釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

ゴギを求めて上流へ(マリホ店増田釣行記)
2019年07月04日(木)

天気が不安定で予報がころころ変わりますが、自分の休み前にうまい具合に雨が上がり、今週も渓流へ行ってきました。

先週末から週明けに降った雨での増水に期待していたのですが、川に着いてみると既に平水まで戻っていました。

一応少し竿を出してみましたが、意外と反応があったものの、狙っていた大物には出会えず。
P7035077
P7035107
Lure:シンドラー ウシワカ


そこから行ってみたいと思っていた支流の上流部を目指しつつ、途中に見えた川で少し投げてみましたが反応はいまひとつ。

少しタイムロスして、目的の川に向かいます。

川沿いの道を走っている間も途中の流れが気になりますが、一気に上流へ。

道幅が広くなったところに駐車して、ワクワクしながら入渓すると、クモの巣がすごいこと!
P7035157

渓流にいるクモの作る糸がとても強力で、ラインに絡んでしまうと指でつまんで引っ張ったくらいでは切れません…。

キャストのたびにラインに絡まり、キャスト時のガイドの抜けが悪くなり、かなりのストレスです…。

ただ、クモの巣があるということは人が入っていないということで、魚からの反応は良好!

綺麗なアマゴが元気よくルアーにアタックしてきます♪
P7035131
Lure:シンドラー ウシワカ

さらに上流に向けて釣り上がるとクモの巣が減り、渓相も変わってきました。
P7035167

同時に魚からの反応も少なくなったのですが、落ち込み下の水深のあるポイントで粘ってみるとヒット!

イワナの仲間で、中国山地の最上流部に住み、広島県の天然記念物に指定されているゴギでした!
P7035197
Lure:スプリーモ バイラ 50H

ゴギの特徴である頭の先まで入った虫食い模様。
P7035244

タイムリミットが迫ってきていましたが、ヤマアジサイが群生している辺りから魚からの反応が良くなります。
P7035291

遡行のペースを上げながらキャストしていると、グンと重くなり、トラウト特有のローリングも見せず、ぬ~っと寄ってきたのはこの日最大のゴギでした。
P7035355
Lure:シンドラー ウシワカ

P7035371

この魚を最後に退渓。

ゴギと久しぶりに出会えて、楽しい釣りになりました。

この川、まだ少し先があるので、今度はそこから釣り上がって、またゴギに癒されてこよう思います。

渇水の渓に恵みの雨。(エース池内釣行記)
2019年06月25日(火)

先週末、久しぶりのまとまった雨。

渇水続きの渓流にも恵みの雨となった。
降雨の翌々日、本流も少し気になったが昼過ぎからのスロースタートの為、渓流で癒される事に。

マイナスイオン全開!!

64295596_2095393743923702_4796913170331467776_n

この時期は新緑の中での釣りが気持ち良い、まだ虻や蚊なども居らず快適ですが蜹や目纏は居る・・・
気になる方はハッカ系の虫除けスプレーがオススメです、帽子のツバや襟元に吹掛けておけば効果的。

僕は好日山荘などアウトドアショップで購入出来る「パーフェクトポーション アウトドアボディスプレーエクストラ」を使っています。
特に50mlボトルはコンパクトでベストのポケットにもすっぽり入るので便利です♪
1

思ったより雨の影響は残っていて水の押しがまだまだ強い。
流芯脇の緩みを狙ってミノーを通していくと一投目から好反応!

くっきりパーマークのアマゴがヒット!

64521558_2095392913923785_2657478707655999488_n

良い所にスパッと入ればワンアクションで喰ってくる!
マイブームの遠写でパチリ!これは良いアマゴ。

ルアーはイトウクラフト ボウイ50
アクションはもちろん最高なのですがキャスタビリティーの高さが好きで多用しています。
飛行姿勢が安定していて狙ったスポットに打ち込み易いです。

65272506_2095391897257220_4286253992767389696_n

20cm半ばのがポンポン釣れるので楽しい!
餌も沢山流れてくるのかどの魚もコンディション抜群!

64460343_2095393033923773_8754423459955605504_n

良いスポットだけを打ちながらハイペースで遡上していく。
途中からパタッとアマゴが釣れなくなりゴギエリアへ突入。

ベリーフックにがっつりバイト!久しぶりの雨でゴギも高活性!

