釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

泣き尺岩魚と秋色山女魚(マリホ店増田釣行記)
2019年09月23日(月)

禁漁まで2週間を切った3連休後の17日と18日、鳥取県の渓流に行ってきました。
今回も車中泊での1人釣行です。


まずは初日。
この日は、レインウェアを着るほどではないですが、雨が降ったり止んだりの不安定な天気でした。
だいたいのプランは決めていたんですが、予定を変更して、朝は気になっていた支流の区間を釣ってみることにしました。
水はクリアで、水量も少なくなく良い感じです。
3連休後ということで、ハイプレッシャーを覚悟していましたが、小型の魚のチェイスがちらほらあります。
そんな感じで、バラしはあったものの釣れずにたどり着いた雰囲気のあるポイント。
落ち込み下は水深があり、かけ上がり付近に倒木が水中に入っていて攻め辛くなっています。
数投しましたが反応がなく、少し角度を変えてキャストした1投目にグンと重くなるバイト!
重さはありますが、引きはそれほど強くなくランディング成功!
この日のファーストフィッシュは、泣き尺のグッドサイズのイワナでした!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (2)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S     
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (5)

その先では、白点の中に淡いオレンジが混ざった綺麗なイワナが釣れたり。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (8)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S

本格的にイワナを狙おうとルアーを替えたら、なぜかヤマメが。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (9)
Lure:シンドラー ベンケイ

切りが良い所まで釣り上がって他の支流へ移動します。

ここは初めて入る川。
水が悪く、印象は良くないですが、とりあえず釣り上がってみることにします。
最初の良さそうなポイントからはウグイがヒット。一瞬ドキッとさせられました。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (10)
Lure:スプリーモ モフィー MS

カワムツも良く釣れます。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (18)

釣り上がっても相変わらず水が良くないしヤマメはいないかな、と思い始めた中で良さそうなポイントに到着。
余り期待せずに上流にキャストし、2回くらいアクションを入れたところで「ドスン!」
ヒット直後からトラウト特有のローリングで抵抗しますが、カワムツのような魚体のオレンジ色が遠目からでも目立ち、正体がわからないままネットイン!
すぐにネットの中を確認!
ヤマメだ!しかも顔付きがカッコいいし、色もすごい!!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (11)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (13)

サイズは9寸と尺には届きませんでしたが、婚姻色が出た良い雄ヤマメでした!!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (15)
Lure:サンレアル バーディー N50S    

リリース動画も撮影しました。


この1尾が出たことで、そこから上流に期待しながら釣り上がりますが、反応は少なく堰堤で少し良いサイズのヤマメが釣れたところで退渓します。(写真を撮ろうとしたら逃げられました。)
この日はここで終了。
先週も利用した宿泊施設のお風呂で汗を流し、道の駅に向かい、今回はコンビニの弁当とビールの夕食をとって、次の日に備えて車で就寝しました。


翌日は、期待していたコースをチェックしましたが、反応が少ないまま午後を迎えます。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (20)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

移動と遡行を繰り返し、ヒットしたのはカッコいい顔付きのアマゴ。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (21)
Lure:サンレアル バーディー N50S

少し錆びも出て、秋の準備が進んでいるようです。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (22)

この支流を退渓したところで16時くらい。
いつもなら帰宅する時間ですが、気になる川が残っていたのでもう少しがんばってみることに。

その川でのファーストヒットは綺麗なイワナ。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (24)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

このまま釣り上がろうとしたところ、低い橋の下に絶賛活動中のスズメバチの大きな巣が…。
とても下を通る勇気はなかったので、川を少し引き返して、その川に流れ込む支流を釣ってみる事にしました。
細い流れですが水量はあり、水色も綺麗で良い雰囲気です。
しばらく釣り上がり、少し深さのある落ち込み下にキャストし細かいヒラ打ちでアピールするとヒット!
カッコいい顔付きに、綺麗な色のパーマークと側線のピンク、鰭も綺麗な良いヤマメでした!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (26)
Lure:スプリーモ バイラ 50M

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (29)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (27)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (28)

この時点で18時前になっていたので、川から上がり終了となりました。


今年の渓流シーズンも残すところ1週間となりました。
有終の美を飾れるようにラストもがんばろうと思います。

岩国沖サワラ・ブリ祭り開幕!
2019年09月20日(金)

