釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

初地磯釣行!(ブリトリー酒田釣行記)
2017年12月02日(土)

みなさんこんにちは!ブリトリー酒田です☆

今回は瀬戸内の鰤は少しお休みして、山陰へヒラマサを狙いにいってきました!!

今まで何度か行こうとしたのですが、天候不良で中々行けず、やっと今回念願の初釣行です!

一緒に連れてってもらったのはお客様のWさん!

Wさんはここ最近何度かヒラマサをキャッチされており、右も左も分からない自分をアシストして頂きました♪

朝3時前に集合し、いざ山陰方面へ!!

片道2時間程の道のりもワクワクしながら進むとあっという間でした♪

暗いうちから準備を済ませ、山道を下り目的のポイントへ!

20分ほどの山道を降りるとそこには・・・

先行者の方々・・・(´・ω・)

仕方が無いのでまた山道に戻り、もう一つ隣の磯へ。

普段全然運動していなかったので、着いてからはとりあえず休憩w

ゆっくりしてると、あたりもうっすら明るくなり始め、急いで準備します。

磯で迎える朝マズメの雰囲気にテンションがあがり、フルキャストを続けるもマズメは何も起こりませんでした・・・

日も昇り、明るくなった所で沖に鳥の群れが・・・!

よーく観察してると、その下ではそんなに大きくは無さそうですが、何かが捕食されている!

近づいてこんかなー。と思いながらキャストを続けていると本間に近づいてきた笑

あちらこちらで何かが何かに追われていますが、何を投げても反応しませんでした・・・(*_ _)

溢れる生命感にテンションはMAXになりましたが、徐々に生命感も無くなりまた移動!

防寒着が本気でうっとおしくなるぐらい汗をかいて、最後のポイントに到着!!

またまたちょっと休みながらも準備していると、既に先に釣りを始めていた体力∞のWさんのすぐ背後で良型の魚がボイル!!

「Wさーん!後ろ!後ろ!」と叫ぶと、Wさんが「ヒラマサです!」っと!!

しかしWさんはスズキを狙っていたので手にしているのはライトタックル・・・

それでも直ぐに投げ込んでいましたがヒットには至らず・・・

でもこれで2人のヤル気は上がり、青物タックルでキャストし続けます!!

IMG_1805

そしてしばらくするといきなり自分が投げていたペンシルにドーン!と水柱が!!!!!

マジかー!と思いながら合わせを入れ、Wさんに出ましたー!と伝え、ハンドルを何回か巻くとまさかのバラシ・・・

サイズなんか全然分かりませんでしたが、まさかのヒットにビックリ&手が震える・・・

きっとヒラマサだと思います・・・分からんけど・・・笑

デカイのなんか掛けてしまったらどうなることでしょう笑

そしてその後はWさんのペンシルをぼーっと見ているとチェイス!がありましたが惜しくも喰い込まず・・・

思いっきり2人とも見ていたので興奮しました!!

そんなこんなでその後は雨が降ろうが風が強くなろうがとにかく投げ倒しましたが、何も無く終了・・・

IMG_1807

やっぱりそんなに甘くないですよね!でもワンバイトあっただけでも幸せに釣行を終えることができました♪

メッチャ悔しいですけど次回に持ち越しですъ(゚Д゚)

 

っと言う事でそんなに日も経たない内に、マリホ店の池内店長を誘ってリベンジへ!!笑

釣行前日の夜にはもう前回の事が頭をよぎり寝られない!

IMG_1820

先にリベンジしていたWさんからは、こんな写メが・・・

ウラヤマしすぎる・・・

そして当日!超寝不足で1時間弱程遅刻して合流!

池内さんゴメンナサイ(´;Д;`)

前回行ったポイントを目指します!

ゆっくりと現地に到着し、道を3回ぐらい間違えながら笑何とか到着!

IMG_1799

朝マズメから昼前ぐらいまで投げ倒しましたが何も有りませんでしたw

と言う事で移動して、次のポイントへ!

IMG_1823

潮目も寄っており沖では無数の鳥たちが・・・

近づいてこんかなーっと思っているとホント近くまで寄ってきたのですが、何を投げても反応なし・・・

イワシは沢山いて雰囲気はあったんですが・・・また近いうちにリベンジしようと思います!

