釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

ロッドメイキング 其の1
2006年09月27日(水)


バンダナです。

ロッドメイキングパーツが揃ったので組み合わせてみました。

先ずは「コアテープ」や「ハイブリッドアーバー」で各パーツの径と合わせる&位置の決定。



こんなカンジ・・・




後でロッドメイキングの達人「U氏」が一目見られて「ダメ出し」喰らいました・・・。
なので実際はちょっと変更してます。(写真取るの忘れてました)

それに対して各パーツの組み合わせ。



こんなカンジ・・・




後は接着するだけ。
先程(AM0:00)、接着作業が終了。

ねむねむなので今回はココまで・・・。

細かい説明は後日、【追記】にて♪




【追記】

達人に「ダメ出し」喰らったのはブランクスにコアテープを巻き過ぎたことでデス。
ワタシの作成してるのは「ショアジギ」・・・失敗したら「ボートキャスティングロッド」。
どちらにせよ「パワーフィッシング」対応なので「コアテープ」を巻くことでのグリップ構成だとすぐに「ヘタリ」が出るので「ダメ!!」って言われました。
「アーバー」ではブランクス径が大き過ぎてNG。でも、「コアテープ」だと巻き過ぎになる・・・。そんな時はカーボンパイプで嵩上げをするのがGOODです。
ワタシの場合も巻きすぎた「コアテープ」を一旦はがしてそこに合う「カーボンパイプ」を探して接着。それに対してグリップの取り付けを行いました。
・・・って文章では???ですね・・・詳しく知りたい方は「パゴス本店」まで♪現物を交えながらお教えいたします。

今回出てきた名詞「コアテープ」と「アーバー」ですが、また後日説明します。
大まかに言えばどちらも「嵩上げ」する用品です。それぞれ「長所」「短所」がありますのでその辺をご説明いたします。少々お待ちを・・・。(9/28 14:00追記)





「コアテープ」は「ガムテープ」みたいなカンジと思ってもらえれば分りやすいかと・・・。ただ、通常のガムテープは「重ね巻き」してもお互いがくっつくことがありませんが、コイツは「重ね巻き」が可能です。ブランクスの外径と取り付けるグリップやリールシートの内径に差がある場合にコイツを巻いて差を無くすのが目的のアイテムっス。利点は「微調整が容易」「作業がラク」ってコトですね。逆に弱点は「強度面に難アリ」ってコトですね。ワタシが今回の作業で「ダメ出し」喰らったのも巻き過ぎた事による強度低下の部分です。
「ブランクス外径」と「取り付けパーツ内径」の差があまり無い状況の微調整で使用するのがグーです。
・・・因みにテープとテープの間に隙間を開けてるのはソコに接着剤を入り込ませてより強固に固着させる為のモノです。
接着剤をつける際にはテープとブランクスの「段差」にもキチンと接着剤をつけようにするとテープがズレる事を防ぐことが出来ます。
・・・テープとテープの間を狭くして細かく巻いていくと強度が出ますが、「重たく」なります。重量にこだわる場合はご注意を!!
テープを巻く量は「多目」に巻く事。接着剤をつけてない状態でかなり力を入れないとパーツが入らない位がグーです。(実際には接着剤が「潤滑剤」代わりになって意外とスムーズに取り付けが可能です)
・・・「アーバー」についてですがまた次回・・・(9/29 10:00追記)







「アーバー」についてですがやる事は「コアテープ」と全く同じです。
違う点は「固形」なので徐々に巻いてサイズ調整・・・は出来ません。あらかじめ規格が決まってますので自分が使いたい部分の「径」を計ってそれに合う「アーバー」を探す事になります。
「固形」なので「テープ」と違ってズレたりヤセたりすることはありません。
・・・モチロン接着不良ならズレますが・・・。
従来は「カーボンアーバー」といって文字通り素材がカーボンのものが主流でしたが、現在は「ハイブリッドアーバー」といって「カーボンアーバー」の「1/3の重量」「カーボンアーバー以上の高感度」「高耐久性」「好作業性」を備えたモノが主流になりました。
「好作業性」ってのはヤスリで削って微調整がしやすくなったという意デス。
「コアテープ」ほど楽に調整は出来ませんが、ソレを補って余りある程の高機能アーバーです♪
「アーバー」にはこの他に「集積コルクアーバー」ってのもあります。やる事は一緒デス。

あ、あと「ブランク保護アーバー」といって特定のリールシート内部に取り付けが可能でリールの取り付けや取り外し時の衝撃からブランクスを守る・・・ってゆー機能を持った「特殊アーバー」もあります。

