釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

lack of sleep!!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年02月13日(火)

寝不足から回復したネイティブ沖田です。

とある晩、「一緒に釣りに行きましょう」と言いつつ、中々タイミングの合わないHさんと一緒に釣りに行く機会が訪れた。
「翌日仕事だけど大丈夫かな?」と言う安易な考えからの釣行が・・・・まさかこんな事になるとは思いもしませんでした。

翌日、仕事なので2時か3時に帰れば何とか睡眠時間も取れるので大丈夫だろうと考えながら一路「とびしまへ」

Hさんの出発が遅くなると言う事で、ポイントで合流する事に。
ポイントに到着してHさんが来るまでポイントを偵察。
先行者の方が何名か居られたので挨拶&情報交換。
大型は釣れていないが頻繁にライズがあり数は十分釣れている状況。

早速、ワームを投入したのですが・・・・・表層でライズしているメバルが気になりプラグにチェンジ。
Hさんが来るまで表層のメバルと戯れておりました。

IMG_5018

ポイントに到着して約1時間位経った頃、Hさん登場。
一緒にプラグゲームを堪能。
後に、反応が無くなり「ボトムゲーム」突入したのですが・・・・・魚からの反応が無く・・・天候が悪化!
寒さに耐え切れず移動!

風が避けられるポイントを選択し再度釣り開始!!
移動したポイントは流れが急なエリアしかし、実績のあるポイント!

柔らか目のロッドではラインが流されロッドが曲がるので、張りの強い過去の作ったマグナムクラフトのサクラマスSPをチョイス!
サクラマスSPはブリトリー酒田がミドルゲームの時にマダイゲームで使用する粘りのあるスローテーパーなロッド。
 
干潮のタイミングだったのでジャスの尺ヘットDタイプの3g+アジリンガー(オリカラ:ケルプグロー
※潮位が高くなると3gではボトムまで到達するのに時間が掛かり過ぎるのでスプリットを使用します。

syaku_dx_m_d5_1syaku_dx_d710_1

尺ヘッドはネットショップで販売しております。
追加サイズで出た重めの7g・10gも販売しております。

【ここからはネイティブ沖田イメージ(妄想)】

キャストして一度ボトム付近までフリーでジグヘッドを沈め、ラインテンションを掛けドリフト・・・・・・ラインを送ったり・巻いたりを繰り返しメバルの溜まるレンジを探る。

これを何度か繰り返し・・・・根掛りもしながらボトム付近を狙います。
すると「コツッ!」微かなバイトを瞬時にフッキングし根から一刻も早く離す。
海底付近は長めの海藻が多くラインが巻きつく可能性もあるので一気に離したいのですが・・・重い。
やたらヘッドシェイクをして暴れるのでこれはシーバスだと思い時間を掛けてランディングへと思ったのですがあがってきた魚は「メバル!」
しかも、見た感じはかなりデカイ!
こんな時にランディングネットを用意していないという誤算。
Hさんにお願いてランディングネットを車に取りに行ってもらいやっとの思いでキャッチ。

IMG_5021

なんだこの魚はと言わんばかりの体高。
釣れた感動に喜びながら、ふと我に返り「今ならまだ釣れるのでは?」と直ぐにメバルをバケツに入れ再度キャスト。
釣れたイメージを忘れる前に「再現」して更なるサイズUPを求めたのですが・・・・根掛りの連発。
考えてみれば流れが頻繁に変わるので釣れたイメージとでは差が出てくる事を痛感。

とりあえず同じ様にメバルにアプローチして行く事に、途中Hさんがトイレへ行ったタイミングで2回目のバイト!
集中を切らさず待ち構えていたのでためらい無くフッキング、そしてロッドに伝わる重量感で良いサイズと確信。

IMG_5023 

肝心な時に居ないHさん帰って来た頃には全てが終わってました。
そしてこのタイミングで早朝5時完全に睡眠不足です。

IMG_5025 

しかし良い魚に巡り合えたので「大満足」

IMG_5032 

Hさんが持っていたメジャーを借りサイズを測ると28cm・27cm。
こんな体高のメバルが居るのは潮流の早いとびしま特有です。
これからハイシーズンを迎えるプラッギングゲームも良いですが、ボトム付近の「尺」を狙ってみてください。
Hさんお疲れ様でしたまたタイミングが合えば行きましょう!