そして帰りはお魚センターに寄って帰ろうと車を走らすも・・・

IMG_1826

定休日・・・w

寿司が食いたい!っとなって携帯で調べてみるとこちらも定休日・・・w

IMG_1827

仕方が無いので定食食べて帰りました笑美味かったです♪

毎回焦らされてばっかりですが、釣れるまで通ってみようと思います!

もちろん瀬戸内の鰤も行きますよー!!

以上釣行記でした☆

今年一発目の佐田岬釣行!(エース池内釣行記)
2017年10月31日(火)

こんにちは!エース池内です!

昨日はお休みで山陰沖磯でヒラマサ狙いの予定だったんですが台風明けで荒れていて渡船が欠航。。
地磯も考えましたが現地に行ってみてポイントに立てないほど荒れていたら釣りが出来ない。。

前日に色々と考えていたら最近タックルを揃えられ青物にハマり始めているお客さんのKさんが来店。
Kさんも翌日は休日と言うことなので一緒に釣行する事に、天気予報を見ていたら佐田岬にバッチリな風向き&爆風♪
Kさんからは行きましょう!と速攻で返事が、Kさん2度目の青物釣行でいきなり遠征です!笑)

一昨年の同じ時期に良い釣り出来ていたのでそろそろ始まっていてもおかしくない!
一昨年のブログはコチラ→https://pagos.jp/?p=94877

0時に待ち合わせしてKさんの車で広島を出発。
途中通行止めなども無く4時頃に無事ポイントに到着!
佐田岬のローカルルールではポイントの優先権は駐車場に到着した順番なのでまずは一安心。
磯までの山歩きがあるので安全に下りれる時間になるまで仮眠して待ちます。

岬といっても四国最西端の佐田岬はかなり広大で日本一細長く
根元の八幡浜市から先端の佐田岬灯台までは車で1時間ちょっとかかります。


IMG_5071

辺りが明るくなり始めた6時前に準備をし釣り場へ降りていきます。

磯へ下りると風速12mの強風&ウネリで凄い迫力です!
磯際にはベイトの群れも居て中々の好条件!サラシを見たKさんはヒラスズキが出そう!と興奮。笑)

時折来る大波に注意をはらいながら釣り座を決めキャスト開始!
Kさんは前日パゴスで買ったもらった「KM工房 ティンバーファット」で釣ってやる!とやる気満々!

IMG_5043

二人とも意気揚々とキャストを繰り返しますが一時間以上が過ぎても魚からのシグナルは無く。
風だけは強さを増して頭から豪快に波を被る事数回。。

シモリ際を意識して通していたポッパーの後方でバイト!しかしルアーには触っていない!
そのままアクションを加えるとドーンッ!!!っとバイト!
しっかりロッドに重さが伝わってからリアグリップを脇に挟んでがっつりフッキング!

強烈な引きを堪能しながらファイトしますが左側にでた根に回りこまれラインがズリズリと擦れる嫌~な感触が!
立ち居地が限られていて大きく動けないのでベールをフリーにしてラインを送ります。
2、3回ベールフリーでラインを出してやると運よく根から出てきてくれました!

少し離れているKさんを呼んでダイレクトカスタムデザインのサソリギャフでがっちりランディングしてもらいました!
シーズン一本目は特別嬉しいですねー☆
Kさんランディング&写真ありがとうございます!もはや恒例のガイドが先に釣ってしまうやつです。 笑)

IMG_5040

Kさんもハイテンションでキャストを繰り返します!

IMG_5051

刻々と表情を変える海!風向きが変わりウネリが正面から入るようになって来ました。
釣り座も徐々に後退させられポイントを移動します。

IMG_5057

移動した先も想像以上に波が高く、わずか数投のみで高低差がある山道を登り下りしただけで終了。。
少し時間があいたので朝一に釣ったポイントへ戻ると少し波が落ち着いている!

海面には時折潮目も出来て雰囲気もある!
朝とはお互いの立ち居地を変えてキャスト開始!

