釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

梅雨の尺山女魚(マリホ店増田釣行記)
2020年07月24日(金)

ウェットウェーディングするとヒザが痛むマリホ店スタッフ増田です。

川の水位は下がりつつあったものの、まだ本流はきついかな、ということで島根県の渓流へ行ってきました。
     
     
   
たりルアーを探す     
    
   
今年はコロナの影響があり、初春のサクラマス狙いでの山陰河川釣行ができず、久しぶりの県外渓流ということで早朝からテンション高く出発しました。

午後から雨予報ということで、土砂崩れなどが起こる可能性もあるので、万が一のことも考え高低差の少ない里川を選択。

普段入渓する地点より下流の区間もチェックしてみます。

1度釣りをしたことのある区間でしたが、良い印象はなく、今回は状況が良さそうなので再確認です。

大好きなミノー『シンドラー ウシワカ』にヒットしたのはコンディションの良い綺麗なヤマメ。
渓流 トラウト 尺山女魚 (6)

ただ、このミノーにハマっている感じの釣れ方ではなく、なかなか釣れ続きません。


少し釣り上がると、左岸に流れが当たり、岸際が深くなっている雰囲気のあるポイントが。
渓流 トラウト 尺山女魚 (4)


表層を『ウシワカ』でチェックしましたが反応無し。

ルアーを『スプリーモ モフィー 50SS』に換え、少しレンジを入れるとヒット!

なかなかの引きでネットに収まったのは、約9寸の良型ヤマメでした。
渓流 トラウト 尺山女魚 (9)


もう少し進んだところで、上流からの細く勢いのある流れが開けるポイントが見えてきました。
渓流 トラウト 尺山女魚 (5)

ここに魚が溜まっていたのか、先ほどのヤマメより大きそうなサイズを2回バラし…。

それでもまだ反応する魚がいて、小さいですがめちゃくちゃ綺麗なヤマメが釣れました。
渓流 トラウト 尺山女魚 (2)



わぬところで尺山女魚


そこから上流は、何度か釣りしていて魚が付いているポイントもいくつか知っている区間。

ただ、思っていたより反応が少ない…。

まだ先にあるポイントに期待しつつ、そこまでの過程にあるこんな流れ。
渓流 トラウト 尺山女魚 (1)

流心の頭にキャストして、3回くらいヒラ打ちさせたところで重たいアタリ。

銀色のボディを水中で輝かせてネットに収まったのは、32cmの尺ヤマメ

ルアーは、この日の当たりルアー『スプリーモ モフィー 50SS』でした。
渓流 トラウト 尺山女魚 (10)


その先の期待のポイントでは、アタリのみでフッキングできず。

予報通り雨が降ってきたので、上半身はレインウェア、下はウェットウェーディングという濡れたいのか濡れたくないのか分からない格好でしばらく釣りを続けましたが、予想以上の強い雨で濁りが入り退渓。

濁りの少ない川を探して何か所か探しましたが、そのあとも雨が続きそうだったので、諦めて帰宅しました。



方、太田川本流では凄い釣果が…


帰宅して、濡れたウェアなどを干してひと段落し、SNSを見ていると太田川本流に行っていたお客様2人が凄いアマゴを釣っていました。

梅雨が明けるまでは本流も熱そうです。

川の状況次第ですが、癒されたい気持ちをガマンして本流にも行ってみようと思います!

太田川本流の尺アマゴ(マリホ店増田釣行記)
2020年07月16日(木)

トラウト大好き、マリホ店スタッフ増田です。

新型コロナの影響で、パゴスでもプライベートでもSNSやブログでの発信は控えていましたが、人との接触を避けられる地元の太田川へはドアtoドアで釣行ができるので通っていました。    
    
   
 
まづめのサツキマス?


まずは、だいぶ遡りますが5月の釣行から。

この時期と言えば、海から遡上してくるサツキマス狙いです。

雨が少なく厳しい状況が続いていましたが、ナマズの活性は高く、よくヒットしました。
104888783_3326927117391897_462975615491321136_o
がっつりバイトするので外すのが大変です…。

    
ようやく5月半ば過ぎの釣行で反応あり。    
   
『デュオ リュウキ 70S』のトウィッチに鋭いバイト!

