釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

青物遠征シーズンスタート!(エース池内釣行記)
2016年10月28日(金)

いやはや、大分寒くなってきましたね!
今日は服装を間違えて半袖PagosTシャツで出勤してしまいシャチョーに「お前は寒くないんか・・・?」と言われてしまった池内です!笑

一昨日、愛媛県は中泊の沖磯に青物を狙って遠征してきました!
実は先週も中泊の沖磯に釣行してきましたが出船早々に天候が悪くなりウネリが出てきた為、午前中に早上がりとなってしまい不完全燃焼のままこの日を迎えていました。

広島を23時に出発して愛媛県・愛南町までは道中4時間の道のり、中泊の港に着いて1時間ほど仮眠を取れば出船時間を迎えます。

今回お世話になったのは「しば渡船」さん。

IMG_9178

メンバーは毎回お世話になっている破魔矢さんと自分の2人。
AM6:15に港を出港、ポイントまでは近く10分程の船旅です♪

IMG_9181

何度か来ている中泊ですがこの日は今まで自分が上がった事のない磯に渡礁。
水中を確認すると結構な数のキビナゴが群れている!
はやる気持ちを抑えつつ準備を整えスタートフィッシング!

先ずは170mmのウッド製ダイビングペンシルからキャスト開始。
そして3投目、S字ダイブアクションを繰り返すペンシルにドパンッ!と何かがバイト!

ギュンギュン引いてあがってきたのは小型のカンパチ!
朝一に狙いのカンパチが釣れてすでに満足です!笑

IMG_9233

破魔矢さんに写真を撮ってもらい魚からフックを外していると破魔矢さんからヒットの声が!
振り向くと既にファイト中!いつの間に投げていつの間にヒットさせたんですか?笑

IMG_9187

上がって来たのはナイスコンディションのハマチ!
破魔矢さんは最近使い込んでいるヘビーシンキングペンシルの「タックルハウス ブリットシンキングワークス」でのヒットです♪
カンパチじゃないのー!と言っていましたが充分楽しいサイズでゴザイマス!

IMG_9196

どうやら大量のキビナゴの群れに着いてハマチも回遊してきている様子。
自分も早速破魔矢さんを真似してブリットSWを沈めてからのリトリーブでドーンッ!!!

これまたプリップリのハマチ♪
誘い出しでの水面炸裂バイトも楽しいですがシンペンでリトリーブ中のひったくる様なバイトも最高です!

IMG_9236

そしてこのシンキングブリッドでの釣りではかなりの高確率で外すのが一苦労な位ルアーを丸飲みされます!笑

IMG_9234

【タックルハウス ブリットシンキングワークス】
トップでは出きらない状況やアジなどがメインベイトで中層を意識している時にも大活躍します!
自重があり飛行姿勢が良いので爆風の時でもぶっ飛んでくれるのもありがたいです!
※近日中にマリホ店に入荷予定ですので是非試してみて下さい。

CB120.145SW

その後、潮止まり直前にシマノ オシアペンシルで誘い出しをしていた自分に同じ位のハマチがヒット!
ファイト中に何匹もハマチがついて来たので群れで磯周りを回遊している様子。

IMG_9257

そして潮止まりを向かえ川の様に流れていた潮流も緩んだタイミングでインチクをキャストした破魔矢さんが40cmオーバーのアカハタをキャッチ!
赤とオレンジの派手な体色の南方系グルーパーです♪

IMG_9204

自分も持って来ていたマグバイト バサロHDをキャストするとゴゴゴンッ!!とヒット♪

IMG_9260

ワームはもちろんバサロとゴールデンコンビのフラッシュJでございます!
バサロHDならウエイトも30g~80gまでと幅広いので青物タックルでもストレスなく扱えます♪

IMG_9205

【マグバイト バサロHD】
青物やイカ狙いで磯に行かれる際はタックルBOXに忍ばせておくとイイ事があるかもしれません♪

vassallo_hd40_1

楽しい時間はアッと言う間、気がつけば磯上がりの2時に近づいていたのでストップフィッシング。
前回大ウネリで死ぬかと思った(笑)中泊一級磯のナガハエを横目に帰路に着きました。

IMG_9222

帰りに地元の道の駅に寄ってみると鮮魚コーナーでもキビナゴの群れが!笑
前日くらいから大きな群れが入ってきたとの事で良いタイミングでの釣行でした♪

IMG_9226

破魔矢さんお疲れ様でした!またお願いします!