真横からの爆風でもラインを引っ張って行ってくれる80gのポッパーに交換してのキャスト数投目・・・
いきなりポッパーが巨大な水飛沫とともに消え完全に向こうアワセでファイト開始!
しかし数秒でラインブレイク・・・PE結束部ではなく100LBのナイロンリーダーがやられてました。。

フッキングから一部始終を見ていたKさんも朝の魚よりかなりロッド曲がってましたね・・・とポツリ
デカイ魚が獲れなかったのともう廃盤で買えないルアーを失ってダブルで悔しいです!

IMG_5062

この後もリーダーを組み直し二人とも無我夢中でキャストを繰り返しましたが、風向きが変わり頭から波を被り心が折れて昼過ぎにストップフィッシング。
帰りに「道の駅伊方きらら館」で佐田岬名物のじゃこ天とじゃこカツを堪能!←ホント美味しいのでオススメです☆

IMG_5072

栗+バニラのソフトクリームも美味しかったです♪

IMG_5075

Kさんは抹茶味を注文しましたが何故かソフトクリームでは無い形の物が。笑
味は美味しかったみたいなので良かったです♪Kさんご馳走様でしたー!

IMG_5074
獲物のブリはKさんと片身ずつ山分け♪
佐田岬はシーズンに入り、これから釣果が上向いてくると思うので楽しみです!
Kさんお疲れ様でした!次は近場でリベンジしましょうね!笑

ここで地磯で釣りを楽しむために守らなくてはいけないマナーやローカルルールを少々。
※佐田岬のローカルルールでは先行者がいた場合はそのポイントはスルー。
もしくはポイントにキャパがあり先行者の承諾を得られた場合は必ず先行者の後追いでポイントに入る事になっているようです。


※ポイント入口付近は、常に広い駐車スペースがあるとは限りません。
地元の方の通行に迷惑をかけないように、車の停め方も気をつけなければいけません。
また青物シーズンとミカンの農繁期が重なり、ポイント入口付近にミカン畑があることも多いため農作業の邪魔にならないように注意しましょう。

※釣果より先ずは安全第一!くれぐれも無茶な行動はせずに天候変化にも気を配りながら安全装備を整えて釣行しましょう!
佐田岬や地磯の釣りに限らずどの釣りにも言えるような基本的なマナーやルールなので楽しく釣りをするためにも気をつけたいですね!


7bdc71b2794d_thumb


outdoor

tenpo2

皿鉢料理に感動!高知観光とティラピア釣り!(エース池内釣行記)
2017年10月28日(土)

こんにちは!エース池内です。

台風が去って久しぶりの快晴に恵まれた25日
いつも釣行をご一緒していただいているお客さん3名と四国へ行ってきました!

早朝から広島を出発して瀬戸大橋を渡り目指すは坂本龍馬と広末涼子の故郷、高知県! 

 IMG_4985

今回の目的は青物でもなく、アカメでもなく・・・

がっつり観光!!(笑)

たまには釣りだけではなく観光もアリではなかと。。(笑)
もちろん最低限のタックル一式は持って行きますので観光中に釣りもする予定です!

まずは高知市から西の須崎方面を目指し太平洋を望む黒潮ラインをのどかにドライブ♪
サツキマスやアカメでも有名な清流「仁淀川」を渡り土佐市に入った所でデッカイ鯨が出現!
何故か子鯨を背中に乗せております!(笑)
早速観光客感丸出しで記念撮影♪(組み体操風ポーズ。笑)

IMG_E4836

数年前に訪れた漁港でメッキを釣った記憶を辿りながら竿を出してみましたが台風の影響で濁りが入り無反応。。
高知市内に戻りながら地元の釣具屋さん巡り、地域毎に品揃えが違う釣具屋さん巡りは楽しいですよね~♪

どこの釣具屋さんも店内に飾ってある魚拓や釣果写真が凄い!
40kgのカンパチや90cmオーバーのヒラスズキなどなど!

なかでも高知と言えばもちろんアカメ!
138cm/38kgのデジタル魚拓は凄かったです・・・

IMG_4835

個人的にアカメに匹敵するくらいの迫力を感じたのはコチラの魚拓!
タイリクスズキ121cm/15kg!もの凄い太さ!
こんなのが泳いでる高知ってやっぱ凄いです!!