62339123_2095393510590392_8697665368354717696_n

中国山地の上流部に生息するゴギ。
イワナ属の特徴である虫食い模様が頭部までしっかり入るのが特徴。

64410330_2095393450590398_1050862979890806784_n

同じ川なのに一尾一尾模様が違うのが面白い。
この魚は紫が強めで虫食い模様も大きめ。

64594490_2095393287257081_4954538577468850176_n

だいぶ釣り上がり高巻きしないとクリアできない淵に到達。
手前にある大岩に身を隠しつつ出来るだけ距離を詰めてロングキャスト。

深みをキラッキラと身を翻しながら泳ぐボウイに黒い影が喰い上げてきてバイト!
グリングリンとゴギ独特のファイトから今日イチの重量感で上がってきたのはジャスト尺のゴギ。

64427840_2095393117257098_9161513847683547136_n

ランディングと同時にほぼ消化されたカエルを吐き出しました!
これまでの目がクリンとした可愛い系の顔つきではなく無く格好良い面構え。

64831801_2095392200590523_2101780789334114304_n

この魚がラストフィッシュ、次回はこの淵から上をチェックしてみよう!
この時期は日が長くなりつい遅くまでやっちゃいますが山の夕方は短いので退渓の時間も考慮しておかないといけません。
帰りに話をした地元のおじいちゃん曰く今年は畑や河原で良く熊の足跡を見るそう、深い所まで入る方は熊対策もしっかりとしておいた方が良さそうです。

最後にお勧めのミノーケースをご紹介!

C&Fデザイン ウォータプルーフマグネティックミノーケース
60mmまでのミノーを12本収納可能、底部に内蔵された超強力なネオジム磁石でしっかりフックをホールドしてルアーをすっきり美しく収納出来ます♪
マリホ店に再入荷予定ですので気になる方は手に取ってみて下さい、ルアー同士フックも絡まらず便利ですよ♪

64503847_2095391820590561_8050711828923154432_n

TACKLE DATA
rod:EXPERT CUSTOM EXC510ULX/ito.crarft
reel:SAHARA C2000HGS/shimano
line:GALIS ULTRA WX8 GesoX #0.6/ygk
leader:TROUT SHOCKLEADER Ti-F 10LB/varivas
lure:BOWIE50/ito.crarft  etc.

初夏のトラウト満喫してます♪(マリホ店増田釣行記)
2019年06月24日(月)

マリホ店増田です   
   
だいぶ釣行記をサボってますが、毎週釣りに行ってます。

1カ月分の釣行を思い出しながら書いていきます。


まずは、5月末の釣行から。

この日は昼までの短時間釣行でした。

時間がないので、1つの支流をタイムリミットまで釣り上がっていくプランでスタート。

あまり魚の姿がありませんでしたが、川の横に緑が濃い広葉樹が見えるようになってからヒットが増えました。
61574294_2454293341321950_8017150653824499712_n

この日は、ヒラ打ち系のミノーよりリトリーブでしっり泳いでくれるタイプに反応が良かったです。
61201671_2454292421322042_5916909511481753600_n
Lure:シンドラー ウシワカ

そのあともプリプリと心地良い振動が伝わってくるウシワカをキャストし続けていると、この日1番の魚がヒット!
お腹までたくさんの斑紋がある個性的なアマゴでした。
61149469_2454292254655392_8879723929611010048_n

元々この川にいるアマゴがどんな特徴の模様を持っているのかわかりませんが、もしかしたら原種に近い個体なのかも、と特別なものを感じる1匹でした。
61618572_2454293224655295_6513566372537040896_n

そのあともテンポよくヒットがあったんですが、タイムリミットが迫っていたのでいつ上がろうか考えていたところ、ヌルヌルの石に足を取られて転倒!

どこかにロッドを当てたのかグリップの上からポロリ…。
64845230_2501161633301787_8489939399637729280_n

今年は、サツキマス用のロッドも折ってるし、他にも何か起こりそうで怖いです…。


間に山陰でのSLJ&ケンサキイカ釣行を挟んで(そのときの釣行記はこちらからどうぞ⇒https://pagos.jp/?p=154422)、6月最初のトラウトは県外へ行ってきました。

今年発売された新しいミノーを使ってみようと、入渓してすぐのポイントにキャストしてみるとヒット!
62196798_2478305168920767_4286920941058916352_n
Lure:ティムコ イメル 50S

タイミングよく魚が残っている区間に入れたのか、そのあともヒットが続きます。

大きくはないですが、ひょうたんのような形をした特徴的なパーマークの個人的にこの日1番のヤマメも釣れてくれました。
62446079_2478303032254314_2790837055649742848_n

Lure:レイチューン デュプレックス RXDP50MDS

バラしも多く、この日の最大魚はフックに鱗を残して去っていきました…。
62335224_2478303875587563_8248958710328590336_n

気を落としているところでしたがヒットが続いてくれて、写真を撮ろうとしたところ魚を置ける場所がなく、シンドラーさんのライブバッグに入れて撮影場所を探しながら釣り上がっていると2尾目がヒット!