残暑も和らぎ秋の釣りシーズン突入です。が・・・

風の強い日が多く誰のせいかとイジられる風神小田です。

今月10日に柳井市から出船する「遊漁船はやて」にてSLJに行ってきました。
http://hayate2011.sakura.ne.jp/index.html

午前中は船長に無理を言ってSLJでイサキを狙ってみましたが不発。船長の言う事は聞きましょう(笑)
午後からはSLJを諦め急遽岩国沖へ行ってもらいました。

ベイトの群れは疎らでしたがサゴシ・サワラ・ヤズ・ブリと全員安打で楽しませてもらいました♪

次の週には矢野店のブリトリー酒田も乗船し美味しそうな鯛やサワラを釣ってました!!!

IMG_0705

オススメルアーはブリス:ナッツジグ+ブレードチューン、ブリーデン:メタルマル、メガバス:マキッパなどがよく釣れてました。
巻物に反応が悪くなった時にSLJや通常のジギングをしてみると意外とバイトがあり楽しめますよ!

ロッドは7フィート前後でティップの柔らかい物がバラシは少ないと思います。

リールは3000番以上でハンドル1回転で90cm以上巻ける物がベストです。遅いと見切られたりルアーを飲み込んでラインブレイクします!

IMG_0691

ベイトタックルに持ち替えてジギングでブリを釣ったUさん!!!

IMG_0709

見て下さいこの曲がり!!!
先月入荷したソリオ・オフショアライトゲームを購入して下さったKさんがロッドをぶち曲げ大物とファイト!!

IMG_0687

上がってきたのはぶりぶりに太った船中一番大きなブリ!!!

ソリオの一番柔らかいLクラスでも十分リフト出来ていました。

IMG_0712

そして社長はタカミテクノス:MOZLightZERO621のスピニング仕様をぶち曲げ余裕のファイト!

ティップからエンドまでフルソリッドでリールシートから下も曲げてファイト出来るお陰で、魚にずっとプレッシャーがかかり細いラインでもすんなりと上がってきました!!

パゴス各店、岩国沖サワラ・ブリ用品をどんどん仕入れ中なので是非ご来店下さい。

1泊2日 車中泊の鳥取秋ヤマメ釣り(マリホ店増田釣行記)
2019年09月14日(土)

9月に入り、鳥取県以外の中国地方の渓流は禁漁になってしまったので、毎年恒例の鳥取県へ秋ヤマメを求めての遠征がスタートしています。
8月末から雨が多く涼しかったので、一気に秋めいてくるのかと思いましたが9月になってからの残暑がすごいですね…。


先週も朝から暑かったので、ウェーダーを穿かずに、短パンにゲーターを着けてのウェットウェーディングでスタートします。
これまでに良いサイズのヤマメを見たことがある川を数か所釣ってみましたが、どこも釣れるのは小型ばかり。
中国地方  鳥取 トラウト (3)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

この日は手応えを得られないまま終了となりました。


そして今週。
1泊2日、車中泊の1人釣行です。

1日目、この日も暑かったのでウェットウェーディングでスタート。
先週行った川を外してチェックします。
支流を少し釣ってバラシ数回のみで移動し、次の支流に行くついでに本流も見てみようと車から降りようとしたところで腰が「ピキッ!」
脂汗が出るくらいの痛みで、楽しみにしていた1泊2日の車中泊の旅の強制終了が頭をよぎりましたが、しばらく車で休んでいると何とか歩けるようになりました…。
実は最近、渓流を遡行しているとヒザも痛くて、テーピングして釣りに行ってるんですが、まさか車から降りるくらいで腰を痛めるとは…。
体力の衰えが一気に来てる感じで、来月からの渓流オフシーズン中に少し鍛えておこうと思っています。

歩けるようになったところで再スタート。
爆弾を背負った腰にヒヤヒヤしながらチェックした本流は何も無しでした。
支流へ向かい、ようやくこの日の初キャッチ。
小さいのですぐにリリースしようと思ったけど、白くて綺麗だったのでパシャリ。
中国地方 鳥取 トラウト (2)

翌日も釣りができるという余裕から心にゆとりがあります。
写真を撮ろうとかがむと少し腰が痛いですが。笑   

午後に入り、何となく反応の良いルアーが分かってくると連発するようになり、釣れるサイズも上がってきました。
中国地方 鳥取 トラウト (4)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S

