釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

2020年 渓流ラスト釣行(スタッフ増田釣行記)
2020年09月30日(水)

9月30日、今日をもって今年の渓流は、ほとんどの地域で禁漁を迎えます。

今年は新型コロナウィルスの影響があり、解禁からのシーズン序盤は県外へのサクラマス釣行は行きづらい状況になり、始動したのが5月の地元太田川でのサツキマスからとなりました。

例年より短いトラウトシーズンとなり、いつも短く感じる遊漁期間がより一層早く過ぎてしまいました。



そんな中、迎えた渓流釣行最終日。

その3日前も休みだったので川へ向かったのですが、前日から降った雨の量が多く、増水と濁りで釣果無しで昼過ぎには撤退となりました。

最終日当日は、前日に程よい雨が降り、川に着いてみると増水は落ち着き、濁りもほとんどなく、なかなか良い状況となりました。

しかし、毎週のように通っていたので、行きたい川がなくなり少しモチベーションが落ち気味…。

毎年のパターンだと、大きな魚を見た川を巡っていくプランになるのですが、モチベーションを上げるために、最終日にも関わらず今まで行ったことのない区間を回ってみることにしました。



目星のポイントの前に気になるポイントがあったので、少しやってみようと車を止めて着替えていると、上流に向かう2台の車が。

もしやと思いましたが、川から上がりそのポイントに向かうと、先ほど見た2台の車が停まっていて既に川に入っている様子。

出鼻を挫かれ、嫌な流れの中で次に向かったのは本流でした。



渓相も良く、初めてのポイントで新鮮な気持ちで釣りをしていると、なかなか良さそうなサイズの魚が「ギラッ!」と魚体を光らせて反応してくれたのですがフッキングミス。

ただ、魚がいることが分かったので来シーズンの収穫になりました。



そこからは支流を開拓。

あまり良くなさそうだなと思っていたポイントだったのですが、予想通りあまり良くなかったです。笑

かなりハードな藪漕ぎの割に、魚からの反応は1度だけ。

あまり大きくなかったですが、婚姻色が出ているように見えたので釣れなかったのは残念でした。



昼食休憩をして、次の支流へ向かいます。

ところがそこでアクシデントが発生。

少し深く川の中に入ったところで、ウェーダーの中に冷たい感触が…。

先ほどの支流でハードな藪漕ぎをした際にウェーダーが裂けてしまったようで、水が入って来ていました…。
120197236_3598911450193461_729873814213017928_n
股下の部分。藪漕ぎの際に嫌な感触はあったんですが…。今年買ったばかりだったのに…。


ただ、今日はシーズン最終日。

このままでは終われないので裂けたウェーダーで遡行を継続します。

すると、いきなり大場所が現れました。

S字に曲がった流れの頭が岩盤にぶつかり、その下流は水深が2mくらいに掘れた深いプールのようになったポイント。

アピール力と飛距離を考え、ミノーを5cmから6cmのものに交換。

瀬頭にキャストして、流れに乗せながら深みへ送り込みます。

1投目では反応無し。

2投目、少しレンジを下げて、強めのトゥイッチでアピールすると「ドスン!」とロッドに重みが乗りました。

フックを外そうとトラウト特有のローリングで抵抗されましたが、ロッドを下げて水面で暴れられないように注意しながら魚を寄せネットイン。

ネットに収まった魚体を見ると大きくて太い。

ミノーのベリーフックにがっぷり食いついてくれました。
120227694_3598910353526904_6037181469104723682_n
Lure:ティモン(ジャッカル) 流芯 63HW

35cmを少し超える尺ヤマメ、まだ婚姻色は出ていませんでした。
120184739_3598911626860110_4030480041562731640_n


シーズン最終釣行でウェーダーが破れ、さすがに川の神様も哀れに思ったのか、この川に入渓して間もなくハイライトを迎えました。

この魚をリリース後、同じポイントにキャストしてみると色付いた魚のチェイスがありましたが、2投目以降は反応がなく釣ることはできませんでした。



このあとも釣り上がり、ウェーダーに水が溜まると脱いで逆さにして水抜き、というのを3度くらいして、そんな感じなので数匹綺麗なヤマメが釣れてくれましたが写真を撮る余裕もなく、切りが良いところで退渓。

まだ川の続きはあり、行きたい気持ちはありましたが、尺ヤマメが釣れてくれたし、15℃くらいの水で下半身ずぶ濡れで風邪を引きそうなのでここで終了としました。



履き倒したシューズも限界を迎えていました…。
120273658_3598911623526777_8996045842336150895_n
来シーズンはシューズもウェーダーも予備を持って行こうと思います。



