釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

西方面の青物&火電波止釣行(マリホ店増田釣行記)
2017年11月05日(日)

マリホ店増田です!

10月半ばのバス釣りから釣行記を書いていませんでしたが、池内店長と市内河川にシーバスに行ったり、江田島へ青物に行ったりして、いずれも撃沈していました・・・。

酒田くんや池内さんが好調に青物を釣っていく中、そろそろ僕も釣りたい!ということで、ショアジギタックルを揃えて僕以上にやる気になっている弟を連れて青物狙いに行ってきました!

東方面は酒田くんに任せて、僕は西方面に行ってきました!

まずは近場の漁港からチェックしましたが、雰囲気はあるもののベイトっ気がなく、少しキャストして移動。
そこから西へ西へとポイントを見ていき、ベイトが確認できたポイントで弟が何かを掛けて、数秒のファイトでラインブレイクしたらしいのですが正体は不明・・・。
悔しがる弟を乗せてさらに移動します!

ポイントの近くにはイワシ漁船がいて、近くに鳥も飛んでいてベイトがいるのかなと思っていたらボイルが発生!
その後もキャストが届かない距離でボイルが頻発します!
絶対近くに寄ってくる魚もいるはずとキャストを続けます。
トップ、ミノーとルアーを替え、少しでも飛距離を出そうとジグに替えた1投目、ボトムからのジャカジャカ巻きからワンピッチジャークに切り替えたところで「ガツン!」
ズッシリ重い引きにエソではないと確信!
エソじゃないとわかった途端に慎重にファイト開始します!笑
じわじわ寄せてくると、そこまで大きくないですが青物の姿を確認!
もういつでもランディングできる距離まで寄せてましたが、そこからが大変でした!
弟を呼んでランディングしてもらおうとしたんですが、干潮前だったので水面までの距離が遠く、持ってきたタモの柄では届かない事態に!笑
周りを見渡すと、何とかタモの柄が届きそうな足場の低い場所を発見!
そこまで魚を誘導したいんですが、そこそこ距離もあるし、なかなか言うことを聞いてくれずで苦戦!
そうこうしていると、さらに潮が引いて敷石が出てランディングできなくなりそうで焦る!笑
寄せては返すを何度も繰り返して、それでもジワジワと寄せてきて、なんとか弟が目一杯手を伸ばしたネットにようやく収まりました!

22853444_1615969075154385_3421196334062377843_n

サイズは60cmちょっとのヤズ?ハマチ?
久しぶりの青物にサイズ関係なく嬉しかったです!

22885921_1615969148487711_3899060968652175349_n

その後、弟にバイトがあったり、キャストが届く位置でボイルが起きたりしましたがヒットまで持ち込めませんでした。
他にも気になるポイントがありましたが、翌日も釣行予定ということで帰宅しました。


翌日は山陰三隅の火電沖波止に向けて暗いうちから出発!
前日の夜から出て、ナイトクロムツゲームをしてみるプランもありましたが、さすがに青物とのロングファイトで疲れていたのでやめておきました。笑
この日は、もう一人の弟も参加して、増田三兄弟揃っての釣行です。(次男を弟1、三男を弟2と書かせていただきます)

1便には間に合わなかったですが、朝日を見ながら出船!
今回も古湊港の「辰丸」さんを利用させていただきました。

22894128_1618930511524908_6311653037718841387_n

前日に青物らしき魚を掛けている沖波止初挑戦の弟2もやる気満々です!

23231446_1618930558191570_5386558654319596930_n

平日ですが、すでに1番から6番くらいまで等間隔に釣り人で賑わっていて、7番辺りの空いているスペースで釣り開始です。

23032378_1618930944858198_6222875494592080655_n

22894162_1618930468191579_1067382983927087129_n

外側の水面を見ると、小さなベイトを何かが追いかけていて雰囲気はいい感じ♪
急いでショアジギタックルを準備して、そのボイルの下を50gのジグで引いてくるとすぐヒット!
ベイトを追いかけていた魚の正体は小さなサバでした!
ちょっとショアジギタックルではオーバーパワーだったので、クロムツゲーム用の14gのジグを投げるとダブルヒット♪(撮影中に1匹外れました)
22894175_1618931268191499_1294760882916001509_n

少しボイルも落ち着いたところで本命のクロムツ狙いに切り替えます。
沖にキャストしてボトムを取り、足元まで誘って来たところでヒット!

