釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

メバル・アジ用「タングステンジグヘッド」を自作してみた(チューンアップ・修理関係)
2010年01月21日(木)

バンダナです。

メバル・アジのジグヘッドを自作する方が非常に多くなりました。

ワタシも結構こういった「工作」が大好きなので色々と作っておりまする。

当然ながら「作る理由」が人それぞれあると思います。


「コストを抑える為」
「自分の思うジグヘッドが無い為」
「作ること自体が楽しみ」



等など・・・

ワタシは作ることが楽しいので作っている人間。


今回の「タングステンジグヘッド作成」はコスト面のみを重視する方にはオススメしておりませんのでご了承くださいませ。


ワタシがこのジグヘッドを作るきっかけになったのは「本店アルバイターKANちゃん」が教えてくれたあるアイテム。
※各画像はクリックすると拡大します。
13 
【ザップ】ソフトショット
「タングステンエラストマー」という素材を使用したソフトボールでございます。

11
タングステンエラストマーは簡単に言えばゴムにタングステンを混ぜ込んだ素材。
適度な弾力と「簡単に切ったり穴を開けたり出来る」素材です。

因みに「ソフトショット」はリリースされてから結構時間が経っている商品みたいで・・・

既に作ってる方もおられるのではないかと思いますが何故か今まで話を聞いた事が無いので今回ご紹介するに至っておりまする。

では早速作ってみますか・・・

作り方ですが「オニのように簡単です♪」


【その1】フックを刺す位置を決める
8
刺す位置は中心を少し外すのが良いかと思います。


【その2】刺す!!
7
ゴム状素材なのでフックポイント(針先)が痛むことはありません。


【その3】貫通!!
6
勢いあまって指先を刺さないように気を付けて下さいませ。


【その4】移動!!
5 
そのままアイの方向に移動。
変な方向に引っ張るとブチっとソフトショットがちぎれちゃいますのでご注意を・・・
尚、ちぎれたら別位置から刺しなおせばOK。


【その5】位置決定!!
4 
ソフトショットが止まる位置を決めてください。


【その6】完成!!
9
できますた♪
慣れるとものの数秒で完成します。道具も必要ございませぬ。


「接着しなくていいの?」
という方もおられますが個人的には必要ないかと・・・
動いても直ぐに戻せるし抜ける心配はほとんどありませんです。
モチロン接着してもらっても構いません。
接着には「ゼリー状瞬間」が一番良かったような気がします。


ソフトショットを使ったジグヘッドの利点はタングステン特有の比重の重さだけでなく「重心を自由に設定できること」
10
↑のジグヘッド2つは一見同じに見えますが、左は「ソフトショットの中心を刺した物」で右は「中心を外して刺した物」です。
こういった僅かな位置の調整が簡単に出来まする♪

ただし、薄く刺しすぎると釣りの最中にちぎれる可能性が増しますのでご注意を!!
極端に重心を下げて安定性を出したい場合にのみやってみて下さい。

1
「重心を変えられるからどうしたの?」って言う方もおられそうですがこういった細かーい部分にもこだわるのも自作の楽しみの一つかと・・・♪

また、アイの根元以外の位置で止めて使えます。
2 
普通のジグヘッドも「へんちくりんなジグヘッド」も作成可能・・・ってワケです♪

既成概念に捕らわれない画期的なジグヘッドが出来ましたら教えてください♪

今回は【がまかつ】JIG30を使用しておりますが今リリースされているほぼ全てのジグヘッド作成用フックへの取り付けが可能です。

クランク部分(アイ付近の曲がった部分のこと)が90°のフックでもタングステンエラストマーに柔軟性がある為バッチリ取り付けられますのでご安心を!!

尚、「ソフトショット」は3サイズがラインナップ。
12 
4.0mm(0.35g)・・・7ヶ入り
5.0mm(0.65g)・・・6ヶ入り
6.0mm(1.10g)・・・5ヶ入り

※サイズはソフトショットの直径です。

販売価格は全て¥283(税込)となっております。

只今「パゴス本店」「パゴス井口店」「パゴスネットショップ」にて発売中です!!
※ネットショップでのご購入は↓のバナーをクリックして下さいませ。
1

「タングステンという素材を使ってジグヘッドが自作できる」というだけでも自作が好きな方にとってはとっても興味津々なコトかと思います。

ガン玉や割ビシを使うよりは流石に高価になりますがそれでも出費は僅かなもの。

少しでも興味がおありでしたら是非一度お試し下さい!!


