釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

スリンヘッドにブレードアイをつけてみた(チューンアップ・修理関係)
2012年06月21日(木)

バンダナです。

山陰エリアにおけるショアからの根魚狙いに情熱を燃やしてる今日この頃です。
本格的に始めてからまだ日は浅いのですがそれでも試行錯誤している内に「ダミキジャパン・スリンヘッド」と出会い、その性能を武器にアコウをはじめとした多くの根魚を獲る事が出来ました。
slinhead_h1 slinhead_light1

26

スリンヘッドの良い所は
「飛距離が出る事」
「根掛かり回避性能に長けている事」
「漁具であるインチクと同様にシンカーの後ろを追従する疑似餌の動きが非常にナチュラルになる事」


スリンヘッドを使用したロックフィッシュゲーム(以降RFゲーム)では「スイミング(リフト&フォール)」によるゲームを展開しております。
広大なエリアを広く探っていくのがメインとなる山陰エリアのRFゲームではスイミングアクション特有の手返しの良さがそのまま釣果に直結している状況に多々出くわしております。

そして昨シーズン終盤にはスリンヘッドにブレードをセッティングする事により驚異的な釣果を何度も得る事に成功しました。
12その驚異的な威力はお客様であり、釣友であり、共に山陰ショアロックフィッシュゲームに情熱を燃やす「Rock氏」を一瞬にして虜にしてしまった程。

2012山陰ショアロックフィッシュシーズンもRock氏、ワタシ共々ブレードチューンを施したスリンヘッドが絶対に外せないアイテムとなっております。


そのブレードチューンですが、最初はワームフックに対して施しておりました。
19しかしながらフックの交換やワームの交換の度にブレード自体も取り外しの必要があるのがネック。
フックの消耗(フックポイントがダメになってしまう事)が激しく、ワームの消耗(根魚とのファイトやフグ等の攻撃によりワームが損傷してしまう事)も激しいRFゲーム。
ブレードの重要性が解れば解るほど交換の煩わしさは致命的になりつつありました。

そこで途中からスリンヘッド本体にハンダでブレード装着用のアイを溶接してみました。
11現在使用してるバージョンにかなり近くなりましたがとにかくアイの取り付けに手間が掛かるのが難点・・・
オマケにカラーリングが施されてるスリンヘッドには塗装されてるが為に溶接出来ません・・・


手軽に、色つきのスリンヘッドにもブレードアイをセットすべく今度はスリンヘッド底部に穴を開け、ブレード装着用のアイをセッティングしてみる事に・・・
「これが大正解!!」
フックやワーム、ブレードの交換の煩わしさが解消されたばかりでなく自身が理想とする位置(ワームの頭付近)でブレードがキラめくようになりました♪
30スリンヘッドは浅場でリーリングするとわかりますが↑のように立ったような状態でスイミングします。
その時、ブレードはワームの頭付近でキラキラします。
テンションフォールの時もほぼ同様にワームの頭付近でキラキラ(スリンヘッド・ワーム・ブレードの角度は↑の写真とは異なります)
フリーフォールの際はワームがほぼ垂直状態になりますのでワームから離れてキラキラします。

ワームの前にでっかいシンカーがあって下ではブレードがキラキラしてて・・・
果たしてこれを魚たちがどのように見ているのかわかりませんが結果として「非常に釣れます♪」
このスリンヘッドも漁具である「インチク」をモチーフにしたシンカーだと思うのですが「見た目はともかく釣れる」という漁具のDNAを強く感じる事が出来、一目見た時から「釣れる!!」と確信、実際に沢山の釣果を得る結果となり今日に至っております。



・・・さて、前置きが長くなってしまいましたが今回はスリンヘッド・ブレードアイ装着の工程をご紹介したいと思います。
このブログはウンチクタラタラで非常に長いですがチューニング自体はとっても簡単ですので是非チャレンジしてみて下さい♪

尚、スリンヘッドは1.8~21gまでラインナップがあるのですがここでは山陰ショアロックゲームでワタシが最も多用している「21gと14g」に対するチューン方法となります。
他のサイズでも出来ますがブレードアイの長さやドリルのサイズを変更する必要があります。
また、アイの作成はちょっと難しいかもです・・・


【用意するもの】
18①エポキシ系ボンド(30分硬化型がオススメ!!)
②プライヤー各種(アイ作成用)
③ステンレス線(アイ作成用)
④ピンバイス(ドリルは2mm)


