釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

梅雨の錦鱒(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年06月09日(金)

6月に入って1週間が経ちました。
例年であればサツキマスの遡上のピークは過ぎ、釣果も落ち着いてくる頃です。
しかし、今年はまとまった雨が降らず渇水のため、遡上のスイッチが入らないのかピークがまだ来ておらず、時折降る雨の度にぽつりぽつり釣果を聞くほどに留まっています。

そんな中で、6日の晩から降り始めた雨。
翌7日には、四国・中国・近畿・東海・関東甲信地方で一斉に梅雨入りが発表されました。

7日は、社長にライトケンサキにお誘いいただいていたので、エース池内店長と休みを合わせて釣行予定だったのですが、荒天のため中止と連絡が。

全トラウティストが待ち望んだと思われる雨。
もちろん僕達も例外ではなく、待ちに待った好機を狙って、池内店長と二人、錦川へ向かいました。

朝7時、現地に集合。
雨は、しとしと落ちる程度で、少し水位が上がっているものの、それでもサツキマスにとって最高潮となる水位には程遠い状態。
しかし、濁りは入っておらず、今まで下流で遡上の機を窺っていたサツキマスが動くタイミングに間違いなさそうです。

2日に錦川へ行き、1尾をキャッチしている池内店長は、おおよその状況を把握済み。
狙いを下流域に絞り、サツキマスが足を止めそうなポイントを回っていく作戦に決定。

最初に向かったのは、ゆっくり流れる水深のあるポイントで、いかにもサツキマスが溜まっていそうな雰囲気です。
下流側に僕、上流側に少し離れて池内店長が入り釣り開始。
そしてわずか数投したところで、下流から池内店長が呼ぶ声が聞こえます!!
目を向けるとファイト中と思われる光景が!
慌てる僕をよそに、スムーズに魚を寄せ一気にネットイン!!

18920578_1428661237218504_8889952391464063931_n

サイズは40cmに届かないものの、綺麗な魚体。
19029350_1427915447293083_1817921988867038156_n

19029707_1427915580626403_1623333955501456823_n

ルアーは定番、バスデイ/SG80F
カラーはグリーンゴールド。

フックは、オーナー/STX-38ZN。
テール付近のショートバイトを捕らえたと思われる掛かり方。
18922067_1427915147293113_8889060132108547927_n 

水中でのリリース動画の撮影に成功、元気良く流れに帰って行きました!



その後は、僕が上流に入り続行。
魚がこのポイントに入っているのは間違いない。
期待しながらキャストしていると、ここぞというところでドンッ!
ですが、正体はニゴイでした。
18952589_1427915180626443_3918811107566877970_n
ニゴイもたくさんいる鮎を盛んに追って活性が高いようです。

そのあとも、そのポイントを攻め切りましたがノーバイト。

期待を込めて移動したのは、最初のポイントから少し下ったところにある池内店長が前回バラしているポイント。
この日も雰囲気はあったのですが、ここでは反応なし。

3箇所目。
対岸に流れが走り、岩盤やテトラがあり、水深もある。
僕が上流側、池内店長は下流側に分かれ釣り開始。
開始早々に池内店長にチェイスが!
そしてすぐさまヒット!!
急いでスマホのムービーで撮影開始!
1尾目よりやり取りに時間が掛かっていることからサイズが良さそう!
慎重なやり取りから、ザバッとネットイン!!



見事な40アップ!!
18951003_1427911383960156_7115458484945424886_n
ルアーは1尾目と同じくバスデイ/SG80F、カラーはグリーンゴールド。
この日の状況に完全にマッチしているようです。

この太さと体高。
側線付近に薄っすら浮かぶピンクと朱点も美しい!
背中の傷がファイトの激しさを物語ります。

18920400_1427915500626411_5305599512189541812_n

写真を撮り終え、釣りを再開してすぐさま池内店長からバラしたと声が!
しかも先程の40アップより大きかったようで、期待しながらキャストしていると、僕にもチェイス!
惜しくもバイトまで至らなかったものの、朝一に池内店長がヒットさせたポイントより明らかに反応が多い。