メバルプラグゲーム開幕!!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年02月07日(水)

こんにちはネイティブ沖田です。

行ってまりました2週間ぶりのとびしま釣行。
先週はメバルの渋さに心が折れ「オクトパッシング」に行ったものの撃沈しておりました。

さて、とびしま釣行ではボトム付近を狙うとリグの消費が早くどうにかコストを下げられないかと考えております。
最近、よく使用しているフックは、odz 「レンジクロスフック」
このフックの特徴は「微かなバイトをフッキングに持ち込むシャープな針先とオープンゲーブ」
アミを意識しているメバルは吸い込みが弱く、重すぎるジグヘッドではバイトがあっても掛からない事が多々あります。
オープンゲーブなのでメバルの口に入り混めば高い確率で奥の方でフッキングしております。
針に取り付けるシンカーは第一精工のガン玉4号・5号を主に使用。
重さにすると4号は「0.20g」5号は「0.17g」

IMG_4917

このフックにしてから根掛りした時でも、煽れば取れる事が多くなった気がしております。
しかし、シャープな針先なので曲がっている事があるので要注意です。

この軽さのフックを単体では投げられないので、使用するリグは「キャロ」「スプリット」の2択です。
コストを下げ・スピィーディーにセッティング出来るとなると「スプリット」になる訳です。
ここで磯研などのウェイトストッパーなどを付けるとコストが上がってしまうので、バスなどに良く使用されるウォーターグレムリンなどのスプリットショットを使います。

IMG_4994

使用するリーダーは1号~2号と太目しかし、シンカーをそのままリーダーに打つとリーダーが傷みラインブレイクになりかねないのでライン保護の為に「デコイ ショットロック」を使用します。

IMG_4918

この日も、スプリットでボトム付近を狙いましたがバイトにムラが・・・何故と模索していると!?

IMG_4942

時折、表層でライズするメバルの数が1・2・3・4・5・6・7・8・9・10匹!!増える!増える!
段々多くなっていくではありませんか、今日はボトムではないと早々にボトムに見切りを付けプラグゲーム開始!!
とりあえず鉄板ルアーの「リッジ35SS」を投入!!
1投目から当たる当たる。

IMG_4944

※メバルの鉄板ルアーもパゴスネットショップで販売しております。

rigge35_2018_1

サイズは小さいながら15cm~20cmがドンドン釣れます。
どのプラグが効率よくヒットに持ち込めるから検証する為に持っているプラグを取っ替え引っ替え!
ラッキークラフト「FCTトレート48」

IMG_4946

※パゴスネットショプでも販売しております

fct_bs48_1


アングラーズリパブリック「サブリーム」も投入!

IMG_4949

メバルがライズする中、時折違うライズが混じり始めシーバスが登場。
そんな中プラグを投げていると案の定シーバスがヒット!

IMG_4985

サブリームは通常リアのシングルフックですがフッキング率をUPさせるためセンターにトリプルフックを付けております。

IMG_4988

ガッチリフッキングしております。
この日は、大き目のプラグへの反応は悪く、リッジ35・サブリームなど小型のプラグへの反応が著しく良い感じがしました。

これから本格的にプラグへの反応が良くなる時期!
準備は万全ですか?

IMG_4990

カラーの違いだけで釣果に差が出ることがあるので、準備をされるなら今がチャンスです!

IMG_4992

しかも、今週は月に1度のメルマガ会員イベント「パゴスの日」が到来。
新品・中古商品が10%OFFで買えちゃいます!

pagosday

メルマガ会員登録がまだの方はお早めに!!

寒さ対策は万全に!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年01月18日(木)

こんばんはネイティブ沖田です。

とある日の勤務中に風神小田さんと「防寒」について話していると、「良いのあるよ!」と勧められたメーカーは・・・!?

