釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

大アジ大ダイ登場のオフショア釣行!(マリホ店増田釣行記)
2019年11月02日(土)

マリホ店増田です!   
   
先日、山口県柳井市から出船する遊漁船 はやて」さんを利用させてもらい、ライトジギングとタイラバを楽しんできました!
75242306_2754022341349047_5613052253305831424_n   
   
メンバーは、社長・本部スタッフ矢頭さん・ぼくのパゴスメンバー3人。

午前6時前に出船場所に到着!

船長の内山さんと今日のプランを相談し、岩国沖でのサワラ・ブリゲームというプランもありましたが、
タチパターンでハマチ・デカアジ・サバ・マゴチなどいろいろ釣れているということでそちらに決定!


夜が明けきる前に出船して、まだ薄暗いうちにポイントに到着!

80g前後のロングジグを使用して、15cmくらいのタチウオの子を捕食しているいろいろなフィッシュイーターを狙っていきます!

スローなワンピッチジャークで誘うと開始早々連発!

フォール中に釣れてしまうくらいヤズがたくさんいますが、それに混ざってポツポツとハマチをキャッチ!

1つのジグにヤズが2匹掛かるという場面も2回ありました!
73094093_2754022268015721_7557311547941322752_n

矢頭さんはパゴス2019年のベストヒット商品、カーボンソリッドブランクの「ソルフィエスタ  ソリオ」をブチ曲げてファイト!(この日はスピニングモデルのMLパワーを使用していました。)
76907863_2754021371349144_477328543424970752_n

ハマチとのファイトシーンを動画で撮影しましたのでぜひご覧ください☆

   
社長は釣行前日にギックリ腰になりかけたそうですが、それを感じさせないくらい釣りまくります!
76638455_2754020861349195_1251935112258387968_n

矢頭さんはロッドを持ち替え、ボイルしたところにジャクソン ピンテールをキャストしてキャッチ!
75204526_2754021731349108_6332056312964186112_n


そんな中、矢頭さんがヤズとのファイト中に、ぼくのラインが絡んでしまうトラブルが発生。

矢頭さんがヤズを取り込んだと同時くらいに、何も動かしていないぼくの竿にも魚の反応が!

急いで糸絡みをほどいてリールを巻き、それほど引かないのでこれもヤズかなと思っていると、浮かんできたのはアジ!

しかもデカイ!!

内山船長にネットインしてもらうと、そこには見た事のないサイズのアジが!!

74599557_2754021661349115_1050051536014540800_n

計測の結果、尾鰭の先で60cmを超えてるかも!?というサイズでした!
75474124_2754020564682558_7280383382524002304_n

ハマチと比べても見劣りしないサイズ感です。笑
74602809_2754020961349185_5221052061373693952_n

今後見ることができないかもしれないサイズに船中は大盛り上がりでしたが、その後が続かず、シャクリ方を変えたり巻いたり止めたりしてみましたが、大アジはこれ1本のみでした。


釣ったハマチなどのお腹の中からは小さなタチウオが。
74887116_2754020234682591_8844543143819870208_n    
小魚を捕食している側のタチウオが、ここではアジなどのベイトになっているという自然界の弱肉強食を感じました…。


ヤズはそのあとも好調でしたが、満足するくらい釣れたのでタイラバポイントへ移動します。

矢頭さんはタイラバ、社長はジグでポツポツですがヒット!

ぼくはタイラバタックルがなかったので矢頭さんに借りて、何とかかわいいサイズをゲットしました!
75278274_2754021121349169_8465664820006354944_n


そして、タイラバから「デュエル ソルティーベイト」にルアーを替えていた矢頭さんにドラマが!

ツララ グリッサンド72を曲げてのビッグファイトの末に上がってきたのは80cmオーバーの真鯛!!
73064785_2754021551349126_5844963766982148096_n
73358318_2754020108015937_2774848816552083456_n

写真撮影後は、はやてさんならではの「津本式究極の血抜き」で処理され梱包、鮮度を保ったままクーラーへ!
76999027_2754021911349090_4583712157694164992_n

どこの船よりも釣った魚の扱いにこだわる、はやてさんの魚の処理工程を動画に収めましたのでぜひご覧ください!



その後は、港に戻りながら数か所でタイラバを楽しみ釣行終了となりました!


そして帰宅してから魚を捌いて、、、と普段ならなるのですが、はやてさんではレギュレーション内(はやてさんでは瀬戸内海の遊漁船では初となるレギュレーション制を設けています。)のキープした魚は全て(イサキなど数が釣れる魚は例外もあるようです。)内山船長により綺麗に処理・梱包されているのでその手間がいらず、持って帰った状態で冷蔵庫で熟成も可能です!