いよいよ自分の中での青物本格シーズンに突入しました♪
近場での青物情報も一気に耳にするようになってきました!青物用品も続々入荷予定ですので気になっている方は是非チャレンジしてみて下さい♪

ブログ用

第9回パゴスアジングカップ開催決定!
各店舗及びメールにて参加登録受付中です♪
初心者の方でも楽しめる大会ですので是非お友達をお誘いの上ご参加ください!
9th_ajc

ネイティブ沖田先輩と行く!高知弾丸ツアー(エース池内釣行記)
2016年05月16日(月)

こんにちは!エース池内です!

先週の10日に高知県の沖ノ島へ青物狙いで遠征してきました。
メンバーはタックルを揃え今年から青物を始めた友人のたくりんとネイティブ沖田先輩そして自分の3人です。

この時期の沖ノ島は産卵の為に接岸するキビナゴを追ってブリの群れが入ってくるそうです!

去年秋以来、自身2度目の沖ノ島!
昨年の沖ノ島釣行の様子はコチラ>>http://pagos.jp/?p=93258

去年に引き続きお世話になるのは「岡崎渡船さん」出船時間はAM4:00!
出船場所の高知県宿毛市の方島港までは約350km片道5時間の行程です。

9日の閉店後にたくりんと沖田先輩を迎えに行きPM10:00に広島ICから高速に乗り一路宿毛を目指します!
途中、今治小松道が工事で通行止めになっており出船時間に間に合うかドキドキしましたが一時間前には方島港へ無事到着。

IMG_7142

船に荷物を積み込みいざ出船!
方島港から沖ノ島までは約50分の行程、船に弱い沖田先輩は確実に船酔いすると期待していましたが全く酔うことなく無事沖ノ島へ到着。
本島に宿泊している釣り人を乗せて磯のポイントを目指します!

沖ノ島母島港の風景、この堤防からでもアオリやロックフィッシュがかなり釣れそうな雰囲気です。

IMG_7233

先ずはグレ釣りの一級ポイントに餌釣りのお客さんを次々と降ろしていきます。

IMG_7131

そしていよいよ自分達の番に
9時から降水確率100%の低気圧が迫り来る中、初の沖磯に沖田先輩の目付きも自然と鋭くなっております!

IMG_7085

3人一緒に上がれるポイントとなると限られるなか船長におまかせで「ソトガシラ」という磯へ降ろしてもらいました。
GT用のビッグポッパーをベイトタックルでキャストする沖田先輩の勇姿を撮影する暇もなくせっせと準備して各自釣り開始!

IMG_7089

朝マヅメの最高の雰囲気の中でトップからジグ、ミノーなどあらゆるルアーを導入して頑張りましたが朝一に自分がバラしたヒラスズキと何かに追われ逃げ惑うトビウオ、のんびり泳ぐウミガメを見たのみでゴールデンタイムは終了。。。

船長が気を利かせてくれいつもより早い時間帯に磯替えするために迎えに来てくれました。

IMG_7226

次は「ヒトツバエ」という磯へ。

見るからに潮が早く数投だけトップで様子を見てみましたが反応が無いので撃投ジグレベルの100gを結び潮下へフルキャスト!
50カウント程でボトムが取れる状況、ジグをシャクってもイイ感じに潮を受けて手応えバッチリの中の2投目にボトムからワンピッチで10回程シャクリ上げた時にヌワッっと何かがジグに絡むような感触があった後にドンッ!とバイト!

直ぐにフッキングして追いアワセを入れるとフッとまさかのスッポ抜け・・・バレたー!!
しかし、バラシた直後のフォールでまたもやドンッ!とバイト!今度はしっかりと追いアワセも入れファイト体勢に!