気が付くと雨が勢いを増してきていました。
ルアーを今まで反応があったSG80Fから、よりアピール力のある流神/雷にチェンジ。
ロッドを立て、表層付近を泳がせ、雷の独特なアクションで食い上げさせるイメージ。
その3投目・・・

対岸付近に着水後、流れに合わせゆっくりハンドルを5回転ほどさせたところでロッドに激しい衝撃が伝わる!!
余りのバイトの凄まじさに声が出ない。
フッキングが決まりファイト開始、と思った所でラインテンションが抜ける。
バレた・・・?
何が起こったのか分からないまま、ゆっくりリールだけ巻いているとかすかな重みが。
ハンドルを巻くスピードを早めると徐々に伝わる生命感。
まだ魚が掛かってる!
さらにハンドルを巻くスピードを上げ、テンションを掛ける!
フッキング後にテンションを保てない程のスピードで手前に走ってきていたようです!
テンションが掛かったかと思いきや、すぐさま左右に走る!
一瞬たりとも気が抜けない。
上流のカーブの先にいると思われる池内店長を呼ぶ余裕もない!
それでも徐々に寄ってきて、いよいよランディング。
ネットは、本店店長ゲーリー重森さんに長期間借りている縦内径30cmの渓流用。
どうにかなるだろうと思っていたのが大間違い。
全く入る気がしない。
しかし、岸にもずり上げれそうな感じではなく、ネットに入れるしかない。
タイミングを見計らってテール側からネットを出す!
体のどこかに触れてしまったのか、ネットに半分ほど入ったところで再び走る!
途端に嫌な汗が吹き出たが、まだバレていない!
そして2度目のチャンス!
頭からだったのか、テールから掬ったのか、無我夢中だったため思い出せませんが、ネットの中にはサツキマスが入っていました。

手が震えている。
少し息を整えたあと、池内店長へ釣果を知らせる。
「おめでとう!」
がっしりと握手で祝ってもらいました。

サイズは41cm。
錦川 サツキマス (2)

錦川 サツキマス (4)

顔が小さく、盛り上がった背中。
少し落ちた鼻もかっこいい。
錦川 サツキマス (12)

錦川 サツキマス (7)

この魚を引き寄せてくれた、地元錦川で生まれたルアー、「流神/雷」。

錦川 サツキマス (27)

池内店長が釣った40アップとの2ショットも撮ることができました。

錦川 サツキマス (3)

錦川 サツキマス (15)

その後は、少し遅れて錦川へ来ていた重森店長と合流。
沈下橋の下で昼食をとりながら情報交換。
錦川 サツキマス (9)

昼食後、3人で池内店長と僕が釣ったポイントに入りますが、重森店長に一度何かの強いバイトがあったのみ。
雨に加えて風も強くなり、体が冷え切っていたこともあり、ここで終了となりました。
錦川 サツキマス (1)

今年は、自分には釣れないのではないかと思っていたサツキマス。
偶然が重なり、幸運にも満足いく魚を釣ることができました。
これで心置きなく渓流に行ける。
そう思っていたんですが、もう1度あの衝撃的なバイトを味わいたい自分がいます。

カリスマ船で一つテンヤ(スマイリー湯池釣行記)
2017年06月08日(木)

6月6日に釣友にお誘い頂き、中吉丸で一つテンヤに行ってきました。

総勢14名なので2艇に分れて私は第七中吉丸で出船。

 

 

一つテンヤが始めての方が2名居たのですが、他の釣りは色々とやりこんでるだけあって直ぐに感じを掴んでヒットさせてました。

 

一つテンヤは始めてで大阪から来られた方もサクッと1匹!

 

こちらも一つテンヤは始めてでナイスサイズのアコウです!

 

この日は鯛が少なく2:8位でアコウの方が多かったです。この日貴重な鯛を釣ったナンちゃん!

 

私にもやっとアコウが釣れました。(ちっちゃいけど)

 

その後皆さん順調にアコウを釣っておられました。

 

前日にパゴスネットショップ店長のバンダナ伊藤からマグバイトのバサロHD80gとまだ発売前のマグバイト スナッチバイトシャッド4インチ(6月中旬発売予定)を強奪してきてたので使ってみると釣れちゃいました!