さて、色々作ってみたので試しに行きたいけど行くタイミングが無い・・・

・・・ムリヤリ行くか・・・???

スナップリングの使い方(チューンアップ・修理関係)
2010年01月20日(水)

バンダナです。

ワタクシ、メバルやアジゲーの際に「ヤリエ・スナップリング」を多用している人間。
スナップリング 
使い始めた当初は「外れそう」「壊れそう」なイメージが先行しておりましたが・・・

「いざ使い始めるとすっかり虜♪」

スナップリングが使い慣れてきたタイミングでメバルのプラッギングにハマり、プラグ交換性能の高さを身を持って体感。

そしてそれを山陰メバルに投入して大型のメバルやシーバスと勝負して自分の中にくすぶっていた強度面での不安を完全打破。

自信を持ってオススメさせてい頂いておりまする。



今回はスナップリングを初めて見る・使う方にどうやってルアーをセットするのか?をご紹介いたします。



最初にスナップリングをラインに結ぶワケですが、これが結構難関・・・。

ナイトゲームではホント「わけわかめ」になってしまいますがコレばかりはどうしようもないので手元を明るく照らしてじっくりと結んで下さいませ・・・。


さて、苦労して結んだスナップリング。

次にルアー(ジグヘッド)をセッティングするワケですがスナップリングをつまんで作業しようとすれば指先が邪魔をしてセットしにくいです・・・。
つまむとダメよ。 
※各画像はクリックすると拡大します。


スナップリングには当然ながらライン(またはリーダー)が結んでありますね。
ラインがピンとしてます。 
そのラインはたとえ極細ラインでもスナップリングが超軽量なのでピンとしてるハズ。


ラインは当然ながらリールに巻いてあり、ロッドに付いてるガイドを介してルアーに到達しておりまする。
そのラインをつまんでスナップリングまで滑らせていってください。
最後はスナップリングに指先が当たって止まります。
ラインの根元を持つのが◎ 
そこでスナップリングに持ち変える・・・のではなくそのままをキープ。


ライン(リーダー)の根元を持っていてもスナップリングがクネクネする事はありません。
そのまんまルアー(ジグヘッド)のアイを近づけて・・・
ルアーのアイを近づけて・・・ 
↑の写真のようにラインがチョコっと出ていてもクネクネする事は無いと思います。


スナップリングの差込口に引っ掛けます。
引っ掛けます! 
慣れると指先の感覚のみで引っ掛けられます。


そしてルアーはそのままでつまんでいるラインを引っ張ると・・・
ラインを引っ張ればセット完了!! 
パチンとセット完了!!


後はポイントに向けてキャストするだけっす♪

慣れれれば一連の動作を夜でもライトを点ける事無く確実に行なえるようになりますので「いきなり実戦」に突入せず家でじっくり練習してみて下さい。



次にスナップリングを使うにあたっての注意点を少々・・・

☆根掛かりロスト(引っ掛かってラインが切れる事)が多発するエリアでスナップリングを使うと結ぶ手間ばかりが際立ちます。

☆交換する必要が無いのにスナップリングを取り付けるのもあまり意味がないかと・・・

☆スナップリングを使用することによりラインを結び変える行為が無くなるとラインに付いたキズに気付かず良いサイズがヒットした途端ラインがプチッ・・・なんて事も考えられますのでライン(リーダー)のチェックはマメに行なってください。

☆無理やりセットしようとしてスナップリングを変形させてしまうと破損・外れの原因になりますのでご注意を!!
・・・ワタシも最初はムチャして変形させてしまった事がありまする・・・変形したら直そうとせずに別のスナップリングに交換したほうが良いですね。

☆極端にアイの内径が小さいプラグやジグヘッドにはセット出来ない場合があります。

☆アイを構成しているワイヤー(針金)が大きい(太い)ものに対して強引にセットするとスナップリングが開いてしまう事があります。今のところ、アジ・メバル用のルアーでこの現象になったものはありませんがエギやシーバスルアーでテストした時に一部開くものがありました。