ポンピングしながらガンガン寄せて来ると魚は浮いてこないまでも割りとすんなり寄ってきた。
獲れるかも!と油断した瞬間、魚が足元の根に目掛けて一直線に突っ込み、途中ベールを2回フリーにして根から出そうとするも100lbリーダーをズタズタにされラインブレイク・・・

ヒットしたのは恐らく良いサイズのカンパチ、潮が引いて初めて見えたのですが自分の立ち位置からだと足元が丁度根の張り出しでオーバーハングしておりそこにすんなり入られて切られた模様。。
その後、ついに雨が降り出し土砂降り状態に。。

IMG_7206

船長が様子を見に来て午前中にブリが連発していたポイントが空いたから行ってみよう!という事で本日2度目の磯替え。
「二並島」にてキャスト開始!しかし、この頃からは爆風になりキャストもままならない状態に。。

IMG_7188

その後ほとんど休むこと無くキャストを続けましたが午前中に爆釣した青物はすでに居なくなっており、沖合いにはイルカの大群が・・・
最後に磯際で沸いたカツオらしき単発ナブラに翻弄されて終了。

結果は3人ともボウズ・・・やはり青物甘くはないです!
悔しさを胸にリベンジを誓って沖ノ島を後にしました。

IMG_7136

そして港へ帰ってから自分達の魂が抜け切った様な表情とは反対に他の釣り人は皆満足げな表情。
とくにグレ狙いのフカセ釣りの方が写真の50cmオーバーの尾長グレを筆頭に凄い釣果をあげておられました!

IMG_7145

そして自分達以外に乗っていた午前中に青物を爆釣したルアーマンのお客さんは釣れすぎてクーラーに入りきらないので早上がりして宿に戻られたとの事。
羨まし過ぎる・・・しかしなんとそのお客さんからブリを頂いちゃいました!笑アリガトーゴザイマス!

頂き物のブリで自分達が釣ったかのようなブツ持ち写真を堂々と撮影!笑
(※他の釣り人から頂いた物で釣果ではゴザイマセン・・・)

IMG_7143

青物初挑戦の友人には厳しい釣行になりましたが逆に考えればこれ以上厳しい釣行はそうは無いのでご安心を。笑
帰りは沖田先輩に門限があったので道の駅や釣具屋への寄り道は無くコンビニに寄ったのみでトンボ帰り!笑

たくりん、沖田先輩お疲れ様でした、次回は天気が良い日にまたリベンジしましょう!

九頭竜川解禁日へ初挑戦!(エース池内釣行記)
2016年02月05日(金)

2月1日
北陸福井の一級河川、サクラマスの聖地、九頭竜川の解禁日!
この日は全国からサクラマスフリークがここ九頭竜川に集う、そんな解禁日に初めて参加してきました。

自身2度目、3年振りとなる九頭竜川遠征の同行者は青物遠征でもお世話になっている破魔矢さん
トラウトも渓流から本流まで精通していて九頭竜川にも遠征を繰り返し釣果を上げられているのでかなり心強いです。

1月31日
仕事終わりのPM10:00に広島ICから山陽道に乗り中国道、名神道、北陸道を経て福井を目指します
道中、滋賀に入り伊吹山付近は気温がかなり低く雪も多い地域ですが暖冬、除雪のおかげで心配していた雪は路肩にあるだけ
しかし夜明けまでは雨の予報通りこの辺りから雨が強く降ってきました、この時期に雨の釣りは辛いと思っていると福井に入った頃には雨は止み一安心。

AM3:30に越前フィッシングセンターさんに到着
九頭竜川の情報発信元になっているこのお店は解禁日前夜はオールナイトで営業されており、こちらで遊漁証を購入し情報収集もできる県外からの遠征組にとってはかなりありがたいお店です。
越前さんのマップを見ながら朝一に入るポイントを選定、高屋橋上流左岸の通称、護岸と呼ばれているポイントに入る事に。

そしていよいよ3年振りの九頭竜川へ!
初九頭竜川遠征ブログはコチラ→http://pagos.jp/?p=59665

IMG_5580

AM6:30、ポイントには既に3人の先行者が入られていたので挨拶を交わし空いている場所へ入る。

IMG_5565

雨が止み北風が強く、自分たちのいる左岸からだとアゲインストでの釣りを強いられる
しかしこのポイントは流芯、ブレイクが左岸側にぐっと寄っているので右岸からだと殆ど釣りにならない。

IMG_5569

気温はマイナス1℃、強い北風も手伝って体感温度はそれより低く感じる中サクラマスとのコンタクトを求めキャストを繰り返す
この寒さは予想していたのでしっかり着込んだ身体は寒くないが露出している顔と特に指先が感覚が無くなる程寒い・・・

