を見てみると、岩場に藻が絡んでいい感じ♪
と思っていると先に弟にヒット!
キャッチしたメバルをキープバケツに入れて、次のキャストをするとそれにもヒット!
どうやら活性の高いメバルが溜まっているようです♪

弟の連続ヒットを羨ましく思っていたぼくにもついにアタリが!
小気味良い引きでロッドを曲げてくれます♪
バイトも深かったです!
28279160_1763287640422527_6206188521977674201_n

こんな感じの藻が生えているようで、レイン×パゴスオリカラ ケルプグローが得意とするシチュエーションです。
28471217_1763287537089204_5832090201876646518_n

微妙にキャストする位置を変えながら探るとテンポよくヒットして、サイズも20cm前後ということですぐに持ち帰る分は確保できたのでここで終了♪
28277155_1763287353755889_4216140792977340669_n

昼まで少し仮眠を取り、安下庄にある「みかちゃんラーメン」さんに行ってみました。
注文からスピーディーにテーブルに運ばれて来たラーメンは、優しいとんこつスープで美味しかったです♪
28575688_1763287420422549_3970012724399221369_n

さすが釣りのメッカ周防大島のラーメン屋さんということで、アミエビも置いてあります!
気になる方はぜひ行ってみてください♪
28379221_1763287457089212_4206230471704661204_n

昼食後、下道でのんびり広島に入り、気になっていた漁港でオクトパッシングしてみましたが、そちらは不発でした。
ただ、間違いなくいると思いますので、時期を変えてもう一度行ってみたいと思います!
28378182_1763287397089218_2316237061160985708_n

 

そして翌日も休みだったので、何を釣りに行こうか考えていたところ、昨年から予約して楽しみにしていたニシネルアーワークスさん初のインジェクションクランク「チッパワRB」が到着!(パゴスでは注文できません・・・。)
28276715_1763287260422565_113234445279288632_n

少し前にアメリカのトーナメントで大森貴洋プロが優勝したり、お客様がいいバスを釣っていたりしたのでバス熱が上がっていたのですが、これでさらに急上昇!
しかも、大森貴洋プロのトーナメントでのウイニングルアーはラッキークラフトさんのクランク「RTO1.5DRS」だったんですが、ウイニングカラーだったT.O.クローは元々ニシネルアーワークスのビルダーである西根さんが大森プロに頼まれて塗っていたというエピソード付き! 

これは偶然にしては出来過ぎている!
そんな訳で、居ても経ってもいられず「クランクで釣りたい!」ということで東広島へ2018年初のバスフィッシングに行ってきました!

ですが、朝起きられずにのんびり昼から出発・・・。
まだ寒いですが、この時期でも朝マヅメはやっぱりチャンスタイムなのでこれを逃すとクランクは厳しいかなと思ったんですが、案の定反応なし。
そこで、抑えで持ってきていたゲーリーヤマモト/ハートテールを投入。
28379094_1763287040422587_6393379608316646307_n

岸際のブッシュに入れて、とりあえずボトムまでフォール。
そろそろかなと、リトリーブを始めようとしたんですが、着水点とは違う隣のブッシュになぜかラインが絡んでる。
外そうと軽くロッドをあおったんですが、どんどんラインがブッシュに引き込まれていて、ようやくそこでバスが食ってると気付きました!笑
慌ててフッキングしましたが、さすがに違和感を感じていたようで、一瞬重みが乗っただけですっぽ抜けてしまいました・・・。

この時期の貴重なバイトを逃してしまい心が折れかけましたが、切り替えて他の野池に移動します!

全体的に浅く、水も色が付いているので水温が高そうだな、と思って計ってみると約13℃。
10℃前後でスポーニングを意識すると言われているので期待ができる水温です!

セオリー通り水温が上がりやすいマンメイドストラクチャーをハートテールで探りますが反応なし。
続けて、北風がさえぎられる池の北側にあるオーバーハングにブッシュが絡むカバーを狙います。
ハートテールをなるべくカバーの奥に投げ込み、ボトムに着底させてからゆっくりリトリーブ。
枝らしきものを抜けるか抜けないかというところで「コンッ!」というアジのようなバイト。笑
確信が持てなかったので少し聞いてみて、生命感を感じたのでフッキング!!

