釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

あの魚を調理した件(ネイティブ沖田調理編)
2017年11月14日(火)

こんばんはネイティブ沖田です。

ここ最近のネイティブ沖田の釣果は「ホゲ」連発で、魚の引きを忘れた日々を過ごしておりましたが!?
ある日、突然釣りのお誘いが!
「これは行くしかないぜ!」とせっせと準備をして出発。

結果、何とか本命をゲット!

前々から釣りたくて釣りたくてウズウズしておりましたが、日程を組めば悪天候続きで行かれずじまい。
念願かなってやっと釣れれたこの魚。

さて何の魚でしょうか?

※因みにオススメ調理法は「一夜干し」と言う事でこんな感じになりました。
自身久しぶりに魚をさばきました。

IMG_4654

一部焼き過ぎた部分がありますが気にしないで下さい。
しかし、写真を見るだけで美味しそうな感じが伝わりませんか!!

IMG_4657

正解は「クロムツ」でした。
初挑戦の釣り物に始めは悪戦苦闘しましたがなんとかゲット。

DSC_0189_thumb

これからまだまだ釣果が期待されるクロムツ。
ゲーム性が高く、食べて美味しいのでオススメですよ!
久しぶりに魚の引きをあじわいました。

次回、釣行も「クロムツ」にしようかなぁ~!


これから「ムツゲー」を始めたいという方はコチラを参考にして下さい。↓

タックル詳細はスタッフブログをチェック!
「パゴス一押しクロムツゲーム!」⇒https://pagos.jp/?p=110341
各店「ムツゲーコーナー」を設置しております。
分からない事がありましたらお気軽にお尋ね下さい。

ムツゲー特集

月1の沖磯釣行(ネイティブ沖田釣行記)
2017年11月04日(土)

こんばんはネイティブ沖田です。

毎月1度の沖磯釣行の日がやってまいりましたが、今回は悪天候の為渡船の出航「不可」
と、言う事でお手軽な地磯に初挑戦いたしました。

今回同行していただいたのはお客さんの「Tさん」
Tさんは以前から山陰でショアジギングをしておられ、言わば自分より「ベテラン」
今回は何かが起こりそうな予感がしておりました。

ポイントに到着して日の出を待ち、少し仮眠をとる事に。

IMG_4540

6時30分
小降りの雨が降る中、レインを着て必要最低限のタックルを持ち、磯に向かいます。
この「必要最低限」とは。
「ベスト」「ルアー」「リール」「ギャフ」「リーダー」「飲み物」等など。
これらを一旦リュックの中に入れ釣り場まで歩きます。
ポイントによって様々ですが、近いところで「5分」遠い所で「1時間」と半分山登り。

今回は「5分」で磯場に到着。
嵐の前の静けさで、波も無く釣れそうな雰囲気。

IMG_4542

山陰とは思えない海。

IMG_4543

早速、シマノ別注平政190をキャスト。
波が無いのでルアー操作は簡単、ミスダイブを減らす事は釣果に繋がります。
しかし、1時間投げても反応無く。

IMG_4552

海面を叩く雨の音が邪魔をして、ルアーに気付いていないのではと思いルアーチェンジ。
今年購入したマリア ポップクイーン160をセット。

動かし方は様々「ショートジャーク」と「ダイブ」「ステイ」の3通りの組み合わせ。

3投目に着水してショートジャークを3回入れステイした瞬間、右方向からヒラマサが飛び出しヒット!?
ロッドにテンションが掛かったと思った瞬間アワセを入れるとスッポヌケ残念。
と思ったらラインブレイク!!キャストしたPEラインのド真ん中位で切れておりました。
最大のチャンスを逃しました。

リーダーを組み直し、再度ポップクイーンを投入したのですが時既に遅し。

IMG_4548

出た時とは状況が変わり潮流が変化しておりました。
その後、天候が一転して「強風」「波」で撤収したのですが!?