・・・やはり文章では???です・・・。
実物を見たら十分に理解ができる事と思います。
「パゴス本店」では常時陳列しておりますので、興味がある方は「見に来てください♪」
(9/30 23:56追記)


THE SECOND COMING OF 「シャクリの神様」
2006年09月26日(火)


バンダナです。

9月25日に予定されてた5回目の「それゆけアジ君」(ヒラメの泳がせ釣り)が見事に中止になりました・・・。
「ワタシのせい??」

んで、「ポイントの検証」と「青物に対するカービング(ワインドの事ね)の威力の検証」を兼ねて「三隅火力発電所の沖波止」へ・・・。

「秋らしい」天気になってから徐々にではあるが上昇傾向にある「ショアジギング」

AM5:00火電沖波止へ・・・
暗いうちは「サゴシ」「カマス」が釣れる確立が高いのですが・・・
「釣れん・・・」

明るくなってからは「カービング」をひたすら試してみました。
やっと「パゴス」にも入荷してきた「1ozのZZヘッド」
使い勝手は
「非常にGOOD」です♪
・・・でも色んな課題も・・・
詳しくは「追記」にて。

日が高くなるにつれて強くなる「風」
昼前には「爆風」に・・・
この時期はいつもこの状況に出くわします。
コイツのせいで「それゆけアジ君」が・・・

隣の餌釣り師の方はコンスタントに「真鯛」「グレ」を釣っておられる。
そのうち60センチクラスの「ヒラマサ」もゲット。

「獲物はこの辺にいる」のは確実。

・・・でも「オキアミ」についているのか・・・
・・・それともジグの選択ミスなのか・・・
・・・いや、アクションの問題か・・・

色々と考えながら試行錯誤。


そして足元に現れた「サヨリ」の群れ。
ワタシの使ってるジグはそのシルエットには全然合ってない。
そこでスリムなあまりアクションしないジグに変更。

そして・・・「シャクリの神様」降臨!!


↑結果です。「神様降臨」してもこの結果・・・(涙)

この他に明らかに「ヒラマサ」クラスと分るアタリがあったのですが(それも2回)、ファーストランで全てフックアウト・・・。それも追い合わせも出来ない内に・・・。

「・・・今日はこの位にしておいてやる・・・」

今回もZZヘッドでの釣果には恵まれなかったものの次回のポイント設定の参考には十分になりました♪

浜田・三隅での「ショアジグ・秋の陣」がスタートしました!!
皆さんも是非!!





【追記】

今回中止になった「それゆけアジ君」。午前中までの釣りだったら十分に楽しめそうですが・・・。この時期は昼前から「爆風」になるコトが多く、今回もそれを予測した結果釣行を見合わせました。・・・予想通り「爆風」でした・・・。

今回の釣行時間はAM5:00~PM12:00まででした。アタリが集中したのは「昼前」デス。

ZZヘッドの弱点は「風」です。メタルジグでも狙っていた「軌道」と予測していた「距離」が稼げない状況では更に軽く、沈下スピードの遅いこのタックルでは・・・。
OZタックルさん、「2ozのZZヘッドを是非!!」って・・・
ダメか・・・。
それと水深のある場所では水中内のアクションのイメージがつかみにくく、また今回はタックルバランスが良くなく手にマメが出来ちゃいました・・・。
あと、「メタルジグ」と同一視するのはNGです。・・・だって「ジグヘッド+ワーム」ですから・・・。
「飛距離が・・・」とか「フォールスピードが・・・」と思われる方は「メタルジグ」での釣りをオススメします♪
何にせよもう少し試行錯誤が必要っス。

「スリムなアクションの少ないジグ」としてワタシはダイワの「MMジグ60g」を選択しました。結果、全ての獲物をコレで獲ったので間違いは無かったですね♪「マッチザベイト」の重要性を再認識した瞬間です。

写真は釣り終了後に撮ってます。「シャクリの神様」降臨中は釣り以外の全ての行動が「無視」されます(笑)

「ショアジギング」では「抵抗の少ないジグ」とか「風に負けない重量」を気にされる方が非常に多いのですが、よ~~く考えたらそれらは「人間さんの都合」で「お魚さんの都合」ではないんですね。
市内河川のシーバスゲームでは「~パターン」という言葉がよく聞かれます。「お魚さんの都合」に合わせた釣り方ってヤツですね。
ジグをがむしゃらに投げるだけもOKなんですが、もう一歩前に進む為に・・・と思いながら今シーズンは色々な事試してます。・・・失敗だらけですが(笑)