竿抜けになっていそうな小さなポイントや、キャストしづらいところには魚が残っているようでした。
中国地方 鳥取 トラウト (10)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S

17時くらいになり、切りがいいところまで来たのでこの日は終了。

釣り上がっている途中に降ってきた雨で体が冷えていたので、入浴だけでも利用できる宿泊施設に向かい、お風呂に入りながら痛めた腰をマッサージして温めます。
お風呂から上がったらちょうど夕食タイムだったので、以前から気になっていたお店へ。
車を数分走らせ、味のあるたたずまいのお店に入ると、おばあちゃんが1人で切り盛りするカウンターのみの小さな店内が、仕事終わりのサラリーマンさんで賑わっていました。   
席を立ってもらわないと通れないくらいでしたが、奥の方に座らせてもらい、サラリーマンさんに混じってぼくもビールを注文したいところでしたが、カツ丼単体を注文。
少し待つと漬物と一緒に少しこんがりさせすぎた感じのカツ丼が出てきました♪笑
70576466_2652316684852947_5792354703983509504_n

でも、見た目はともかく、美味しかったのであっという間に完食。
支払いを済ませ、店を出ようとしたところで店内のサラリーマンさんに捉まり、30分ほど釣りのことや広島のことをおしゃべり。   
こういうのも遠征のいい所ですね。

そこからは道の駅に向かい、コンビニで缶ビールを確保して車中泊の準備。
と言っても割といきなり車中泊を決めたので、気温も高そうだったし寝袋なども持ってきておらず、とりあえずシートを倒して寝る場所を確保するのみで終了。
床のクッション性ゼロで、痛めた腰に優しくない環境でしたが、我慢していたビールを流し込むといつの間にか眠っていました。

5時にセットしたスマホのアラームで目覚めると、まずは腰の痛みの確認。
不安でしたが、痛みは引いていて一安心。
念のためヒザに加えて腰にもテーピングをして、コンビニで買ったパンを食べながら川に向かいます。
69959248_2652316618186287_6367766363280244736_n

目的の支流に向かう前に本流を1か所チェックしましたが、雰囲気は良いものの反応がなかったので見切って移動します。
支流の駐車ポイントに到着し入渓。
ここは始めて入る川なのでワクワクしていると早々にバラシ。
とりあえず魚の反応があることに安心して釣り上がりますが、良さそうなポイントでヒットがなく、明らかにいるだろうと思うポイントでルアーをいろいろ換えてようやくヒット。
中国地方 鳥取 トラウト (13)
Lure:ザンマイ ソリスト 50MDⅡ S
   
どうやらこの川はアマゴも混生しているようです。
中国地方 鳥取 トラウト (15)
   
この魚はヤマメのようなアマゴのような微妙な感じ。綺麗な魚でしたが尻鰭付近に鳥の爪で付いたような傷がありました。
中国地方 鳥取 トラウト (16)
Lure:イトウクラフト 蝦夷 50S 1st TYPE-Ⅱ
    
そこからしばらく釣り上がったところで、少し良いサイズの魚がミノーを喰い上げてくるのが見えたんですがヒットならず。     
   
この日も昼間は真夏のように暑いですが、川を何本か変えながら釣りしていると、葉が少し色付いて秋が近付いている様子が目に入って来ます。
中国地方 鳥取 トラウト (18)

田んぼも一面が黄金色になり、収穫の時期を迎えています。
70251914_2652316901519592_6551913305139576832_n

小型の魚が多く、なかなか良いのは釣れませんが、昼になったのでコンビニ弁当でランチタイム。
予報通り雨がぽつぽつ降ってきたので、急いで食べ終えて川へ。
この川は、ここまでと違い明らかにルアーへの反応が良く、集中して釣り進めます。
落ち込み下が少し深くなっているポイントで、少しレンジを入れて、短く強くミノーを跳ね上げるようなアクションを数回入れたところで「ガツン!」
サイズは8寸ほどでしたが、鼻が少し落ち、鰭や魚体のコンディションも良い雄ヤマメ。中国地方 鳥取 トラウト (35)
Lure:スプリーモ バイラ 50M
   
このあともサイズは小さいもののしばらく魚の反応が良かったですが、入渓しやすそうな地点を過ぎると途端に魚が出てこなくなり、大場所まで来たところで川から上がります。
まだまだ釣りができる時間でしたが、さきほどの雄ヤマメで満足していたのと、雲行きが怪しくなっていましたし、何より1泊2日車中泊の旅の疲れが出ていたのでここで終了としました。
道の駅で地ビールを買って、途中で強い雨が降ってきましたが無事帰宅しました。


今回釣れた魚はまだまだ夏っぽい魚体でした。
来週から少し気温が下がるようですし、禁漁までに秋色に染まったヤマメに出会えるように、ヒザと腰を労わりながらがんばろうと思います。    

最近マイブームのバス釣り!(エース池内釣行記)
2019年09月02日(月)

こんにちは!エース池内です!