そうして熟成された魚は社長もやみつきになるほどの美味しさとのことです!!
   
ぼくも今から食べるのが楽しみです♪

はやてさんのホームページにも書かれていますが、「美味しい魚が食べたい!今後も釣りを継続的に楽しんでいきたい!」とお考えの方はぜひはやてさんを利用してみてください!

遊漁船はやてさんホームページ
http://hayate2011.sakura.ne.jp/

晩夏?初秋パターン?マイブームのバスフィッシング!(エース池内釣行記)
2019年10月16日(水)

こんにちは!エース池内です。

前回の釣行記に続き今回もマイブーム続行中のバス釣りネタです!

前回の釣行時は完全なサマーパターンでしたが季節は移り変わり朝晩はだいぶ涼しくなり秋の気配を感じる季節になってきました。
秋と言えば、巻き物!と言う事で気になっていたルアーで戦力補給!
(少し夏っぽい物も混じっていますがそこは気にしないで下さい!笑)

72341806_2300330236763384_7598745376618708992_n

というわけで先週行ってきました!

出発が遅くお昼過ぎに野池到着、先ずはクランクを巻いてみたものの反応なし・・・

そこで車に戻りながら「デプス:ブルフラット3.8インチ」の5gテキサスでカバーを撃っていくと釣れました!
可愛いサイズですが体高のあるナイスプロポーション♪

72161858_2300330366763371_2138207824310697984_n

同じ釣り方で少しサイズアップ!
ブルフラットのスパイラルフォールに好反応です♪

72536526_2300330326763375_3758205123982000128_n
カバー周りでの反応ばかりでまだまだ巻き物は厳しいかもと思い始めた頃、今にも雨が降り出しそうな分厚い雲が空を覆い一気にローライトに・・・

巻き物で釣れそう!

沖に張り出した岬に移動して「OSP:ブレードジグ3/8oz」をフルキャスト!
一旦ボトムを取ってリトリーブ開始!5m程巻いてきた所でガツン!とバイト!

まさかチャターに替えて一投目に釣れるとは思わなかったのでビックリ!

72438494_2300330463430028_8231749472158220288_n
その後もキャストしましたが雨が降り出したのでここでストップフィッシング。
一尾だけですが巻き物で釣れたので嬉しかったです♪




そして翌週。。。  
もちろんバスフィッシングです!(笑)

この日は朝からドピーカン、昼前でしがすでに気温は30℃でございます。
日によって寒暖差が激しいのもこの季節の特徴ですよね。

持って行くルアーも夏っぽい物から秋っぽい物まで幅広く用意しておきたいです。

まずは初めての野池で倒木周りに「ミブロ:デスサイズ4インチ」のバックスライドセッティングをキャストするとラインがスーっと走りキャッチ!

72198860_2300330120096729_1036070008716787712_n
いきなりの釣果に調子に乗って複雑な倒木周りを攻めすぎ買ったばかりの「ミブロ:チーター」をロスト (´;ω;`)

午後は前回チャターベイトで釣れた野池に移動してクランク、チャター、スピナベなど巻き物で攻めるもバスは無反応。。。

そこでヒシモとハスが混生したベジテーションエリアへ移動。
タックルをフロッグタックルに持ち替えテキサスリグを組んでなんちゃってパンチングで狙ってみる事に。

すると!早々にバイト!!

72101288_2300329753430099_1172698282816700416_n
オープンエリアで釣れるバスとは明らかに違う強烈な引き!
尾っぽまで太いマッチョ系のナイスバスでした!
ヒシモのかなり濃い所で喰ってきたのでPE4号直結のフロッグタックルじゃなかったら獲れてなかったかもしれません。


71918299_2300329920096749_6948094935497179136_n
その後も同じ攻め方で良いバイトがあったんですがフッキングですっぽ抜け・・・
ラスト一本だった貴重な廃盤品の「アイマ:マイティホッグ」も外れて無くなってたのでこれにてストップフィッシング。

この日はまだまだサマーパターンを色濃く感じる釣行でした、しかしここ数日はまた一段と涼しくなってきているのでそろそろ巻き物で爆釣するのではと妄想しております。(笑)

72596881_2308537852609289_5588235691751374848_n

ラスト一本をロストして意気消沈しかかっていた廃盤のマイティホッグですがネットサーフィンする事数分・・・
奇跡的に2袋のみ在庫しているショップを見つけたので即購入しました、しかも在庫処分特価で30%OFF!(笑)
これでしばらくはマイティホッグ不足にならずに済みます♪

ショア青物も良い季節になってきましたがたぶん次回もバス釣りだと思います!
バス釣りマイブームは続く・・・(笑)