ランディングネットに2匹以上並べるやつ、ちょっとやってみたかったので嬉しかったです。笑
62356741_2478304355587515_1157851766285402112_n

別の支流では、口からカエルの足がはみ出した食いしん坊なヤマメが!
これからすくすく育って大きくなってくれそうです。
62531588_2478302835587667_3423104448333873152_n
Lure:スプリーモ バイラ 50M

夕マヅメにはプチラッシュも♪
63596394_2478303165587634_9207360450314895360_n

朝から夕方までしっかり遊んで帰宅しました。


先週は、釣行数日前にまとまった雨があったので、サツキマスに少し期待して太田川へ行ってみました。

水位は平水に戻っていたものの、雰囲気は悪くないのにチェイスすらありません…。

少しずつ上流へランガンしたところでようやくヒット!
パーマークがはっきりした綺麗なアマゴでした。
64551272_2495110110573606_2344433865893871616_n
Lure:デュオ リュウキ 60S

この日の当たりルアーを発見してからは、明らかに反応が増えました。
64726725_2495109903906960_8721262915111354368_n
Lure:イトウクラフト 山夷 68S TYPE-Ⅱ

この日釣れたのは、パーマークがはっきり残ったアマゴばかりでした。
64817200_2495110333906917_2745077821243129856_n

サツキマスももちろん釣りたいですが、パーマークが残った太田川の尺上アマゴも釣ってみたいです!

この日は昼過ぎくらいに上がり、翌日の県外渓流釣行のために体力温存です。


前日は早めに寝て、早朝から出発です。

まずは大物狙いで、本流との合流点から少し上がったところにある魚が止まりそうなポイントからスタート。

慎重に釣り上がり、流れの頭にアップクロスでキャストするとギラン!とバイトしたんですがバラし…。

ここ最近、ほんとによくバラします…。しかも良い型に限って…。

少し釣り上がり、次の大物が潜んでいそうなポイントでヒットしたのはなかなか重量感のある魚!

しかし、ランディングしてみるとウグイ。笑
64626201_2495103023907648_8061649809250975744_n

このあと反応がなくなったので、少しずつ上流へ向けて移動しつつチェックしていきます。

何か所目かの移動で降りてすぐのポイントでヒット!

8寸くらいとなかなか良型で、ここから釣り上がることにします。
64806534_2495191370565480_7088517327871803392_n
Lure:イトウクラフト 蝦夷 50S 1st

魚からの反応は良好で、水色も良く、渓相も良い感じです。
64834532_2495103640574253_7354613005948026880_n

64846196_2495103907240893_4840582288968253440_n

この日は、リトリーブでもトゥイッチでも良く動いてくれるスプリーモ/モフィーが活躍してくれました。
65052376_2495192283898722_8322810406695337984_n
Lure:スプリーモ モフィー 50SS

そして明らかに魚が居そうなポイントに到着。

好調だったモフィーを数投しますが反応なし。

絶対いると思うけど、とルアーをミドルレンジタイプ替えると1発でした。
誰かに釣られたことがあるのか、口が変形していましたが、リーダーを頭にぐるぐる巻きにする力強いファイトで楽しませてくれました!
64638304_2495189680565649_2592978443582832640_n
Lure:スプリーモ モフィー 50MS

64877164_2495190030565614_7234217539268509696_n
少しの差だと思うんですが、レンジってやっぱり大事ですね。

そのあとは釣れない区間があったり、高い堰堤があって戻らないといけなかったりで、新規開拓ならではの苦労もありました。
64978046_2495191730565444_856035193100697600_n

最後は、夕マヅメのバイトラッシュ(バラしもラッシュでした…)。
64764629_2495105800574037_964981093012865024_n
Lure:シンドラー ウシワカ

まだ先がありましたが、楽しみは残しておくことにして帰宅しました。


気付けば早いもので6月が終わってしまいます。

鳥取県を除く中国地方でネイティブトラウトを楽しめるのは7月と8月の2か月。

あっという間に過ぎてしまうトラウトシーズンを目一杯楽しもうと思います。

中古買取

アウトドア用品買取 (2)

サツキマス苦戦中!!(マリホ店増田釣行記)
2019年05月17日(金)

マリホ店増田です!