いやー!今年の夏は暑かった!(って毎年言っている気がしますが。笑)

今年の夏も例年と変わらず渓流に行ったり!

65078759_2095602173902859_877635176337768448_n

梅雨明けからはオクトパッシング!

69979166_2226377477491994_7533916556137332736_n

夏といえば昆虫採集も忘れちゃいけません!

69811725_2226377420825333_6091951109788663808_n

こんな感じで今年の夏も満喫させていただいております♪

そして最近は5年振りくらい!?にマイブームのバスフィッシングにも行っています!(笑)

先週は県北エリアの野池を巡ってきました!

ポイントに到着すると誰かが淡水イカの存在を確認しようとしたのか、野池なのに何故かエギが落ちていました・・・ (゚〇゚;)

69770034_2226256250837450_3579822797033046016_n

バスは強い日差しを嫌ってカバーやリリーパッドなどで出来たシェード部分に身を潜めているはず。

ルアーは元バサーの増田君が貸してくれた「O.S.P:スピンテールフロッグ」を使用。

始めて使いましたが小粒でも良く飛び首振りアクションも容易、オープンウォーターではただ巻きでブレードが回転して広範囲をスピーディーに誘えちゃう優等生的なフロッグです♪

ヒシモの上を通してみると早速派手にバイト!しかしフッキングすっぽ抜け・・・

気を取り直してキャスト、ヒシモの切れ間で首振りアクションで誘うとバイト!
しっかりロッドに重みが伝わってからフッキングしてゴリ巻きでランディング!

69449803_2226255917504150_8646079168997490688_n

フロッグ丸飲み!グッドコンディションの40UP!
久しぶりにブラックバスを触りました!(笑)

69767079_2226255950837480_2341796305002561536_n

次はカバー周りを攻めてみます。

「デプス:リバウンドスティック」のテキサスリグで探っていくとゴゴン!っとバイト!

オニューのタックルにも入魂出来ました♪
その後は同じ位のサイズをもう一匹キャッチ!

69903819_2226256100837465_5066732859931230208_n

昼食を挟んでポイント移動。

次の野池はやたらとカエルが多くそのカエルを狙ってなのかバスも岸際を意識しながら回遊している様子。。

そこで選んだのは「バークレイ:バタフライクロー」のバックスライドセッティング。
既に廃盤になっていますが、今江克隆プロが送り出したスイミング系クローワーム。
良く動くアーム部分がカエルの足の様に見えたので選んでみました!

カバーにキャストしてピンピン!と動かしてフォールさせるとラインが走ったので少し送ってフッキング!

今日イチの重量感のあるファイトを楽しみながらガッチリハンドランディング!

これまたグッドコンディション!ひっさしぶりの50UP!

69702915_2226255597504182_7334992349799383040_n

バタフライクローが丸飲みされてます!

69373245_2226255867504155_9081293036939378688_n

カエルを沢山食べているのか体高のあるマッチョ系でした♪

69622698_2226255487504193_5686099141520785408_n

その後は色んなポイントを見て回りストップフィッシング。
ここ数日で一気に涼しくなってきたのでそろそろバスはカバーを離れて巻き物に反応しだす頃だと思いますのでそちらも楽しみです♪

69618272_2226256287504113_300776190371692544_n

 
出るけどなかなかキャッチできてない「ティムコ:野良ネズミエンペラー」でも一匹釣りたい!!

マイブームのバスフィシングはもう少し続きそうです・・・(笑)




インスタグラム

albumform

秋の気配の渓流トラウト(マリホ店増田釣行記)
2019年08月29日(木)

マリホ店増田です!

鳥取県を除く渓流が、禁漁まで今日を含めて3日となってしまいました!