九頭竜川では下流に位置するこのポイントは水面を見るだけでは流れは緩く変化も乏しい様に感じるが
ディープダイバーをキャストしてみるとかなり流れが効いていてブレイクもはっきりと入っており変化に富んでいるのが直ぐに分かる。

釣りを開始して40分位たった頃、それまで分厚い雲に覆われていた太陽が一瞬の雲の隙間から顔を出し光量が上がった
そのタイミングで破魔矢さんの方を見ると丁度キャストしリーリングを始めていた、自分もキャストを開始した時
破魔矢さんが押し殺した様な声でヒット!と発したので振り向くとロッドがベリーまで絞り込まれグングンと首を振っている!
しかし、その直後にフックアウト・・・残念!フックアウト直後の一枚には悔しそうな表情を浮かべる破魔矢さんの姿。笑

IMG_5567

天候の変化で一時的にサクラマスのスイッチが入る事はこれまで色んな人から聞かされていたので知ってはいたが、まさか目の前で絵に描いた様にヒットするとは・・・驚)
その直後に対岸下流で立て続けに2本、自分たちの上流で釣られていたアングラーに1本サクラマスがキャッチされました。
満潮時間のタイミングも重なっていましたがやはり天候変化パワー恐るべしです。。

その後は気配が無くなり気分転換も兼ねて上流へ移動
福井大橋上流左岸、通称水道局前と呼ばれるポイントへ
九頭竜川でも上流に位置するのこのポイントは地形変化に富んでいて写真で見ても分かる通り流れも複雑
流速は早く使用できるルアーもおのずと限られますが攻略し甲斐のあるポイントです。

IMG_5573

なんと!このポイントでは既に対岸から攻めていたアングラーが羨ましい事に60センチはありそうなサクラマスをキャッチして記念撮影されておられました!

IMG_5576

自分も一通り流させてもらいましたがサクラマスからのシグナルは一向に無く
移動を前に悔しい表情を押し殺し記念写真を一枚。笑

IMG_5651

北陸の日没は早くPM4:00には夕マヅメの雰囲気に、その後は中流の実績ポイントのひとつ、JR下流右岸でストップフィッシングを向かえました。

福井といえば釣りの次に楽しみなものは食!とにかく食べ物が旨い事は一度訪れた釣り人の中では有名な話。
3年前に訪れた時の昼食は名物ふくしんのソースかつ丼を頂きました

今回は九頭竜を訪れた釣り人のブログやフェイスブックなどでも良く目にするヨーロッパ軒に行ってみました。
昔ながらの洋食屋さんで2人ともソースかつとデムハンバーグのAランチを注文、どこか懐かしい味で寒い中釣りを続けた空きっ腹に染み渡りました。
ちなみに定番ソースかつ丼やランチ以外にもオムライスやナポリタン、カレーなど多彩なメニューが裏面に記載されているのを注文した後に知ったのはここだけのハナシ・・・

IMG_5619 

当初、1日だけの釣行予定でしたがバラシや翌日の天候の好転も考え急遽2日目の午前中もやって帰ることに!
コンビニで翌日の朝食を買い込み車中泊にて夜を過ごします。

九頭竜川2日目
初日と違い雲も無く透き通った朝焼けの中気合を入れて川原へと向かう
気温は低いですが風が弱いだけでもかなり快適なので期待を込めてキャストを続けましたがゴールデンタイムを過ぎても何も起こらず。

IMG_5592 

時間も限られているので最後のポイントへ移動、中流域の通称前田道路前と呼ばれるポイント
雰囲気もあり先行者が居なかったのでここを最後のポイントとする事に。

真ん中の中洲で流れが二分されそれが合流して複雑な流れを形成している、水深も深くいかにもサクラマスが溜まりそうなポイント
上流には初日に多くの釣果が出ていたポイント福井大橋があり魚は必ず入っているはず。

上流に破魔矢さん下流は自分と二手に分かれ手前の流芯はディープダイバーで、対岸のブレイクはバイブレーションで刻むように丁寧に探っていきます。

IMG_5605 

分厚い流れと水流の変化が凄くいかにも出そうな雰囲気でしたが残念ながらサクラマスからの反応はありませんでした。
変化に富んだ流れが良く分かるように動画も撮ってみました!
この流れの中に何匹のサクラマスが居るのだろうか・・・

帰り道に有名ポイントの天池橋を見学して帰ることに、橋の上下に5人の釣り人が入られていました。
破魔矢さんもお手上げの様子。。笑)