4月の中頃を過ぎた辺りから、トラウティストが気にし始めるのがサツキマスの遡上。

ぼくも毎週太田川に通っていますが、難敵サツキマスが相手ということで苦戦中です。

定番ポイントの高瀬堰周辺は混雑しがちなので、他のポイントに入ってみますがチェイスもありません…。

釣れそうな感じなんですけどね~。
59183194_2402639966487288_4848927977360064512_n

58718007_2402641463153805_8787149087821529088_n

そんな訳で、昼前には心が砕けて渓流へエスケープ。

綺麗なアマゴに癒してもらっています。
58443910_2402641626487122_3271044575782764544_n

59273908_2402638326487452_6722863685104041984_n
LURE:イトウクラフト ボウイ 42S
   
新緑の時期になり景色も最高です♪
58812198_2402640966487188_329914829055721472_n

遡行中に山の幸を見つけて捕獲!

この時期は、山菜を見つけるために脇見運転しがちなので注意が必要です。笑
59079073_2402641036487181_9167691638447800320_n



ゴールデンウィーク前のサツキマス釣行では、アクシデント発生!!

キャスト時にルアーをロッドに当ててしまいポキリ…。
58633299_2402638543154097_4491378340879400960_n

ゴールデンウィークに入るとメーカーさんも休みに入るので、急いでNEWロッドを注文しましたが、メーカーさんと問屋さんの迅速な対応でゴールデンウィーク前に無事手元に届きました!



川歩きのスタイルもバッグにしたりベストにしたりでなかなか定まってないのですが、今年はフォックスファイヤーさんの新作ベスト「アルフラックス タックルベスト」を試してます。
少し収納に不安がありましたが、実際にケースなどを入れてみると十分な収納力で、元々使っていたベストのポケットの数を持て余していたぼくには問題ありませんでした♪
59285761_2400366123381339_6606968377783091200_n



ゴールデンウィーク中に1度休みがあり、NEWロッドとNEWベストのデビュー戦でしたが、 サツキマスからの反応はなかったものの、28~29cmのグッドコンディションの本流アマゴが2尾釣れてくれました!
59051892_2409329255818359_4796269359028764672_o
LURE:ティモン(ジャッカル)  トリコロールGT 72SR-F 

NEWロッド「メジャークラフト ファインテール FSX-722L」と並べて記念撮影♪
59759285_2409328902485061_2858710325044183040_o

2尾目は、一見すると銀毛だったんですが、陽が当たるとパーマークが現れてとても綺麗でした!
58978452_2409329002485051_5547515785422831616_n
LURE:ティモン(ジャッカル) トリコロール流芯 63HW

釣りをしていると視界の隅に何か動くものがいて、顔を上げると鹿を発見!
白いお尻に癒されました。笑
59483772_2409328655818419_8611495379365527552_n 



ゴールデンウィーク直後の休みでも朝イチのサツキマスチャレンジには反応ナシ!

昼前から渓流に癒されに行きましたが、連休後ということを考慮しつつ、竿抜けになりそうなこんなポイントも丁寧に攻めていきます。
60093715_2421746747909943_6342157238525755392_n

アプローチが上手くいくと勢いよく飛び出してくるアマゴに楽しませてもらいました♪
59797291_2421746684576616_5245788431593766912_n



今週の休日は、鼻からサツキマスは諦めて渓流へ行ってきました。汗

少し田んぼの代掻き濁りが入っていて心配しましたが、午後から活性が上昇して久しぶりのヤマメに癒されてきました。
60335253_2429321947152423_6412122431871254528_n

60336917_2429325897152028_8082666948246110208_n
LURE:レイチューン デュプレックス RXDP50RS

60389135_2429324190485532_2013026793400827904_n
LURE:イトウクラフト 蝦夷 50S 1st
   
手を離すと元気よく流れに戻って行ってくれました♪
60361770_2429326173818667_3775371279335424000_n



雨が降らず、渇水で厳しいサツキマスですが、来週頭の雨予報に期待ですね!
渓流に癒されに行きがちですが、少ないチャンスをものにできるように、引き続き川に立とうと思い鱒!    

山上湖のランドロックサツキマス(マリホ店増田釣行記)
2019年04月18日(木)

マリホ店増田です!