しかし、今週は雨が多く、なかなか釣行のタイミングが難しいですね…。

ぼくは週の頭が休みだったのですが、やっぱり雨予報…。

一応行くつもりで早朝に目覚ましをセットして、翌朝、目覚めてみると予報通りかなりの雨量…。

諦めて2度寝し、4時間ほど寝たところで起床すると、雨が弱くなっていて、もしかしてと釣行予定地の予報を見てみると釣りができるくらいの雨量に変わっている!

天気が不安定で変わり易そうだけど、行って釣りにならなければ仕方ない!と、急いで準備を済ませて出発です!



時間をスキップして・・・、

川に到着すると、予報通り雨は弱く問題なさそう。

昼前になっていたので、当初の予定を変更してポイントを選び直して釣り開始です!

川の水温が少し前に比べると冷たく感じられて、秋を意識した魚がいそうな雰囲気。

慎重に釣り上がります。

が、さすがに禁漁前の最終週ということで、いくつか良さそうなポイントを過ぎましたがチェイスもなし。

この先が不安になりながらも、ここまでで一番水深のあるポイントに到着。

左奥からの流れが右に向かい、左岸に当たったところが深く掘られていてそこに潜んでいそう。

ルアーをこの時期から出番の増える『ソウルズ バラッドRⅡ』に替え、その1投目、上流からミノーを底付近に流し込み、「パン! パン! パン!」とアクションとアクションの間を少し長めに取って強く誘うと「ドスン!!」

強めに締めたドラグを「ジ…ジ…」と出され、デカいと確信しながら脳裏にバラしがよぎりましたが、何とかネットイン!

尺上は間違いなさそうなヤマメ!

ところが、喜びに浸る間もなく呼吸のたびにエラから流れる血に目が止まる。

フロントフックは口横のカンヌキに掛かっていたけど、少し深く入ってしまったのかもしれない。

空気を含んだ泡を必死に口元に送りましたが、脱走を試みていた元気も次第になくなり、瞳孔が開き、体色も薄くなって、ついに動かなくなってしまった。

最悪だ…。

見た目からするとメスのヤマメ、空梅雨で渇水、酷暑という厳しい環境の中でここまで成長する優秀な個体、しかも産卵前のこの時期。

せっかく釣れてくれた尺ヤマメですが、嬉しさより罪悪感が勝るスタートになってしまいました…。

写真を撮らせてもらい、川に流すことも考えましたが、持ち帰っていただくことにしました。
中國地方 トラウト ソウルズ バラッドRⅡ ザウルス フリック (5)
Lure:ソウルズ バラッド RⅡ50mm



入渓点からそれほど進んでいなかったので一旦退渓して魚を車に置きに行き、すこし気持ちを引きずったまま再スタート。

すると間もなく、少し水深のある瀬から8寸ほどの綺麗なヤマメがヒット。
中國地方 トラウト ソウルズ バラッドRⅡ ザウルス フリック (10)

こちらもルアーは『ソウルズ バラッドRⅡ』。

強い水押しが秋の魚に効きます。



そこから少し進むと雰囲気のあるポイントに到着。

瀬頭から右岸を走る流れに乗せながらヒラを打たせていると、ものすごいスピードで黒い魚影が飛び出し、バラッドにヒット&アウェイして着き場に戻る!

次のキャストで同じコースを通しましたが反応なし。

ルアーを『ザウルス フリック50』に替え、少し違うコースを通すと水面付近のミノーに水飛沫をあげながらバイト!

まだやる気満々!

再び最初に通したコースをよりタイトにネチネチ誘うと、瀬尻の岩から出てきてヒット!

思ったよりサイズは大きくなく8尺くらいでしたが、秋を意識した良い色が出ていました!
中國地方 トラウト ソウルズ バラッドRⅡ ザウルス フリック (7)
中國地方 トラウト ソウルズ バラッドRⅡ ザウルス フリック (2)
Lure:ザウルス フリック 50


切りが良いところまで釣り上がり、車内で昼食を取りながら別の支流へ移動します。

この川でも1尾くらい良い魚が出てくれるかなと微かに期待を持っていましたが、この川では1尾も釣れず。

この時期、川とタイミングを外すと厳しいですね。
中國地方 トラウト ソウルズ バラッドRⅡ ザウルス フリック (9)



この釣行で一応一区切り。

9月からは鳥取への遠征が始まります!

今からどんな魚に出会えるか楽しみです!