釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

モフィー使ってみました&カマドウマパターンに遭遇!?(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年08月03日(木)

マリホ店増田です!

最近は暑すぎで、休日は涼を求めて渓流に行ってます♪

先週は、スプリーモから発売された新作ミノー「モフィー」が使いたくて芸北エリアの渓流へ行ってきました。

そして、到着して1投目、こんな感じかなと「チョンチョン、グリグリグリ」としたところでドン!
夏らしい太ったアマゴが釣れました♪
20294323_1502620199822607_6653192779433936577_n

そのあとも居そうなところからは反応アリ!
モフィーをがっぷり食ってきました!

20293168_1502619773155983_8817823896741204261_n 

このモフィー、同メーカーのバイラと比べると、横から見た感じはそっくりのフォルムですが、リップがワイドになり、横幅も太くなって浮力アップしてます。
その分、ただ巻きでのアクションがパワーアップ。
ロッドアクションに対するレスポンスも上がっており、このミノーに搭載されている「ダブルリップシステム」と「ベリーキッカー」と相まって、前滑りすることなく、規則正しく左右に軽やかにヒラ打ちしてくれます。
本当に使いやすくて、ほとんどこのミノーだけで釣りできてしまいます。

だからと言ってバイラの出番がなくなる訳ではなく、流れが速く水深があるようなポイントでは、バイラの沈下速度とレンジキープ力が効果を発揮してくれます!
この日1番のアマゴは、そんなポイントでバイラ50Hを使って釣れました。

20376093_1502619913155969_4432756806766138506_n

 

モフィーは1軍お気に入りミノーになりましたし、魚の反応も多く、初めてオオサンショウウオを見たりして(しかも2回!)、楽しい釣りになりました♪

20429877_1502619996489294_3690545229235597154_n

 

そして今週は、友達のMくん、最近よく一緒にトラウトに行っている弟1(末弟)に加えて、デジカメを買ったばかりでいろんなものを撮ってみたい弟2(長弟)も渓流トラウト初参加し、増田兄弟勢揃いで渓流に行ってきました!
せっかくなので弟2が撮ってくれた写真を使ってみます。
↓弟2です
20476629_1509611189123508_8461629648054690791_n

ただ、この日はなかなか魚が出てきてくれず辛い釣りに…。
20621290_1509611045790189_3754635386633847237_n 

 

それもそのはず、水温は約25℃。
ヤマメやアマゴの適水温が18℃くらいまでと言われてるので、ルアーを追う元気もない感じだったのかもしれません。
3人+たまにカメラマンの弟Ⅱも僕や弟1のロッドを借りてローテーションでキャストしますが良さそうなところもノーチェイス。

20621283_1509610765790217_2261526291506672811_n

20621007_1509610855790208_2011587025635158740_n

20597022_1509611015790192_8277449667793034642_n

ハードなヤブコギをしたところで今日イチの魚が反応してくれましたが、少しルアーに触れただけで、2回目のチェイスはありませんでした。
20526163_1509610572456903_3674053091370149956_n 

 

移動してみても、大場所でヒットしたのはナイスサイズのウグイでした。
水中で銀色に光ったのでやったー!と思ったんですが…。
20479856_1509611135790180_902445293224034548_n

いやー、それにしてもデジカメは綺麗で雰囲気がある写真が撮れますねー。
普段はすぐリリースしてしまう魚も、いいカメラで撮るとまた違った雰囲気があるような。
(フェイスブックにアップロードした写真をダウンロードして使っているので、少し画質が落ちているかもしれません。)
20604650_1509610649123562_4175651915710603591_n

20525913_1509610805790213_4805825995407534500_n

 

釣果はいまひとつでしたが、興味深いシーンに遭遇しました。
それはこの川のそばにいたキリギリス(?)。(苦手な方、すみません…)
20638072_1509611279123499_4808798965367220158_n