☆さすがに大型の魚を釣った時は変形している事があります。
ワタシの経験ではシーバスを2~3本掛けたらスナップリングが僅かに開いて外れやすくなっていました。

☆スナップリングの強度ですが
「S」で約5lb(約2.25kg)
「M」で約7lb(約3.17kg)
「L」で約8.5lb(約3.85kg)
・・・まで耐える事が出来ます。推奨サイズですが、3lbラインまでなら「S」、それ以上のラインは「M」を選択すると良いかと思います。
ただし、アイの内径が小さい場合や超軽量ジグヘッドを使用する場合(アジのキャロライナリグとか)ではたとえPEラインを使用していても「S」をオススメしております。
「L」はとにかく強度を求める際に使ってみてください。



以上の注意点を踏まえた上でご使用いただければ非常に快適なルアーローテーションが可能となり釣果もアップする・・・ハズ。


尚、「ヤリエ スナップリング」は「パゴス各店舗」及び「パゴスネットショップ」にて好評発売中です!!

【ヤリエ】スナップリング
販売価格は全サイズ¥252(税込)
パゴスネットショップでのお買い物は↑の画像をクリックして下さいませ♪

また、ラインのヨレを解消する「スナップリング ローリング付」もございますのでヨロシクです!!
【ヤリエ】スナップリング ローリング付 
コチラも販売価格は¥252(税込)
パゴスネットショップでのお買い物は↑の画像をクリックして下さいませ♪


「スナップリング」はメバル・アジゲームに対して絶対必要ではありませんが使いこなせるととっても便利な小物です。


是非お試しくださいませ!!









バンダナバンバンバン

初めてコアキャロをお使いになる方へ・・・(チューンアップ・修理関係)
2010年01月19日(火)

バンダナです。

昨年の秋のハナシですが、某所でイワシに付いた「マルアジ」が大量に釣れておりました。
17
その時に初めてパゴススタッフである「雨男氏」と「ビギナー日高氏」にワタシが考案した「コアキャロ」を使って頂き、結果的には高い評価をもらいました。

・・・ただ、初めてリグを作る時に???になったそうです。


それは主に、

「キャロというリグがどういった感じなのか分からなかった」

それと

「コアキャロのパイプってどっちが上でどっちが下なのか分からなかった」

それと

「リーダーの長さが分からなかった」

・・・という3点。


経験者とっては「普通」の事であっても初めての方には「???」な事が非常に多いのが釣り。

ただしその経験者も最初から全て分かっていた訳で無く始めた頃は「???」ばっかりだったハズ。


「コアキャロ」はどちらかと言えば初めての方にこそオススメしたいキャロシステムなのに肝心のセッティングが「???」だったら本末転倒もいいところ。

ビギナー日高氏の言葉を聞いて以来、分かりやすいセッティング方法を紹介したブログを作ろうと思いつつ・・・冬になっておりました(汗)


今回は「コアキャロ」のセッティング方法についてご紹介したいと思います。

尚、コアキャロの作り方はコチラをご覧下さいませ

「ウエイト交換・セッティングポイント自在キャロシステム『コアキャロ』の作り方」


chain 


先ずは完成図からご覧下さい。
8 
※各画像はクリックすると拡大します。

簡単に言うと

「メインライン」に「コアキャロパイプ」を通す

パイプを通したままの「メインライン」に「スイベル」を結ぶ

「リーダー」を用意して「スイベル」にリーダーを結ぶ

リーダーの端に「スナップリング(もしくはジグヘッド)」を結ぶ

コアキャロパイプに「コアシンカー」をセット

ジグヘッドに「ワーム」をセット

「完成!!」


という流れになります。


では一連の流れを詳しく説明します。



【その1】メインラインをガイドに通す
18
リールをロッドにセットしてメインライン(リールに巻いているライン)をロッドのガイドの一番下から先端に向けて一つ一つ通していきます。
通し忘れがあるとその部分が折れる原因になりますので必ず全てのガイドにラインを通してください。



【その2】コアキャロパイプのセット
1 
メインラインにコアキャロのパイプを通すワケですが、コアキャロのパイプには前後がありますのでご注意を!!
パイプに付いているゴム管の幅が狭いほうから広いほうに向けてラインを通してください。

