釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

落とすだけで「釣れる!」(ネイティブ沖田釣行記)
2018年08月14日(火)

最近、ネイティブ沖田のマイブームはクロダイの「落とし込み」。

暇があれば出勤前に近所の釣り場で、朝の涼しい時間だけ短時間釣行を繰り返しています。

IMG_5602IMG_5623

元々好きな釣りだったのですが、久しぶりにやってみると楽しい!!

ロッドも既にオリジナルで2本製作してしまいました・・・
(ブランクスはマグナムクラフト:サクラマスシリーズとランカーシリーズで作ってみました)

岸壁があれば何処でも出来る手軽な釣り。
仕掛けもシンプル、竿・リール・針・ガン玉のみ!
ここで普通ならエサに「カニ」「イガイ」が登場するのですが!!

IMG_5608IMG_5610

今回はコイツで挑んでみました!
フィネスの「ポージー1.5インチ」落し込み業界に革命を起こしたルアー。

IMG_5659

「ルアーロッドで岸壁にポージーを落とすだけでクロダイが釣れる」という釣り番組を、子供の頃観た記憶があります。
1個だけ中古ワームコーナーに並んでいたので、あの頃の釣り方はまだクロダイに通用するのか試してみたくなり購入。

中身はこんな感じ。バスワームで言うなら「チューブワーム」です。
パッと見は「小イカ」にしか見えません。
「ホンマに釣れるんか?」と疑いたくなるかも知れませんが「釣れるんです!」

IMG_5658

推奨ジグヘッドはがまかつ「ラウンド211」
そう都合よく推奨ジグヘッドが有る訳がないので、根魚用ジグヘッドを流用。

IMG_5660

完成品はこんな感じになります。
やっぱり見た目は「イカ」。目が付いているからイカに見えるのか?
そんな事を考えながら、今朝早起きして「ワームの落とし込み」をして来ました。
そして幸先良く1投目でヒット。

IMG_5661

これは釣れる!と確信したのですがそう都合よく行くわけなく。
その後反応が無く、我慢しきれすエサにチェンジしたのですが・・・・・・本命からアタリは無くタイムアップ。
あの1匹はなんだったんだぁ~!と叫びたくなる位「疑問」です。
まぁ1匹は釣れたんで良しとします!
ワームならルアーマンの方も抵抗無くチャレンジできると思います!
ラインや竿先に出る独特のアタりはクセになりますよ!是非チャレンジしてみて下さい!

お盆も休まず営業しております。
是非、遊びに来て下さい。
そして買取キャンペーンも行なっております。

1808camp

お盆はいかがお過ごしですか?(ネイティブ沖田釣行記)
2018年08月11日(土)

お久しぶりのネイティブ沖田です。

皆さんお盆はいかがお過ごしですか?
自分はお盆前の連休を利用して、SNSなどで噂の「水族館」を見に行ってきました。

高知県の南東にある「むろと廃校水族館」
SNSなどでは「廃校水族館」などで拡散しており、文字通り廃校になった校舎を再利用し水族館にしたというわけです。
平日なので人も少ないかと思ったのですが、意外に多く混雑しておりました。

IMG_5644

昼食は近くの「ぢばうま八」で、カツオ丼・刺身定食を堪能。

IMG_5645

高知県に来たらやっぱり「カツオ」ですね!

IMG_5643

その後、室戸ドルフィンセンターに嫁・子供を預け、自分は一目散に「海」 へ!
どこまでも透き通る水が、深さを感じさせないのですが、水深10mはあります。

IMG_5636

しっかり青物タックルを車に持ち込んでおりましたが・・ダイペン・メタルジグを投げたおしても魚からの反応は無く。
ウミガメとトビウオを見ただけでタイムアップ。
そう簡単には魚は釣れない事を再痛感しました。