重たい引きにグッドサイズを確信!
今年の初バス、しかも枝越しのフッキングで針掛かりが心配だったので慎重にファイトしてなんとかキャッチ!
下あごを掴んだら簡単に口からフックが外れてしまいました。
危なかった・・・。
サイズは47cm!
28379590_1763287223755902_4855531961209942521_n

くちびるも赤くて早春のバスという感じです!
28377962_1763287113755913_757769835667530993_n

オスかメスかはわかりませんが、綺麗な魚体でスポーニングに向けてコンディション良好でした♪
28577167_1763287177089240_7367030346138079518_n

この池ではこのあと追加ならず、1箇所別の池も行ったんですがそこも不発で、最後にフッキングミスしてしまった池に戻ってみました。
狙うは同じブッシュ付近!
ハートテールをキャストするとフォール中に糸が横に走る!
今度はもらった!とフッキングしましたが、またしてもすっぽ抜け・・・。
サイズが小さいのか、バイトが浅いのかわかりませんが、リベンジ失敗で釣行終了となりました・・・。

結果は1匹でしたが良いサイズが釣れて、他に2バイト得られて、久しぶりのバスフィッシングにしては良かったんじゃないかと思います。
メバルも気になりましたが、行ってみてよかったです♪
これで心置きなくサクラマスに行ける!
と思ったんですが、本日またしても雨が・・・。
明日はサクラマスに行こうと思っていたんですが、増水と濁りで無理かもしれないので、またバス釣りにいくかもしれません!
もし行けたら50UPを狙ってがんばってきます!

カスタムロッドを作るメリット!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年03月03日(土)


こんにちはネイティブ沖田です。

この1週間私用でドタバタしておりましたが、半日時間が空いたのでお約束の「とびしま釣行」。

ポイントに到着してみると、いたるところでメバルのライズが確認出来「超高活性!!」
とりあえずワームを投入したのですが、効率が悪いので即プラグにチェンジ!

とりあえずアンリパ:サブリームを投入したのですが反応が悪くルアーチェンジ。
ジップベイツ:リッジ35SSを投入すると釣れる釣れる!
1投1匹のハイペースで小メバルがヒット。

IMG_5100

さてここからが問題。
サイズUPを狙いルアーローテーションしていくのですが、釣れるのは同じサイズ。

IMG_5101

ファーストシンキングのローリングベイトで、表層の早巻きをしても同じサイズがエンドレス。
あれこれ模索しながらキャストを繰り返したのですが、結果サイズが変わらず。

そうこうしていると、狙っている本命ポイントの時合いのタイミングになり移動。
この日の為に作った「カスタムロッド」の出番。

ブランクスはマグナムクラフト「ランカースペシャル R8626」で作ったベイトロッド。

★サクラマスSPとの違いは曲がり方。
サクラマスSPは全体的に曲がる感じに対して、ランカースペシャルはファーストテーパーな曲がり方。
シンカーがボトムに着底すると、ティップが起き上がり、テンションの変化がティップで分かります。
魚が掛かった際も、バットがしっかりしているので魚に主導権を握らせません!
★ブランクスの長さ
ポイントによっては手前の流れと沖の流れが違う場所があります。
そんなポイントなどでは手前の流れにラインを流されないようにラインを浮かせる必要があるのでこの長さになりました。

リールシートはスケルトンリールシート「KSK16」
ブランクスとリールシートの間にはスケルトンリールシート用のワインディングチェックを使用。

IMG_5111

EVAパーツは全てマタギさんのオリジナル。

IMG_5112

エンドキャップは勿論、マグナムクラフトのエンドキャップ。
今回、レングスが長いので感度・軽さを重視する為、チタンフレームのトルザイトリングを使用。

IMG_5113

ティップ側は視認性をあげる為にスレッドカラーをオレンジにしました。

IMG_5114

いざニュータックルで勝負!!

