サゴシ侮る事なかれ!(ビギナーお料理道場)

 2008年7月4日

ryouri

おはようございます。な~んも釣れんビギナーです。
今日はいただきもののサゴシちゃんです。
itoukun

三次市の伊藤さんよりいただきました。
sago

マルマル◎パツパツの良い状態でさばく前から期待大です!
しっぽのふくらみもすごいでしょ?
この魚は冷凍物が多く加工品になる雑魚的イメージも強いお魚ですが
こいつは釣りたてピンピン!!ん~ドキドキするぜ~
冷凍・加工にまわる最大の原因なんですがこの魚は
『身割れがひどく、鮮度落ちが早い』
こういったお魚は・・・大名おろし!
頭と内蔵をはずして
背骨にはわせて包丁をいれていきます
sa1

サーモンなんかもこのおろし方です。
骨に身が残ってちょいと贅沢なサマからこう呼ばれますが
切れる包丁で上手にできればそんなに無駄はでませんよ!
sa2

そうそう背骨を意識して~~

いや~ん・・そこじゃない~

セ・ボ・ネ・・

ほんとにスルスル行くだけです。
今回は独りでの撮影でしたのでこれが精一杯
次回のサゴシでもっとくわしくさばきます!
三次市の伊藤さんまたよろしくお願いします。

パカッツ
sa3

sa4

いや~良い状態です。
わかりますか?キメの細かいイイ脂がまわってます。

中骨ほはずしてサクにしたら皮目をあぶります
sa5

普通バーナーなんてないでしょうか網にでものっけて直火であぶりましょう。
とにかく身を割らないように優しくあつかいましょう。

sa6

少しだけ冷蔵庫に入れて締めます。
そうすると後で皮が切り易いです。
氷水は水っぽくなるし温度が下がりすぎるのでやめましょう!
アレは料理屋が保存のために急に温度を下げたいからやるだけです。
美味しくはなりませんよ!

あとは
新しょうがに・・
ガ~チ~ネ~ギ~!

sa7

後はポン酢をぶっ掛けて・・

いや~極上!極上!
めっちゃくちゃ旨い!

実際こんな状態で手にできるのは釣りする人だけだと思います。

い~な~俺も釣りたいな~

最新の投稿

アーカイブ

tags