なかなかの重量感、と思いきや数秒でフックアウト…。     
   
掛かりが浅かったのか、綺麗にフックを伸ばされてしまいました…。
105379855_3323922404359035_7084404956323516381_o
(サツキマスだったら結構良いサイズだったんじゃないかと思います…。)


その後は他のポイントを数箇所回り、諦めきれないので夕方にもう一度午前中にバラしたポイントへ入り直します。

日が陰り良い雰囲気です。   
P5219136


期待を込めて『リュウキ 70S』をトゥイッチしていると待望のヒット!
P5209126

綺麗に銀毛していますが33cmくらいで、サツキマスなのか、海まで降ってない所謂サボリなのか。

今年は、とあるサツキマスの研究に協力させてもらっていて、その結果が出るともしかしたらこの魚がサツキなのかサボリなのかという半生が分かるかもしれません。      
     
     
   
夏の本流アマゴ


6月に入ってからも毎週のように川へ通い、今年好調の本流アマゴを狙って中流域まで行ったりもして、28cmまでがぽつぽつという釣果でした。
P5289142      


このアマゴは『スプリーモ バイラ 70M』でヒット。
他のシンキングミノーに比べ低速のリトリーブでもきっちりアクションしてくれるので気に入ってます。
P6019154
    
   
反応の少ないサツキマスと本流アマゴに心が折れて、渓流に癒されに行ったりもしましたが、そちらも結構渋かったり…。

でも緑も濃く綺麗で、この時期の渓流が一年で一番好きです。
P6099174


魚も綺麗!
ルアーは大好きな『シンドラー ウシワカ 』
ただ巻きで使うのが好きなのですが、ワイドなウォブル&ロールアクションにガツン!というバイトがたまりません。
P6229188     
     


田川本流の尺アマゴ


6月半ばを過ぎて、増水が落ち着きかけた良いタイミングで釣行できました。

しかし、昼前からまた大雨の予報。
106138134_3320953194655956_1832647658781360106_o


早朝から降り始めた雨を気にして、足早に2箇所目のポイントへ。

エントリーポイントから対岸に向かって何気なくキャストした『ティモン(ジャッカル) トリコロールGT 72SR-F』にいきなりのチェイス!

惜しくも口を使いませんでしたがやる気満々の追い方!

しかし、ここで偏光グラスをしてないことに気付き一旦車へ取りに戻ります。(普通すぐに次のキャストをすると思いますが、今思い返すとこの間がよかったのかも?)

急いで川まで戻り、チェイスがあった辺りにキャスト。

トゥイッチを入れながら巻いてくるとブレイクの手前あたりでガツン!という手ごたえが。

時折ドラグを引き出す力強いファイトに少し慌てながらネットイン。

尺を少し超える本流アマゴ
104894260_3320955154655760_7246447636182879650_o


かっこいい顔付きに、背中が盛り上がった身体に映える大きな朱点。

こんな魚に会えるから反応が少なく辛い本流へ通ってしまうんです。
104408079_3320952244656051_8853973478343112121_n
104629705_3320958271322115_7923045074463326615_n


次のポイントへ移動したときには雨が本降りになり、濁りもきつくなってしまったので午前中で終了となりました。



それからは雨、雨、雨で釣りに行けてませんが、ハイシーズンの渓流に行きたくてうずうずしています。

来週は天気予報が変わらなければようやく釣りに行けそうです。

渓流がダメなら今年絶好釣のタコ釣りに行ってみます!

SLJハイシーズン!良型イサキ釣れてます!!(マリホ店増田釣行記)
2020年06月21日(日)

マリホ店スタッフ増田です!

今が旬のイサキ! そしてほかにも美味しい根魚が釣れると聞き、シーズン真っ只中で各地で盛り上がっている
「スーパーライトジギング(以下SLJ)」に行ってきました!     
   



釣行記の前に「SLJ」について少し説明させていただきます!
(知ってるよ!という方は下の釣行記まで飛ばしてお読みください<(_ _)>)


「SLJ」とは、その名のとおりスーパーライトなタックルを使った船でのジギングのことです。
使うタックルはライトですが、大型の青物や根魚などもヒットするスリリングな釣りです!      