一言:メインラインがPEの時には「PEにもショックリーダーをセット」する方が多いです。PEにショックリーダーをセットするとキャスト切れを防いだりパイプを通すのが楽になる効果がありますが、PEとショックリーダーの結束が難しいので初心者の方にはオススメしません。
昨年の秋のマルアジ釣行の際にはショックリーダー無しでの釣行テストを繰り返しておりましたがラインブレイクが皆無でしたので個人的には必要性を感じておりません。
ただし、どうしても不安な方は当然セットされたほうが良いですね♪



【その3】メインラインをスイベルに結ぶ
2 
コアキャロパイプにラインが通ったらスイベルを用意。メインラインを通して・・・
3 
結んで下さい。
結び方ですがワタシは「ユニノット」で結んでおります。
※ユニノットの方法は「http://www.unitika.co.jp/fishing/knot/uini/uini.htm」で確認してください。
※PEライン使用時は輪の中への巻きつけ回数を5回以上行なわないとスッポ抜けの原因になります。

一言:パイプとスイベルの間に衝撃緩衝材としてソフトビーズ等を通す方がおられますがここでは使っておりません。
コチラも昨年の秋のマルアジ釣行時の際に緩衝材無しで釣りをしてトラブルが無く、個人的に必要性を感じなかったのがその理由。
ショックリーダー同様に必要性を感じる方のみご使用下さい。




【その4】リーダーをスイベルに結ぶ
4
リーダーを用意してスイベルのもう片方に通して・・・
5 
結びます。
こちらも「ユニノット」でOK!!
リーダーの長さですが30cm~1m位までとなります。
リーダーの長さが長いと扱い難くなりますので最初は30~50cm位で始めて下さい。
太さは0.8号位でOKですが、アジのサイズが大きく切られる場合は太くして下さい。
※このブログ冒頭のマルアジ(平均サイズ35cm)を釣っていた時は1.5号のリーダーを使用しておりました。

一言:リーダーの基本概念として「細ければ細いほど良い」「長ければ長いほど違和感を与え難い」という部分がありますが切られたり扱いにくかったりしたら意味が無いので「切られないギリギリの細さで自分がトラブルなく扱える最大限の長さ」を自ら導き出してください。



【その5】リーダーにスナップリング(もしくはジグヘッド)を結ぶ
6 
自分の任意の長さにカットしたリーダーの先端に「ヤリエ・スナップリング」(もしくはジグヘッド)を通して・・・
7 
結びます。
ここも「ユニノット」でOKですね♪

一言:「スナップリング」はジグヘッドの交換が容易になります。ただしジグヘッドを交換する必要性をあまり感じない方はジグヘッドを直接結んで下さい。
ジグヘッドは飛距離を稼ぐ必要性が無く(キャロのウエイトで飛んでいく為)、水中での安定を保つのが主になります。
ジグヘッドのウエイトは軽いほうがワームが自然な動きになりアジに違和感を与え難いので極力軽くして下さい。
※今現在は「0.1g」という極軽タイプもありますので0.1~0.5gの範囲でお試し下さい。




【完成です!!】
9 
コアキャロパイプに「磯研・コアシンカー」を、ジグヘッドにワームをそれぞれセットしたら完成です!!
※コアシンカーのセット方法は「ウエイト交換・セッティングポイント自在キャロシステム『コアキャロ』の作り方」をご覧下さいませ。

一言:アジング専用のワームの種類やカラーは今現在、膨大に存在します。
地域性などもあるので一概に言えない部分で、僅かでもカタチやカラーが変化すると釣果が大きく変わる場合があります。
一緒に釣行されるお友達やお近くの釣具店のスタッフの方を相談して予算の許す限り沢山種類を持っておられるほうが良いと感じております。



以上で「コアキャロ」のセッティングを終了させて頂きます。

「コアキャロ」の部分が別のキャロウエイトになる場合でも応用が利きますので是非覚えておいて下さいませ。


chain


「アジング」という言葉を聞くようになってから幾度目かの冬を迎えアジが1年を通してルアーで狙える魚であると言う事が分かってきました。

もちろん「旬」「大きいサイズが釣れる時期」というものも存在しているのですがただ純粋にアジを狙うのであればいつでもスタート出来ます!!

