釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

梅雨の尺山女魚(マリホ店増田釣行記)
2020年07月24日(金)

ウェットウェーディングするとヒザが痛むマリホ店スタッフ増田です。

川の水位は下がりつつあったものの、まだ本流はきついかな、ということで島根県の渓流へ行ってきました。
     
     
   
たりルアーを探す     
    
   
今年はコロナの影響があり、初春のサクラマス狙いでの山陰河川釣行ができず、久しぶりの県外渓流ということで早朝からテンション高く出発しました。

午後から雨予報ということで、土砂崩れなどが起こる可能性もあるので、万が一のことも考え高低差の少ない里川を選択。

普段入渓する地点より下流の区間もチェックしてみます。

1度釣りをしたことのある区間でしたが、良い印象はなく、今回は状況が良さそうなので再確認です。

大好きなミノー『シンドラー ウシワカ』にヒットしたのはコンディションの良い綺麗なヤマメ。
渓流 トラウト 尺山女魚 (6)

ただ、このミノーにハマっている感じの釣れ方ではなく、なかなか釣れ続きません。


少し釣り上がると、左岸に流れが当たり、岸際が深くなっている雰囲気のあるポイントが。
渓流 トラウト 尺山女魚 (4)


表層を『ウシワカ』でチェックしましたが反応無し。

ルアーを『スプリーモ モフィー 50SS』に換え、少しレンジを入れるとヒット!

なかなかの引きでネットに収まったのは、約9寸の良型ヤマメでした。
渓流 トラウト 尺山女魚 (9)


もう少し進んだところで、上流からの細く勢いのある流れが開けるポイントが見えてきました。
渓流 トラウト 尺山女魚 (5)

ここに魚が溜まっていたのか、先ほどのヤマメより大きそうなサイズを2回バラし…。

それでもまだ反応する魚がいて、小さいですがめちゃくちゃ綺麗なヤマメが釣れました。
渓流 トラウト 尺山女魚 (2)



わぬところで尺山女魚


そこから上流は、何度か釣りしていて魚が付いているポイントもいくつか知っている区間。

ただ、思っていたより反応が少ない…。

まだ先にあるポイントに期待しつつ、そこまでの過程にあるこんな流れ。
渓流 トラウト 尺山女魚 (1)

流心の頭にキャストして、3回くらいヒラ打ちさせたところで重たいアタリ。

銀色のボディを水中で輝かせてネットに収まったのは、32cmの尺ヤマメ

ルアーは、この日の当たりルアー『スプリーモ モフィー 50SS』でした。
渓流 トラウト 尺山女魚 (10)


その先の期待のポイントでは、アタリのみでフッキングできず。

予報通り雨が降ってきたので、上半身はレインウェア、下はウェットウェーディングという濡れたいのか濡れたくないのか分からない格好でしばらく釣りを続けましたが、予想以上の強い雨で濁りが入り退渓。

濁りの少ない川を探して何か所か探しましたが、そのあとも雨が続きそうだったので、諦めて帰宅しました。



方、太田川本流では凄い釣果が…


帰宅して、濡れたウェアなどを干してひと段落し、SNSを見ていると太田川本流に行っていたお客様2人が凄いアマゴを釣っていました。

梅雨が明けるまでは本流も熱そうです。

川の状況次第ですが、癒されたい気持ちをガマンして本流にも行ってみようと思います!

太田川本流の尺アマゴ(マリホ店増田釣行記)
2020年07月16日(木)

トラウト大好き、マリホ店スタッフ増田です。

新型コロナの影響で、パゴスでもプライベートでもSNSやブログでの発信は控えていましたが、人との接触を避けられる地元の太田川へはドアtoドアで釣行ができるので通っていました。    
    
   
 
まづめのサツキマス?


まずは、だいぶ遡りますが5月の釣行から。

この時期と言えば、海から遡上してくるサツキマス狙いです。

雨が少なく厳しい状況が続いていましたが、ナマズの活性は高く、よくヒットしました。
104888783_3326927117391897_462975615491321136_o
がっつりバイトするので外すのが大変です…。

    
ようやく5月半ば過ぎの釣行で反応あり。    
   
『デュオ リュウキ 70S』のトウィッチに鋭いバイト!