IMG_4833

釣具屋さん巡りの後は高知市内の名店「土佐料理 司 本店」さんで昼食。
創業なんと大正6年の老舗です!千と千尋の神隠しに出てきそうな店構えに趣を感じます。
今回の旅の目的、高知県の郷土料理の「皿鉢料理」を堪能しちゃいます!

IMG_4841

皿鉢料理は要予約なので数日前に電話で予約済み。
緊張しながら店内に入ると「ご予約4名様の池内様ですね、お待ちしておりました。」と女将さんらしき人が出迎えてくれました。

そして少し待っていると、いよいよ奥から皿鉢料理が運ばれてきました!
大皿に豪快に盛られたお造りやサザエ、ウチワエビなどなどインスタ映え間違いなしです!(笑)

IMG_E4852

カツオのタタキは説明不要の美味さ、中でもびっくりしたのがグレの炙り!歯ごたえがあり脂が甘く最高でした!

IMG_5019

皿鉢料理を堪能した後は腹ごなしに高知市中心部を散策。
お土産物をみたりしながらぶらぶらしているとテレビインタビュー良いですか~?」と声を掛けられました。(笑) 

IMG_E4906
なんだかんだ観光しているとあっという間に夕方に。。
せっかく高知まできたので何か釣りたいね~って事で昔の記憶を辿りながらグーグルとナビを駆使してやってきた水路。
そーっと水面を覗き込んでみると・・・大小様々なサイズの独特なシルエットの魚がおるおる!

早速準備!と言っても仕掛けはウルトラシンプル!
トラウトタックルの糸の先にマス針を付けただけのノーシンカー!(笑)
コンビニで買ってきた食パンを練り練りして針に付けてキャスト。

IMG_4883

食パンの沈下速度に合わせてラインを送り込んでいくと・・・
ガンガン当たってきます!小型のバイトを無視して待っていると、ゴゴン!とデカそうなバイト!

重量感のあるファイトの末に上がって来たのは・・・
ティラピア!!!
初めて釣りました!

IMG_E4963

アフリカ原産のお魚で昔はイズミダイなんて名前で養殖もされていたみたいです!
デカイやつは色が凄い・・・ウィキペディアで調べると食味は非常に美味とありました。

IMG_E4874

長いヒレや独特の模様に熱帯魚感がハンパないですね~
温排水や温泉地など真冬でも水温10℃を下回らない環境で繁殖しているそうです。

IMG_4871

お客さんのオキキヨさんともダブルヒット!
それにしてもヒレの大きさと模様が凄いです!
皆さん数匹釣って満足♪残った食パンと針を近くで釣っていた中学生に差し上げてちょい釣り終了です。

IMG_5013

夕食は「ひろめ市場」でご当地グルメを堪能!
夜は初めて来ましたが昼より賑わっていました!

IMG_4900

カツオは注文が入ってから藁焼きにしちゃいます!
藁をどんどん追加して~♪

IMG_4885

軽いボヤ並みのファイヤーに!(驚)

IMG_E4887

塩タタキ定食をあまりの美味さに写真を撮り忘れるほど夢中になって食べちゃいました!
帰りに浦戸湾に注ぐ支流を橋の上からチェックしてみると、しっかりとアカメの姿を確認出来ました♪

朝から夜までしっかり遊んで、広島まで3時間の道のりを交代で運転しながら帰路につきました。
ブログを書くのに写真をチェックしていると、観光客お決まりの顔ハメ写真もかなりの枚数撮ってました。。(笑)

IMG_4994

遠征釣行もいいですが、たまにはゆる~い釣りと観光も良いなと思いました。(笑)

ご一緒した皆さんお疲れ様でした!来年はアカメ狙いと高知グルメツアーで行きましょう!