●ロッド
青物など不意の大物に対応するためブランクにカーボンソリッドを使った、ライトながら粘り強いものがオススメです。
キャストして広く探ることが多いためスピニングが主流となっています。
何本か例を挙げると、
・スミス オフショアースティック HSJ HSJ-S64/3L
  513UnXx7wvL._AC_

・テンリュウ ホライゾン LJ HLJ641S-FUL
horizon_lj2_main

・タカミテクノス MOZ621 ライトゼロ スピニングカスタム(画像はベイトモデルです。)
DSC_0583_thumb

・solfiesta CBソリオ SP622L パゴスSLJカスタム(岩国沖用カスタムと違い、ガイド位置はそのままで、グリップ位置を下げるカスタムです。カスタム価格¥7,000-(+税)で受付していますので、ソリオをSLJで使ってみたいという方はご相談ください!)
20191129_185431_thumb

などをパゴススタッフやお客様は使用されています。   
ソリオは各店に、タカミテクノスは本店と矢野店に在庫がありますので、ぜひ店頭でお確かめください!     


●リール
SWクラスの大型スピニングリールではなく、汎用スピニングリール3000~4000番が使われます。   
キャストして斜めに広く探ることが多いためスピニングが主流となっています。
ギア比は、SLJの場合ジグも軽く水深も浅いので、極端なローギアでなければノーマルでもハイギアでも大きな影響はなさそうですが、根魚も視野に入れるとハイギヤがいいかもしれません。


●ライン
メインのPEラインに0.8号前後を150~200m、リーダーは4号前後を1ヒロ(150cm~200cm)取ります。
キャストを多用するので、リーダーは長すぎないほうがPEラインがガイドに絡まるトラブルが少ないです。
パゴスのオススメはこちら!
PEライン:YGKよつあみ ボーンラッシュ PE WX8
103459454_3306144026136873_8741591913567605202_o

リーダー:YGKよつあみ Gソウル ハイグレード ショアリーダー FC ハード
104496511_3306428559441753_7342379443890044377_o
 

●ルアー
メタルジグ30~60gを、水深、潮の速さ、魚のいる層などによって使い分けます。
ボトムが見えるくらいの浅場でも釣れ、表層付近でバイトしてくることもあるので20gくらいの軽いジグもボックスに入れておくと良い思いができるかもしれません♪
104777309_3306142932803649_4578799539275443034_o 

イワシなどの小魚を捕食しているときのイサキや真鯛、根魚はブレードにも良く反応するので、メタルマルなどのスピンテールジグや、メタルジグのブレードチューンもオススメです!
104463113_3306143492803593_7949566036039526392_o  
 

●アシストフック
ツインタイプのものをジグの前後に付けるセッティングがフッキングも良く、口の柔らかいイサキでもバラしが少ないのでオススメです。
近年ではSLJ専用のものも発売されていますので、こちらをジグのサイズに合わせてお選びください。
104930239_3306155702802372_1189856296978555544_o

イサキメインなら細軸のものを、根魚なども狙う場合は少し太軸のものを選ぶと安心です。
前後のフックが絡まない長さがベストです。
食いが浅いときは、フラッシャーやティンセル付きのフックで吸い込みをよくするのも効果があります。
キャストして斜めに引いてくるSLJはラインがヨレやすいので、リーダーとの結束部には糸ヨレ防止のためスイベル(サイズは#6~#5)の使用がオススメです。
ジグとアシストフックの交換はスプリットリングで行い、サイズは#3~#4が使われます。
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (1)  
 
パゴスオススメのSLJ用ラインと小物をまとめてみました!(サイズ、号数は欠品しているものがありましたので上記の各項目をご確認ください<(_ _)>スミマセン)
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (12)

自作される方にオススメのフックは、
・がまかつ ワーム 329 ハンガーHD
・シャウト SLJタリズマン

IMG_1747_thumb
「がまかつ ワーム 329 ハンガーHD」はブラックバス用ですが、線径、強度ともにSLJにもバッチリです!

アシストラインにオススメなのは、
・YGKよつあみ スクラム16 8号
991fa456cc68d7a06bfdb81bd08c802a24

店頭には他にもいろいろございますので、釣り場やお好みに合わせてお選びください!


●釣り方
イサキは群れで泳いでいることが多く、その群れの中を効率良く通すために、キャストして斜めに広く探ることが多くなるのでスピニングタックルの使用が主流となっています。
いろんなパターンの誘い方がありますが、青物などに追われて傷ついて落ちてきたイワシなどを捕食していることも多いため、ジャークの合間にフォールを入れて落ちてくる小魚を演出することが非常に効果的です!
イサキ自らベイトフィッシュを追っている状況では、スローなワンピッチジャークでもヒットします。 
 

さて、お待たせしました!
ここから釣行記となります!
  