ヒラマサクラスのお魚さんは明らかに「防波堤の足元から数メートル先まである基礎の部分」を意識した動きをしております。
思いっきり遠投して思いっきりシャクって疲れ果てた頃に「ドン!!」です。
今回は「追い合わせ」入れる前にファーストランでフックアウトしてしまいました・・・それも2匹・・・。

ワタシはアシストフックとテールフックを付けて釣りしてますが、実家(三次)の釣友に「テールフック付けとるけーバレるんよ」って言われたんですが意味が???です・・・。
アシストだけだったら「フックオン」すらしなかったのでは?と思うのですが・・・。
コレも検証が必要ですね。
アシストフックにフッキングした時のキャッチ率は非常に高いです。テールフックのみのフッキングはやはりバレやすいです。
でも、「アタリのみ」と「短い間でもフックオン」の2つの選択肢があるとすればワタシは間違いなく後者を選択しますが皆さんはいかがでしょうか?
・・・もしかして「テールフック」があるが為に「アシストフック」までフッキングが至らないのかも?
知ってる方教えてください・・・。

ゲットした3匹の「サゴシ」はウチのシャチョーに全て「献上」いたしました。
・・・今度、西京焼きってヤツを食わせてくださいね。シャチョー♪

・・・「追記」が長い・・・

 

ロッドメイキング序章
2006年09月24日(日)


バンダナです。

急に思い立って「ロッドを作ってみることにしました♪」

きっかけは「ゲーリー重森君」が最近作った1本のシーバスロッド。
「青物釣るん?」って言う位のハイパワーロッド。

コレで市内河川のストラクチャーにタイトに着いたランカーシーバスをパワーで引き剥がす作戦らしい。

そう言えば「市内河川」ではこういった「パワースタイル」のゲームをする方が多いッスね。
ワタシは市内河川でシーバスゲームをした事が無いのですがその「スタイル」には非常に共感がもてます♪

「ショアジギング」や「ライギョゲーム」に何気なく始めてドップリ浸かってるのも無意識の内に「パワースタイル」を好んでるからでしょう。
そしてその中に潜む「繊細な部分」も・・・。


・・・話がチョイ反れましたが・・・

メーカーでは作られてないようなスペックのロッドがどうしても欲しかったら「作る」しかありません。
「ショアジギング」に関する「ワタシが欲しいロッド」も今のトコロ殆どといっていい程ありません・・・
ワタシが今、「ショアジギ」で使ってるのはヘビーな「シーバスロッド」

でも、それが100%満足のいくものであるかといえば「そうではない」

「なら作る」

前々からそう思いながら中々行動に移せなかったのですが、「ゲーリー重森君」の「一振り」を見て一気に火がつきました。

パーツが揃うのは来週。

楽しみです♪




【追記】

ワタシの作ろうとしてるロッドは「青物」を「ワインド(カービング)」で「沖波止」から狙う「超ショートロッド」です。
非力な人でも「ショアジギ」が楽しめるように、また「沖波止」に限定したロッドを作ってみたらもっとゲームが楽しめるのでは?という「単純」な思いつきがベースになってます(笑)
・・・モチロン最初の「一振り」は失敗作になる可能性が高いのですが・・・。

「ゲーリー重森君」の作ったロッドにリアクションバイトした人がここ数日、数名おられます。
あるイミ、ワタシもリアクションバイトした形になってますね(笑)

ワタシが今「ショアジギ」に使ってる「シーバスロッド」って市内河川のパワーゲームにはどうなんでしょうか?ちょっと気になってマス・・・

・・・因みにワタシは「瀬戸内のシーバス」を一度も釣った事がありません・・・
元々、山陰エリアがメインな人間ですので・・・
そろそろ「市内河川シーバスゲーム」をやってみたい・・・と思ってはおりますが・・・。



アオリイカの干物
2006年09月23日(土)

バンダナです。

台風の日に釣ってきた「アオリイカ君」

サイズは小さかったものの
「どうしても喰いたくて」
持って帰りました。

ワタシは基本的に「生食」が好きでないっス。
バンダナ家自体が「生食」を敬遠してるのでそれをしっかり受け継いでるってカンジ。

「アオリイカ君」も例外なく・・・

今回も捌いて干して「スルメ状態」に加工。




・・・美味そう・・・









イカの干物は「生干し派」と「スルメ状態派」とに大きく分類することが可能。
ワタシの場合は「スルメ状態派」

「生干し派」の方は作る際に
「皮を絶対に剥がない!!」のと「状態を常にチェックする」のが上手に作る秘訣。
「皮を剥ぐ」と乾燥が一気に促進されマス。
一夜干しにすると良い具合に仕上がります。