最後の川歩き。(エース池内釣行記)
2017年09月30日(土)

9月29日、今季ラストとなるトラウト釣行へ行ってきました。

気温は20℃、渓流の澄み切った空気、ウェーダー越しに伝わる水の冷たさからも秋の深まりを感じる。
今年最後の川歩き、一本一本の流れを噛み締めるようにラスト釣行はスタートした。

IMG_4454

流石にシーズン終盤、人目に付き易い場所はどこも魚からの反応は薄い。
川が蛇行して道から外れたり、エントリーにてこずる様なポイントに入ると直ぐに反応が返ってきた。

IMG_4450

ハイシーズンであればなんとも思わないこんな可愛いサイズでも、秋の魚は別格。
小さな体もしっかり秋色に染まっていて一尾一尾、見とれる様に写真に収めていく。

IMG_4463

支流を夢中になって遡上していき気が付けば頂上付近。
分水嶺に差し掛かり別の支流へ移動した。

IMG_4448

ひと際透明度の高い、里川の雰囲気が癒される支流では艶やかなヤマメが遊んでくれた。

22050159_1297465220383229_273102198928980481_n

パーマークのコントラストもくっきり、どのヒレもピンッと張りがあり傷ひとつ無い綺麗な魚に見惚れる。

IMG_4460

少し釣り上がると反応がパタッとなくなったので遅めの昼食を取りながら夕方に入る川を模索する。

入口から薄暗くひとりでは心細く今まで入渓を躊躇っていた支流に入る事に。
いざ入ってみると入口の薄暗い区間は直ぐに終わり、木々の隙間から日が差して奥は思ったより明るかった。

ここの支流は他より2℃ほど水温が低い。
赤い差し色が入った綺麗なヤマメが秋の付き場から飛び出してきた。

じっくりと1kmほど遡上してみましたがこの後、一尾のヤマメを追加して薄暗くなってきたので終了。

IMG_4453

帰り道に本流の気になる場所を数箇所摘みながら打っていく。
渓流ロッドでは心細い様な流れで大き目のミノーをターンさせた瞬間にドンッ!と何かがバイト。

そのままロッドを起こす事ができずに魚体に巻かれラインブレイク。。
正体不明の衝撃にしばらく手の震えが収まらず、その後少し粘ってみるもその一発限りでした。

IMG_4465

最後は本流上流部で夕暮れの中、上流から何かがドンブラコと流れてきた。
一瞬何かの木の実?と思いましたが独特なシルエットにすぐ気が付きました。

この時期にしてはかなり珍しいカブト虫の雌!

カブト・クワガタ好きな自分に渓流の神様が勘違いしてラストにカブト虫をプレゼントしてくれたのかもしれませんね。笑
このカブト虫を近くのナラの木にそっと返して今シーズンの釣りは終了。

IMG_4470

最後も綺麗な川で気持ちよく釣りが出来た事に感謝しつつ収竿。

今年も早春のサクラに始まり春から初夏はサツキ、その後は渓流と2017シーズンもあっという間に過ぎていきました。
大きな怪我やトラブルも無くシーズンを過ごせた事に感謝します。

年が変わればシーズン開幕は意外と早く訪れます、2018シーズンも先ずは早春のサクラマス!
トラウトアングラーの皆さん、一年お疲れ様でした!来シーズンも一緒に夢を追いかけて川に立ちましょう!

goodbye2017stream

2017青物遠征シーズンスタート!(エース池内釣行記)
2017年09月25日(月)

こんにちは!エース池内です!

だいぶ気温も下がってきていよいよ秋本番!ってカンジになってきましたね♪
21日に今季一発目の青物遠征に行ってきました!

ふと、最後に青物釣行記を書いたのはいつ頃かな~?と思って過去の釣行記を見ていると最後に書いたのがなんと!約一年前でした。。(汗)
その一年前の釣行記はコチラ→https://pagos.jp/?p=109889

今回は偶然にも一年前の釣行記と同じ四国南西部は愛媛県・中泊エリアの沖磯へ釣行してきました!

IMG_4211

今回ご一緒させていただいたメンバーはいつもお世話になっている破魔矢さん、オキキヨさんのお二人。
実は二日前にも同じ磯に釣行されたお二人、かなりイイ釣りをされて満足されていましたが、その釣果に触発された自分が今回無理を言って釣行日程を組んで頂きました!
前々日の深夜に広島へ帰ってきて翌日は一日お仕事をしてからその日の夜に再び四国へ出発!と考えただけでもドッと疲れそうなスケジュールを組んで頂いています!(汗)

IMG_4183

広島からの道中。
期待に胸が膨らむ自分と一昨日通ったばかりの道を引き返しているだけのお二人との温度差を感じながら・・・(笑)
5時間ちょっとかけ出船場所の愛媛県・愛南町中泊に到着。

今回も去年と同じく「しば渡船」さんにお世話になりました!

