釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

梅雨の尺山女魚(マリホ店増田釣行記)
2020年07月24日(金)

ウェットウェーディングするとヒザが痛むマリホ店スタッフ増田です。

川の水位は下がりつつあったものの、まだ本流はきついかな、ということで島根県の渓流へ行ってきました。
     
     
   
たりルアーを探す     
    
   
今年はコロナの影響があり、初春のサクラマス狙いでの山陰河川釣行ができず、久しぶりの県外渓流ということで早朝からテンション高く出発しました。

午後から雨予報ということで、土砂崩れなどが起こる可能性もあるので、万が一のことも考え高低差の少ない里川を選択。

普段入渓する地点より下流の区間もチェックしてみます。

1度釣りをしたことのある区間でしたが、良い印象はなく、今回は状況が良さそうなので再確認です。

大好きなミノー『シンドラー ウシワカ』にヒットしたのはコンディションの良い綺麗なヤマメ。
渓流 トラウト 尺山女魚 (6)

ただ、このミノーにハマっている感じの釣れ方ではなく、なかなか釣れ続きません。


少し釣り上がると、左岸に流れが当たり、岸際が深くなっている雰囲気のあるポイントが。
渓流 トラウト 尺山女魚 (4)


表層を『ウシワカ』でチェックしましたが反応無し。

ルアーを『スプリーモ モフィー 50SS』に換え、少しレンジを入れるとヒット!

なかなかの引きでネットに収まったのは、約9寸の良型ヤマメでした。
渓流 トラウト 尺山女魚 (9)


もう少し進んだところで、上流からの細く勢いのある流れが開けるポイントが見えてきました。
渓流 トラウト 尺山女魚 (5)

ここに魚が溜まっていたのか、先ほどのヤマメより大きそうなサイズを2回バラし…。

それでもまだ反応する魚がいて、小さいですがめちゃくちゃ綺麗なヤマメが釣れました。
渓流 トラウト 尺山女魚 (2)



わぬところで尺山女魚


そこから上流は、何度か釣りしていて魚が付いているポイントもいくつか知っている区間。

ただ、思っていたより反応が少ない…。

まだ先にあるポイントに期待しつつ、そこまでの過程にあるこんな流れ。
渓流 トラウト 尺山女魚 (1)

流心の頭にキャストして、3回くらいヒラ打ちさせたところで重たいアタリ。

銀色のボディを水中で輝かせてネットに収まったのは、32cmの尺ヤマメ

ルアーは、この日の当たりルアー『スプリーモ モフィー 50SS』でした。
渓流 トラウト 尺山女魚 (10)


その先の期待のポイントでは、アタリのみでフッキングできず。

予報通り雨が降ってきたので、上半身はレインウェア、下はウェットウェーディングという濡れたいのか濡れたくないのか分からない格好でしばらく釣りを続けましたが、予想以上の強い雨で濁りが入り退渓。

濁りの少ない川を探して何か所か探しましたが、そのあとも雨が続きそうだったので、諦めて帰宅しました。



方、太田川本流では凄い釣果が…


帰宅して、濡れたウェアなどを干してひと段落し、SNSを見ていると太田川本流に行っていたお客様2人が凄いアマゴを釣っていました。

梅雨が明けるまでは本流も熱そうです。

川の状況次第ですが、癒されたい気持ちをガマンして本流にも行ってみようと思います!