その直ぐ後にナンちゃんがチャートのテンヤで良いサイズのアコウを釣ってたので

 

ワームをチャートに交換すると私にも良いサイズのアコウが釣れました。

 

 

 

終盤に船の近くでボイルがあったのでジグミノーに付け替えてキャストして見ると、90cmぐらいのサワラがヒット!

 

 

 

私達の乗った船では釣った魚は個々のクーラーに入れてたので集合写真はありませんが大体同じような感じなので

第八中吉丸の釣果です。これが全部ではないかもしれません。1番大きいのは53cmあるそうです。

 

 

 

 

始めてお会いする方が殆どでしたが皆でわいわい楽しく釣が出来ました!!

次はなにを釣ろうかな?

THE磯釣り(ロックショアジギング)(ネイティブ沖田釣行記)
2017年06月05日(月)

こんにちはネイティブ沖田です。

毎月恒例の「ロックショアジギング」に行ってきました。
行き先は、島根県の島根半島。
今回も地元のパイセンIさんと2人の釣行になる予定でしたが、「島根の事なら任せろ!」
とバンダナを巻いた方が乱入。

IMG_3765 

七類港から出航している船
「亮吉丸」さんにおじゃまさせていただきました。(隠岐はまだハードルが高いのでまた今度にします。)

IMG_3818

思った以上に船が小さく「大丈夫か?」と思ったのですが、船が小さいのには訳があった事を後気付く事に。

IMG_3816

乗船する前に行う事が一つ。「渡船カード」の記入

IMG_3817

これを記入したら、船長に渡し乗船。

IMG_3774

先ずは湾内の磯に他のアングラーを下ろし外洋へ、しかし思いのほか波が高くウネリがある為断念。
近くの磯に餌釣りアングラーを下ろし一路、違う航路から外洋に。

IMG_3784

ここで船が小さい理由が判明。
地図で見ると若干離れている磯の間をショートカットする為の小型船。

キャプチャ

磯が近いので「ハラハラドキドキ」

IMG_3785

IMG_3787

IMG_3792 

島の裏側に入り上陸。

こんな感じで荷物などはリレーで受け渡します。
良く「投げる」とか言われますが、そういった場面に遭遇したことはまだありません。(今後あるかも・・・)

早速タックルを準備。
一番早かったのは言うまでもなくバンダナさんです。
サラシ周りを入念にミノーを通すバンダナさん・・・・・しかし反応無く。
ロックフィッシュタックルにチェンジ。

青物部隊は外洋側を調査。

IMG_2191 

途中ラインブレイクしてバッカンを置いていた所まで帰ってきていたので、何か撮れないかとバンダナさんにカメラを向けていると奇跡が!

「バサロ+フラッシュJ」は根魚以外にも色んなフィッシュイーターを運んでくれます。

IMG_3794

坦々とジグをシャクルパイセンを盗撮。

カメラを頭にセットして、ヒットを待つ。待つ。待つ

とその時、隣の磯に上がっていたアングラーの竿が曲がる。

IMG_3806

後に聞くとヤズがつれたそうです。(沖には隠岐に行くフェリーの姿が)
その後、沖合いではナブラが起こったのですが届くわけが無く。

IMG_3810

12時に体力の限界が訪れ港に帰還。

しかしこのままでは終われないと思い、バンダナさんの後をつけ偶然を装いロックフィッシュタイム突入。

したのはいいですが、ここで問題が。
ネイティブ沖田青物タックルしか持って来てませんでした!汗
と言う事でバンダナさんに頼み込みレンタルさせていただくことに。
はい!と渡されたロッドがまさかのあのロッド。

IMG_3833

ゼナック スナイプS86XX
勿論、リグはバサロ+フラッシュJ

ネット店でも販売しております。

snipe_s86xx_lc2

ここからは見よう見まねで、バサロのスイミング。
まさにあの動画のように
マグバイト【バサロのスイミングで狙うロックフィッシュ】をご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=33&v=fhMWxVJSrkE

なんと2投目でヒット!

IMG_2260

意外にロッドが曲がるのでデカイと思ったのですが小型でした。

IMG_2306

しかし、このサイズであの引きはたまりませんね!