インスタグラム

近郊の青物釣行!(ネイティブ沖田釣行記)
2019年10月15日(火)

ネイティブ沖田です。
 
  秋が深まり近郊の青物が盛んになってきております。
前回の朝練釣行では青物ではなくシーバスがヒット。
 
5E05C76F-B297-4582-BF3E-624C5527E2FD

シーバスが居るという事はベイトになりうる小魚が居るという事なので何度か通っておりました。
投げて巻くだけで釣れるジャクソン「ピンテール27」を持ってリトライ。

開始早々単発のボイルがありボイルした場所に投げるも不発。。。
その後ボイルがおきなくなり時合終了かと思いましたが、高速回転していたハンドルが急に止まりヒット!!
ランディングする物を持っていなかったのでそのままずり上げキャッチ。

IMG_0800
 
全長60cmのヤズでした。
何とか目標の青物をキャッチできました!

【ワンポイントアドバイス】
ピンテールに標準装着されているフックはオーナー針ST-46#6ですが大物が掛かっても逃さないためにはフック交換が必要です。
オススメはメロン屋:スプリットリング#4とオーナー針:STX-58#6です。

DSCN1024_thumb 

もちろんジャクソン ピンテールも在庫しております。

IMG_0805

これから近郊を大型の青物が回遊し始めます。
高確率でヒットさせバラシを少なくする工夫が釣果につながります!!
今後もあらゆるポイントに調査に行ってみます。
目指すは「鰤」!!後ヒラマサも行きますよ!!
こうご期待。

2019年 渓流最終釣行(マリホ店増田釣行記)
2019年09月28日(土)

今週末が今年のトラウト最終釣行という方が多そうですね。
ぼくは、一足早く25日と26日に今シーズンの渓流釣行の締め括りに鳥取県の川へ行ってきました。

まずは初日。
朝イチは本流を1ヶ所チェックしましたが何もなくすぐに移動します。
2週連続の3連休後でも魚が残っていそうなボサ川に入ります!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (5)

入渓早々にヤマメから反応があり良い感じです♪
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (1)
Lure:サンレアル バーディー N50S

使い慣れてきた『サンレアル バーディー N50S』にこの日も好反応でした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (2)

少し良いサイズのヤマメもヒット!
体色が白くて放流魚ぽいですが、鰭は綺麗な余り見ないタイプのヤマメでした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (4)

退渓することなく釣り上がっていると、気付けば2時間超えのロングコース。
パゴス マリホ店から着信がありましたが、山の中なので電波が悪く通話不可能です。
これだけ歩けばどこかに竿抜けがあるだろうと、ひたすら釣り上がります!
川の片側がコンクリートになった少し長いストレートになり、ひざ上くらいの水深ですがコンクリートの壁沿いに流れが走っています。
その流れに3度目のキャスト、少しレンジを入れて、ミノーが上ずらないように気を付けながらヒラ打ちさせると「ドスン!」
かなりの重量感!
見えた魚体は大きくて太い!!
デカいのに限ってバラすぼくですが、何とか無事にネットイン!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (6)
Lure:サンレアル バーディー N50S

これは尺いった!と思いましたが、何度測っても少し足らない!
でも、丸々していてコンディション抜群のヤマメでした!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (7)

そこから先はさすがに厳しく、移動もしましたが、ぽつぽつも釣れないレベル。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (8)

反応がほとんどない中で夕方まで釣りをして、宿泊施設のお風呂に向かい汗を流して、道の駅でコンビニ弁当を食べ、車中泊で翌日の最終日に備えます。


翌日は、まだ薄暗い中出発して、霧がかかっている中で釣り開始です!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (9)

モーニングチャンスを狙って堰堤などの大場所を数か所ランガンしましたが、釣れてくれたのは渓流レギュラーサイズでした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (10)
Lure:デュオ リュウキ 60S

9月頭に行って反応の悪かった川に新しい魚が上がってきてないかな、と少し期待して行ってみましたがイマイチ。
「ガツン!」というバイトに一瞬ドキッとしましたが、体高のあるレギュラーサイズでした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (12)
Lure:サンレアル バーディー N50S

そのあとに行った川は人も多く魚は無反応。
最後の望みを託して昨日泣き尺が釣れた川に行ってみましたが、釣れる訳がなく、今年のトラウト最終釣行を終えました。

帰り道は恒例のジェラート。
70198169_2686051111479504_8171377122628075520_n

帰ってからは、地ビールを飲みながら今シーズンの思い出に浸ってみたりしました。
71395936_2686050861479529_1288006489583124480_n

振り返ってみると、今年のトラウトシーズンは、ロッドを2本折ったり、車のタイヤがパンクしたりと、トラブルの多かった1年でしたが、体の方は大きな怪我なく終える事が出来ました。
有終の美は飾れたような飾れてないような、自分では納得できていない微妙な終わり方になってしまいましたが、やり切った感じはあります!
デカい魚のチェイスにも動じないように、経験を重ねてもっとメンタルを鍛えようと思います!