潮流の流れを見ながら、リグを投入するポイント見極めてキャスト。
ボトムまで一気に沈めます。
ラインテンションを掛け、リグを浮かせたりラインを出してリグを沈めたりを繰り返し探っていく。
メバルのポイントに流し込んでいくと「コツッ」と明確なバイト。
瞬時にフッキングしてゴリ巻きするけど、途中障害物に巻かれたりと苦戦しましたが何とかキャッチ。
直ぐにバケツに入れ再度キャスト。
同じ様にキャストして同じ感じに流したのですが反応なく。
この動作を繰り返し丁寧にレンジを探っていくと、突然「コツッ!」と明確なバイトが出る。
その一瞬に全神経を集中させて何とか良型を2匹ゲット。

IMG_5104

しかし、その後はフッキング出来ても途中でバレた魚が2匹・・・

IMG_5103

「逃がした魚はデカイ」と言うように今思えば重量感があった気が・・・・無念です。

というわけで、悔しさ残る釣行となりましたが、今回作って持って行ったオリジナルロッドの感触は良好でした!
市販のロッドも良いのですが、このポイントではこんな感じで釣りがしたいな~と言う想いを、より理想に近づけれるのが「オリジナルロッド」
市販では売られていない長さ・硬さのロッドが作れ、いつも通っているポイントの攻略をより楽しくしてくれます。 
自分がこれが良い!と思うロッドがあっても、ガイドの大きさやグリップが握り難い・デザインがイマイチ等、不満に思った事はありませんか?
ロッドメイキングを覚えれば、そんな不満から一気に解消されます!!
一から作り上げるのも楽しいし、愛用してきたロッドを改造して使用感の違いを感じるのも
もちろんパゴスどの店舗でも、修理・改造・オリジナルロッドの製作など承っておりますので、ロッドについてお悩みの方は是非一度スタッフまでご相談下さい。
以上釣行記でした♪

周防大島でメバリング♪(マリホ店増田釣行記)
2018年02月21日(水)

マリホ店増田です!

休みの度に寒波が来てしまい3週間ほど釣りに行ってなかったんですが、少し寒さが緩んだので、アジ・メバルを狙って周防大島に行ってきました!

満潮が午前0時くらいということで、夕食をとってから弟を連れてゆっくり出発。
大島大橋を渡ってから右折して、気になる波止をチェックしますがどこもアジはお留守なようでノーバイト。
メバルはどうかな?とプラグで様子を伺うと1投目からヒット♪
周防大島 メバル メバリング (3)
ヒットルアーはメバルプラッギングの定番ジップベイツ/リッジ35Fでした!
他にもアングラーズリパブリック/サブリームなどいろいろ使ってみましたが 、この日はリッジ35Fのショートジャーク&ステイにバイトが多かったです。

弟もアジのバイトはないようですが、ワームでぽつぽつとメバルを釣っていきます。
周防大島 メバル メバリング (4)

日付が変わって数時間釣りを続けていたところで疲れと睡魔に襲われ、風も強くなってきたので朝マヅメまで少し休憩を取ることに。
そして、夜が明ける数時間前に起きて釣り再開です!
風が相変わらず強いので、プラグからジグヘッドリグに替えて集中して手前まで引いてきたところで何かがバイト!
なかなか良い手応えでしたが惜しくも乗らず!

すると今度は弟に良型がヒット!
放っておいたら食った。と言ってましたが、正面から吹く風に乗せてワームが自然にいい動きをしていたんだと思います!
周防大島 メバル メバリング (6)

パターンを掴んだ弟が数尾連発!
しかもどれも20cmを越える良型ばかり!
周防大島 メバル メバリング (1)

一方、ぼくはなかなかバイトが得られず苦戦!
気付けば薄っすらと明るくなり始めてきました。
周防大島 メバル メバリング (8)

弟にヒットしているジグヘッドのウェイトを聞き、信頼のワーム「レイン×パゴスオリカラ アジリンガー ケルプグロー」をセット!
一旦ボトムまでフォールさせて、カケ上がりに沿ってゆっくりリトリーブしていると小さなバイト。
フッキングすると乗った!
小さいバイトとは対照的にファイトは強烈!
上がってきたのは今日イチのサイズのメバルでした!
写真では大きく見えますが、たぶん23cmくらいです。
それでも僕的には充分なサイズです♪
周防大島 メバル メバリング (5)

そのあと、同じくらいのサイズの青メバルを1尾追加したところで徐々に釣れるサイズが下がってきて、太陽が出て潮が止まって弟がカサゴを釣ったところで移動してみることに。
周防大島 メバル メバリング (7)

移動した先ではライズが頻繁に起こっていましたが、ルアーには意外とシビア。
サイズもあまり良くなく、弟と数尾釣ったところで終了となりました。
周防大島 メバル メバリング (2)