「ワークマン!?」

手頃な価格で防寒用品が充実していると聞き、次の日の朝早速買いに行ってきました防寒用品。
「ツナギ&手袋」など¥5,000円分購入。(ツナギのサイズは触れないで下さい。)

IMG_4878

そして、その日の晩とびしま釣行に行ってきました。
先に釣りをしていた元アルバイター高橋と合流して一緒に釣りをするのかと思えば・・・
「寒いので帰ります!」
「おい!1人にしないでぇ~!」(毎回1人ですが・・・・)

合流場所で竿を振ると1投目から根掛り?
強引に引張ると「ぬぅぬぅ~」と浮き上がりゴミかと思えば「タコ」でした。

IMG_4882

そこにお客さんのMさん乱入!30分だけ一緒に釣りをしてくれると言う事でポイント移動。

ポイントに着いた時間が干潮からの満ち上げのタイミング。
潮位が低いので1.5gのジグヘッドでもボトムまで簡単に届くきます。
最大の難関は、カサゴとの戦いです。

IMG_4883

メバルのレンジとカサゴのレンジが同じぐらいなので釣り分けるのは至難の業。
掛けた瞬間「デカイ!」と思っても大体がカサゴだったりします。(この日も何度が騙されました。)

そして、コンスタントに釣れる小型メバルの群れ。

IMG_4886

たまに良いバイトがあるのですが乗せきれず、雄叫びを上げるMさん
30分のはずが気付けば2時間一緒に釣りしてました。

そしてMさんが帰られ、1人に・・・・・
あれやこれやと苦戦しつつ3時間後。
単体のジグヘッドでやっと、良いサイズのメバルを1匹ゲット。

IMG_4888

体力の限界を感じ1匹だけ持って帰るのも可愛そうなので即リリース。
防寒対策のお陰で寒い中、快適な釣りが出来ましたが、釣果は「極寒」でした。

まぁ~こんな日もあります。
次回リベンジ決定です。

メバル好調!アフター回復の兆し(ネイティブ沖田釣行記)
2018年01月13日(土)

こんにちはネイティブ沖田です。


ここ最近、一段と寒くなりましたね。
1月に入り休みの日は2週連続「とびしま」で朝まで過ごしておりましたが寒さで釣り場からアングラーが減ってきてます。

前回の釣行で自作ジグヘッドが無くなったので量産しました。
様々な自作用フックをストックしておりますが、去年からメインで使っているのは「ドヒトミ」のフック。

up_point1 (1)

「キャロ」や「スプリット」などで使うことが多いので、吸い込みに特化したフック形状のUPポイントが良い仕事してくれます。

IMG_4850  

IMG_4849

そしてこの日も1人でとびしまにIN。

ポイント到着が「満潮潮止まり」。。
表層で小メバルのライズが頻繁に起こっていたので潮が動き始める前にプラグでちょこっと遊んでみました。
鉄板ルアーの「リッジ35」を投入。まぁ~釣れる釣れる!小メバルだらけ。 

IMG_4829 

潮が少し動き始めたので良型狙いにシフト。
とびしま釣行に初めて行かれた方は、釣り場を見て「流れが速くて釣り辛い!!」と思う方が多いのではないでしょうか?
しかし、あの流れを攻略出来ると良型メバルが素直に反応してくれることが分かり、激流中毒になります。(笑)
なんせ自分もその中の1人ですから。

これまで様々な考え方を釣り場でチャレンジしてきましたが、思い通りに行かないのが魚釣り。
年末までは短時間釣行を繰り返すもののサイズが出ず、小メバルに苦戦。(良型は産卵で不在?)
しかし先週辺りから良型が釣れ始めております。

今年から本格的にベイトタックルでメバリングをしています。(自作の4ピースロッド)

IMG_4830 

なぜ「ベイトタックル」かと言うと、使用するリグが重くボトム中心の釣り方なので余分な糸フケを防ぎ瞬時にラインを放出する事が出来るからです。
この日も確実にボトムレンジをキープすると良型が連発。

IMG_4831 

IMG_4838 
重めのジグヘッド単体でも良いのですが、フックとシンカーを離した方が根掛りを軽減させます。
また、軽いジグヘッドを使うことで違和感なくワームを吸い込んでくれます。

IMG_4842 
この日も短時間ながら時合が突然訪れ、20~23cmメバルをゲット。

IMG_4843 
早めに帰る予定でしたがついつい夢中になってしまい家に着く前に日が昇る有り様。汗

IMG_4847 

近隣でもメバルの釣果が上向きはじめていますので、防寒対策をしっかりしてお出かけ下さい!