何の変哲も無いキリギリスですが、このあと自ら川へジャンプ!
すぐに「あ!これってもしかして寄生虫に操られてる!?」と気づいて、キリギリスを観察しようと思いましたが、流れに乗って下流へ下って行ってしまい確認はできず。
以前、寄生虫ハリガネムシに操られたカマドウマが同じような行動を取るという記事を見ていて、そこに僕たちトラウティストにとって面白いことが書いてあったんです。
それを実際に確認できるチャンスだったんですが…。
その内容というのは、かなり掻い摘んで書くと、「ハリガネムシに操られて川に飛び込んだカマドウマが渓流魚の餌になっており、渓流魚たちが摂取する年間の総エネルギーの6割をカマドウマから摂っている。」というもの。
そんなに食べてるならパターンとして成立するのでは!?と、この記事を知ったパゴストラウト部内ではかなりザワザワしていたんです。
なぜハリガネムシは虫を水に飛び込ませるのか?など詳しく知りたい方は下のURLをクリックしてみてください!
「第一回 カマドウマの心を操る寄生虫ハリガネムシの謎に迫る」
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141030/422341/

 

釣りは厳しい内容でしたが、カマドウマパターンの信憑性を実証するシーンにも出会えたり、デジカメの写真の綺麗さを目の当たりにしたりと、いろいろ収穫アリな釣行となりました。
来シーズンはマイカメラを買って、いろんな釣り場で写真を撮ってみたいと思います!

避暑の渓流釣り(エース池内釣行記)
2017年07月17日(月)

空梅雨でずっと雨に恵まれない中、雨が降ったと思ったらゲリラ的な豪雨。。
相手は自然、なかなか釣り人の思うようにはいかないものです。

14日、前日は島しょ部でタコ釣りを楽しんだのでこの日はゆっくりしておくつもりでしたが天気が良すぎてとにかく暑い!
昼を過ぎた頃にはエアコンに慣れている身体には少々堪えるほどの気温まで上昇。

もう限界、気が付けばタックルを車に詰め込んでご近所の渓流へとハンドルを切っていました。

マイナスイオン全開!
ポイントに付いてみると水量は丁度イイ感じ!

ささっとタックルを準備、もちろん涼みにきているのでウェットウェーディングスタイルで!
渓流の水がひんやりして気持ち良い!夏はこれに限ります。

20046586_1233004553495963_929384510684119755_n

まずはパイロットルアーにボウイを選択、飛行姿勢も良くキャストも決まりやすいので軽快に釣り上がっていきます。
すると直ぐにパーマークがくっきりと出た美形アマゴがヒット♪

最近マイブームの遠写で一枚パチリ!

20031730_1233004556829296_2133467312608352923_n

少し釣り上がった所で流芯からこれまた綺麗なアマゴが飛び出した!

19961093_1233004493495969_1419445075160756194_n

さらに釣り上がっていくと水深が浅く流れが強い区間に変わってきた。
ボウイでは底に干渉する事が多くなってきたのでルアーチェンジ。

レイチューンの新作「デュプレックス DP50RS」を結んだ。
バルサコアボディが特徴のこのミノー、ボウイより少し浅い潜行深度がここの条件にバッチリはまったのか交換直後から好反応!
ハイピッチアクションで動き出しも早く、複雑な流れに対してもコケずに扱い易い。

20106683_1233004426829309_6982413794692193728_n

早速レギュラーサイズがヒット♪
強い引きで思わずネットを出してみたがサイズはレギュラー。

20031969_1233005123495906_2592166726236951439_n

川幅は広くもないが極端に狭くもない、右側のボサが垂れている箇所に一発で入れば高確率で魚が出てくれる。
シングルフック仕様なので少々ボサに突っ込んでも大丈夫!

20139635_1233004503495968_2029888176282181800_n

ボサ際で流れがよれているスポットを発見。
手前に落ちてもボサに引っ掛けても駄目なので一呼吸おいてキャスト。
イイ所に決まった!パパッっと強めにトゥイッチを入れるとガンッ!と手応えが!

今日イチのアマゴ!
一見ヤマメの様に見えますがよーく見ると小さな朱点があります。
ヒットルアーは「デュプレックス DP50RS」のギャラクシートラウト
メリハリの利いた配色が自分好みなカラーです♪

20139649_1233004443495974_8091602722312662687_n 

最後は秋の魚の様な体色を纏った一尾で終了。

20046570_1233004483495970_5852609857725143858_n

夕涼みがてら2時間ほどの釣りでしたが渓流の綺麗な水と空気にしっかり癒された釣行でした♪

20108245_1233004446829307_1786384125909360925_n

早朝から出発しての一発大物狙いも魅力的ですが、日も長くなったので昼過ぎからのんびり出発しての夕涼み釣行もお勧めですよ♪


outdoor

渓流の夏!鍬形の夏!(エース池内釣行記)
2017年06月29日(木)

今年は雨が少なく梅雨らしくない日々が続いていますね。
河川の水はどこも少なく、釣り人目線ではまとまった雨が待ち遠しいです。 

昨日は昼前からゆっくりと何気に今年初の渓流へ行ってきました!