IMG_5615 

これにて全力で挑戦した初の九頭竜遠征も終了、終わってみれば解禁日の越前フィッシングさんへの釣果報告数は28本!
過去15年間で一番多かった一昨年の18本を大きく上回る解禁日でした、今年は当たり年!?なのかも知れません。

そろそろ帰りましょうか。
福井北ICから北陸道に乗り帰路につきます。

IMG_5621

琵琶湖を一望できる大津SAで夕食にすることに
ここで衝撃のメニューを発見!なんとBASSバーガーなるものがありました!
見た目はフィッシュフライバーガーですがもちろん中身はブラックバスのフライになっています!
この日はお店が閉まっており購入していないので味の方は未知数です・・・

IMG_5637 

色々と迷い結局、琵琶湖カツ丼なる物を注文、甘めのソースに浸したカツと半熟卵が良く合い美味しかったです。

IMG_5635

日付が変わった頃に広島に無事到着、あっという間の2日間が終わりました。
残念ながら初の九頭竜サクラマスをキャッチする事は出来ませんでしたが解禁日の雰囲気のなか雑誌やDVDで見る有名ポイントをランガン出来ただけでもいい経験になりました!
機会があれば暖かくなってからまたチャレンジしてみたいと思います!

参考までに九頭竜までの行程を少し。
広島から九頭竜川まではの行程は片道約550km
広島ICから福井北ICまでの高速料金はETC深夜割引適用で片道7500円
途中、3回程休憩を入れても片道6時間あれば到着します

今回自分は2連休で釣行しています、興味がある方は是非九頭竜川へ挑戦せてみてはいかがですか!?


釣れていませんが・・・参考までに今回主に使用したルアーもちょこっと紹介します!
早期の低水温という事もありディープダイバーを多用しました。
・ティムコ シュマリディープ90F
・バスデイ シュガーディープ90F
・タックルハウス ビットストリームヴァンテージDMD93F
など

IMG_5657

ボトムノックして根掛りそうな場所ではミディアムディープを使用しています。
・流神 櫻雅MD90F
・タックルハウス ビットストリームヴァンテージFMD83
・ティムコ シュマリMD90F
・バスデイ シュガー2/3ディープSG92F
など

 IMG_5658

今回は九頭竜川という事で釣り人が多いことを考えあえてアユやアカキンといったド定番カラーを外した派手目なカラーが多くなっています。
その他に深場や遠投したい時にバイブレーションやスプーン(18g前後)も多用しました。

IMG_5659 

パゴスには3月の解禁に向けて続々とサクラマスルアーが入荷していますので是非ご利用して下さい!

※河川で釣りをするには必ず遊漁証が必要です。

また特に早朝から釣りをされる場合は地元住民の方への騒音の問題
地元の方の通行の妨げや農作業の妨げにならない様に駐車スペースなども考えて釣りを楽しみましょう

地磯釣行第二弾!(エース池内釣行記)
2015年11月12日(木)

こんにちは!エース池内です!

「前回の釣行」からまだ日にちが経ってませんが、釣りに行きたい欲求は高まるばかりで・・・

それもそのはず!?今回は清水の舞台から飛び降りる気持ちでニューリールを導入したんです。

嫁さんには極秘でこずかいをかき集め、足りない分はパゴスにルアーを売ってなんとかしよう・・・汗

で、買ったリールは・・・



巻取り一回転:124㎝のハイギヤタイプです!
(写真はダイワさんHPよりお借りしております。)


リールも届いたし、もう我慢の限界、あまり我慢しても身体に良くなさそうな気がしたので行ってきました!

メンバーはこちらも我慢が出来なかった破魔矢さん、オキキヨさんのいつもの青物トリオ!

この日も北西風6mと絶好の荒れ模様♪

岬の先端で振っている破魔矢さんの勇姿を撮影しようと高台に登ったら吹き飛ばされそうになる事数回。。

IMG_4763

前回の釣行からの流れで朝マヅメのゴールデンタイムにサクッと一本!と調子に乗っていましたが全く釣れず・・・汗

ゴールデンタイムが終了し、もはや移動したいモードに突入していたのですが破魔矢さんが、あと一時間しないうちにいい感じになると思うからもう少し待ってみよう~。

と言う事なので朝食をとり少休憩してふと海を見ると、破魔矢さんの言うとおりヨレが出来てイイ感じになっている!!