22894237_1618930271524932_732624457214002756_n

何度か火電波止に釣行予定がありましたが、その度に荒天で中止になっていたので、ようやく見れた悪人面が嬉しいです!
22886252_1618931328191493_6120461964350465607_n

そのあとも足元のボトムでこれまた嬉しいカマスやアジなどもヒットして多目釣りを堪能します♪

23032648_1618929924858300_366220504643877959_n

22894384_1618929674858325_2698708924845041063_n

そんな中ショアジギタックルを振り続ける弟にはフグがヒット。
青物らしきボイルやサゴシのジャンプもなく、なかなか厳しそうです。

23130491_1618930321524927_2327606032504078351_n

弟1はと言うと、サビキ仕掛けを投入し南蛮漬け用の豆アジをせっせと捕獲。笑
十分な数を釣った所でダート系ジグヘッドに替えライトゲームを楽しんでおりました。
それぞれが好きな釣りを楽しめるのが沖波止の良いところですね♪

そうこうしていると予報通り風が強くなり、ライトゲームがやり難い状況になったので、グリッサンド77にメタルマルを結んで波止をテクテクしながらキャスト。
ボトムを取って、3回くらいリトリーブしてカーブフォール、を繰り返していると「ガツッ!」といいアタリが♪
小さなマハタとマダイが釣れてくれました。
他にも2回アタリがありましたが乗らず。
原因はフックセッティングのミスだと思われるので、次回は修正してアコウを釣りたいと思います!

23167649_1618931078191518_6913978624627791164_n
23132080_1618931144858178_7822516925998166346_n

波止の端から端まで歩きましたが、その間も風は弱まりません・・・。
餌師の方や弟たちの釣果もイマイチなようなので、そろそろ帰ろうと荷物をまとめた15時ごろ。
辰丸さんに電話しようと思っていたところ、ふと内側の海面を見ると何かがベイトを追ってボイル発生!!
しかも届く距離でなかなかの規模です!
ほおばっていたおにぎりセット放り投げる勢いで、急いでタックルを組みなおしてキャスト!
数秒ジグを沈めてただ巻きすると1投目からヒット!
想像していた引きよりずいぶん軽いなと思ったら、あがってきたのはサバ!
弟2にもすぐにヒット!
弟1にもタックルを貸してあげるとこちらにもヒット!
こんなに釣れるんならショアジギタックル買おうかなと言ってました。笑
23032485_1618930634858229_6893028290053675953_n

ボイルが消えてもジグをフォールさせるとボトムにつくまでにゴンゴンアタってきて入れ食いになりました!笑
50gのジグでも普通に食ってきます。笑
これはこれで楽しいので夢中になって釣っていると、明らかに違う重みの魚がヒット!!
近くに寄せて見えた魚にテンションアップ!
「サワラだー!!」
弟2にランディングしてもらい無事キャッチ!
クロムツに次ぐ本命だったので嬉しかったです!
サイズは60cmをちょっと超えてたのでサワラでいいですよね?笑
23167589_1618930214858271_5294337956750788821_n

その後もサバのヒットはエンドレスで続いて、ファイト中にサバをチェイスするサワラも出現!
このサワラを何とかして釣りたいと思っていると、弟2がヒットさせました!!
慎重に寄せて僕がランディング!
こちらもサワラサイズ♪

22894430_1618930698191556_4190572566755097105_n
初めてショアジギロッドで引き応えのある魚を掛けて楽しんでおりました♪

まだまだサバは釣れそうでしたが、日の入りが迫ってきたので後ろ髪を引かれながら撤収しました。
気付けば日の出から日の入りまでガッツリ楽しんでしまいました。

23130511_1618930194858273_3470408193662998363_n

帰宅後、釣った魚の在庫が順調に減っているので、近いうちにまた行きたいなと思っています。
10kgとは言いませんが、瀬戸内のブリも引き続き狙っていこうと思います!