今回は3人での釣行なので二手に分かれて渡礁することに。
オキキヨさんは水道ど真ん中に位置するナカバエという瀬に、破魔矢さんと自分は一昨日も好調だったコデ島の西に渡礁しました。

IMG_4207

ベイトはキビナゴ、中層から上での反応がほとんどなのでジグよりプラッキングに分があり!と一昨日得たばかりの超新鮮なヒットパターンを教えて頂きスタートフィッシング!(笑)
岬の先端で振られていた破魔矢さんのポッパーに早速カンパチがバイト!しかし直ぐにフックオフ・・・

その後、見切りの早いカンパチ相手に立ち位置を変えたりルアーローテーションを小まめにして50cm前後のカンパチをキャッチ!

IMG_4187

自分は沖の潮目でバイトを繰り返すエモノをやっとフッキング!
派手なジャンプを繰り返しながら上がって来たのは・・・

ダツ!!(特大サイズ)


瀬戸内でチヌのトップゲームの最中などに釣った事のあるサイズとは比べ物にならないゴン太サイズ!(笑)
リーダーとプラグがズタボロになる事を除けばバイトもド派手でナイスファイターです。

IMG_4279

破魔矢さんもカンパチのバイトが遠のいた頃にダツラッシュ!
ベイトが居る事の証拠って事でプラスに捉えよう!ということでした。(笑)

IMG_4195

そして自分にも本命のカンパチがヒット!
男女群島や太平洋のオフショアで見るようなカンパチと比べると可愛いサイズですがキビナゴをたらふく捕食しているのでこのサイズでも脂が乗ってかなり美味いらしいです♪

IMG_4276

そして離れた場所で釣られていたオキキヨさんは朝一にワンキャストワンバイトで連発したそうでかなり楽しめたそうです!

IMG_4294
IMG_4288

釣ったカンパチからフックを外している最中にも捕食したばかりのキビナゴを吐き出していました!

IMG_4285

BOXに忍ばせておいた「バサロHD」を潮が緩んだタイミングで投入!
一投目からフォールでゴゴゴンッ!!とアカハタがひったくる様にバイト!
※こちらの釣りも楽しく夢中になり過ぎて青物の時合を逃す恐れがあるので要注意です!(笑)

IMG_4189

その後、終了間際には磯際を2mオーバーのサメの群れが回遊し出し、反応がパタッと遠のきストップフィッシング。
オキキヨさんの方はカンパチを血抜きしているとサメが寄ってきて最後まで磯から離れてくれなかったそうです。。(怖)

 何故か海と隔離されたタイドプールに優雅に泳いでいるハリセンボンさん。
※背ビレをパタパタして泳ぐ姿は中々の癒し系です、背ビレが奏でる音声もお楽しみください♪



恐らく釣り人に釣られてタイドプールに放たれたようで破魔矢さん曰く一昨日から居るそう。(笑)
可哀想なので救出して海に逃がしてあげた所、かなり寒そうにしておりました。。(笑)

そしてそこから広島までまっすぐ帰宅。はもちろんせずに道の駅や釣具店に寄り道!
最後は松山市内の名店でこれまた一年振りの絶品焼き鳥に舌鼓を打って帰宅♪
この寄り道も遠征釣行の楽しみの一つです♪

IMG_4240IMG_4247

今年も青物遠征のシーズンがやってきました!
日帰りでも十分非日常的な釣りが楽しめる沖磯遠征、かなり楽しいですよ♪


破魔矢さん、オキキヨさん今回は四国ピストン釣行お疲れ様でした!
次はどこ行きましょう?色々と妄想しながら楽しみにしておきます♪

7bdc71b2794d_thumb
「釣具全品」&「アウトドア用品」全力買取中です!!!
ルアー1個、オモリ1個からでも買取OKです♪査定はもちろん「無料」ですので使わなくなった釣具、キャンプ用品は是非パゴスまでお持ち下さい!
tenpo2
outdoor