すぐに釣り座にもどると少し離れて隣に入っている破魔矢さんが岬の裏に行って来るというジェスチャーをして移動した。

チャンスだ!笑 すぐさまポッパーをフルキャストして3投目にルアー後方でモワッ!と出た!

手元にはなにも伝わっていないのでそのままショートストロークの食わせ系ポッピングアクションに切り替えた途端、

ドーンッ!!!

結構手前でのヒットだったので少しリーダーが根に擦れてしまいましたがオキキヨさんのナイスランディングで無事キャッチ!

少し細身な魚体でしたが長かったです!バイトが丸見えなので興奮気味に無事ニュータックルへ入魂完了!

IMG_4786

しかしイイ感じの潮流は長くは続かずその後は雰囲気が無くなったので移動!

佐田岬に精通しまくっている破魔矢さんに先ずはポイントに入ってもらいオキキヨさんと自分は別ポイントへ。

二手に分かれてリサーチしてみることに。

そして、今まで一度も入った事がない場所に。

こんな感じの山の中を20分歩いて、途中獣道に迷い込んだり。。

IMG_4757

一歩足を踏み外せば、タダでは済まない感じのこんな崖を慎重に下れば。。

IMG_4760

そこには青物の楽園が広がっていました♪

ニュータックルで調子に乗っての二本目キャッチ!

海面が荒れ過ぎていない時はダイペンが強いですねー!

IMG_4796

オキキヨさんは終始男前なビッグポッパーをキャストして一発ドカン!と出ましたが残念ながら乗らず。

破魔矢さんを迎えに行くと、ずっと沖でデカイ感じの単発ボイルが出ていたが中々射程圏内まで近づいて来なかったとの事。

しかし!破魔矢さんは僕たちと一緒には帰らず途中の温泉宿へ降ろして此方へ向かっているお仲間の方と合流して明日もう一日やって帰るとの事!驚

自分たちは破魔矢さんと別れまっすぐ帰ることはなく、恒例の釣具屋巡りをして帰ったのが10時過ぎ・・・

そして翌日、破魔矢さんからしっかり青物をキャッチした写メが送られてきたのは言うまでもありません。笑
(翌日の釣果なので小さな写真で。笑)

IMG_4817

破魔矢さん、オキキヨさん、お疲れ様でした!次回もよろしくお願いします♪



ここで地磯で釣りを楽しむために守らなくてはいけないマナーやルールを少々。

※ローカルルールでは先行者がいた場合はそのポイントはスルー。
もしくはポイントにキャパがあり先行者の承諾を得られた場合は必ず先行者の後追いでポイントに入る事になっているようです。

※ポイント入口付近は、常に広い駐車スペースがあるとは限りません。
地元の方の通行に迷惑をかけないように、停め方も気をつけなければいけません。
また青物シーズンとミカンの農繁期が重なり、ポイントへの入口付近にミカン畑があることも多いため、農作業の邪魔にならないように注意しましょう。

※釣果より先ずは安全第一!くれぐれも無茶な行動はせずに天候変化にも気を配りながら安全装備を整えて釣行しましょう!

佐田岬や地磯の釣りに限らずどの釣りにも言えるような基本的なマナーやルールなので楽しく釣りをするためにも気をつけたいですね!

今シーズン初の佐田岬遠征!(エース池内釣行記)
2015年10月30日(金)



こんにちは!エース池内です!

一昨日の28日はお休みだったので今期初の愛媛県・佐田岬へ青物を狙って釣行してきました!!

メンバーはいつも青物釣行をご一緒させていただいているお客さんの破魔矢さん、オキキヨさん、自分の3人です。

佐田岬では晩秋から初冬にかけて北西風が強くなってくるとベイトの鯵が磯際へ溜まりやすくなりそれを狙って青物も接岸しやすくなります。

この日は風も潮も今年一番の予報でしたので沖磯ではなく佐田岬の地磯へ釣行する事になりました!

広島から佐田岬までは片道約4時間の道のり、日付が変わる前に広島を出発して早めに現地へ入り仮眠して夜明けを待つことに。

駐車場所の風はたいした事がないですが月明かりで照らされた海面を見る限り今まできた中でもナンバーワンのうねり方。

そして辺りが薄明るくなって来たので準備を整えて磯へ下ります、最後のカーブを曲がった瞬間、風に向かって息ができない程の強烈な向かい風が!