月1の沖磯釣行(ネイティブ沖田釣行記)
2017年11月04日(土)

こんばんはネイティブ沖田です。

毎月1度の沖磯釣行の日がやってまいりましたが、今回は悪天候の為渡船の出航「不可」
と、言う事でお手軽な地磯に初挑戦いたしました。

今回同行していただいたのはお客さんの「Tさん」
Tさんは以前から山陰でショアジギングをしておられ、言わば自分より「ベテラン」
今回は何かが起こりそうな予感がしておりました。

ポイントに到着して日の出を待ち、少し仮眠をとる事に。

IMG_4540

6時30分
小降りの雨が降る中、レインを着て必要最低限のタックルを持ち、磯に向かいます。
この「必要最低限」とは。
「ベスト」「ルアー」「リール」「ギャフ」「リーダー」「飲み物」等など。
これらを一旦リュックの中に入れ釣り場まで歩きます。
ポイントによって様々ですが、近いところで「5分」遠い所で「1時間」と半分山登り。

今回は「5分」で磯場に到着。
嵐の前の静けさで、波も無く釣れそうな雰囲気。

IMG_4542

山陰とは思えない海。

IMG_4543

早速、シマノ別注平政190をキャスト。
波が無いのでルアー操作は簡単、ミスダイブを減らす事は釣果に繋がります。
しかし、1時間投げても反応無く。

IMG_4552

海面を叩く雨の音が邪魔をして、ルアーに気付いていないのではと思いルアーチェンジ。
今年購入したマリア ポップクイーン160をセット。

動かし方は様々「ショートジャーク」と「ダイブ」「ステイ」の3通りの組み合わせ。

3投目に着水してショートジャークを3回入れステイした瞬間、右方向からヒラマサが飛び出しヒット!?
ロッドにテンションが掛かったと思った瞬間アワセを入れるとスッポヌケ残念。
と思ったらラインブレイク!!キャストしたPEラインのド真ん中位で切れておりました。
最大のチャンスを逃しました。

リーダーを組み直し、再度ポップクイーンを投入したのですが時既に遅し。

IMG_4548

出た時とは状況が変わり潮流が変化しておりました。
その後、天候が一転して「強風」「波」で撤収したのですが!?

今後の為にと思い地磯の探索。

IMG_4555

自宅に帰り、恒例のルアーの潮抜き。

IMG_4567

帰宅後も、出た光景が脳裏に焼きついて思い出す度悔やんでおりました。

こんな時は「リベンジ」するしかないと思い。
直ぐに渡船を予約し「リベンジ釣行決定!!」

今回は急遽決めた釣行なので「ソロ釣行」

IMG_4570

前日、波が高くきわどい状況でしたが船長が「出る」と言う事で自宅を出発。
夜道を3時間走り、渡船場所まで向かいます

道中の気温計を見て驚き、山頂は付近は気温2度。

6時出航。

IMG_4587

西向きの外洋側の磯を選択。

IMG_4588

天気予報通りなら「西向きの風」に変わるので、向かい風で沖にいるベイトが寄ってくるのではと思いこの場所に決定。

IMG_4590

タックルを準備し、先ずはサーチベイトのダイビングペンシルを投入。

IMG_4595

今回は、サブ企画無しの一発勝負なのでタックルは青物ルアーオンリー!

IMG_4599

期待した朝の時合いは無く。
その後、西風の予報は下から吹き上げる感じの風に変わり、プラグが使えない状況になり。

10時のおやつタイム。

IMG_4602

その後もメタルジグを投げ続けたのですが、違和感を感じた事が2回あっただけ。

惨敗です。

IMG_4611

このままでは終われないので、残り2ヶ月もチャレンジしていきます。

IMG_4613