帰宅してから持って帰った2尾のメバルを捌いたんですが、両方のメバルの中から2cmほどのメバルの稚魚と思われるベイトが数尾出てきました。
どうやら、メバルの産卵シーズンは終わり、少し成長したメバルの稚魚をメバルたち自らが捕食しているようです。
ブラックバスでも同じような行動が見られますが、いろんな魚に見られることなんですね。
確かに、産卵で体力のないメバルにとっては動きが遅くて栄養がありそうなので格好のベイトになるんでしょうね。
産卵後でお疲れ気味かも、ということで小さなシルエットのワームを選びがちでしたが、また行くことがあればメバルの稚魚に似たボリュームのあるシルエットのルアーを使って検証してみたいなと思っています♪

lack of sleep!!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年02月13日(火)

寝不足から回復したネイティブ沖田です。

とある晩、「一緒に釣りに行きましょう」と言いつつ、中々タイミングの合わないHさんと一緒に釣りに行く機会が訪れた。
「翌日仕事だけど大丈夫かな?」と言う安易な考えからの釣行が・・・・まさかこんな事になるとは思いもしませんでした。

翌日、仕事なので2時か3時に帰れば何とか睡眠時間も取れるので大丈夫だろうと考えながら一路「とびしまへ」

Hさんの出発が遅くなると言う事で、ポイントで合流する事に。
ポイントに到着してHさんが来るまでポイントを偵察。
先行者の方が何名か居られたので挨拶&情報交換。
大型は釣れていないが頻繁にライズがあり数は十分釣れている状況。

早速、ワームを投入したのですが・・・・・表層でライズしているメバルが気になりプラグにチェンジ。
Hさんが来るまで表層のメバルと戯れておりました。

IMG_5018

ポイントに到着して約1時間位経った頃、Hさん登場。
一緒にプラグゲームを堪能。
後に、反応が無くなり「ボトムゲーム」突入したのですが・・・・・魚からの反応が無く・・・天候が悪化!
寒さに耐え切れず移動!

風が避けられるポイントを選択し再度釣り開始!!
移動したポイントは流れが急なエリアしかし、実績のあるポイント!

柔らか目のロッドではラインが流されロッドが曲がるので、張りの強い過去の作ったマグナムクラフトのサクラマスSPをチョイス!
サクラマスSPはブリトリー酒田がミドルゲームの時にマダイゲームで使用する粘りのあるスローテーパーなロッド。
 
干潮のタイミングだったのでジャスの尺ヘットDタイプの3g+アジリンガー(オリカラ:ケルプグロー
※潮位が高くなると3gではボトムまで到達するのに時間が掛かり過ぎるのでスプリットを使用します。

syaku_dx_m_d5_1syaku_dx_d710_1

尺ヘッドはネットショップで販売しております。
追加サイズで出た重めの7g・10gも販売しております。

【ここからはネイティブ沖田イメージ(妄想)】

キャストして一度ボトム付近までフリーでジグヘッドを沈め、ラインテンションを掛けドリフト・・・・・・ラインを送ったり・巻いたりを繰り返しメバルの溜まるレンジを探る。

これを何度か繰り返し・・・・根掛りもしながらボトム付近を狙います。
すると「コツッ!」微かなバイトを瞬時にフッキングし根から一刻も早く離す。
海底付近は長めの海藻が多くラインが巻きつく可能性もあるので一気に離したいのですが・・・重い。
やたらヘッドシェイクをして暴れるのでこれはシーバスだと思い時間を掛けてランディングへと思ったのですがあがってきた魚は「メバル!」
しかも、見た感じはかなりデカイ!
こんな時にランディングネットを用意していないという誤算。
Hさんにお願いてランディングネットを車に取りに行ってもらいやっとの思いでキャッチ。

IMG_5021

なんだこの魚はと言わんばかりの体高。
釣れた感動に喜びながら、ふと我に返り「今ならまだ釣れるのでは?」と直ぐにメバルをバケツに入れ再度キャスト。
釣れたイメージを忘れる前に「再現」して更なるサイズUPを求めたのですが・・・・根掛りの連発。
考えてみれば流れが頻繁に変わるので釣れたイメージとでは差が出てくる事を痛感。