9月に入ってから、車のタイヤのパンク、ウェーダーが裂けたりとトラブルがいろいろありましたが、最終日にポイントの開拓という選択が功を奏し、良い釣果に恵まれ、無事に(?)シーズンを閉じることができました。

まだまだ良いポイントがあることが分かりましたし、来シーズンは行った事のない川の開拓も楽しみです。

10月からはソルトの釣りを楽しみつつ、来シーズンの渓流解禁を待とうと思います。

連休中日の渓流釣行(スタッフ増田釣行記)
2020年09月23日(水)

先週末からの4連休中に1日休みがあり、釣り場も道も人が多そうだからやめておこうと思ったんですが、今シーズンも残すところあとわずかということで、魚の顔が見られればいいかなくらいの気持ちで行ってきました。


目的の支流まで本流横の道路を通るのですが、堰堤などの大場所付近には釣り人と思われる県外ナンバーの車もところどころ停まっていて、やはりプレッシャーは高そうです。


支流に着くと他に釣り人はいなさそうだったので、すっかり肌寒くなった朝の空気の中、ウェーダーに着替え入渓します。

少し進むと、左右がボサの上流からの細い流れが大きな岩に当たり、その下流が少し深くなり開けているポイントが見えました。

岩で左右に分かれた右側の流れにミノーをキャストすると、オレンジ色の尾びれが綺麗なアマゴがヒット。
119864761_3580598705358069_2075430433736781214_n
Lure:スプリーモ モフィー 50MS


少し懐の深いポイントなので、まだ釣れるかもと左側の流れにキャストして、ボトム付近までミノーを送り込んでレンジが上ずらないようにアクションを入れると、左右の流れが合わさる辺りでガツン!と良い手応えが。

少し鼻先が落ち、尾びれのほくろが特徴的なアマゴは、まだ秋っぽくない爽やかな体色でした。
119951126_3580598712024735_6529807623607737919_n
Lure:スプリーモ モフィー 50MS


そこから少し釣り上がったところに橋が架かっているのですが、そこには延べ竿を持った釣り人の姿が。

退渓して話をしてみると、どうやらぼくが釣り上がって来るのを待っていたらしく、そこから上流にはルアーマンが1人入っているとのことでした。

ほかにも、この川で尺ヤマメを釣ったことがあるということ、近くの支流ではニジマスが釣れるということなど、気さくに教えてくださいました。


さすがに連休中はどこも人が多いということを実感しながら次の支流へ。

渓に吹く風が昼でも少し肌寒く感じるようになってきました。
119905491_3580598972024709_4810176656958241135_n

ここでは小さなヤマメが2匹釣れ、渋滞も考慮して早めの終了としました。



しかし案の定、三次辺りから広島に向けて渋滞で、ほとんど車が進まない状況に…。

コンビニに寄ったときにグーグルマップで経路検索してみると、どうやらバイパスを通るより旧道を通ったほうが30分以上早く帰れるとのこと。

たまに車が通れそうにない道を案内してくれるグーグルマップさんですが、今回はグッジョブでした。



ここ最近、好調なのがスプリーモのラメラメカラーのミノーたち(正式名称はスパークルカラー?)。
119899932_3580599072024699_1112194536822700865_n

シーズン限定生産カラーなのですが、これがお盆を過ぎた辺りから効くような気がしています。

あまり見ないカラーと、水中での独特な光り方や、ラメが水中で良い感じの抵抗になっているように思います。

思い込みかもしれませんが、自信を持って投げ続けられることはぼくにとって結構重要で、釣果にも表れているようないないような。



というわけで、土日祝の釣行で結果を出される方の凄さを痛感した釣行になりましたが、シーズンも最終盤。

近づいている台風の影響が気になりますが、安全第一で、できるだけ川へ行こうと思います。

トラブルのち泣き尺ヤマメ(スタッフ増田釣行記)
2020年09月16日(水)

先週末、外で雨が降っているのを見ながら、このタイミングで渓流へ行きたいな~、と思いながら本店勤務しておりました。笑

本店にロッド、リール、バス&エリアトラウトルアー、ボックスなどたくさん入荷しましたので、ぜひご来店ください。


週が明けてからの鳥取渓流釣行のときには、すっかりもとの渇水状態に戻っていました。

一応新しい魚が入っていないかチェックしますが反応は無し。

移動した支流で綺麗な魚が釣れてくれて癒されたのですが、そこからの移動中にトラブルが…。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ 渓流 パゴス (5)
Lure:ストイックスタイル グルービー 50


下り道を走行中に急に車が左右に振られだし、慌てて駐車スペースに止めて確認すると、タイヤに何か刺さってパンクしてました…。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ 渓流 パゴス (4)