IMG_2253
ここで、商品のご紹介。
首に巻いているのはネックウォーマーではなく、ファイブコアさんから発売されている「フェイスゲーター」
UPS50+で夏の強い紫外線から顔・首などを守ってくれる代物。
後になって気付く、照り返しによる顔の日焼け・首筋の日焼け防止などに打って付けの1品です。
ストレッチ性のマイクロファイバー素材で作られているので息苦しくなることなく付けられます。
矢野駅前店に近日入荷予定!

さらに、2匹目は何故か外掛かり。

IMG_3826

スナイプ&「バサロ+フラッシュJ」の威力を体験できた釣行です。
で、ロッドの持ち主はというと・・・

IMG_3840

釣り開始早々2回のライントラブルにあい最後の最後にアコウをゲット。

IMG_3842

釣行終了。

Iさん、バンダナさんお疲れ様でした。
来月も沖磯リベンジ行きましょう。

今季初の錦川サツキマス!(エース池内釣行記)
2017年06月03日(土)

例年ならGWから本格的に釣果が出始め、そのまま最盛期に突入する錦川のサツキマス。

しかし今年はまとまった雨が無く近年稀に見るほどの大渇水に見舞われ厳しいシーズンとなっていた。
新調した写真下のロッド、「テンリュウ レイズRZ78LML Satsuki」で釣りたくて5月に2回程釣行したがキャッチ出来ないままシーズン後半の6月を迎えた。

18156889_1156008921195527_3283512624224757806_n

そして、昨日6/2
トラウト釣行としては遅い10時頃に自宅を出発。

昨晩に雷を伴ったゲリラ的な降雨による増水は出発前に確認した水位グラフで期待出来ない事が分かっていた。
11時前に錦川に到着、自分が得意にしている中、上流域は渇水でどこも流れが細く浅瀬に群れる稚鮎の生命感しか感じられない。

18893310_1188585321271220_2852068406727841347_n

6月といえばもう一つの川の主役、鮎の解禁でもある為、上流部は鮎釣り師で賑わっていた。
狙いは渇水で遡上を阻まれたサツキが溜まっているであろう下流部。
この日のタックルはもちろん、入魂を心待ちにしたレイズにルアーは地元錦川で鍛え上げられた流神ルアーの櫻雅を選んだ。

18881865_1188585324604553_1984170707900865894_n

まず最初に入ったポイントは瀬の落ち込みから流れが対岸に集中しているポイント。
渇水とドピーカン、さらに連日アングラーが攻めているであろうポイントだけに水辺からはいつも以上に距離を取って静かにアプローチ開始。

クロスにキャストしながら3歩程の間隔で釣り下って行くこと数投目、ナチュラルに見せようと控えめにアクションを加えていたルアーの後方で反転するサツキマス!
完全にスイッチが入っているのかその後も激しくチェイスしてきている!食わせの間を入れようとタダ巻きに変えた途端にテールフックをついばんでローリング一発でフックオフ・・・
思わず天を仰いで数秒間フリーズしていました。。

しかし、魚が入っている事は分かったので気を取り直して釣り再開。
1時間程粘ってみるもサツキからの反応は無く移動しようとルアーを回収していると後方から大きな影!

思わずリーリングを止めてしまいそのままの勢いでズボォー!とバイト!
強烈な突っ込みをいなしてキャッチしたのは錦川名物の大ニゴイ(別名:ゴールデントラウト)です。(笑)

レイズ初の獲物、ゴールデン・・いや、ニゴイをキャッチした所で次のポイントへ移動。

18813608_1188634867932932_3432679739778122790_n

次に入ったのは長いプールが続きその上流は川幅が狭まって瀬があるポイント
渇水でその瀬がいつも以上に浅くなっていて下のプールにはサツキマスが溜まっている気配濃厚!