とりあえず同じ様にメバルにアプローチして行く事に、途中Hさんがトイレへ行ったタイミングで2回目のバイト!
集中を切らさず待ち構えていたのでためらい無くフッキング、そしてロッドに伝わる重量感で良いサイズと確信。

IMG_5023 

肝心な時に居ないHさん帰って来た頃には全てが終わってました。
そしてこのタイミングで早朝5時完全に睡眠不足です。

IMG_5025 

しかし良い魚に巡り合えたので「大満足」

IMG_5032 

Hさんが持っていたメジャーを借りサイズを測ると28cm・27cm。
こんな体高のメバルが居るのは潮流の早いとびしま特有です。
これからハイシーズンを迎えるプラッギングゲームも良いですが、ボトム付近の「尺」を狙ってみてください。
Hさんお疲れ様でしたまたタイミングが合えば行きましょう!

メバルプラグゲーム開幕!!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年02月07日(水)

こんにちはネイティブ沖田です。

行ってまりました2週間ぶりのとびしま釣行。
先週はメバルの渋さに心が折れ「オクトパッシング」に行ったものの撃沈しておりました。

さて、とびしま釣行ではボトム付近を狙うとリグの消費が早くどうにかコストを下げられないかと考えております。
最近、よく使用しているフックは、odz 「レンジクロスフック」
このフックの特徴は「微かなバイトをフッキングに持ち込むシャープな針先とオープンゲーブ」
アミを意識しているメバルは吸い込みが弱く、重すぎるジグヘッドではバイトがあっても掛からない事が多々あります。
オープンゲーブなのでメバルの口に入り混めば高い確率で奥の方でフッキングしております。
針に取り付けるシンカーは第一精工のガン玉4号・5号を主に使用。
重さにすると4号は「0.20g」5号は「0.17g」

IMG_4917

このフックにしてから根掛りした時でも、煽れば取れる事が多くなった気がしております。
しかし、シャープな針先なので曲がっている事があるので要注意です。

この軽さのフックを単体では投げられないので、使用するリグは「キャロ」「スプリット」の2択です。
コストを下げ・スピィーディーにセッティング出来るとなると「スプリット」になる訳です。
ここで磯研などのウェイトストッパーなどを付けるとコストが上がってしまうので、バスなどに良く使用されるウォーターグレムリンなどのスプリットショットを使います。

IMG_4994

使用するリーダーは1号~2号と太目しかし、シンカーをそのままリーダーに打つとリーダーが傷みラインブレイクになりかねないのでライン保護の為に「デコイ ショットロック」を使用します。

IMG_4918

この日も、スプリットでボトム付近を狙いましたがバイトにムラが・・・何故と模索していると!?

IMG_4942

時折、表層でライズするメバルの数が1・2・3・4・5・6・7・8・9・10匹!!増える!増える!
段々多くなっていくではありませんか、今日はボトムではないと早々にボトムに見切りを付けプラグゲーム開始!!
とりあえず鉄板ルアーの「リッジ35SS」を投入!!
1投目から当たる当たる。

IMG_4944

※メバルの鉄板ルアーもパゴスネットショップで販売しております。

rigge35_2018_1

サイズは小さいながら15cm~20cmがドンドン釣れます。
どのプラグが効率よくヒットに持ち込めるから検証する為に持っているプラグを取っ替え引っ替え!
ラッキークラフト「FCTトレート48」

IMG_4946

※パゴスネットショプでも販売しております

fct_bs48_1


アングラーズリパブリック「サブリーム」も投入!

IMG_4949

メバルがライズする中、時折違うライズが混じり始めシーバスが登場。
そんな中プラグを投げていると案の定シーバスがヒット!

IMG_4985

サブリームは通常リアのシングルフックですがフッキング率をUPさせるためセンターにトリプルフックを付けております。

IMG_4988

ガッチリフッキングしております。
この日は、大き目のプラグへの反応は悪く、リッジ35・サブリームなど小型のプラグへの反応が著しく良い感じがしました。

これから本格的にプラグへの反応が良くなる時期!
準備は万全ですか?

IMG_4990

カラーの違いだけで釣果に差が出ることがあるので、準備をされるなら今がチャンスです!

IMG_4992

しかも、今週は月に1度のメルマガ会員イベント「パゴスの日」が到来。
新品・中古商品が10%OFFで買えちゃいます!

pagosday

メルマガ会員登録がまだの方はお早めに!!