昼前にしてこの旅の終了が頭を過りましたが、そういえばパンク修理キットが積んであったなと思い、説明書を読みながら修理初体験。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ 渓流 パゴス (3)

なんとか空気が漏れることなく応急処置が完了して、道路を下りガソリンスタンドに駆け込みますが、タイミング悪く担当の男性のスタッフがいなかったり、交換で1万円以上かかりますと言われたりを3件ほど経て、ようやく頼れそうなガソリンスタンドを発見。

若い男性スタッフさんでしたが、テキパキと作業していただき、2500円くらいで修理が完了。

非常に助かりました。

そういえば、去年の夏にも広島の渓流釣行のときにパンクしてたような。

こんな頻繁にパンクするものですかね?笑


さて、無事に直ってほっとしたのですが、しばらくは多少の不安を抱えながらの走行で次の支流へ到着。

そこでは釣果がなく、次に移動した支流でも反応なくタイムアップとなりました。



パンクだけさせられたままで終われるかと翌日も釣行。

どうせ釣れないならと、朝イチはサイズ狙いで本流へ行ってみました。

この日は、シャチョーからお借りしたカスケットのブランクを使ったオリジナルロッドを使ってみましたが、ソフトなティップと、強いベリー&バットで良い感じ。

使っていたロッドとの違いを確かめながら釣り上がっていると(本流と言っても規模的には渓流のような感じで釣り上がれます。)、少し渓相が変わり魚が小さいながらポツポツと釣れだしました。

竿抜け区間に入ったかなと思っていると、落ち込み下の岩盤が窪んで少し深くなっているポイントが現れました。

アップで2投しましたが反応無し。

少しだけ進んで、アップクロスの立ち位置からキャストすると、窪み後半の駆け上がりになった辺りで急に魚影が現れてヒット。

ネットに収まったのは、少しだけサイズが足らない泣き尺のヤマメでした。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ 渓流 パゴス (7)
Lure:スプリーモ モフィー 50MS

本流の魚らしくシルバーの強い魚体でしたが、角度を変えて見ると腹部まで細かいパーマークがある個体で、パーマーク好きとして嬉しくなりました。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ 渓流 パゴス (1)


昼食をとり、午後からは行ったことのない支流で釣ってみることにしました。

入渓までの藪漕ぎがなかなかしんどかったですが、川原に新しい足跡を発見。

こんなところに来る人いるの?と自分のことを棚に上げてみたりしましたが、そんなに簡単にパラダイスなんて見つからないですね。

しかし、雰囲気はあるし、ときおり魚影は見えるので集中して釣り上がっていると、流れの上を木が覆っている少し水深のあるポイントが現れました。

少しレンジを下げてトゥイッチで誘いを入れるとドスン!と気持ちのいいバイト。

サイズは尺には届きませんが、形もヒレもとても綺麗で、個人的に先々週に釣った尺ヤマメより興奮してしまいました。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ 渓流 パゴス (2)
Lure:スプリーモ モフィー 50MS


その後は、魚止めの堰堤まで釣り上がりましたが釣果はなく、ここで終了となりました。



パンクのトラブルはありましたが、シャチョーからお借りしたロッドと、9月はここまで出番のなかったモフィーが活躍してくれた釣行になりました。

今年の渓流釣行も残すところ数回となりました。

悔いが残らないよう楽しもうと思います。

鳥取への渓流釣行スタート(スタッフ増田釣行記)
2020年09月11日(金)

中国地方は、8月いっぱいで鳥取県を除く渓流が禁漁を迎えました。

9月からは、鳥取の川への釣行がスタートです。


7時ごろに川に到着すると、広島市街に比べると気温もぐっと低く、地面には栗が何個も落ちていたりして、すでに秋の気配が感じられました。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (3)


しかし、まだ水温は朝の時点で20度を超えていて、トラウトたちにとって快適とは言えない温度で、少し釣果が不安になりながらのスタートとなりました。

案の定、釣れるのはカワムツばかりでしたが、少し釣り上がったところでまたしてもカワムツがヒット、しかし、その背後でそれに反応した大きな影が。

警戒されてダメだろうなと思いつつもすぐにキャストすると、なんと目の前の岩の裏でチェイスする姿が見えヒット。

ミノーをがっぷり咥えた良型のヤマメでした。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (18)
Lure:サンレアル バーディー N50S


そこからは、魚からの反応が薄い中、入退渓を何度か繰り返して釣り上がって行き、上記のヤマメから3時間以上歩いたところで、とても綺麗なヤマメをキャッチ。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (1)
Lure:サンレアル バーディー N50S