まだ新しいアングラーの足跡もあり朝一に攻められた後の様子。
ここでも静かなアプローチとナチュラルなルアーアクションを心がけて釣り開始。

櫻雅をダウンクロスにキャストしながら流れを刻んでいく
バルサならではの水絡みの良いナチュラルな泳ぎと75mmのサイズ感ははまさに川辺に群れている稚鮎にマッチザベイト。

半分ほど釣り下った頃、中心の一番流れが効いているスポットにルアーが入った瞬間、ガツンッ!と強烈なバイト!
そのまま魔のローリング!ラインテンションを一定に保つ事だけを考えて耐え忍ぶ、レイズのしなやかなティップが追従していい感じにいなしてくれている。

何度か流れに向かって突っ込み抵抗するサツキマス、水中で反転して光るボディは幅広でデカそう!
手前に寄ってきてサツキが浮いた一瞬を見計らってザバッ!とネットイン!

今年も出会えた錦川のサツキマス!

18920487_1188560754607010_1784152761068638291_n

引きも強いはず!白銀の魚体が眩しく輝く雄の幅広45cm!

18767528_1188560757940343_87589924900697143_n 

背中の盛り上がり、尾の付け根の肉付きも半端ない!

18839272_1188560767940342_7011615908280375440_n 

フロントフックをがっつり咥えていましたが強烈なファイトに耐え切れずフックは無残な姿に・・・(危なかったー)

18835984_1188560764607009_7981818204697792980_n 

何度釣っても興奮して手が震える程の感動を味あわせてくれるサツキマス。
錦川で生まれたルアーでサツキマスが獲れた事に感無量!
特に今年は厳しくその中で獲れた事に感謝、某有名アングラーの言葉にあるように「心に泳ぐ、一匹」になった気がした。

一匹とれた充実感と安堵感で昼食を食べていなかった事を思い出しお腹が減ってきたので遅い昼食を取って帰る事に。

錦川を訪れた事がある方はご存知の方も多いと思う錦川上流にある自販機コーナーへ。
ここにはカップ麺、パン、お菓子、地鶏のゆで卵などなど小腹が減った時に有り難い軽食の自販機が揃っている。

18881811_1188560701273682_4590118539932963720_n 

中でもお勧めなのが右から2番目に鎮座するコチラの自販機!
もはやサツキアングラーの中では名物になっている自販機で350円で温かいうどん・ラーメンが味わえます!
ちなみにおつりが出ないように丁度の金額を投入する事をお勧めします!(過去に500円玉を入れておつりが出てこない事が数度あり..笑)

18835859_1188560694607016_6322661749757683942_n 

20秒ほど待てば右下の取り出し口からガッチャン!と既に出来上がった状態で出てきます!
機械の内部構造が非常に気になりますが味は普通に美味しいです♪
(このうどんを食べればサツキが釣れるといるジンクスがあるとか、ないとか・・・)

18767772_1188560687940350_8076298808074787852_n

自分は毎年、6月に入ってから良い釣りができていますが今年ばかりは厳しくこのまま終わってしまうのではないか?と思っていました。
厳しいシーズンだからこそいつも以上に考え、丁寧なアプローチやルアーセレクトもシビアに出来る様になったと思います!

今年は例年より稚鮎が多く、水色含め水の状況も良く感じます
まだまだ魚は溜まっています、少しでもまとまった雨が降れば一気に状況は好転しそうです!

少しでも気になっている方、一緒に震える程感動するサツキマスを追いかけてみませんか?


TACKLE DATA
rod:Rayz RZ78LML(Satsuki)/tnuyu
reel:EXSENCE CI4+ C3000HGM/shimano
line:G-SOUL WX8 12LB/YGK
leader:Applaud nanodax 15LB/sanyonylon
lure:櫻雅75F#鮎/流神lure


最後に、河川で釣りを楽しむ際に最低限のマナーとルールを少し。

・河川でトラウトを狙う場合は遊漁券が必要になります、1日券、年券があるので必ず購入して下さい。
・渓流とは違い本流は基本的には釣り下りです、先行者や上流に釣り人が居た場合は必ず挨拶をしてから釣り場に入りましょう。
・地域住民の方の迷惑になる様な行為、駐車場所・騒音などには最大限の注意をお願いします。
・河川敷に捨てられたゴミも目立ちます、ゴミのポイ捨てなどは絶対にしないようにしましょう。
川、海釣り問わず基本的なマナーばかりです、しっかり守って楽しく釣りが出来れば良いですね!