アジング苦しんご・・・(バンダナ釣行記)

 2011年1月20日

バンダナです。

18日にロッドメイキングパーツメーカー「ファイブコア」のABE氏が来店。

・・・という事は・・・
夜からアジングへ・・・

前もって「ネタを仕入れておきますね♪」って言っておきながら結局のトコロ
「なーーんも調べてない」ワタシ。
今日の何潮か?とか何時が満潮か?とかも???状態。

今回は「スマイリー湯地サン」も同行。
18日PM7:00過ぎに広島を出発して一路西へ・・・

chain1

良く考えたらこの日は「大潮満月」
満月のアジングは良くない・・・ていうから「騙くらかして」山陰入りした方が良かったかも・・・
山陰は波も落ち着いてたし・・・
「何でいつもアジングなの?」ってゆー人もおられますが単純に「ABE氏のリクエスト」だからでござる。
だから次回も当然アジングです♪


chain1

いつものコースで行くのであれば「上関・橋下」からゲームがスタートするのだけれども唯一得た情報では「大島の方が良い」というので今回は初めから大島に入ってウロウロしてみる事にしました。

「年末に」本店アルバイター「前川(弟)君」がデカいアジを爆った港に行くも・・・
2
メバルとタチウオのみ・・・
情報ネタが古過ぎです・・・
コレはコレで楽しいのだけれども肝心の本命からの応答はナシ。

隣で釣りをしていたアングラー2名もタチウオのみ・・・って本店アルバイターの2人ですわ。
隣にいながらも暗いし顔は隠れてるしで分かりませんでしたが湯地サンが2人に気付いて「あらまあ」といったカンジに。
1
※左より「ABE氏」「前川(弟)君」「岩田君」「ロシア・・・もとい湯地サン」

釣れているのであれば一緒にワイワイといきたいトコロなんだけれども肝心の釣果が芳しくないので我々は移動。
(結局彼らもタチウオとカサゴとメバルが少々でアジの顔は拝めず仕舞いだったそーです)

井口店の「エース池内君」も大島入りしていたらしく「島内パゴス関係者密度」が高かった夜でござんした。

「アジ密度も高ければ言うこと無しだったんだけどね」

「先端」あたりに行ってキャストするもメバルオンリーでアジの「アの字」も無し。
ワタシ一人であれば間違いなくメバルにシフト(逃げるともいう)するんだけど(汗)
メバルは最大でも手の平弱でしたが場所によってはワンキャストワンヒット♪
コレはコレで楽しい・・・♪

・・・おっとアジを探さねば・・・

それからも場所を転々とするもアジ君は釣れずそうしてる内にど干潮。
大島ではいつもお世話になっている通称「池内ポイント」も干上がりまくって釣りが展開出来ず。

ど干潮の池内ポイントで気力が失せ今回は早めの納竿。
「っても19日AM1:00過ぎだけど」

・・・まあ翌日(19日のコトね)は3人とも仕事なので仕事に支障をきたさなかったというコトで・・・♪

ABE氏、湯地サンお疲れ様でした!
次回はちゃんとアジ探しときます♪

誰かさんは「アジング楽しんご♪♪」だったらしいけど我々は「アジング苦しんご・・・」だったというオチで今回は終了させて頂きまする。

さて、次はいつ行こうか???

最新の投稿

アーカイブ

tags