それゆけアジング「上関編その4」&「ロックブレード復活のお知らせ」(バンダナ釣行記)

 2009年9月2日

バンダナです。

31日・1日と連休を頂いておりました。

「休み過ぎやな・・・」とは言わないでおくんなまし。

それはさておき、31日の夕方より再び「上関」へ・・・

こうも連チャンすると到着までの道に慣れてしまって「何気に行ってる」ような感覚になっておりまする。

ETC割引の兼ね合いもありまして上関到着は前回と同じくPM6:00ちょっと前。

海辺を眺めながら車を走らせていると海面のザワつきを発見・・・
プチナブラ 
見る限り大型魚の雰囲気は無く、小型の魚が水面をザワつかせている・・・といったカンジ。

距離もやや離れているので最初は携帯カメラで撮ろうかと思ったものの遠すぎて断念。

そこで「携帯を車の屋根に置いて」デジカメを取り出しパチリ。

「そのまま」発進して携帯のコトに気が付いたのが約10分後・・・もと来た道を半ば諦めモードで戻ってたら5キロ地点の道のど真ん中にポツン。
アイフォン 
とっても運の良いコトに往来する車に踏まれる事なく、ちょっとキズ付いただけで中身も無事でした♪

これで激下がりのテンションもすっかり元に戻りルンルンで釣りを開始。

ただ、この一件でかなりのタイムロスをしてしまい周囲は夕マヅメを迎える・・・

2~3箇所ポイント移動をした後にコンスタントにヒットするスポットにIN♪
前半戦結果 
明るい内は無風だったのに暗くなるにつれ風が強くなりウエイトを調整しながらの釣りを展開。

それでもあっという間にお土産を確保し一安心した所でいよいよ本日の課題に・・・

chain 

以前「パゴス」では「ガレオン・ロックブレード」というロッドを販売しておりました。

非常にリーズナブル(¥3980と¥4200)ながらバランスが良く扱いやすいと言う事で広島を代表するアングラー様よりお褒めを頂き、それが口コミで広まって販売が停止した今現在でもお問い合わせが非常に多いロッドになった・・・という経緯がございます。

販売が止まってからはや半年以上・・・

水面下では「新しいロックブレード」の開発が進んでおり、素材・ガイドバランスの見直し等が行なわれ日々調整がなされておりました。

そして・・・
ロックブレードPLUS 
『ロックブレード プラス』という名を冠した最終プロトモデルが降臨!!

今回、最終プロトに触れる機会に恵まれこともあろうに今回の釣行に持っていける運びに・・・♪

気になるスペックや発売時期は後ほど・・・

chain 

後半戦ではいつも使っている「ブリーデン グラマーロックフィッシュ GRF-TR74エレクトロ」から「ロックブレード 70プラス(最終プロト)」にロッドを持ち替え実釣開始。

以前のロックブレードと比較してティップのブレが格段に軽減されたロックブレードプラス。

鋭いキャストでもティップのブレがピタリと収まりスムースなラインの放出を体感出来ます。

問題は微小なバイトを捕らえる事が出来るのか?ですが・・・
ロックブレードプラスとアジ2

「感度」
について極端な執着の無いワタシレベルでもきちんとバイトを捕らえてフッキングに持ち込める・・・とだけ言わせて頂きます。

以前のロックブレードを使った事のある方にしかお分かり頂けない事ですが「ロックブレードは完全に超えました」

本日最大のアジもこのロッドで獲った・・・というのはあまりにも出来すぎた話。
ロックブレードプラスとアジ

でもホントなんで仕方が無いっす♪

前回も強風に悩まされましたが今回は更に強風・・・そんな中でもちゃんと魚からのシグナルを伝えてくれる・・・

初めて「アジング」をやる時、ロッドのチョイスに迷ったならこの「ロックブレード プラス」を手にとってみて下さい!!

また、トラブルに対して予備のロッドをお考え・・・なんだけど予算が・・・という方にも強くオススメです。
アジ

・・・途中から今まで使っていたロッドと全く同じ感覚で使っていたのはワタシが単にニブいからなのかどうなのか???

今回は「70」のみを使っており「76」の出番は結局ナシ。

獲った良いサイズのアジは全て近スポットでしたので長いロッドの必要性が無く、「ロックブレード 70プラス」の独壇場でござりました。

1匹1匹ロッドの感触を確かめながら釣りをしてるとお客さんの「I田氏」に頂いたフックの事を思い出しました。

基本データが一切無く「まあ使ってみる?」と言われたので「使います♪」と即答して頂いたフック。
プロトフック

刺さりは申し分ナシ!!

極小ジンタンをセットしても収まりが良く見た目もきれい。

ただ、一つだけ弱点見つけました・・・

「I田氏」もワタシにフックを手渡す前に言っておられた事ですが・・・それは次回来店時、ご本人様に伝えておきまする。

今回でシーズン4度目となる上関釣行。

今までは夜明けも上関で迎えておりましたが今回は早い段階で納得したので早めに帰宅。

翌日は「B・H・K(バンダナ干物工房)」を久方ぶりにオープンさせ良いサイズのアジと2匹だけ獲れたカマス君を干物化させておりました。

ああ今回も面白かった♪

また次の休みも行っちゃうんだろ~な・・・

chain 

さて、ここからは「ガレオン・ロックブレード プラス」の情報です。
ロックブレードPLUS 
発売時期:9月末以降(遅くとも10月初旬には購入可能になると思われます)

販売価格:未定(恐らくロックブレードとほぼ同じ価格帯になると思われます)
(パゴス各店・ネットショップでも販売いたしますが店頭に並ぶ以前の予約は不可となっております。ご了承下さい)

一番気になるであろう部分が一番曖昧になっております・・・すんまそん。

お次は『ロックブレード 70プラス』のロッドスペックです(カッコ内は76のスペックです)

☆長さ:7フィート(7.6フィート)

☆継数:2ピース(どちらとも)

☆自重:96g(104g)

☆元径:9.5mm(9.9mm)

☆先径:0.8mm(どちらとも)

☆仕舞寸法:109.5cm(118.5cm)

スペックは最終プロトのものですが恐らくこのスペックのままで量産化されるものと思われます。

・・・っつか今回使った感じから言ってもう手を加える必要はありませんです。

自重に関しては使用している素材の特性上、これ以上の軽量化は望めません・・・。

が、一晩中キャストしていたとしても疲れをほとんど感じさせない高バランス設計となっております。

「軽い=良い」「高価=良い」という図式をものの見事に打ち崩すロッド、それが「ロックブレード プラス」です!!

発売開始までいましばらく時間がありますが楽しみにお待ち下さい♪

バンダナバンバンバン

最新の投稿

アーカイブ

tags