今回お世話になったのは、パゴススタッフがSLJで何度か利用させていただいている山口県長門市川尻から出船の遊漁船「健洋丸」さん
(健洋丸さんのホームページはこちら⇒http://www.gotjp.com/ken_you_maru/

広島から約3時間の道のり、4時半集合で、お客様のEさんと池内店長も一緒に、社長の運転で出船場所へと向かいます。

釣行前日に出勤だった池内さんは、釣りに備えてすぐに夢の中へ。  
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (27)

そう言うぼくもいつの間にか寝てしまい、気付けば車は順調に進み出船場所に到着していました!

同船のお客様のNさんとUさん、そして風神小田さんは先に到着しすでに準備OKということで、ぼくたちも船にタックルを積み込みいざ出船です!

前々日まで強く降っていた雨と、午前中に強く吹く風の予報が気になるところ…、と思っていると、港から10分するかしないかのポイントで船が止まり、さっそく釣り開始です!

船長から、「浅いポイントなので着水して5秒くらいでシャクリ始めて!」と指示が出ます!

するとすぐにEさんからヒットの声が!

開始早々に良型イサキゲットです!
104358214_678282189684633_5675597209364935766_o

続けて社長にもヒット!
ルアーはSLJの定番「クレイジーオーシャン オーシャンフラッシュ」、カラーはイサキに良く効くピンク系でした!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (23)

開始から船中は忙しく、船の後方ではUさん、Nさん、小田さんの3人同時キャッチも!!
イサキは3匹ともお腹パンパンです!!(美味しそう!!)
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (36)

池内さんもこれに続きます!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (37)

そんな中釣れずに焦るぼくは、なんとトップガイドにラインを通さず釣りしてました!笑
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (7)

慌てて直して、ヒットしている人たちのアクションを見よう見まねしてみると、
ようやくぼくにもヒット!
シャクってからのフォール中に気持ちいいアタリがきました!
ファイトも予想以上に強く、時折ドラグが出るくらい良く引いて楽しませてくれます!!
ジグは、「マルシン ペンタトニック 40g」でした!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (19)


アタリが遠くなると小まめにポイントを移動してイサキの群れを探します!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (35)


行く先々でイサキからの反応があり、いいテンポで釣れ続きます!
「オーシャンフラッシュ」ほんとに強いです!!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (14)

SLJ初体験のNさんも良いペースで釣り上げます!!
色が綺麗で良いサイズです!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (20)

社長もポイントに合わせてジグをローテーションして「ウロコ チビウロコ」で40cmオーバーのグッドサイズをキャッチ!!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (16)

ぼくも要領を掴んで良型をゲットです!
前後のフックががっちり掛かってこれならバレません!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (9)


池内さんは泣き尺メバルをキャッチ!
このあとメバルのパターンを掴んで連発してました!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (28)


好調のイサキに加え、ボトムで根魚を狙っていたEさんは良型のアコウをゲットしていました!
いろんな魚がヒットするのもSLJの魅力です!
103980124_678282123017973_3212349136464884340_o


そんな中、底が見えるくらいのシャローポイントに到着!

社長がパターンを見つけて連発します!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (26)

シャローでのヒットパターンは、30g以下の軽いジグを使っての表層攻略でした!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (11)

潮上にキャストして、着水後すぐのタダ巻きやリフト&フォールでガツン!とヒットする感じは渓流トラウトやアジングみたいな感覚もありかなり面白いです!!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (3)


この日絶好調のEさんはジグの前後のフックにダブルヒット!!
青物とかでたまにありますが、イサキでもあることに驚きです!!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (6)


そしてUさんが船中最大サイズをキャッチ!!
46.5cmのビッグイサキでした!!
104495220_3306591642758778_1532576907852793481_o


ぼくのこの日のヒットルアーは、「マルシン ペンタトニック」でした!
スロー系のジグですが、フォールが遅くじっくり誘えるので、潮が動かない時間やシャローポイントでは最強でした!!
値段も¥360-(+税)からとかなりコスパが良いのでぜひ使ってみてください!!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (32)


そしてぼくが使用したロッドは、「エバーグリーン コンバットスティック インスパイア スーパーエアリアル 【パゴスSLJカスタム】」でした!
往年のバスフィッシング用の名竿ですが、ガイドを換え、グリップを伸ばして、社長の手によりSLJ用としてよみがえりました!!
これがまたキャストがしやすくて感度も良く使いやすかったです!
もし使っていないロッドがありましたら、こういったカスタムもお受けできますのでぜひご相談ください!!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (4)
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (34)


良く釣れたので予定時間より早上がり!