数年前は毎週の様に通った水系を記憶を辿りながら巡ってきました。

ここの川も例外なく渇水気味、しかし谷を流れる水は透明度が高く他の川より水温も低く気持ち良い♪

パイロットルアーに選んだのは「スプリーモ バイラ50M」
ロッドアクションに対するレスポンスが良く、レンジも深すぎないので渇水でも使い易い。

少し釣りあがった頃、岩の裏のヨレで元気良くヤマメが飛び出した!

接写が多いトラウトの写真ですがあえて遠写で撮ってみました。笑
小さいですがパーマークがくっきり出た綺麗なネイティブ系♪

IMG_2357

続いては深い淵を前に「バイラ50H」にチェンジ。
50Mに比べ1gのウエイトUPで潜行深度も少し深め、この50Hしっかりカウントダウンさせて引いてくると・・・

ココンッ!と可愛いサイズのゴギがヒット!
こちらも遠写でパチリ!

IMG_2359

そのまま遡上していくと行く手を阻むコンクリートの壁出現!
その下のプールには魚が溜まっている雰囲気ありあり!

IMG_2369

早速バイラ50Hを落ち込みにキャスト!
リトリーブ開始と同時にひったくる様な強いバイトがありましたがいきなり過ぎてフッキング出来ず。。

気を取り直し、コースを変えてキャスト!
底が見えない程の深いプール、しっかりカウントダウンさせてじっくり魚にアピール。

するとゴゴンッ!と何かがヒット!
ヤマメのすばしこい動きとは違うロッドから伝わるグネングネンとした動き、ちょっと大きなゴギをキャッチ♪
うっすら紫がかった色と虫食い模様が綺麗なゴギでした!

IMG_2373

夢中で釣りあがって気づけば日没、ちょうど堰堤も出現したのでここでストップフィッシング。
車へ戻る途中に咲いていた紫陽花がゴギに負けず劣らずの紫色で綺麗でした。

IMG_2380

このまま帰らず夏の楽しみこれから!
日が暮れてからは夜のクワガタ採りへ突入!

ミノーケースの中身をひっくり返してクワガタに入れ替え!笑
ミヤマ、ノコギリ、ヒラタ、コクワとクワガタコレクションの完成!山の幸を沢山捕獲しました♪

IMG_2392

しっかりと山に遊ばせてもらった一日でした!
これから夏本番!広葉樹林を探しながらの釣りが増えそうです!笑

アウトドア用品買取

渓流トラウト行(きまく)ってます!(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年06月24日(土)

マリホ店増田です。

約3週間分の釣行記なので写真が多めですが、よかったら見てやってください。


例年だと、この時期はアフター回復のバスフィッシングを楽しんでいるんですが、
今年は弟がトラウトを始めたということもあり、休みが合えば渓流に繰り出しています。

友達のMくんとも休みが合えば、3人で山陰の川へも行ってみたり。

渓流 トラウト 中国地方 (11)

二人ともだいぶ慣れてきたようで、なかなか良いヤマメをキャッチしていました。

渓流 トラウト 中国地方 (6)

渓流 トラウト 中国地方 (9)

渓流 トラウト 中国地方 (5)

渓流 トラウト 中国地方 (7)


誰とも休みが合わない日は一人で行ってみたりもしました。

ちょっと無理して、朝露でびっしょりになりながらヤブこぎして不発だったり…。
渓流 トラウト 中国地方 (12)

ウェーダーが浸水してきていたので、今期初のウェットウェーディング。
わかってはいましたが、まだ水が冷たく、ひざが痺れるくらい寒かったです…。
渓流 トラウト 中国地方 (10)

新製品のメガバスのミノーで良い魚を釣ったんですが、撮影前に逃走されたり…。
なかなか見ないフローティングのフラットサイドミノー。
正直、使い勝手が良いとは言えないんですが、使いこなせば武器になってくれそうです。
渓流 トラウト 中国地方 (13)

なかなか辛かったですが、次につながりそうな収穫もあった釣行でした。
渓流 トラウト 中国地方 (14)