なかなかの重量感、と思いきや数秒でフックアウト…。     
   
掛かりが浅かったのか、綺麗にフックを伸ばされてしまいました…。
105379855_3323922404359035_7084404956323516381_o
(サツキマスだったら結構良いサイズだったんじゃないかと思います…。)


その後は他のポイントを数箇所回り、諦めきれないので夕方にもう一度午前中にバラしたポイントへ入り直します。

日が陰り良い雰囲気です。   
P5219136


期待を込めて『リュウキ 70S』をトゥイッチしていると待望のヒット!
P5209126

綺麗に銀毛していますが33cmくらいで、サツキマスなのか、海まで降ってない所謂サボリなのか。

今年は、とあるサツキマスの研究に協力させてもらっていて、その結果が出るともしかしたらこの魚がサツキなのかサボリなのかという半生が分かるかもしれません。      
     
     
   
夏の本流アマゴ


6月に入ってからも毎週のように川へ通い、今年好調の本流アマゴを狙って中流域まで行ったりもして、28cmまでがぽつぽつという釣果でした。
P5289142      


このアマゴは『スプリーモ バイラ 70M』でヒット。
他のシンキングミノーに比べ低速のリトリーブでもきっちりアクションしてくれるので気に入ってます。
P6019154
    
   
反応の少ないサツキマスと本流アマゴに心が折れて、渓流に癒されに行ったりもしましたが、そちらも結構渋かったり…。

でも緑も濃く綺麗で、この時期の渓流が一年で一番好きです。
P6099174


魚も綺麗!
ルアーは大好きな『シンドラー ウシワカ 』
ただ巻きで使うのが好きなのですが、ワイドなウォブル&ロールアクションにガツン!というバイトがたまりません。
P6229188     
     


田川本流の尺アマゴ


6月半ばを過ぎて、増水が落ち着きかけた良いタイミングで釣行できました。

しかし、昼前からまた大雨の予報。
106138134_3320953194655956_1832647658781360106_o


早朝から降り始めた雨を気にして、足早に2箇所目のポイントへ。

エントリーポイントから対岸に向かって何気なくキャストした『ティモン(ジャッカル) トリコロールGT 72SR-F』にいきなりのチェイス!

惜しくも口を使いませんでしたがやる気満々の追い方!

しかし、ここで偏光グラスをしてないことに気付き一旦車へ取りに戻ります。(普通すぐに次のキャストをすると思いますが、今思い返すとこの間がよかったのかも?)

急いで川まで戻り、チェイスがあった辺りにキャスト。

トゥイッチを入れながら巻いてくるとブレイクの手前あたりでガツン!という手ごたえが。

時折ドラグを引き出す力強いファイトに少し慌てながらネットイン。

尺を少し超える本流アマゴ
104894260_3320955154655760_7246447636182879650_o


かっこいい顔付きに、背中が盛り上がった身体に映える大きな朱点。

こんな魚に会えるから反応が少なく辛い本流へ通ってしまうんです。
104408079_3320952244656051_8853973478343112121_n
104629705_3320958271322115_7923045074463326615_n


次のポイントへ移動したときには雨が本降りになり、濁りもきつくなってしまったので午前中で終了となりました。



それからは雨、雨、雨で釣りに行けてませんが、ハイシーズンの渓流に行きたくてうずうずしています。

来週は天気予報が変わらなければようやく釣りに行けそうです。

渓流がダメなら今年絶好釣のタコ釣りに行ってみます!

2019年 渓流最終釣行(マリホ店増田釣行記)
2019年09月28日(土)

今週末が今年のトラウト最終釣行という方が多そうですね。
ぼくは、一足早く25日と26日に今シーズンの渓流釣行の締め括りに鳥取県の川へ行ってきました。

まずは初日。
朝イチは本流を1ヶ所チェックしましたが何もなくすぐに移動します。
2週連続の3連休後でも魚が残っていそうなボサ川に入ります!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (5)

入渓早々にヤマメから反応があり良い感じです♪
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (1)
Lure:サンレアル バーディー N50S

使い慣れてきた『サンレアル バーディー N50S』にこの日も好反応でした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (2)

少し良いサイズのヤマメもヒット!
体色が白くて放流魚ぽいですが、鰭は綺麗な余り見ないタイプのヤマメでした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (4)

退渓することなく釣り上がっていると、気付けば2時間超えのロングコース。
パゴス マリホ店から着信がありましたが、山の中なので電波が悪く通話不可能です。
これだけ歩けばどこかに竿抜けがあるだろうと、ひたすら釣り上がります!
川の片側がコンクリートになった少し長いストレートになり、ひざ上くらいの水深ですがコンクリートの壁沿いに流れが走っています。
その流れに3度目のキャスト、少しレンジを入れて、ミノーが上ずらないように気を付けながらヒラ打ちさせると「ドスン!」
かなりの重量感!
見えた魚体は大きくて太い!!
デカいのに限ってバラすぼくですが、何とか無事にネットイン!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (6)
Lure:サンレアル バーディー N50S