今後の為にと思い地磯の探索。

IMG_4555

自宅に帰り、恒例のルアーの潮抜き。

IMG_4567

帰宅後も、出た光景が脳裏に焼きついて思い出す度悔やんでおりました。

こんな時は「リベンジ」するしかないと思い。
直ぐに渡船を予約し「リベンジ釣行決定!!」

今回は急遽決めた釣行なので「ソロ釣行」

IMG_4570

前日、波が高くきわどい状況でしたが船長が「出る」と言う事で自宅を出発。
夜道を3時間走り、渡船場所まで向かいます

道中の気温計を見て驚き、山頂は付近は気温2度。

6時出航。

IMG_4587

西向きの外洋側の磯を選択。

IMG_4588

天気予報通りなら「西向きの風」に変わるので、向かい風で沖にいるベイトが寄ってくるのではと思いこの場所に決定。

IMG_4590

タックルを準備し、先ずはサーチベイトのダイビングペンシルを投入。

IMG_4595

今回は、サブ企画無しの一発勝負なのでタックルは青物ルアーオンリー!

IMG_4599

期待した朝の時合いは無く。
その後、西風の予報は下から吹き上げる感じの風に変わり、プラグが使えない状況になり。

10時のおやつタイム。

IMG_4602

その後もメタルジグを投げ続けたのですが、違和感を感じた事が2回あっただけ。

惨敗です。

IMG_4611

このままでは終われないので、残り2ヶ月もチャレンジしていきます。

IMG_4613

月1の沖磯釣行in「須佐」 (ネイティブ沖田釣行記)
2017年09月25日(月)

こんばんはネイティブ沖田です。

今月もこの時がやってまいりました月1の沖磯釣行。

今回は「須佐」の沖磯に行ってきました。
利用させて頂いた渡船は「戎丸」さん今回始めて利用させて頂きました。

IMG_4476

出航は5時半。
早めに着いたので駐車場に車を停め仮眠をとる事に、5時前には続々と釣り人達が駐車場に集まり。
予定していた出航時間より早く出航。
薄暗い中、西側の断崖絶壁エリアから釣り人を降ろして行く

IMG_4428

写真中央に写る島は「松島」
一度は行ってみたいポイント、今回はエサ釣りの方がのられる様子。

IMG_4430

徐々に日が高くなりはじめ、目的の磯に直行!!
今回選択した磯は「黒瀬」深場と浅場が隣接するエリア。
今回も渡船に乗られる方のほとんどの方がエサ釣りの方でルアーマンは自分達を入れて二組(計4人)
もう1組の方も黒瀬で降りる予定が先に降りている方がいて断念。
更に沖にある「山島」に直行されておりました。
それが「吉」と出るか「凶」と出るかは行ってみないとわかりません。

IMG_4431

とりあえずヒラマサタックルを準備して、投げたおしたのですが・・・・・・・皆無。
日が高くなり潮の流れも無くなってきたので「サブ企画」始動。
とここで「パイセンの自作ルアー」が登場!!
毎回の釣行でキジハタが「タコ」を吐くので何かタコのルアーがないかと探した結果こうなりました。
見たまんまの「タコ」しかも釣れたんです!!驚!
作った本人が一番驚いてました。

IMG_4434

その他にも沢山の自作ルアーを投入されてましたが、釣れたのはこの1匹だけ。

IMG_4439

最近始めた「ショアスロー」
使用したルアーは「デュオ ドラッグメタルキャスト」。
開始早々釣った事のない魚がヒット、何の魚かわからないのでブリトリー酒田に写真を送信。
酒田からの返信で「モンツキイサキ」と判明。
食べたら美味しいそうなのですが返信が遅かったのでリリースしてしまった。

IMG_4443

その後もショアスローを続け、ボトムからアクションさせテンションフォールからフリーフォールに切り替えた瞬間。
重量感のあるバイト!
一度根に潜られたので待ってみたものの、出てくる気配が無く強引に引っ張り出し何とかゲット
アシストフックが皮一枚で掛かってました!サイズは35cm。

IMG_4450

その後もドラッグメタルキャストでガシラ連発。

IMG_4454
IMG_4456

パイセンもバサロで良い型のキジハタをゲットしてました。

IMG_4460

結局、今回も青物は不発に終わりキジハタオンリーになりました。

IMG_4463

迎えに来た戎丸に乗り、他のアングラーを迎えに行く最中山島に上がられていたアングラーと情報交換。
磯に到着早々4投目で得体の知れない魚がかかり何も出来ずに切られたらしく。
その後もメタルジグで狙い続けて、大型のキジハタをゲットされてました。
せっかくなので物持ち写真を撮らせて頂きました。
山口県在住の「T」さん
これが50UPのキジハタ!
3回根に潜られながらも何とかキャッチしたそうです。お疲れ様でした。