そして、本店店長ゲーリー重森さんとも釣行。

まずは1発大物狙いで本流から入りました。
ここ、ものすごく釣れそうだったんですが不発でした。
渓流 トラウト 中国地方 (18)

厳しいかなと思った矢先、次のポイントで重森さんが「ドンッ!」
余裕の尺ヤマメ!
さすがです!!
ゲーリー重森 尺ヤマメ

そのあとは、渓に入って癒されモードに。
ヤマメに混じってオレンジベリーのゴギがよく反応してくれました。
渓流 トラウト 中国地方 (16)

渓流 トラウト 中国地方 (20)

渓流 トラウト 中国地方 (19)

渓流 トラウト 中国地方 (21)


そして、今週はアマゴの川へ。
渓流 トラウト 中国地方 (28)

と思ったらヤマメが釣れたり。
19401863_1460439907373970_5857317432301122235_o

あまり反応がよくないので川を替え、細いボサ川へ行ってみました。
渓流 トラウト 中国地方 (2)

するとこの川が反応良好でした♪

渓流 トラウト 中国地方 (1)

弟もアンリパのアレキサンドラでヒット!
渓流 トラウト 中国地方 (4)

弟は、初めてのシチュエーションに戸惑っていましたが、徐々に慣れてきたところでボサ際から横っ飛びで「ドンッ!」
ファイト中から見えていた太さから尺超えたかもと思いましたが、数cm届かず。
それでもかなり良いアマゴ!!
どぎつい朱点もこれくらいの魚が纏うと風格があります!
渓流 トラウト 中国地方 (25)

そのあとは、負けじと僕も数尾追加!
渓流 トラウト 中国地方 (24)

ボサ川では、シングルフックが標準装備されていて、バシバシトゥイッチしても飛び出さないアレキサンドラが大活躍でした♪
渓流 トラウト 中国地方 (23)

例年にないくらい渓流に通っている今期。
来週も弟と釣行予定です。笑
週末の雨で活性が上がってくれそうで、今から楽しみです♪

錦川初体験(スマイリー湯池釣行記)
2017年06月12日(月)

スマイリー湯池です。

昨年から始めたサツキマスですが、渇水の影響もあり今年は私に釣れるサツキマスは居ないのだと諦めかけてたのですが、エース池内やアルバイト増田君が錦川でサツキマスを釣ってるのを見て行ってみたくなり、錦川を良く知る風神小田が一緒の休みだったので案内してもらいました。

 

最初に入ったポイントでアタリがありすぐに次を投げたくてドキドキしている所に漁協の監視員の方が来られて少し話しをしました。

アマゴの放流数も多く漁協もしっかり管理してるので遡上するサツキマスも多いのだと感じました。

アタリのあった下流の淵でルアーの後ろをついてくるサツキマスが見えたのでルアーを変えて流し直すと釣れてくれました!

35cmぐらいの小さなメスでしたが、初めての錦川でのサツキマスはむちゃくちゃ嬉しかったです。

 

その後、いろんなポイントをランガンしてもう1匹37cmを追加!

 

もちろん私はいつもの長靴スタイルです!

1497250392875

サツキマスの為に長靴を新調したのですが、投げたいポイントへ行くためにもヒップウェーダーを買おうかと悩んでます。

40半ばのおじさん二人が移動以外はろくに休憩もせずに11時間もよく遊んだもんです。

地元のトラウティストの方ともお話出来てとても良い体験が出来ました。

 

水もキレイでロケーションも良く魚も多いので癖になりそうです。

 

次はいつ行こうかな?

 

最後に、河川で釣りを楽しむ際に最低限のマナーとルールを少し。

・河川でトラウトを狙う場合は遊漁券が必要になります、1日券、年券があるので必ず購入して下さい。
・渓流とは違い本流は基本的には釣り下りです、先行者や上流に釣り人が居た場合は必ず挨拶をしてから釣り場に入りましょう。
・地域住民の方の迷惑になる様な行為、駐車場所・騒音などには最大限の注意をお願いします。
・河川敷に捨てられたゴミも目立ちます、ゴミのポイ捨てなどは絶対にしないようにしましょう。
川、海釣り問わず基本的なマナーばかりです、しっかり守って楽しく釣りが出来れば良いですね!

 

 

tenpo2