たとえ旬でなくとも食べれば美味という点も嬉しいですね♪



是非アジングにチャレンジしてみて下さい!!











バンダナバンバンバン

「にほひ」がお好きな方へ・・・(チューンナップ・修理関係)
2009年11月12日(木)

バンダナです。

11月に入ってから脳内の「魚領域」は「山陰メバル」8割以上、残りがその他の魚になっておりまする。

その山陰メバル狙いの時にフィッシュフォーミュラ(集魚剤)を「ここぞ!!」ってゆースポットでは良く使うんですが、このフォーミュラの入っている容器ってどうにもこうにも「携帯性が悪すぎ!!」で困っておりました・・・

¥100均とかで小さいスプレー容器を買ってみたり目薬の容器を使ってみたりしたんだけどどうもよろしくない・・・

外灯下で常に決まった位置で足場が良くって・・・という条件であれば「バークレー Gulp!アトラクタントスプレー」のでっかい容器をドンと置いて釣りするんですが外灯が無く、足場の悪いエリアをランガンする山陰メバルではそうもいかない状況が常でござんす。

それでもフォーミュラを使いたいワタシ、こんなものを作ってみました♪
12

「パゴス裏方作業人作:にほひの元」

・・・まあフィルムケースとミニタオルとスポンジを組み合わせただけなんですが。

ジグヘッド+ワーム用のニオイ付けグッズで前回の山陰釣行でテストしてみたら結構いいカンジだったんでご報告いたします♪

使い方は・・・後回しにして先ずは作り方でも・・・

用意するものは以下のアイテムです。

11

「フィルムケース」
デジカメ全盛のこのご時世、入手が結構難しくなりました・・・無ければ「フィルムケースサイズで穴があけられる素材の容器」を探してみて下さいませ。
尚、フィルムケースのフタは必要ありません。


10 

「タカ産業 ミニタオル T-94」
パゴス各店・パゴスネットショップにて好評発売中でございます。
指先に付いたフォーミュラを拭くのとフォーミュラケースが直接ゲームベスト等に当たらないようにするアイテムとなります。
なお、カラビナは標準装備品です。


9 

「スポンジ」
よく竿を買ったときの箱に入っている緩衝材です。フィルムケースの内径よりも大きいサイズで厚みが3cmくらいあるのがグーです。
なければ¥100均で・・・

後は「ハサミ」とフィルムケースに穴を開ける為の「ルーター」があればOK。

・・・ルーターを持ってる方は少ないと思います。無い方は鉄クシを熱して穴を開けてもOKです(ヤケドには十分注意してください!!)


さて、ここから作り方の説明です。


【作り方1】
ルーター等を使ってフィルムケースに穴を開ける
8

フィルムケース上部から5mm位下に穴を開けてください。
ルーターが無い場合は熱した鉄クシを刺して溶かし開けて下さい(ヤケド注意!!)
穴は「ミニタオル」に付いているカラビナが通るくらいの大きさ(約4mm)空けて下さい。

1

こんなカンジの穴になります。


【作り方2】
ステッカーを貼る
14 

・・・別に貼らなくても良いですがフィルムケースのまんまだとどうも見てくれが悪いんで・・・
今回は「ブリーデン フロロカーボンライン」を買ったらもれなく付いているステッカーをカットして貼ってみました。


【作り方3】
スポンジのカット
6

特に難しくありません。
フィルムケースに入るように丸くカットするだけです。
注意する点は「フィルムケース内でスカスカにならないように大きめにカットする事」位ですね。
フィルムケースに入れる時、ちょっと押し込むカンジになる大きさがベスト♪

以上で下準備は完了です。
後は各パーツをセットするだけ(これも超カンタン♪)

 

先ず、ミニタオルのカラビナに穴を開けたフィルムケースを通します。
13 


そのまま奥(カラビナの狭い部分)まで持っていって下さい。
12

こんなカンジになります。

最後にスポンジをフィルムケース内に入れたら「にほひの元」完成!!
5

※スポンジは容器の約半分程度の厚みがあればOKです。


以上で完成です。
次にどうやって使うのか・・・ですが、先ず「使いたいフィッシュフォーミュラ」「にほひの元」のスポンジに吸い込ませます。

この時、フィルムケースを逆さにしてもフォーミュラがこぼれ出ない量のフォーミュラを入れて下さいませ。

4 

そしたら「にほひの元」のカラビナを使ってゲームベストなどにセットして下さい。
※邪魔にならず、自分の目先にある位置がグー(ワタシはゲームベストのジッパーにセットしております)