IMG_4474

この方たちが釣られたキジハタ達ですがアベレージがデカ過ぎる全て40cm前後。

IMG_4468

こんなの見せられたらまた行きたくなりますね!
次回釣行も「須佐」かな!?
しかし、ヒラマサまでの道のりは遠いなぁ~。

初「ショアスロー」に挑戦! (ネイティブ沖田釣行記)
2017年09月12日(火)

こんにちはネイティブ沖田です。

この間、久しぶりに「周防大島」に釣行(ファミリーサービス)に行ってきました。

昼前に島に入ったのですが、まずは腹ごしらえと言う事で「お侍茶屋」で昼食。


IMG_4363

大盛ラーメン&肉うどん

IMG_4361IMG_4360

嫁さんが店内の壁に気になるメニューを発見!!
「ミカン鍋!?」
「みかんが丸ごと入ってんの!?」と驚いておりました。

昼食を済ませ目指すは「片添ケ浜海水浴場」
浜で3時間ほど遊び、嫁・子供を近くの「サンシャインサザンセト」の温泉に誘導して自由時間を確保。

夕マズメ2時間勝負で「青物」狙い!

今回も自作ロッドを使用。
マグナムクラフト アカメリメテッド9890 (ベイトモデル)

IMG_4364

使用したガイドはFujiが今年新発売した「T-LRVTG129」LRVヘビーキャスティングセット。
このセットはトップガイドは別売りなのでどんなロッドにも使用可能。
勿論、TOPガイドもトルザイトです。

IMG_4366

メタルジグは、デュオ「ドラグメタルキャストスロー 30g」
※近日、パゴスに入荷予定です。

夕マズメの2時間に勝負をかけてのですが・・・・・釣れたのはエソのみ。

IMG_4402

この話はこのまま「お蔵入り」かと思っていたのですがまさかの展開に!


とある朝、ブリトリー酒田と朝練を決行。
狙いは、秋の時期に瀬戸内で釣れる「ブリ」
しかし、魚からの反応は無く終了。

酒田と解散した後、とある堤防で「ショアスロー」を実戦。
ショアスロー実戦2回目なのでルアーの動かし方などを模索していると、エソがヒット。
なんとなくコツがつかめてきたので、様々なアクションを加えてアプローチ。
中層でメタルジグをリフトさせフォールに切り替えた瞬間!
一気にテンションが掛かり訳けも分からずヒット!!
ロッドパワーは十分あるのですが1.5号のPEを使用していたので、慎重にやり取りを行い。
まさかの事態に備えて持って来ていたサソリギャフが大活躍。

IMG_3934_thumb

今年、初青物ゲットしました!

IMG_4411

デュオ「ドラグメタルキャストスロー」が良い仕事してくれました。
サイズは70cmぐらいとまだまだ小ぶりですが、これからサイズも太さも増してくると思われます。

IMG_4410

「ショアスロー」は今までの派手なアクションと違い「リフト&フォール」が主体。
激しいアクションにスレた魚には有効なのかもしれません。
今後も、色々試してみます。

月1の沖磯釣行in「七類」(ネイティブ沖田釣行記)
2017年08月19日(土)

こんにちはネイティブ沖田です。

やってまいりました「沖磯釣行」 

今回は前々回に七類に行った際に利用させていただいた「亮吉丸」さんにお邪魔させていただきました。
今回も同行していただいたのはパイセンの「Iさん」

前々回釣行記「THE沖磯」⇒https://pagos.jp/?p=121765

IMG_4292

事前の船長の話では「青物出てます!」と期待の出来る感じだったので、行く道中2人テンションMAX!!
松江自動車道を走行中に、深夜にも関らず対向車が多く「何かあったのか?」と思えば!?