ウォーリーを探せ!状態のこの写真をご覧ください!笑


沖はババ荒れ、手前は大サラシです!岩の上にちょこんと居るのが自分です。

しかしこのポイントではこれくらいの風があった方がベイトが溜まりやすく青物の活性も高まるので安全第一で気合を入れてキャストを続けます!

IMG_4550 

どれだけの爆風か分かり易い動画を撮ったので載せてみました!


そして、爆風にも負けない100g近いポッパーをキャストしていた破魔矢さんにドーンッ!!!

実はこの魚の前に開始早々8kgオーバーのナイスサイズもキャッチしていましたが釣り座が離れていたので写真を撮っていませんでした!

なのでこちらは2本目!!驚

IMG_4443 

破魔矢さんの居る釣り座は自分たちの居るところより少し沖に突き出ていて潮目も近いですが風も2倍強いです!

釣り座を替わってもらい気合の入ったキャストが続きます!

IMG_4533

その後、潮止まり前に風が弱まりウネリが収まってきたタイミングですポッパーからダイペンに変えての3投目。

S字ダイブを繰り返すルアーに水柱がドーンッ!!!

その前にポッパーにバイトがあり早合わせでスッポ抜けていたので今度は一呼吸おいてグリップをしっかり脇に挟み思いっきりフッキング!

手前にシモリだけ気をつけてファイトし引き波に乗せてズリ上げランディング成功ー!!

ウエイトはボガグリップの測定で6kg強、シーズン初の佐田岬フィッシュには十分です!

破魔矢さんにブツ持ち写真も撮っていただきました!アリガトーゴザイマス!

IMG_4397

その後、潮止まりを迎え一気に生命感が無くなりました・・・

このタイミングで破魔矢さんと自分は休憩をかねて魚を担いで一旦車まで戻る事に。

破魔矢さんは十分満足したのでここで納竿、自分は昼食を取り少し休憩しているとオキキヨさんから着信が。

電話口で興奮した様子で今、トップで連発で出だしたから早く戻ってきなさい!との事!

自分が戻ってみるとまた静かな海に戻ってましたがオキキヨさんがキャストしているポッパーに連続バイト!

そして遂に!オキキヨさんにもドーンッ!!

新調したロッドをガッツリ曲げてランディングしたのは90㎝のナイスサイズ!オメデトーゴザイマス♪

IMG_4422 

同じタイミングで自分もポッパーで本日二度目のドーンッ!!

IMG_4534

この日は無事全員安打でトータル40kgの釣果でした!帰りの山道があるのでリリースもしています。

参考までに広島から佐田岬までの交通費ですが高速料金+ガソリン代でトータル20000円ちょっと。
3人でのワリ勘だと一人約7000円、燃費の良い車や高速料金の割引などでまだ安くなるとは思いますが大体この位です。
遠征にはなりますが何人かで行ければ意外と1お財布にも少し優しく済みます!

最高の佐田岬シーズン開幕でしたがこれからは沖磯も熱くなってくる季節です!

破魔矢さん、オキキヨさんお疲れ様でした!今から忙しくなりますねー、またお願いします!


chain131_thumb13
同じくマリホ店スタッフの青物馬鹿wwブリトリー酒田も瀬戸内でやらかしています!
ブリトリーの鰤捕り釣行記はコチラ→http://pagos.jp/?p=94770

四国、瀬戸内、山陰全域で青物がハイシーズンに突入しています!

マリホ店では青物用品を色々と取り揃えていますのでタックルや釣り方はお任せください!

佐田岬では外せないスミス・A-CUPやヒラマサに効くメロン屋工房・TWZ165Fも仕入れています!

DSC04474

爆風下でも飛距離が出てコノシロやアジなど大型のベイトに着いた青物に激効きのビッグミノーも取り揃えております!

タックルハウス・K-TEN175は少しチューンするとより使い易くなるので気になる方はブリトリー酒田にバンバン聞いちゃって下さい!

DSC04475

リング、フックなどもガッツリ入荷しています、大物には万全のタックルで挑みましょう!!

DSC04476

分からない事や気になることなどありましたらマリホ店には青物馬鹿なスタッフが2名ほど居ますので何でもお聞き下さい!