雨の影響か根魚は少し不調ぎみでした。
ぼくも釣りたかったです…。
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (33)


港に帰ってからは船長さんが使用したタックルを洗ってくれます!
帰ってからメンテナンスしなくていいのは嬉しいですね!
健洋丸 SLJ スーパーライトジギング イサキ (31)


最後は釣ったイサキをズラっと並べて記念撮影♪
トータルで90匹超えの大漁でした!!
竿頭は、19匹釣ったEさんと社長の2人でした!!
たくさん釣れたのでみんな満面の笑みです♪
104831444_678282263017959_5476401197151313625_o


そして帰ってからのお楽しみ、イサキの炙り、刺身、塩焼き、白子はさっと茹でてネギとぽん酢、卵は煮付けにしましたが、旬なので脂も乗っていてどれも最高でした…!!

これからお盆くらいまで釣れるイサキ狙いのSLJ!!
とても面白い釣りで、食べても最高でハマること間違いなしなのでぜひチャレンジしてみてください!!

久しぶりの倉橋島ライトゲーム(マリホ店増田釣行記)
2020年01月30日(木)

マリホ店スタッフ増田です!

今週も周防大島でライトゲームをしようと思っていたんですが、強風予報だったので久しぶりの倉橋島に弟と行ってきました!

干潮からスタートして、最初の波止では小さなメバルがヒット♪
83108460_2962495807168365_6816260678123257856_o


さぁこれから!というところでスピニングリールのスプールからボワッとラインが飛び出る再起不能のバックラッシュが発生…。

しばらく巻き換えてないし糸が劣化していたのかなと思い、車に戻り新品エステルラインに巻き替えます。

しかしそれでも少し釣りをすると同じような症状が発生…。

よく見るとスプールの上の方に片寄ってラインが巻かれてバックラッシュしやすい状態になっています。

ここ最近何回か使っても全くトラブルがなかったのになぜ…?

そういえば前回の釣行後に久しぶりにメンテナンスしたから、そのときメインシャフトからワッシャーが落ちたのかも?

ワッシャーを増やせば解決するのですが、そんなパーツを持って来ている訳もなく、ぼくのもう1台のリールも弟のリールもワッシャーのサイズが合わず。

どうしようかと考えて、何か使える物はないかとバッグの中をゴソゴソ。

そして、ジグヘッドのパッケージから台紙を取り出して、それをワッシャーの形にハサミでカット。笑

何度か失敗しつつシャフトにセットすると、糸フケに気を付ければ何とか釣りになりそうな感じになりました。(ホッ)



そんな感じで釣りを再開しましたが、干潮潮止まりで反応が悪いので次の波止へ移動します。

そこは水深もあり流れもあるポイントで、波止際にもメバルがたくさんいて頻繁にライズしていて良い感じです♪

沖にキャストして、常夜灯の明暗付近の表層をゆっくりリトリーブするとさっそくヒットしました♪
83352470_2962496113835001_7012288526020509696_o


ライズするメバルが気になりますがちょっとガマンして、アジもいないかなとジグヘッド1gをボトムまでフォールさせていると急にラインが走ったので、フッキングするとドラグが止まらない~!

0.3号のエステルなのでゆっくりファイトして、ちょうどよく海面まで下りられる階段があったのでそこまで寄せてキャッチしたのは30cmちょっとのサバでした!
84050404_2962494243835188_3974378412901924864_o


潮の流れが速くなったのでジグヘッドを徐々に重くしながらボトムを探っているとアジもヒット!
83381167_2962494807168465_5061746755087892480_o


手前の敷石付近ではカサゴがよく釣れます♪
83242372_2962495083835104_2527104348320694272_o


それから20cmくらいのアジがぽつぽつ釣れ、サバらしき魚のバイトが2回あり、1度はラインを切られ、1度は手前でバラシ。

メバルの反応も悪くなったので移動してみることにします。


1人餌釣りの先行者さんがいらっしゃいましたが、快く波止の先端に入れてくださいました。

その方は少し遠投してアジかサバを釣られていました。

バケツから尻尾が出てたのでサイズも良さそうでした♪

それを見てぼくらもアジやサバを狙ってみますが反応がないので、盛んにライズするメバルに狙いを切り替えます。

するとプラグに好反応で面白い!