こんなヤマメが釣れてくれれば、歩き続けた疲れも吹き飛びます。


ヒットしたのはこのポイントで、流心が通るボサの下から飛び出してくれました。
(写真は上流から撮りましたが、下流からアップにキャストしてヒットしました。)
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (8)


その後は、別の支流へ行き、良型のヤマメをヒットさせましたが悔しいバラし、ほかにも大きそうな魚影を見ましたがヒットさせることはできず、この日は終了となりました。



前日のバラしが頭を離れず、翌日も釣行。

さすがに同じ魚がバイトしてくれそうにないので、別の支流へ入りました。

幸先よくコロコロに太ったヤマメが釣れてくれましたが、この後はチェイスすらない厳しい展開になりました。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (4)
Lure:サンレアル バーディー N50S



昼からは同じ川の少し下流部に入ってみることにしました。

釣り上がっている最中、川岸のボサに違和感があり、見てみると1匹のカマキリが水面を見つめてぶら下がっている姿が。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (6)

獲物などいる感じではなかったので、もしかしたらハリガネムシに寄生されて水辺へ誘導されていたのかもしれません。
(寄生虫のハリガネムシと宿主となる虫と渓流魚の関係を調べてみるとちょっと面白かったです。)



相変わらず魚からの反応は薄い中、ポイントとポイントの間の通過点のような流れ、一応キャストしてみるとドスンという重みがロッドに乗りました。

思わぬ大きさに少し慌てながらランディングネットに納まったのは、34cmの尺ヤマメでした。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (2)
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (19)
Lure:スプリーモ バイラ 50M


このヤマメがヒットしたポイント。

左の岸寄りの、少し流れが緩い瀬尻付近にいました。

この季節は、どのポイントから良型が出るか分からないので油断できないですね。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (16)


ここから少し釣り上がり、この日は終了となりました。



その数日後、再び鳥取の川へ。

台風後ということでしたが、水位はほとんど変わった様子はなく、魚たちのプレッシャーがリセットされている感じもなく、厳しい展開となりました。

特別大きな魚は釣れませんでしたが、側線付近が黒ずみ秋色になりかけたヤマメが釣れてくれました。
118952528_3536815003069773_6019551581018048936_n
Lure:サンレアル バーディー N50S


川から上がると、刈り取られた稲の様子もあり、収穫の秋を迎えているようでした。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ パゴス (5)



この週末に雨が降り、気温も徐々に下がっていき、秋が深まっていきそうです。

満足できる秋ヤマメを求めて、9月いっぱいは鳥取へ通います。

県内渓流最終釣行(スタッフ増田釣行記)
2020年09月03日(木)

渓流を歩いていると、ひざに続き足の親指も痛みだし、そっちにもテーピングしようかと思っている増田です。

8月で禁漁になってしまった広島と島根の渓流に、8月末に1度ずつ行ってきました。



まずは広島の釣行からですが、例年よく通っているこの川も今年は初釣行。

弟と二人での釣行でしたが、蜘蛛の巣とボサがキャストを阻むポイントでチェイスやヒットが多く、ここ最近反応の少ない釣りばかりだったので、それだけで癒されました。
広島 中国地方 トラウト アマゴ (4)

サイズは特別大きくなかったですが、綺麗なアマゴが釣れてくれて、広島県内の渓流最終釣行を締め括ることができました。
広島 中国地方 トラウト アマゴ (2)
Lure:レイチューン SA50RS



そこから数日後の島根の渓流は単独での釣行。

以前良いサイズを見た川に行ってみると、側線付近がピンクに染まった秋色のヤマメがヒット。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ (10)
広島 中国地方 トラウト ヤマメ (4)
広島 中国地方 トラウト ヤマメ (5)
Lure:レイチューン SA50RS

尺ヤマメのような雰囲気を纏っていましたが、28cm。

それでもこんな魚が釣れれば満足です。

残りの区間も集中して釣り上がりますが、釣果はこの1本のみ。

「夏ヤマメ、一里一匹」と言われますが、川や状況によっては本当にそんな感じです。



その後は2本の川を歩いて、それぞれ個性の違うパーマークのヤマメたちが数匹釣れてくれました。
広島 中国地方 トラウト ヤマメ  (4)
広島 中国地方 トラウト ヤマメ  (7)
Lure:ソウルズ バラッド RⅡ



釣り上がる途中で、側線付近が真っ赤に染まった個体や、オスとメスのペアになっているような様子も見られたので、気温はまだまだ高いですが、水の中は徐々に秋に向かっているようでした。



この釣行で一区切り。

今月からは、鳥取の川へ遠征です。

今年の渓流も残すところ1月。

新型コロナウィルスの影響もあるので、県外への釣行は注意を払いつつ行おうと思います。