これは尺いった!と思いましたが、何度測っても少し足らない!
でも、丸々していてコンディション抜群のヤマメでした!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (7)

そこから先はさすがに厳しく、移動もしましたが、ぽつぽつも釣れないレベル。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (8)

反応がほとんどない中で夕方まで釣りをして、宿泊施設のお風呂に向かい汗を流して、道の駅でコンビニ弁当を食べ、車中泊で翌日の最終日に備えます。


翌日は、まだ薄暗い中出発して、霧がかかっている中で釣り開始です!
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (9)

モーニングチャンスを狙って堰堤などの大場所を数か所ランガンしましたが、釣れてくれたのは渓流レギュラーサイズでした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (10)
Lure:デュオ リュウキ 60S

9月頭に行って反応の悪かった川に新しい魚が上がってきてないかな、と少し期待して行ってみましたがイマイチ。
「ガツン!」というバイトに一瞬ドキッとしましたが、体高のあるレギュラーサイズでした。
中国地方 鳥取 トラウト ヤマメ (12)
Lure:サンレアル バーディー N50S

そのあとに行った川は人も多く魚は無反応。
最後の望みを託して昨日泣き尺が釣れた川に行ってみましたが、釣れる訳がなく、今年のトラウト最終釣行を終えました。

帰り道は恒例のジェラート。
70198169_2686051111479504_8171377122628075520_n

帰ってからは、地ビールを飲みながら今シーズンの思い出に浸ってみたりしました。
71395936_2686050861479529_1288006489583124480_n

振り返ってみると、今年のトラウトシーズンは、ロッドを2本折ったり、車のタイヤがパンクしたりと、トラブルの多かった1年でしたが、体の方は大きな怪我なく終える事が出来ました。
有終の美は飾れたような飾れてないような、自分では納得できていない微妙な終わり方になってしまいましたが、やり切った感じはあります!
デカい魚のチェイスにも動じないように、経験を重ねてもっとメンタルを鍛えようと思います!

来シーズンはどんなトラウトと川に出会えるのか、今から楽しみです!

泣き尺岩魚と秋色山女魚(マリホ店増田釣行記)
2019年09月23日(月)

禁漁まで2週間を切った3連休後の17日と18日、鳥取県の渓流に行ってきました。
今回も車中泊での1人釣行です。


まずは初日。
この日は、レインウェアを着るほどではないですが、雨が降ったり止んだりの不安定な天気でした。
だいたいのプランは決めていたんですが、予定を変更して、朝は気になっていた支流の区間を釣ってみることにしました。
水はクリアで、水量も少なくなく良い感じです。
3連休後ということで、ハイプレッシャーを覚悟していましたが、小型の魚のチェイスがちらほらあります。
そんな感じで、バラしはあったものの釣れずにたどり着いた雰囲気のあるポイント。
落ち込み下は水深があり、かけ上がり付近に倒木が水中に入っていて攻め辛くなっています。
数投しましたが反応がなく、少し角度を変えてキャストした1投目にグンと重くなるバイト!
重さはありますが、引きはそれほど強くなくランディング成功!
この日のファーストフィッシュは、泣き尺のグッドサイズのイワナでした!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (2)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S     
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (5)

その先では、白点の中に淡いオレンジが混ざった綺麗なイワナが釣れたり。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (8)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S

本格的にイワナを狙おうとルアーを替えたら、なぜかヤマメが。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (9)
Lure:シンドラー ベンケイ

切りが良い所まで釣り上がって他の支流へ移動します。

ここは初めて入る川。
水が悪く、印象は良くないですが、とりあえず釣り上がってみることにします。
最初の良さそうなポイントからはウグイがヒット。一瞬ドキッとさせられました。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (10)
Lure:スプリーモ モフィー MS

カワムツも良く釣れます。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (18)

釣り上がっても相変わらず水が良くないしヤマメはいないかな、と思い始めた中で良さそうなポイントに到着。
余り期待せずに上流にキャストし、2回くらいアクションを入れたところで「ドスン!」
ヒット直後からトラウト特有のローリングで抵抗しますが、カワムツのような魚体のオレンジ色が遠目からでも目立ち、正体がわからないままネットイン!
すぐにネットの中を確認!
ヤマメだ!しかも顔付きがカッコいいし、色もすごい!!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (11)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (13)

サイズは9寸と尺には届きませんでしたが、婚姻色が出た良い雄ヤマメでした!!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (15)
Lure:サンレアル バーディー N50S    