2週連続休みの日は「とびしま釣行」(ネイティブ沖田釣行記)
2017年12月24日(日)

こんばんはネイティブ沖田です。

毎年この時期は、メバルを釣りに「とびしま」に行く事が多くなります。
自分には「流れ」の釣りがどうやら合っているようです。

この日出発したのが深夜0時。
低気圧から高気圧への切り替りで「やや風が強いだろうなぁ~」とは思っていたのですが、想像以上に「強かった!」
ポイントに到着して見渡すと「ノーアングラー」。
満潮が3時位だったので、本命ポイントを後に残し少し寄り道。
風の影響を考えPEラインを選択、ジグヘッドはジャス尺ヘッドDタイプ3gを使って「ボトムワインド」
2・3回試し投げをしてボトムまでの深さ・ジグヘッドの流され方を確認し 「いざ勝負!」・・・・といっても簡単に釣れる訳がなく何度か根掛り。
確実にボトム付近にルアーを送り込めている感じはあるのだが、魚からの反応は無く時間だけが過ぎる・・・。
そんな気が抜けた頃、突然ロッドに「コツッ」とバイト!思わずフッキング。
重量感から良いサイズだと確信!あがって来たのは25cmのメバル!
あんだけ反応が無かったのに突然このサイズがヒットするポテンシャルが何とも言えません!

IMG_4724

ワームはレインアジリンガーのパゴスオリジナルカラー「ケルプグロー」

IMG_4726

その後も同じ場所からアプローチを仕掛けると明らかにメバルとは違うバイト!!
突込みが強く何なのか全く検討が付かなかったが、あがってきて納得の魚でした。

IMG_4729

30cmのキジハタ

IMG_4731

この日は「ケルプグロー」への反応が良く良型が連発。

IMG_4734 

バイトが「コツッ」の一瞬なので瞬時にフッキングしないとなかなか掛かりません。

IMG_4735

と、そんな時「根掛り」したので外そうと竿で煽っているといきなり竿が引張られ魚がヒット!?
訳がわからず強引に引き上げるとグロテスク魚があがってきました。

IMG_4737

味は美味しいとは聞くのですが・・・・見た目がヤバイ!

IMG_4739

とりあえず確保!!
そうこうしていると周囲が明るくなり最後の1匹と思い釣れた魚がこれ!!撤収~!

IMG_4740 

朝日を見ながら帰宅後・・・・爆睡。

IMG_4750

そして、一週間後またしても同じポイントに襲来。
今回は新しくパゴスのラインナップに追加されたドヒトミ「ラッシュヘッド」と新色レインのワームの試し投げ。

今回は自作のマグナムクラフトのAJX5919+ソリッドティップ組合せのロッドを使い、ラインはジョーカー0.4号リーダー1.5号を使用。
ボトム付近をジグヘッド単体でドリフトさせると「コツッ」とバイト。

IMG_4752

小型のメバルに混じり良型もヒットするので釣り分けるのは至難の業。
この時使用したのはレインの新色アジリンガー「南極とりたてオキアミ」
メバルのサイズは最大23cmと前回よりサイズダウン。

IMG_4754 

ラッシュヘッドは軽く合わせるだけでフッキング出来るので刺さりは抜群です。
ボトム付近をドリフトをしていると頻繁にバイトしてくるガシラ

IMG_4755 

一度は根に潜られたのですが何とか引張り出すことに成功。
前回も同じように根に潜られたのですが獲る事が出来ずラインブレイクしていたのでリベンジ成功です。

IMG_4758

その後、タチウオが降臨!
逃げるように場所移動。

いつものパゴスオリカラ「ケルプグロー」にチェンジし1投目!
幸先良くヒット!

IMG_4765 

て、あがって来たのは「キジハタ」前回の釣行の再現か?
しかしサイズが前回より小さかったのでリリース。

IMG_4763

前回遅く帰りすぎて途中渋滞にはまり散々な目にあったので、今回はちょっと早めに終了。

IMG_4767

持ち帰ったメバル&ガシラを解体していると口の中に、ベイトフィッシュ発見。

IMG_4770 

10cm位のイカナゴ!!
次回は「イカナゴパターン」の検証かな!?