「闇徘徊」と「山陰SR」と「タラハント」(バンダナ釣行記)

 2013年5月6日

バンダナです。

ワタシが頂戴していた3連休が終わり今日はネットショップの発送作業の準備を行なっておりまする。
発送は明日(5/7)から随時行ないますのでご注文して下さった方々、今しばらくお待ち下さい♪

5月4日の晩から山陰入りしておりました。
今回は「メバル」と「根魚」を狙うプラン。

ワタシ個人の山陰メバルは終盤戦・・・つかほぼ終了に近いカンジ。
「釣る事だけ」を考えるならばまだまだ良い時期続くのですが、他の釣りを優先したいというのが本音でござる。
また、仕事という側面から考えても次のターゲットを提案させて頂く時期といえます。
ワタシの場合は今年も山陰ショアロックフィッシュなんですが♪

今回も本当ならば根魚一本に絞って釣行する予定でしたが、来季のオリカラ候補のサンプルが上がってきたコトもあり、そのチェックを兼ねた山陰メバル狙いもやってみました。

・・・オリカラの詳細につきましてはまだお話しできる段階ではありませんのでお話出来る状況になりましたらご報告させて頂きます。
・・・来季は今までと違うルアーのオリカラをリリースするかも・・・です♪

午後8時半過ぎに浜田市内に入り、まずは腹ごしらえを・・・と「うどんの今田さん」に行ってみたら店内の明かりは点いていたものの暖簾が片してある・・・
楽しみは翌日にとっておくコトにしてそのままファーストエリアにIN。

海はベタ凪で風も弱く釣りしやすい状況と言えます。
一発大物勝負・・・ではなく確実にメバルがいるであろうエリアをチョイス。
風下には夜光虫が吹き寄せられており光る波を演出。
そこは明るい時に見たらうっすらと赤潮状態になってるハズ。
普通ならば水質が悪いと判断してスルーしてしまう場所ですが狙ってるのはそんな場所。
フルキャストして広範囲を探っていきます。
尚、夜光虫密集エリアはラインが海面に接する部分が光るのでルアーの位置も把握しやすいです♪

ファーストキャストでバイト!
光る海面がハジけて飛び散るのが見えるのもこの時期ならでは♪
そしてこの時期は非常に強いファイトを見せてくれますので最後までドキドキです♪
7
・・・それにしても久しぶりにメバルを釣ったような気がする・・・(笑)

その後もメバルの反応を確かめながらキャストを繰り返します。
6
これも良いサイズ♪

オリカラ候補のプラグをメインに使っておりますが時にはワームにも手を出しております。
13
「モンスーン・BBイール」はプラグのミスバイトをフォローするのに活躍!!
(テールカットチューンが必須です!!)
bb_eel1

比較的短い時間でエリアを次々と移動しながらチェック。
それにしても深夜でもエギをシャクってるアングラーさんが非常に多いのにはビックリ。
さすがGW、さすが春アオリってカンジですね。
そして「とある港」で「コココンっ」という小さなバイトに反応してアワせたらラインが一気にジー。
「シーバスですわ」
タマ数の少ない貴重なオリカラサンプルを取られてなるものかとテトラに突っ込もうとするのをいなしながらファイト。
5

そして無事捕獲&回収♪
シーバス君は撮影後にリリース。
その後も色々なエリアをチェックするもののグッドサイズには恵まれず、睡魔が襲ってきたので根魚ゲームの事の考えてゲームエンド。

根魚ゲームのエリア付近に移動して仮眠をとります。
夜が明るくなると同時に今年初の山陰根魚ゲームの開始です!!

最初に入ったのは昨年の春にグッドサイズのアイナメを捕獲した場所。
14
(↑2012年6月24日捕獲)
これが釣れなかったら今年の春の根魚ゲームはやってなかったかも・・・と思う位に強烈なインパクトを残してくれた個体。
狙って獲るのは非常に難しいと分かっておりますがそれ故に追いかけて少しでも近づきたい・・・と考えております。

海の状況は明けてからも変わらず凪状態。
ただ、大きいピッチの波が時折やってきて足元で一時的なサラシ場が形成されております。

何となく「釣れないだろうな」と思いながらキャストを繰り返し、まさにその通りでした。
「釣れそう」なのは海況だけで肝心の生命感が感じられませぬ・・・
アイナメはもちろんの事ながらこのゲームに必須とも言えるカサゴ氏からのシグナルも皆無。
唯一、フグフグ男さんにワームをカジられた位で早々に見切りをつけて移動。

・・・この場所はこれから何度も通う事になるので焦らずじっくりと・・・

次に入ったのは前日(5/3)にお客様の「おきキヨ氏」達が入られた地磯。
その前日におきキヨ氏は根魚では無く・・・ヒラメを捕獲!!
15

(FBから勝手に写真を拝借致しました。おきキヨ氏、すみません・・・)

チェックする気になったのは「ヒラメが居る」=「エサ(小魚等)が居る」=「根魚もいるかも?」と安易な図式が脳内に出来てたから(笑)
先程入った場所が生命感に欠けていたので少しでも生命感のある場所を求めた・・・とゆー意味合いもありまする。

ざっと見渡してエギンガーさんが5名とエサ釣りの方が2名。
ピッチの大きい波がサラシ場を形成しているのはさっきのエリアと変わりませんがその規模が大きく常時サラしてる部分もあります。
エギング&エサの方はその部分にはおられませんでしたのでそこを中心にチェック開始。

そして数投でガガッとバイト!!
思わず電撃アワセ(ビックリアワセとも言う)をしてすっぽ抜けるとゆー・・・
直ぐに気を取り直し同じラインにキャスト。
今度は一瞬の間をおいてからのフッキング!!