そして、昨日の晩
常連のお客さんのHさんが、最近オクトパッシングでホゲを連発していると言う事で急遽同行させて頂く事に。
この時期良く行く有名漁港に到着、2時間粘ったが反応が無く小移動。
オクトパッシングで必要なのは「粘り」ですよ!など言いながら、Hさんがルアーを通した所を重点的に探る。
着底してシェイクしていると「ムニムニ」と見に覚えのある感覚が。これは間違いない!!
一気に巻上げ見事900gのタコゲット!
IMG_5651 

目標は3匹でしたが、時間がなくなりタイムアップ。
なんとかHさんのBBQの具材を確保することがきました。
久しぶりのナイト釣行で帰りの車中で睡魔に襲われ会話の記憶が途切れているのはHさんには内緒です。
これから気温も涼しくなり始めるのでナイトオクトパッシングにはもってこいですよ。
是非チャレンジしてみて下さい。

ストイックにボトムだけを攻める!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年03月14日(水)

ネイティブ沖田です。


最近、「とびしま」周辺ではメバルのライズが増えております。
プラグでの釣果も徐々に良くなってきているのですが、今回はレンジを「ボトム」に絞り良型狙いの1本勝負。

表層でライズがあっても今回は「スルー」すると心に決めポイントに到着。

早速、激流用に製作したロッド、マグナムクラフトのサクラマススペシャルのスピニングタイプ、ランカースペシャル
のベイトタイプの2本でボトム攻略に挑みました。

始めは、ランカースペシャルのベイトタイプでジャズ尺ヘッドDタイプの3g+アジリンガーをキャスト。

syaku_dx_m_d5_1

ボトムワインドで「コツッ」と反応したのは小型メバル。

IMG_5130

釣れた後も、繰り返し投げてみたのですが反応がイマイチなのでロッドチェンジ。
サクラマススペシャルのスピニングタイプに待ち替え、ジグヘッドを尺ヘットDタイプの2gに替え同じレンジを通す。
ジグヘッドを軽くすることよりスローにアピールさせることが目的です。

レンジはアクションさせた時に、ティップに掛かる負荷で大体の予測できます。
バイトはアクションさせた後に集中するので注意が必要です
テンポで何度も流して行くと突然「コツッ」とバイト。
集中力が切れると見逃すぐらいのバイトなのでメリハリは肝心です。
瞬時にフッキング出来れば、後はロッドパワーで強引に根から剥がします。

IMG_5136

強引にファイトしても、口の堅い所にフッキングしているので抜き上げキャッチ。

IMG_5140

その後も、流れの変化を見ながらロッドを交換しジグヘッドの重さを変えて何度も同じ場所を通します。

IMG_5133

3gのジグヘッドでもヒット。
この日は2gの方が魚の反応が良く、ヒット率も高かったです。
釣果。

IMG_5147

MXAサイズは23cm位、満足のいく結果に恵まれました。
ボトムを中心に攻めてみて、改めて1gの大きさを感じました。

そして、今回の釣行に備えて購入したアイテム
「アクリル水槽」(特注規格)
水の中のメバルを撮影しようと思ったのですが・・・・あれ?!

IMG_5141

メバルが横向きに、どうやら浮き袋が膨らんでいる様子。

IMG_5142

この日の為に購入したのですがこれでは撮影できません!汗

持ち帰ったメバル達のお腹の中は「黒い点」が沢山詰まっておりました。

DSC_0872

良型サイズでも「アミ」は格好のターゲットです!
これからのシーズンはベイトパターンもあるので、サイズUPを狙っている方今からがチャンスです!


そして、明日(3/15)は月に一度の「ポイント2倍」デイ!
こんなお得な日は、消耗品購入に打って付けです
※買取もポイント2倍なのでお見逃し無く。

pp11

insta-11

1_thumb-19

カスタムロッドを作るメリット!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年03月03日(土)


こんにちはネイティブ沖田です。

この1週間私用でドタバタしておりましたが、半日時間が空いたのでお約束の「とびしま釣行」。

ポイントに到着してみると、いたるところでメバルのライズが確認出来「超高活性!!」
とりあえずワームを投入したのですが、効率が悪いので即プラグにチェンジ!