リリース動画も撮影しました。


この1尾が出たことで、そこから上流に期待しながら釣り上がりますが、反応は少なく堰堤で少し良いサイズのヤマメが釣れたところで退渓します。(写真を撮ろうとしたら逃げられました。)
この日はここで終了。
先週も利用した宿泊施設のお風呂で汗を流し、道の駅に向かい、今回はコンビニの弁当とビールの夕食をとって、次の日に備えて車で就寝しました。


翌日は、期待していたコースをチェックしましたが、反応が少ないまま午後を迎えます。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (20)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

移動と遡行を繰り返し、ヒットしたのはカッコいい顔付きのアマゴ。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (21)
Lure:サンレアル バーディー N50S

少し錆びも出て、秋の準備が進んでいるようです。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (22)

この支流を退渓したところで16時くらい。
いつもなら帰宅する時間ですが、気になる川が残っていたのでもう少しがんばってみることに。

その川でのファーストヒットは綺麗なイワナ。
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (24)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

このまま釣り上がろうとしたところ、低い橋の下に絶賛活動中のスズメバチの大きな巣が…。
とても下を通る勇気はなかったので、川を少し引き返して、その川に流れ込む支流を釣ってみる事にしました。
細い流れですが水量はあり、水色も綺麗で良い雰囲気です。
しばらく釣り上がり、少し深さのある落ち込み下にキャストし細かいヒラ打ちでアピールするとヒット!
カッコいい顔付きに、綺麗な色のパーマークと側線のピンク、鰭も綺麗な良いヤマメでした!
中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (26)
Lure:スプリーモ バイラ 50M

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (29)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (27)

中国地方 鳥取 トラウト 渓流 (28)

この時点で18時前になっていたので、川から上がり終了となりました。


今年の渓流シーズンも残すところ1週間となりました。
有終の美を飾れるようにラストもがんばろうと思います。

1泊2日 車中泊の鳥取秋ヤマメ釣り(マリホ店増田釣行記)
2019年09月14日(土)

9月に入り、鳥取県以外の中国地方の渓流は禁漁になってしまったので、毎年恒例の鳥取県へ秋ヤマメを求めての遠征がスタートしています。
8月末から雨が多く涼しかったので、一気に秋めいてくるのかと思いましたが9月になってからの残暑がすごいですね…。


先週も朝から暑かったので、ウェーダーを穿かずに、短パンにゲーターを着けてのウェットウェーディングでスタートします。
これまでに良いサイズのヤマメを見たことがある川を数か所釣ってみましたが、どこも釣れるのは小型ばかり。
中国地方  鳥取 トラウト (3)
Lure:スプリーモ バイラ 50H

この日は手応えを得られないまま終了となりました。


そして今週。
1泊2日、車中泊の1人釣行です。

1日目、この日も暑かったのでウェットウェーディングでスタート。
先週行った川を外してチェックします。
支流を少し釣ってバラシ数回のみで移動し、次の支流に行くついでに本流も見てみようと車から降りようとしたところで腰が「ピキッ!」
脂汗が出るくらいの痛みで、楽しみにしていた1泊2日の車中泊の旅の強制終了が頭をよぎりましたが、しばらく車で休んでいると何とか歩けるようになりました…。
実は最近、渓流を遡行しているとヒザも痛くて、テーピングして釣りに行ってるんですが、まさか車から降りるくらいで腰を痛めるとは…。
体力の衰えが一気に来てる感じで、来月からの渓流オフシーズン中に少し鍛えておこうと思っています。

歩けるようになったところで再スタート。
爆弾を背負った腰にヒヤヒヤしながらチェックした本流は何も無しでした。
支流へ向かい、ようやくこの日の初キャッチ。
小さいのですぐにリリースしようと思ったけど、白くて綺麗だったのでパシャリ。
中国地方 鳥取 トラウト (2)

翌日も釣りができるという余裕から心にゆとりがあります。
写真を撮ろうとかがむと少し腰が痛いですが。笑   

午後に入り、何となく反応の良いルアーが分かってくると連発するようになり、釣れるサイズも上がってきました。
中国地方 鳥取 トラウト (4)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S

竿抜けになっていそうな小さなポイントや、キャストしづらいところには魚が残っているようでした。
中国地方 鳥取 トラウト (10)
Lure:イトウクラフト ボウイ 50S