①のエポキシ系ボンドは2種類(主剤と硬化剤)の薬剤を混ぜ合わせる事による化学変化で硬化させるタイプの接着剤。
強度面において優れておりロッドにも色々な箇所で様々なタイプのエポキシ系接着剤が使用されております。
硬化する時間も様々で5分硬化型など比較的早く固まるものもありますがじっくり作業するには30分硬化型が最もオススメです。
液体タイプのものもありますがここではゼリー状のタイプをチョイスして下さい。
今回使用した「コニシ ボンドクイック30」はパゴス各店にて販売しております。
(同じようなタイプのエポキシ系ボンドはホームセンターなどでも販売しております)

②のプライヤーはブレードアイを自作する為に必要。
ラジオペンチでアイの作成を行ない、大型ペンチで曲げ・切りを行ないます。

③のステンレス線はブレードアイ自体を作る為のもの。
細いと作業しやすいですがキャストの際に岩に当たったりしたら簡単に曲がってしまいます。
ワタシは0.9mmのステンレス線を加工してアイを作っておりますが0.8mmでもいいかもです。
これ以上太くすると加工がし難いばかりかベアリングスイベルを装着する際にも苦労します・・・
パゴス各店には現在置いておりませんがお近くのショップ様には置いてあると思います。

④のピンバイスはスリンヘッドに穴を開ける為のもの。
ホームセンターなどでお買い求め下さい。
確かバイス本体とドリル(1本)で千円ちょっとだったような・・・(ウロ覚え)
ドリルのサイズは2mmを指定しておりますがそれ以下のサイズだとワタシが自作してるタイプのブレードアイが入りませんので注意!!
(ブレードアイの差込口を折り返していない場合は2mm以下でも大丈夫です)


【つくりかた】

◆「その1・穴を開ける」

先ずはスリンヘッドの底部に穴を開けます。
11位置は底部真ん中ですが多少ずれても問題ありません。
・・・横着なワタシは目見当で穴を開けております♪
9スリンヘッドをしっかり持ってドリルをやや強く抑えながら回していきます。
しっかりと押さえておかないとグラついてしまいそれが原因で「スカ喰らう」とケガしますので注意!!
8掘り進むにつれて鉛のバリがドリル刃の溝に溜まってきますので時々取り除いて下さい。
7穴の深さですが、スリンヘッド本体についているフックアイまで掘ります。
フックアイまで到達するといきなり掘り進み難くなるのでその辺で穴掘り終了です。
29
大体ですが21g・14g共に約8mmの深さまで穴を開ける事が出来ます。




◆「その2・ブレードアイを作る」
6・・・コレが一番難関だったりします。
要はステンレス線を丸く曲げて反対側は接着剤で取り付けしてもスッポ抜けしないよう折り返しを付けるだけ。
・・・ですが、ステンレス線の細かい作業はなかなかに大変です。
2~3個チューンするのであればラジオペンチを駆使して「気合」で曲げて下さい。
(釘等に押し付けながら丸く曲げていく方法もあります)

アイ自体はベアリングスイベルのスプリットリングを止めるだけのものですので極力小さいものが理想です。
また、アイ自体はブレードをセットするのが目的ですので「エモノが引っ張っぱる・・・」などの強度は考えなくてもOKです。
27
強度は考えなくても良いのですが真っ直ぐなままで接着止めすると何か抜けそうな気がするので私は差込部を折り返して抜け止めとしております。
折り返しは穴の深さと同じ長さ(21g・14gでは約8mm)で折り返します。
折り返した部分はしっかり潰しておかないと2mm直径穴でも入らない場合がありますので注意!!

28因みにワタシはアイを作るツールを持っておりそれでせっせとブレードアイの生産を行なっております。
「売らねーのか?」という声も頂戴しておりますが「今はまだ」販売するには至っておりませんので悪しからずです。




◆「その3・アイの接着」

苦心してアイを作ったらいよいよスリンヘッドにセットします。
5使用するのはエポキシ系ボンド。
先程も述べましたが30分硬化タイプが使いやすいです。

4エポキシ系ボンドは2つの薬剤を混ぜ合わせて硬化させるタイプの接着剤。

3捨てても良い紙やプラ板の上にA剤・B剤それぞれを「同量ずつ」絞り出します。
・・・アバウトでも意外に大丈夫ですが片方の量が多過ぎたり少な過ぎたりすると硬化不良を起こしますので要注意!!