とりあえずアンリパ:サブリームを投入したのですが反応が悪くルアーチェンジ。
ジップベイツ:リッジ35SSを投入すると釣れる釣れる!
1投1匹のハイペースで小メバルがヒット。

IMG_5100

さてここからが問題。
サイズUPを狙いルアーローテーションしていくのですが、釣れるのは同じサイズ。

IMG_5101

ファーストシンキングのローリングベイトで、表層の早巻きをしても同じサイズがエンドレス。
あれこれ模索しながらキャストを繰り返したのですが、結果サイズが変わらず。

そうこうしていると、狙っている本命ポイントの時合いのタイミングになり移動。
この日の為に作った「カスタムロッド」の出番。

ブランクスはマグナムクラフト「ランカースペシャル R8626」で作ったベイトロッド。

★サクラマスSPとの違いは曲がり方。
サクラマスSPは全体的に曲がる感じに対して、ランカースペシャルはファーストテーパーな曲がり方。
シンカーがボトムに着底すると、ティップが起き上がり、テンションの変化がティップで分かります。
魚が掛かった際も、バットがしっかりしているので魚に主導権を握らせません!
★ブランクスの長さ
ポイントによっては手前の流れと沖の流れが違う場所があります。
そんなポイントなどでは手前の流れにラインを流されないようにラインを浮かせる必要があるのでこの長さになりました。

リールシートはスケルトンリールシート「KSK16」
ブランクスとリールシートの間にはスケルトンリールシート用のワインディングチェックを使用。

IMG_5111

EVAパーツは全てマタギさんのオリジナル。

IMG_5112

エンドキャップは勿論、マグナムクラフトのエンドキャップ。
今回、レングスが長いので感度・軽さを重視する為、チタンフレームのトルザイトリングを使用。

IMG_5113

ティップ側は視認性をあげる為にスレッドカラーをオレンジにしました。

IMG_5114

いざニュータックルで勝負!!

潮流の流れを見ながら、リグを投入するポイント見極めてキャスト。
ボトムまで一気に沈めます。
ラインテンションを掛け、リグを浮かせたりラインを出してリグを沈めたりを繰り返し探っていく。
メバルのポイントに流し込んでいくと「コツッ」と明確なバイト。
瞬時にフッキングしてゴリ巻きするけど、途中障害物に巻かれたりと苦戦しましたが何とかキャッチ。
直ぐにバケツに入れ再度キャスト。
同じ様にキャストして同じ感じに流したのですが反応なく。
この動作を繰り返し丁寧にレンジを探っていくと、突然「コツッ!」と明確なバイトが出る。
その一瞬に全神経を集中させて何とか良型を2匹ゲット。

IMG_5104

しかし、その後はフッキング出来ても途中でバレた魚が2匹・・・

IMG_5103

「逃がした魚はデカイ」と言うように今思えば重量感があった気が・・・・無念です。

というわけで、悔しさ残る釣行となりましたが、今回作って持って行ったオリジナルロッドの感触は良好でした!
市販のロッドも良いのですが、このポイントではこんな感じで釣りがしたいな~と言う想いを、より理想に近づけれるのが「オリジナルロッド」
市販では売られていない長さ・硬さのロッドが作れ、いつも通っているポイントの攻略をより楽しくしてくれます。 
自分がこれが良い!と思うロッドがあっても、ガイドの大きさやグリップが握り難い・デザインがイマイチ等、不満に思った事はありませんか?
ロッドメイキングを覚えれば、そんな不満から一気に解消されます!!
一から作り上げるのも楽しいし、愛用してきたロッドを改造して使用感の違いを感じるのも
もちろんパゴスどの店舗でも、修理・改造・オリジナルロッドの製作など承っておりますので、ロッドについてお悩みの方は是非一度スタッフまでご相談下さい。
以上釣行記でした♪

lack of sleep!!(ネイティブ沖田釣行記)
2018年02月13日(火)

寝不足から回復したネイティブ沖田です。

とある晩、「一緒に釣りに行きましょう」と言いつつ、中々タイミングの合わないHさんと一緒に釣りに行く機会が訪れた。
「翌日仕事だけど大丈夫かな?」と言う安易な考えからの釣行が・・・・まさかこんな事になるとは思いもしませんでした。