3月の渓流解禁から毎週山陰河川にサクラマスを求めて釣行していましたが、今年も何もなく終了しそうな予感です…。
54415229_2336179009800051_6358438742285352960_o

解禁から1月以上経っていますが、そういえばまだトラウトを釣っていない…。

と思い、数年前からこの時期になると通っている湖へ行ってきました。

その湖で釣れるのがサツキマス。

サツキマスはアマゴの降海型で、秋に産卵が行われた卵が冬に孵化し、その年の秋頃から海に下るアマゴがいます。そしてそのアマゴが海で大きく成長して、サツキマスと名前を変えて5月ごろに産卵のために再び川を遡上してきた個体を狙う、というのが一般的です。

湖で釣れるサツキマスというのは、海の替わりに川の下流にある湖に下り、そこで生活している個体のことで、ランドロック(陸封型)サツキマスと呼ばれます。

川でのサツキマス釣りと決定的に違うのが、産卵のために川を遡上してきたサツキマスが捕食行動をほぼ行わないと言われているのに比べ、湖にいるサツキマスは海にいるときと同様にワカサギなどの小魚を積極的に捕食しているのでヒットする確率が高いという点です(と言っても1日やって数尾、状況次第でノーフィッシュも普通にあります…)。
   
トゥイッチなどで積極的にルアーにアクションをつけ、チェイスやヒットも川でのサツキマス釣りに比べるとよく見られるのも魅力です。 

ランドロックサツキマスは、ベイトを求めて湖を回遊しているので、回ってくるであろうポイントで粘るのか、こちらから動いて回遊を当てに行くのかという戦略の違いもあります(ちなみにぼくは粘れないタイプですw)。

川のように流れはほとんどありませんが、「ベイト」・「地形」・「風」は重要な要素だと感じています。

天気も川のサツキマスと同じで、少し荒れてるくらいの方が反応が良い気がします。
   
そんなランドロックサツキマスを狙いに、先週今週と2週続けて、とある山上湖へ行ってきました。

先週の釣行では、最初に入ったポイントで弱ったブラックバスがいたり、少し粘って小さいサイズの1チェイスのみ。
ランドロック サツキマス (6)

少し移動した先で湖岸にワカサギの群れを発見!
ランドロック サツキマス (3)

そこで小さいサイズを2尾キャッチ!
ランドロック サツキマス (1)

1尾は、パーマークがはっきり残るアマゴでした。
ランドロック サツキマス (10)

ルアーは、デュオ/リュウキ 60Sとティモン(ジャッカル)/トリコロール 流芯 63HWでした。

ルアーをデュオ/リュウキ 70Sに替えて、楽々40cmを超えた個体もヒットさせたものの、トラウト特有の魔のローリングによりバラしてしまいました…。

2度そのポイントに入り直したりもしましたが、その日はヒットなく終了となりました。

そして今週は、サツキマスタックルを揃えた弟と一緒に行ってきました。

先週に比べて減水が進み、地形変化が陸上に露出しているのを移動中に発見し、そこを狙ってみることにしました。

早々に弟に小型のチェイスがあり、群れが入っているかもと思っていると、ブレイク付近でトゥイッチしていたぼくのミノーにヒット!

30cmちょっとの朱点バッチリの個体でした。
ランドロック サツキマス (11)

しばらく投げ続けたんですが反応がなかったので、少し周りをチェックしていると、ぼくがヒットさせたポイントに入っていた弟から声が。

少し遠いので魚体は見えませんが、何やら興奮している様子なので急いで駆け寄ります!

すると、そこには40cmを超えたコンディション抜群のランドロックサツキマスの姿が!
ランドロック サツキマス (8)

これ以上ない魚でNEWタックルに鱗付け完了!
ランドロック サツキマス (9)
   
そのあとは反応がなくなったので、期待を込めて先週連発したポイントへ。

減水してワカサギの姿も消えている中、ぼくも良いサイズを!と意気込みますが、得意のバラしを炸裂…。

最後に朝のヒットポイントに戻ってみましたが、何もなく納竿となりました。

もうすぐ太田川と錦川のサツキマスの遡上が始まり、ぼくももちろん通うつもりですが、渇水で厳しそうな今シーズン、ふらっと癒されにランドロックサツキマスにも行ってみようと思います。

最後に、河川・湖で釣りを楽しむ際に最低限のマナーとルールを少し。

・河川だけでなく湖でトラウトを狙う場合でも遊漁券が必要になります、1日券、年券があるので必ず購入して下さい。
・地域住民の方の迷惑になる様な行為、駐車場所・騒音などには最大限の注意をお願いします。
・ゴミのポイ捨てなどは絶対にしないようにしましょう。
川、湖、海釣り問わず基本的なマナーばかりです、しっかり守って楽しく釣りが出来れば良いですね!