2同量ずつ出したら楊枝等を使ってそれを混ぜ合わせていきます。
混ぜようが足りないとこれまた硬化不良の原因となりますのでしっかりと混ぜ合わせて下さい。

1「まぜまぜ」が完了したらスリンヘッドの穴に接着剤を入れます。
因みにみっちり入れる必要はありません。穴の全面に接着剤を付着させるようなイメージで・・・

17スリンヘッドの穴に接着剤を入れたら次はブレードアイの差込口にも接着剤を付けます。

16ブレードアイの差込口に接着剤をつけたらいよいよスリンヘッドの穴に差し込みます。

15差し込む際は接着剤があふれたり中に残っていた気泡が出てきたりします。
あふれた接着剤に関しては特に何もしなくて良いかと・・・気泡は楊枝等で潰しておきましょう。

14接着剤が硬化する前にブレードアイの微調整をしておきます。
・・・真っ直ぐじゃないとダメってワケではありませんが真っ直ぐのほうがカッコいいです♪

後は接着剤が完全硬化するまで動かさないように放置しておけばOK。
30分硬化タイプでも丸1日は放置しておいたほうが良いかと思います。
32完全硬化したら完成です!!




◆「その4・その他」

スリンヘッドにブレードアイを取り付けたらいよいよブレードをセットします。
ブレードは「ベアリングスイベル」を介してセットします。
bearing_swivel1
パゴスではスイベルの老舗である「NTスイベル(テンマウス)」のベアリングスイベルを推奨!!
因みにリングはスプリットリングでないとダメです!!(ベアリングスイベルによっては溶接リングがセットされたモデルもあります)
パゴスで扱っておりますベアリングスイベル「テンマウス・ベアリング2リング(スプリット)」は#00と#0の2サイズがあります。
スリンヘッドへのブレード装着に強度は必要ありませんので取り敢えずは小さいほうの#00をオススメさせて頂いておりますが#0でも全然問題ありません。
(スリンヘッド自体のウエイトが重いのでベアリングサイズが変わっても動きに影響しません)


ブレードは色々な種類があります。
cormoran_blade1
パゴスで取り扱っておりますブレードは「コーモラン」「コロラド」「インディアナ」「ウィロー」の3タイプ。
これにブレードカラーとサイズが複数ラインナップされております。
ブレードのタイプや特徴などをここで書くと「もう一つのブログ」が出来てしまうレベルの文字量になってしまいます・・・後日「ブレードブログ」を作成しますので少々お待ちを・・・

根魚に対してはあくまでも個人的な印象ですが「コロラドブレード」が一番効くような気がしております。
ブレードのカラーについてワタシはニッケル(銀)一択と言っていいほどの銀好きです♪
そのあたりの事も「ブレードブログ」に書かせて頂こうかと思っております。


最後にスリンヘッドとフックの接続について少々・・・
onsoku
スリンヘッドとワームフックとの接続に関して多くの方が「スプリットリング」を使用されておられると思います。
確かRock氏はスプリットリングを使用しておられますね。

ワタシも最初はスプリットリングを使用しておりましたが基本的にスプリットリングプライヤーを持ち歩かない人間ですので交換の度に往生しておりました・・・
根魚狙いの際のフックの消耗はかなり激しく鋭いフックポイントでエモノに挑む為にはフックの交換をかなり頻繁に行う必要があると思っております。
また、厳密に言えば・・・ですがワームによって使用するフックのタイプ・サイズは交換するのがベストであると考えております。
・・・それなのにスプリットリングプライヤーを忘れるなんて・・・

そんな苦い経験から現在は「がまかつ・音速パワースナップ」を愛用しております。
スリンヘッドとフックの間に隙間が生じ、不自然なイメージが生まれるかもですがフックの交換に関しては超簡単になりました。
31強度に優れ、ワンタッチで手軽に、確実にフック交換が出来るので非常に重宝しております。
また、肝心の釣果に関しましても今現在スナップを介した事による釣況の悪化を全く感じないのでこれからも愛用するつもりです。

因みにスナップのサイズですが大型根魚をターゲットとする場合は「絶対」にLサイズをチョイスして下さい。
これはワタシの経験によるものですがMを使ってると後悔する場面に出くわすかも・・・です。
大事なコトなのでもう一度、「サイズはL」です!!



全てのチューン・セッティングが完了したらあとは釣場に立って思いっきりキャストするだけ・・・



長くなってしまいましたが要は
「穴開けて、ステン線曲げて、接着剤付けて差し込む」だけ♪

そうしてブレードをセットしてキャストしたら明らかに反応が良くなってきました。
魚が口を使うまでには実に様々な要因・要素が複雑に絡み合っているのですがその要因の一つとして
「ブレードチューンはアリ!!」だと思っております。




興味のある方は是非お試し下さいませ!!



「いつもどおり」長くなってしまいましたが最後までご覧頂きありがとうございました♪