翌日、仕事なので2時か3時に帰れば何とか睡眠時間も取れるので大丈夫だろうと考えながら一路「とびしまへ」

Hさんの出発が遅くなると言う事で、ポイントで合流する事に。
ポイントに到着してHさんが来るまでポイントを偵察。
先行者の方が何名か居られたので挨拶&情報交換。
大型は釣れていないが頻繁にライズがあり数は十分釣れている状況。

早速、ワームを投入したのですが・・・・・表層でライズしているメバルが気になりプラグにチェンジ。
Hさんが来るまで表層のメバルと戯れておりました。

IMG_5018

ポイントに到着して約1時間位経った頃、Hさん登場。
一緒にプラグゲームを堪能。
後に、反応が無くなり「ボトムゲーム」突入したのですが・・・・・魚からの反応が無く・・・天候が悪化!
寒さに耐え切れず移動!

風が避けられるポイントを選択し再度釣り開始!!
移動したポイントは流れが急なエリアしかし、実績のあるポイント!

柔らか目のロッドではラインが流されロッドが曲がるので、張りの強い過去の作ったマグナムクラフトのサクラマスSPをチョイス!
サクラマスSPはブリトリー酒田がミドルゲームの時にマダイゲームで使用する粘りのあるスローテーパーなロッド。
 
干潮のタイミングだったのでジャスの尺ヘットDタイプの3g+アジリンガー(オリカラ:ケルプグロー
※潮位が高くなると3gではボトムまで到達するのに時間が掛かり過ぎるのでスプリットを使用します。

syaku_dx_m_d5_1syaku_dx_d710_1

尺ヘッドはネットショップで販売しております。
追加サイズで出た重めの7g・10gも販売しております。

【ここからはネイティブ沖田イメージ(妄想)】

キャストして一度ボトム付近までフリーでジグヘッドを沈め、ラインテンションを掛けドリフト・・・・・・ラインを送ったり・巻いたりを繰り返しメバルの溜まるレンジを探る。

これを何度か繰り返し・・・・根掛りもしながらボトム付近を狙います。
すると「コツッ!」微かなバイトを瞬時にフッキングし根から一刻も早く離す。
海底付近は長めの海藻が多くラインが巻きつく可能性もあるので一気に離したいのですが・・・重い。
やたらヘッドシェイクをして暴れるのでこれはシーバスだと思い時間を掛けてランディングへと思ったのですがあがってきた魚は「メバル!」
しかも、見た感じはかなりデカイ!
こんな時にランディングネットを用意していないという誤算。
Hさんにお願いてランディングネットを車に取りに行ってもらいやっとの思いでキャッチ。

IMG_5021

なんだこの魚はと言わんばかりの体高。
釣れた感動に喜びながら、ふと我に返り「今ならまだ釣れるのでは?」と直ぐにメバルをバケツに入れ再度キャスト。
釣れたイメージを忘れる前に「再現」して更なるサイズUPを求めたのですが・・・・根掛りの連発。
考えてみれば流れが頻繁に変わるので釣れたイメージとでは差が出てくる事を痛感。

とりあえず同じ様にメバルにアプローチして行く事に、途中Hさんがトイレへ行ったタイミングで2回目のバイト!
集中を切らさず待ち構えていたのでためらい無くフッキング、そしてロッドに伝わる重量感で良いサイズと確信。

IMG_5023 

肝心な時に居ないHさん帰って来た頃には全てが終わってました。
そしてこのタイミングで早朝5時完全に睡眠不足です。

IMG_5025 

しかし良い魚に巡り合えたので「大満足」

IMG_5032 

Hさんが持っていたメジャーを借りサイズを測ると28cm・27cm。
こんな体高のメバルが居るのは潮流の早いとびしま特有です。
これからハイシーズンを迎えるプラッギングゲームも良いですが、ボトム付近の「尺」を狙ってみてください。
Hさんお疲れ様でしたまたタイミングが合えば行きましょう!