逆に「カラカラになってるのが好き」って方(ワタシもその一人)は皮をキッチリと剥いで「天日にさらす」と後はほっといても勝手に「スルメ状態」になってマス。

どちらにせよ
「風通しの良い場所」で行うこと!!
あと、「ハエ」がどこからともなく寄ってくるので「魚干し網」は必須。
「天気」が良い日に作るのがGOODというのは「天日干し」でも「一夜干し」でも同じデス。

喰らい方は「炙って七味醤油マヨネーズつけてパクッ♪」がワタシのオススメ。
酒飲みは「アルコール類」をお忘れなく!!
酒飲めん人は「コーラ」でも用意しといてください。





さて、コレはなんでしょう?







↑はイカの「カラストンビ」
コレがまた美味い♪
捨てるトコロって「目玉」と「内臓」と「皮(スルメ派)」位っすね。・・・中には「内臓」も炊いて喰らう人も・・・。

誰でも簡単に出来るし保存も利くので是非お試しあれ♪






【追記】

アオリイカを捌くときは「塩水」で身を洗うようにして下さい。真水は良くないッス。
捌いたアオリイカは「塩水」に漬けるのですが、あまり塩辛くしないほうが良いですね。
「塩水」作った際にチョイと舐めてみて「微妙に塩辛い」位が丁度良いデス。
漬ける時間も10分もあれば上等です。
ササッと水気を切ってすぐに干しても十分に美味しく出来ますよ♪

「カラストンビ」の干物はワタシのイチオシです♪捨てないで干してみてください。

イカを開くときに「表と裏、どっちを開くか?」と悩む人がおられますが
どっちでも良いです♪
因みにワタシは「裏」に包丁を入れます。

頭と触腕の皮を剥ぐのは手間がかかりますのでそのまんま干してください。

・・・皮の部分って独特の「苦味(エグ味?)」があると思いません?
ワタシはあの味がチョイ苦手です・・・。

・・・ということはワタシの作る干物では「頭部分」が食されずに残ってる場合が多いです・・・。
欲しい方はご一報下さい(笑)



台風と島根半島
2006年09月20日(水)


バンダナです。

9月18日の「島根半島釣行」のお話です。

「こんな日に・・・」と皆に言われつつ行った「美保関方面」

「18日」
「台風が大きな爪あとを残して日本海に抜けた日」
「ワタシのいた日本海は」
「こんなカンジでした」











この辺は風裏
サイトフィッシングバリバリOK♪



因みに風表は・・・








波濁り&爆風で釣り自体が不可能。
・・・更にひどい場所もありました。
















波の高さ4メートル以上・・・更に高くなりつつある・・・

・・・さて、風裏での釣果なんですが・・・

省略させていただきます。
・・・だって小さかったんだもん・・・

この日のアベレージサイズは



こんなカンジ。
因みに「彼」は身長が2.5メートルあります。
なので持ってる「アオリ君」はBIGです♪
(モチロン嘘ですが・・・)








さすがに天気はコロコロ変化しておりましたが、夕方まで釣りを堪能することが出来ました。
一つ心残りといえば「時期が早過ぎたコト」

次回は10月半ば位っス。

あ、今回も立ってました。


「七類港」
「くにが」と「おき」はこの日はお休み中。





総走行距離は前回と同じく「500キロ」
オイル交換せにゃーいけんな・・・






【追記】

半分以上寝ながら作ったブログなんで内容が結構いい加減になってますがご了承下さい・・・

アオリは全部で20ハイ位、甲寸はMAX15cmってトコですね・・・
あと2~3週位経過したら良くなるかと・・・

台風が来ても釣りになる場所があることがよく分かりましたが、「良く釣れる」とか「釣り易い」とかのレベルではとてもありませんのでオススメは出来ませんね。
「釣り場」は安定していても「道中」がヤバイってコトもよくあるので・・・

釣ったアオリ君は半分以上、実家に「納品」して残りはワタシの部屋のベランダで「干物」になってます。
さて、いつ食べようか・・・♪

明日(といっても既に今日になってますが・・・)は岩国店にて「なんちゃって店長」をやっておりますのでヨロシクお願いいたします。
朝はちょっと早めに起きて門前川でも行ってみます♪
・・・起きれればですが・・・