「ジップベイツ リッジ 35F」をロッドでブルブルッと動かしてからのステイでバシャッ!とヒットします♪
83649742_2962495707168375_8913124533062336512_o

フロントフックにバッチリ掛かることが多かったです♪
83189048_2962495913835021_2816270795414700032_o


弟は「マグバイト ミミック」で連発してました!
83486845_2962494357168510_5000434933001355264_o


プラグで二人同時ヒットもありました♪
84205651_2962494580501821_1703551906980298752_o


弟はメタルジグでもよく釣ってましたよ♪

足元の敷石が出るまでメバルプラッギングを楽しみ、少し仮眠を取って朝マヅメのアジとサバの回遊に期待しましたがこちらは不発で終了となりました。


デイもナイトもメバルの反応がよくなり楽しくなってきました!

次回は少し強めのタックルでサバもきっちりキャッチしようと思います!

周防大島アジング好調です♪(マリホ店増田釣行記)
2020年01月24日(金)

マリホ店スタッフ増田です!

仕事が終わり、少し仮眠を取り、日付が変わった深夜1時頃から弟を連れて周防大島に行ってきました!

朝マヅメのアジとメバル狙いです!

まだ暗いうちに大島に入り、最初の波止では時折メバルと思われる魚がライズしていますがアタリがなくすぐに移動。

次とその次の波止では、こんな時間ですが釣り人がいたので(自分たちもですが笑)スルーしてさらに先へ。

そこは少し風がありましたが誰もいなかったのでとりあえず釣りをしてみることにします。

二手に分かれて釣りをしていると弟がアジをヒットさせて惜しくもバラし!

ぼくもその近くで釣りをさせてもらうと、カウント30秒くらいのレンジで「コッ」という気持ちのいいバイトが♪

アジいました♪
_20171230_180756
ヒットルアーはレイン アジリンガー、カラーはパゴスオリカラ「レッチリ」でした♪

そこから朝マズメまでの時間でポツポツとヒット。

メバルはたま~に混じるくらいでほとんど釣れませんでした。
20200121_063328

明るくなるまでやってMAXサイズ23cmくらいでした。
20200121_071857



そこからデイでのメバル狙い。
20200121_084402

何かを追ってライズする青メバルをやや早巻きで狙うとヒット!
20200121_115457
ルアーはレイン アジリンガーのパゴスオリカラ「ケルプグロー」でした♪

日中でもこのカラーよく釣れます♪

弟はメタルジグのリフト&フォールでキャッチ!
20200121_123750
マグバイト ちりめんジグのブレードのフラッシングに好反応のようでした♪

しばらくメバルを狙っていると弟がイワシの回遊を発見。

チェイスはあるもののなかなかヒットしないイワシたちに、ワームを小さくカットしたものをジグヘッドに付けてヒットさせ始めました。笑

やってみるとなかなか面白く、ぼくも一緒にハマってました。笑
20200121_151715



メバルとイワシに夢中になっていると気付けば午後3時。

朝マヅメを釣って帰る予定でしたが、せっかくなので夕マヅメもやって帰ろうということに。

最初のポイントでは良型のメバルが釣れましたが後が続かず、朝マヅメに反応のよかった漁港に行ってみることに。
20200121_165624


運よく誰もいなかったので釣りを開始すると、この日も好反応♪
20200121_185016

レンジもカウント10秒くらいで連発します!

反応が悪くなったのでワームをレイン アジリンガーヴィクトリー(パゴスオリカラ レッチリ)に替えると再び連発♪
20200121_202027

潮が引いてウィードの頭が出て釣りづらくなったので終了!

豆~23cmくらいとサイズは出ませんでしたが数釣りが楽しめました♪
20200121_204728


今年は海水温が高くまだアジが狙えそうなので、また行ってみようと思います!