釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

エギのロングキャストチューンにお使い下さい!(チューンアップ・修理関係)
2010年05月18日(火)

バンダナです。

ショアからのエギングではロングキャストが釣果を大きく左右する・・・そういったシーンが多々あります。
シーズンを迎えエギンガーと呼ばれるアングラーが急増、それに伴い人間がポイントへ与えるプレッシャーは場所によっては「異常」ともいえる状態になっております。
そんな中でヒットに持ち込むにはエギの選択・アクション等はモチロンですが、どれだけ広範囲をチェックできるか?も重要。


そして誰も到達していないエリアを直撃する事もこれまた重要・・・


そんな中で「JINGO スクイージー・ロケッティア」というエギが驚異的なロングキャスト性能を叩き出して周囲を驚かせました。
10 
前重心のエギを「ブースターフロート」と呼ばれるアイテムをラインに通した状態でカンナ(針)の部分に設置したピンにセットする事によりエギがリア重心に!
それをキャストすると空気抵抗の無さも手伝って通常の2倍近い飛距離を生み出す画期的なアイデアでした!!

これによって今までは手をくわえて見ているだけだった沖合いの藻場も直撃!それに伴い釣果が上昇したアングラーさんも多いコトと思います♪
ワタシも様々なエリアで助けて頂きました・・・♪

このロングキャスト仕様は自分でチューニングを施すことによりお手持ちのエギもロングキャスト(以降LC)化出来るのは今や周知の事実となっておりまする。
5全てのエギが対象となるワケではありませんがそれでも数多くのエギがLC化可能でございます。
7 
パゴスでもLCチューンの方法を過去に掲載させて頂き多くのお客様にLC化による「ぶっ飛び」を体感していただきました。
LCチューンブログはコチラ⇒ http://pagos.jp/?p=376

そのLC仕様のエギに欠かせないのが「フロート」と呼ばれる小さなアイテムですが、パゴスではコレまで「発砲流線」をオススメしておりました。
3 
因みにこの「発砲流線」は今現在も好評発売中でございます♪

この発砲流線の弱点を挙げるならば発砲素材ゆえに「激しいシャクリ」「キャストミスによる障害物への激突」、極めつけは「フグにかじられる」等によりこのフロートが簡単に壊れてしまう事・・・
再セットにはリーダーを切って予備のフロートを通すだけなんですが、時合いの最中なんかに無くなったら結構ストレスになりまする・・・

そして実際にセットして動きをチェックした方なら感じた事があるでしょうが
「シャクるとフロートがエギの前をピンコピンコして結構目障り・・・」
ワタシはそれがイヤでフロートを黒く塗ったりしておりました。

「発砲流線に変わるもう少し小さくて強いモノは無いのか?」

そう思っていた矢先、ワタシの師匠があるアイテムを教えてくれました。
4 
「ハリミツ」仕掛作り赤ビーズ4mm

本来は餌釣りの仕掛けを作る際に用いるプラスチックビーズなんですが、直径4mmと非常に小さくプラスチック素材なので強度も十分!
ラインを通す穴も大きくLCチューンしたエギのピンに通してもスムースに脱落すると良いことずくめ♪
早速パゴスでも取り扱うことにしました!!

因みにこれまで使用していた「発砲流線」とのサイズ比較はこんなカンジ↓
8 
小さいでしょ?

これをLCチューンしたエギにセットするとこんなカンジに♪↓
2 
これなら「エギの前でフロートがピンコピンコ」するのも今までよりは気にならないかと・・・♪

「本当に発砲流線と同じ働きをするのか?」にと思う方がおられるかもしれませんが

「心配ありません」と言わせて頂きます。

「フロート」というのでフォール中に浮力によってピンから外れる・・・と思ってる方が結構多いですが、実際は
「着水の衝撃によりフロートが外れます」
なので着水時にラインテンションをかけてるとフロートが外れず後ろ向きのまんま戻ってきますのでご注意を・・・!!
また、ピンを上向きにするか下向きにするかで外れやすさが異なります。
「ピンを下向きにすると外れにくくなります」
「ピンを上向きにすると外れやすくなります」
その辺の微調整は実際にキャストしながら行なって下さいませ。
1 
師匠は昨年の春からこのアイテムを使って驚異的な結果を出しておられました。

今まで通り「発砲流線」を使うのもモチロンOKなんですが、先に述べたとおり強度や大きさに少しでも不満を持った事のある方は是非この「赤ビーズ」をお試し下さい。

因みに販売価格ですが¥168(税込)ととってもお買い得!!
更に1袋になんと「50ヶ」入っております♪

・・・コレなら3シーズンくらいは楽勝ですわ・・・

ぶっちゃヶお店的には殆ど儲かりませんがとっても便利なアイテムですのでご紹介させて頂きますた。
尚、この「赤ビーズ」以外のアイテムでも優秀なフロートとなりうるアイテムは沢山あると思います。
今回はワタシの師匠が実際に使われていた商品をお聞きしてこの「赤ビーズ」を販売・お知らせさせて頂いております。


因みに師匠も昨年より今年の方がはるかに厳しい状況だと言っておられました・・・
「それでもワタシのような凡人には想像も出来ない結果を出しておられるのですが・・・(滝汗)」

そんなシーズンの中で少しでも良い結果を出す為には「LCチューンは必須!」という点については意見は一致しております。

まだLCチューンを試したことの無い方は是非挑戦してみて下さい!!

最後にもう一度・・・「LCチューン」の方法はコチラをご覧下さい
http://pagos.jp/?p=376




・・・ブログ作ってたらエギを投げに行きたくなってきた・・・