シーズン序盤は魚の姿が見えるまで非常にドキドキ。
しばらくするとバイトやファイトの感触でエモノの種類が判るようになりますけど♪
4
そして今期もカサゴ氏からのスタートです♪
「ロックフィッシュ」という広いくくりの中では本命。
そのくくりを狭めていくと本命の枠からポロッと抜けてしまうのがカサゴ氏。

でも、カサゴ氏の存在はとても重要です。
カサゴ氏からもたらされる情報はもちろん、釣りのモチベーションを維持する意味でも自分にとってはとても大切な魚と言えます。
さっきのエリアみたいにカサゴ氏のバイトすら無かったらホント泣きたくなります・・・

再び同じラインを通して明確なバイト!!
重量感のある・・・でも引かない(笑)ファイト。
3
お次もカサゴ氏。
「フィッシュアロー・フラッシュJシャッド」をガッツリいってます。
バンダナ大推奨の「フラッシュJシリーズ」は今年カラーラインナップが増えております!!
基本的にバスフィッシング用のワームですのでイワシカラー等はありませんがどのカラーも根魚に有効です!!
因みに一押しは「#21.ホワイト/シルバー」です。
シーズンが本格化したら高確率で品薄状態になり入手が困難になりますので今の内に是非♪
flash_j_s2_1flash_j1slinhead_h1
・・・基本的にはテールがプルプルする「シャッド」ですが、ストレートテールの「フラッシュJ」もお忘れ無く!!
使い分けのルールについては「何となく」で使い分けてます(笑)


さて、ここで使用リグについて少々・・・
31
「ダミキジャパン・スリンヘッド」
漁具である「インチク」を模したこのシンカーはワタシにとって絶対に欠かす事が出来ないアイテム!!
良く飛び、根掛かりせず巻くだけで誘いのアクションを発するこのシンカーはワタシの根魚ゲームを劇的に変化させてくれました。
「それも格段に良いほうへ」
そしてさらに「ブレードチューン」を行なう事で攻撃力が更に増強!!
その威力はチューニングを施した方にしかわからないものですが、使った方の殆どが手にマメを作りながらも夜な夜なチューンされる程♪
※チューニング方法についてはコチラをご覧ください。
http://pagos.jp/?p=51906
また、「根魚=クロー系ワーム」で固着していたのが以前のワタシの脳内。
それが今ではシャッド系ソフトルアーによるスイミングを主体としたゲームメイクに変化し、納得の結果も得ております。
それらは全て「スリンヘッド」を使う事によってもたらされたものであり、これからも使わせて頂くになりそうです♪

因みに時々聞かれるのですがワタシ自身はダミキさんとの特定の関わりはありませぬ。
非常に良いものを作っておられたのでアングラーの立場でそれを溺愛し、釣具店スタッフの立場で皆さんにオススメさせて頂いているだけでございます。
これからも個人的に良いと感じたアイテムやルアーはどんどん推させて頂きます♪


陽が高くなるにつれ波が徐々に荒くなっております。
そして一発大きい波飛沫を喰らってパンツまで濡れる始末・・・
反応は乏しくなり10時前に少し早いですが根魚ゲームも終了。

久し振りに根魚の感触も味わえたし、これから徐々にボルテージをアップさせていくコトにします♪

・・・よくよく考えたら昨晩からまともに飯を食ってないし・・・
8

とゆーコトで今度こそ「うどんの今田さん」にIN。
朝メシと昼メシを一気に摂取です♪
んで、帰り際にマスターから再び「どぶろく」を頂いちゃいました♪
なんでもマスターの自信作とのコト!!
いつもいつもありがとうございます♪
このどぶろくは実家に立ち寄った際、親父の元へ。
ワタシと違って親父はアルコールLOVEな人間でございまする(笑)

その実家への帰り際に今季最後の「タラハント」を敢行。
前回小さいが故にスルーしたタラの芽も大きくなっておりました♪
胸の高さにまで成長した熊笹を掻き分け、バラ科の植物&タラの木のトゲであちこちキズを作りながらタラの芽を採取。
2
やっぱり山はいいなぁ・・・
10
広島市内に出てきて数年。
街の便利さを享受している毎日ですが、最終的には山に戻りたいと思っております。
1
ここはやや標高の高いエリアですが、足元の草から頭上はるか上の木の枝先まですごいスピードで芽吹いており緑の世界に変貌しつつあります。

車を停めてタラの芽を探しつつ散策してると・・・
11
「キジ♂」発見。
12
じわじわ近寄っていったら結構近いトコロまで・・・
「捕まえたろか」とダッシュしたら向こうもダッシュして藪の中に消えてゆきました。
流石に捕まえるのはムリですわな(笑)

そして最後のタラハントを十二分に堪能した後に実家に帰省。
9
夜は山菜づくしでございました♪
※ウドとコシアブラは親父達が採ったものです。

ワタシの連休最終日はこんな感じでございました。
・・・遊び過ぎて社会復帰が辛い・・・

世の中はアウトドアにもってこいの時期になりました。
暑くなく、寒くもないグーなシーズン!!
皆さんも山・川・海にどんどん繰り出して下さいませ♪
ワタシは来週も再び根魚達を求めて・・・

さて、次はドコをチェックしようか???

最新の投稿

アーカイブ

tags