来シーズンはどんなトラウトと川に出会えるのか、今から楽しみです!

泣き尺岩魚と秋色山女魚(マリホ店増田釣行記)
2019年09月23日(月)

禁漁まで2週間を切った3連休後の17日と18日、鳥取県の渓流に行ってきました。
今回も車中泊での1人釣行です。


まずは初日。
この日は、レインウェアを着るほどではないですが、雨が降ったり止んだりの不安定な天気でした。
だいたいのプランは決めていたんですが、予定を変更して、朝は気になっていた支流の区間を釣ってみることにしました。
水はクリアで、水量も少なくなく良い感じです。
3連休後ということで、ハイプレッシャーを覚悟していましたが、小型の魚のチェイスがちらほらあります。
そんな感じで、バラしはあったものの釣れずにたどり着いた雰囲気のあるポイント。
落ち込み下は水深があり、かけ上がり付近に倒木が水中に入っていて攻め辛くなっています。
数投しましたが反応がなく、少し角度を変えてキャストした1投目にグンと重くなるバイト!
重さはありますが、引きはそれほど強くなくランディング成功!
この日のファーストフィッシュは、泣き尺のグッドサイズのイワナでした!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (2)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S     
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (5)

その先では、白点の中に淡いオレンジが混ざった綺麗なイワナが釣れたり。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (8)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S

本格的にイワナを狙おうとルアーを替えたら、なぜかヤマメが。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (9)
Lure:シンドラー ベンケイ

切りが良い所まで釣り上がって他の支流へ移動します。

ここは初めて入る川。
水が悪く、印象は良くないですが、とりあえず釣り上がってみることにします。
最初の良さそうなポイントからはウグイがヒット。一瞬ドキッとさせられました。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (10)
Lure:スプリーモ モフィー MS

カワムツも良く釣れます。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (18)

釣り上がっても相変わらず水が良くないしヤマメはいないかな、と思い始めた中で良さそうなポイントに到着。
余り期待せずに上流にキャストし、2回くらいアクションを入れたところで「ドスン!」
ヒット直後からトラウト特有のローリングで抵抗しますが、カワムツのような魚体のオレンジ色が遠目からでも目立ち、正体がわからないままネットイン!
すぐにネットの中を確認!
ヤマメだ!しかも顔付きがカッコいいし、色もすごい!!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (11)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (13)

サイズは9寸と尺には届きませんでしたが、婚姻色が出た良い雄ヤマメでした!!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (15)
Lure:サンレアル バーディー N50S    

リリース動画も撮影しました。


この1尾が出たことで、そこから上流に期待しながら釣り上がりますが、反応は少なく堰堤で少し良いサイズのヤマメが釣れたところで退渓します。(写真を撮ろうとしたら逃げられました。)
この日はここで終了。
先週も利用した宿泊施設のお風呂で汗を流し、道の駅に向かい、今回はコンビニの弁当とビールの夕食をとって、次の日に備えて車で就寝しました。


翌日は、期待していたコースをチェックしましたが、反応が少ないまま午後を迎えます。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (20)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

移動と遡行を繰り返し、ヒットしたのはカッコいい顔付きのアマゴ。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (21)
Lure:サンレアル バーディー N50S

少し錆びも出て、秋の準備が進んでいるようです。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (22)

この支流を退渓したところで16時くらい。
いつもなら帰宅する時間ですが、気になる川が残っていたのでもう少しがんばってみることに。

その川でのファーストヒットは綺麗なイワナ。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (24)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

このまま釣り上がろうとしたところ、低い橋の下に絶賛活動中のスズメバチの大きな巣が…。
とても下を通る勇気はなかったので、川を少し引き返して、その川に流れ込む支流を釣ってみる事にしました。
細い流れですが水量はあり、水色も綺麗で良い雰囲気です。
しばらく釣り上がり、少し深さのある落ち込み下にキャストし細かいヒラ打ちでアピールするとヒット!
カッコいい顔付きに、綺麗な色のパーマークと側線のピンク、鰭も綺麗な良いヤマメでした!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (26)
Lure:スプリーモ バイラ 50M

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (29)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (27)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (28)

この時点で18時前になっていたので、川から上がり終了となりました。


今年の渓流シーズンも残すところ1週間となりました。
有終の美を飾れるようにラストもがんばろうと思います。