17時くらいになり、切りがいいところまで来たのでこの日は終了。

釣り上がっている途中に降ってきた雨で体が冷えていたので、入浴だけでも利用できる宿泊施設に向かい、お風呂に入りながら痛めた腰をマッサージして温めます。
お風呂から上がったらちょうど夕食タイムだったので、以前から気になっていたお店へ。
車を数分走らせ、味のあるたたずまいのお店に入ると、おばあちゃんが1人で切り盛りするカウンターのみの小さな店内が、仕事終わりのサラリーマンさんで賑わっていました。   
席を立ってもらわないと通れないくらいでしたが、奥の方に座らせてもらい、サラリーマンさんに混じってぼくもビールを注文したいところでしたが、カツ丼単体を注文。
少し待つと漬物と一緒に少しこんがりさせすぎた感じのカツ丼が出てきました♪笑
70576466_2652316684852947_5792354703983509504_n

でも、見た目はともかく、美味しかったのであっという間に完食。
支払いを済ませ、店を出ようとしたところで店内のサラリーマンさんに捉まり、30分ほど釣りのことや広島のことをおしゃべり。   
こういうのも遠征のいい所ですね。

そこからは道の駅に向かい、コンビニで缶ビールを確保して車中泊の準備。
と言っても割といきなり車中泊を決めたので、気温も高そうだったし寝袋なども持ってきておらず、とりあえずシートを倒して寝る場所を確保するのみで終了。
床のクッション性ゼロで、痛めた腰に優しくない環境でしたが、我慢していたビールを流し込むといつの間にか眠っていました。

5時にセットしたスマホのアラームで目覚めると、まずは腰の痛みの確認。
不安でしたが、痛みは引いていて一安心。
念のためヒザに加えて腰にもテーピングをして、コンビニで買ったパンを食べながら川に向かいます。
69959248_2652316618186287_6367766363280244736_n

目的の支流に向かう前に本流を1か所チェックしましたが、雰囲気は良いものの反応がなかったので見切って移動します。
支流の駐車ポイントに到着し入渓。
ここは始めて入る川なのでワクワクしていると早々にバラシ。
とりあえず魚の反応があることに安心して釣り上がりますが、良さそうなポイントでヒットがなく、明らかにいるだろうと思うポイントでルアーをいろいろ換えてようやくヒット。
中国地方 鳥取 トラウト (13)
Lure:ザンマイ ソリスト 50MDⅡ S
   
どうやらこの川はアマゴも混生しているようです。
中国地方 鳥取 トラウト (15)
   
この魚はヤマメのようなアマゴのような微妙な感じ。綺麗な魚でしたが尻鰭付近に鳥の爪で付いたような傷がありました。
中国地方 鳥取 トラウト (16)
Lure:イトウクラフト 蝦夷 50S 1st TYPE-Ⅱ
    
そこからしばらく釣り上がったところで、少し良いサイズの魚がミノーを喰い上げてくるのが見えたんですがヒットならず。     
   
この日も昼間は真夏のように暑いですが、川を何本か変えながら釣りしていると、葉が少し色付いて秋が近付いている様子が目に入って来ます。
中国地方 鳥取 トラウト (18)

田んぼも一面が黄金色になり、収穫の時期を迎えています。
70251914_2652316901519592_6551913305139576832_n

小型の魚が多く、なかなか良いのは釣れませんが、昼になったのでコンビニ弁当でランチタイム。
予報通り雨がぽつぽつ降ってきたので、急いで食べ終えて川へ。
この川は、ここまでと違い明らかにルアーへの反応が良く、集中して釣り進めます。
落ち込み下が少し深くなっているポイントで、少しレンジを入れて、短く強くミノーを跳ね上げるようなアクションを数回入れたところで「ガツン!」
サイズは8寸ほどでしたが、鼻が少し落ち、鰭や魚体のコンディションも良い雄ヤマメ。中国地方 鳥取 トラウト (35)
Lure:スプリーモ バイラ 50M
   
このあともサイズは小さいもののしばらく魚の反応が良かったですが、入渓しやすそうな地点を過ぎると途端に魚が出てこなくなり、大場所まで来たところで川から上がります。
まだまだ釣りができる時間でしたが、さきほどの雄ヤマメで満足していたのと、雲行きが怪しくなっていましたし、何より1泊2日車中泊の旅の疲れが出ていたのでここで終了としました。
道の駅で地ビールを買って、途中で強い雨が降ってきましたが無事帰宅しました。


今回釣れた魚はまだまだ夏っぽい魚体でした。
来週から少し気温が下がるようですし、禁漁までに秋色に染まったヤマメに出会えるように、ヒザと腰を労わりながらがんばろうと思います。