そして釣り開始。

ワームにニオイを付けたい・・・と思ったらそのワームをリグったまま「にほひの元」の中へ・・・
3

そのままワームを押し込んだら、スポンジからフォーミュラがジュブジュブ出てきてワームに付着。

ジグヘッド+ワームはラインを持てばサッと取り出せます。

残ったフォーミュラは再びスポンジに吸い込まれるのでこぼれる心配はありません。

2

指先に付いたフォーミュラはミニタオルでサッと拭いてキャスト。

完全にフォーミュラを除去する事は出来ませんが、大方ふき取れるハズ。
(タオルが汚れたら海でサッと洗って固く絞ればOK)

「フォーミュラの入った容器を置いたり」「容器にフタをしたり」といったわずらわしい動作が無くニオイを付けたら即キャストが出来るので手返しはかなりいいハズ。

毎キャスト毎に付ける作業を行なってもタイムロスは最小限に抑えられまする♪


ニオイに関しては賛否両論ありますが、たとえ0.01%でも結果的に釣果アップに繋がるのであれば使う価値があるのでは?と思ってます。

釣れる時はニオイがあっても無くても関係ないのも事実ですが。

メンタル面(精神面)に与える影響も結構大きいので持ってて損は無いと思います。

使わない理由は「そのニオイ」「フォーミュラを付ける時の面倒くささ」がメイン。

「ニオイがダメ!!」という方はどうしようもありませんが面倒くささを改善する方法は他にもあると思います。


「にほひ」が好きな方は是非お試しあれ・・・

ストレッチグローシート入荷と使い方(チューンアップ・修理関係)
2009年11月02日(月)

久方ぶりに全色揃いました♪
1 

「東邦産業 ストレッチグローシート」

思い起こせば一昨年に発売開始となり「その使い方」が結構話題になったモノです。

特徴は「のびーる素材」なので「曲面に対しても貼り付けが可能」ってコト。

「メタルジグ・スプーンの夜光チューン」

「エギのワンポイント」

「ウキに貼る」

「落とし込みなどの目印に」


・・・等の使い方が基本的なんですが、パゴスでは「ワームキーパー」としての活用をオススメしております♪

作り方もハサミがあれば直ぐ作れるので是非お試しあれ・・・

【つくりかた1】
ストレットグローシートを底辺3~5mm、高さを15~20mmの二等辺三角形形状にカット。
2 

まあこんなカンジになるわけさ。


【つくりかた2】
ワームキーパーを設けたいジグヘッドにセットして巻きつける。
3

シート裏面はシールになっておりますので剥離紙を剥がしてから巻きつけてくださいませ。


【つくりかた3】
完成です!!
 5

コレだけで簡単にワームキーパーが作れちゃいます♪

そしてグロー(夜光)のシートですのでワームをセットしたらワームボディから僅かな光が漏れ出しターゲットを誘引・・・というオマケももれなく付いてきます!!

ガチッとしたワームキーパーを作るのもいいんですケド、そういった類のワームキーパーで極細ワームや極柔ワームなどをセットするとあっという間にワームが「壊れて」しまいます・・・

その点、これは強靭なキープ力こそありませんがワームを極力壊さず長期にわたって「やさしく」ホールドしてくれます。

ストレッチグローシートの表面を触った方ならお分かりかと思いますがゴム状でボコボコしてるんでホールド性はかなりのものかと・・・

「ガッチリキープするが直ぐワームが壊れる」

「キープ力はそこそこだがワームをやさしくホールドする」


どちらが良いか?は使う側に判断をお任せいたします。


・・・が、こういった類の「ちょっとチューン」で魚が釣れたら普段よりも嬉しさ2割増し!!

是非お試し下さいませ♪

尚、「ストレッチグローシート」のカラーは「レッド」「パープル」「オレンジ」「グリーン」「ブルー」の5色がございます。



只今パゴス各店、及び「パゴスネットショップ」にて発売中!!

ヨロシクお願いいたしまする。