IMG_4230

「松江」「浜田」「大田」「益田」で花火大会が開催されておりました。
※因みに浜田の花火大会を見ながら「ライケン」をされていたお客さんから連絡があり、イカは良く釣れたそうです。

早めに七類港に着いたので、渡船の出航時間まで仮眠をとることに。Zzzzzz

4時半に船に乗り込みいざ沖磯へ。

今回のポイントは「浅場と深場が隣接するエリア」船長のお任せで降りた磯は「九島」

IMG_4240

今回は何とか日の出前に磯に上がる事が出来ました。
早速、本命の「ヒラマサ」タックルをセットして、ダイビングペンシル・ポッパーをキャスト。

IMG_4245

プラグを通すと小魚が逃げる姿がチラホラ。
何時釣れてもおかしくない状況なのですが・・・・・・・ヒラマサからの反応は無く。

IMG_4247

時間だけが過ぎ・・・・・。

IMG_4248

耐えきれなくなったので「サブ企画始動」
今回も持ち込んでおりました「必殺アイテム」

バサロ+スナッチバイトシャッド

開始数投で本命ヒット!!

IMG_4252

根魚の反応は良いのになぜか「ヒラマサ」は釣れない・・・。
続いて「カサゴ」も釣れる釣れる。

IMG_4256

日が完全に上り、丘を登り沖合いを見ると「なんだあれは?」

IMG_4261

潮が流れている方向に「定置網」掛けられているではないか!!
仕方なくポイント移動。
と言ってもこのエリア広範囲に歩いて移動できるので、一旦先端を目指してみることに。
青物用タックルと根魚タックルの2タックルを持って移動。
※この判断が後に地獄を見ることに・・・・

IMG_4267

歩いて移動していると途中に「谷」があり、越えるためには一旦丘をあがらないと越えられない。

IMG_4264

しかも足元は「岩」だらけで不安定&直射日光で体力が削られる。
途中灯台に上がるための階段を発見、真裏にも歩いていける感じでしたが体力が足りず断念。

IMG_4269

2個目の谷を越える。

IMG_4270

ようやく先端に到着。
「思ってたよりかなり遠いぃ!」
この先端も一旦下まで降りて登らないと行けないポイント。
ここまで来たら行くしかないでしょと行ったのですが・・・・魚からの反応は無く戻る事に。

IMG_4271

このエリアは手前の15m位は浅く、15mを越えると深くなっている様子。
緩やかなスロープになっているのでバサロ28g使用するとをリフトしても着低までが早く、思うように探れないので戻りながら深場を探していると!!
小型のキジハタゲット! 

IMG_4275

この小型サイズのキジハタが 4インチのスナッチバイトシャッドを丸呑み。

IMG_4273

その後反応無くスタート地点に戻り、船長に連絡して「磯替え」を選択。
船に乗り込み目指すポイントは「ドン深ポイント」
とここでパイセンの帽子が午前中と違う事に気付く。
む・む・麦わら帽子!!このとき一瞬だけ「ゴルファー」に見えたのは自分だけでしょうか。

IMG_4276 

ポイントを移動して、開始数投で良型のキジハタをゲット。
沖のシモリではなく、足元のブレイクに潜んでいた1匹 。

IMG_4280

その後も広範囲にキャストを繰り返し、 カサゴやキジハタを追加!!

IMG_4285

IMG_4287

今回使用したバサロは28g1個でこの釣果!
しかし、バサロが根掛りする事は無かったのですが・・・肝心の「ワーム」がフグの餌食になる事は多々あります。

IMG_4290

何故かテールだけをかじる。
このテールが無くなると、魚からの反応が無くなるので交換を余儀なくされます。
そうこうしていると磯上がりの時間。
朝一違うポイントに入っていた3人組のアングラーの方も船に乗っていたので情報交換。
根魚オンリーで磯を転々とされたそうですが、思ったサイズは釣れなかったそうです。(朝一青物のナブラを見たそうです)

しかし、この方達が乗って来た車のナンバープレートを見て驚きました!「こ・神戸!!」

IMG_4291 
この後「温泉」に入って3時間半のドライブだそうです。

遠い所お疲れ様です。(パイセンも)
また会うことがありましたら宜しくお願いします。
さあ!来月の釣行は何処に行こうかな!!