テナガーハンティング IN SAN-IN(バンダナ捕獲記)

 2014年7月4日

バンダナです。

6月24日(火)に山陰入りしておりました。

釣りとはあまり関係の無いヤボ用での山陰入りだったのですが、
何もせずに帰るのも気が引ける・・・
でも翌日は当然仕事であり長居は出来ないし・・・

そこで短時間で楽しめ、夏の風物詩でもある「テナガーハンティング」をやってみる事に♪

テナガエビは汽水エリアの河川や池に生息。
広島市内でも沢山おります♪
捕獲方法は「釣り」と「獲り」があるのですが、個人的にはてっとり早い「獲り」が好みです。
因みに「獲り」は専用の網を用いてエビをすくうコトです。

テナガエビはお子様から大人まで誰でも簡単に獲る事が可能ですが、
「獲るコツを掴んでいるか」
「テナガーが潜むエリアを的確に見つけられるか」
どうかで捕獲量に大きな差が出るゲーム性も魅力です♪

また、捕獲後は素揚げ・唐揚げ・ボイルする事で非常に美味しく食する事も可能です!!

更に、日中ではなく暗くなってから川や池のほとりで楽しめるのでまさに「夏の風物詩」ともいえます♪

パゴス各店ではテナガエビ専用の網をご用意しております♪
これまではネットでの販売は行なっておりませんでしたが、今年から網のみですが通販を開始!!
tenaga_ami1
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005324/

数年前にパゴスブログで紹介を行なってから広島市内では取り扱っておられるショップさんが一気に増えましたが「近くに置いてない」という方もまだまだ多数。
オマケにテナガエビ網自体の製作・取り扱いをするメーカーさんが減少の一途を辿っており入手は年を追うごとに困難になっております。
また、網も「小さければ良い」というワケでは無く細かい部分まで「専用ならでは」のこだわりがあります。
それらを総合してパゴスではスタッフ厳選のテナガ網「黒エビ網」の通販に踏み切らせて頂きました。

パゴス実店舗では「網だけ」と「柄付き網」の2タイプを取り扱っておりますが、ネットショップでは梱包の関係上「網だけ」の販売となっております。
ただし、柄の取り付けは非常に簡単ですので近くで竹を切ってきたり、不要になった竿を流用したりして取り付けを行なって下さい。
1
ワタシもロングレンジのテナガーも捕獲したい・・・と鮎竿のパーツを流用したオリジナル「テナガー網」を自作しております♪

今回はヤボ用完了後に「江の川河口」に立ち寄ってゲームを展開。
基本的にテナガーハンティングは仲間内でワイワイやりながらやるのがオススメ。
捕獲数や1匹の大きさを競い合うのが楽しかったりします♪

ですが、今回はソロ(単独)であり、一人寂しく・・・

「熱中します(爆)」

どうやらテナガーハントは自身に内包されている「狩猟本能」を強く刺激するようです。
それは釣りと同じかそれ以上か・・・?

ヘッドライトの光がテナガーを写し出すたびに気持ちが高揚!!
特に全長が20cmに迫るようなランカークラスを見つけた時の興奮といったらもう・・・(爆)
そしてそれを逃がしてしまった時は悔しさに打ち震え・・・
再度見つけたならば脳内で素早く作戦を立案、そして作戦通りの網はこびでランカーテナガーを捕獲したら思わずガッツポーズ!!

「一人テトラの上でね(爆)」

4
テナガーはじっくり見ると「イカツさ」と「カッコよさ」を両立させていることに気が付きます。
これもオトコゴコロを強く刺激する要因の一つ♪

広島市内河川でのテナガーハンティングと山陰河川でのテナガーハンティングではその平均サイズに大きな差があります。
5
山陰エリアではタマシイが震えるような大型テナガーも多数。
ただし、素揚げや唐揚げで殻ごと食したい場合は小型サイズ捕獲がオススメ。
大型は殻が硬いので非常に食べにくいです・・・
大型はボイルして殻を剥いて食べるのが最強だとウチのシャチョーが言っておられ、今回のランカーサイズはシャチョーへ献上。

2
捕獲のみを考えるならばやはり大型狙いに限ります♪
ただし、先程も言いましたが捕獲術の熟練度やコツを掴んでいるかどうかで捕獲数に大きな差がでるので数獲りも重要。
バケツ等に水を入れて保管、頻繁に水の入れ替えをすれば熱中して大量捕獲しても必要分だけキープ、残りはリリースできます♪
仲間内でルールを決めて勝負するのも一興です!!

6
夜の川岸は色々な生物を見る事が出来ます。
これもテナガーハンティングの楽しみの一つ。
この日もゴリ系や10センチある無しのウナギ、ミニセイゴ、ボラボール(ボラ稚魚の集まり)、モクズガニなどたくさんの生物を見る事が出来ました。

足場がしっかりしたエリアであればお子様連れでハンティングを楽しむのも十分にアリ!!
広島市内河川(太田川放水路とか)など護岸がしっかりした河川でも獲る事が可能ですのでお子様が夏休みになったら是非!!
街中では数少なくなってしまった生き物とのふれあい、日記や自由研究(今もあるの?)のネタになる事間違い無しです♪

3
この日も一人熱中。
気が付けば2時間が過ぎていたとゆー・・・
弱ってしまったものとランカークラスは確保して多すぎ分はリリース。

それでもお土産に十分な量を確保して帰広しております。

パゴスではスタッフ厳選のテナガ網「黒エビ網」を各店で取り扱っております!!
「網のみ」は販売価格252円(税抜)
「柄付き網」は販売価格270円(税抜・実店舗のみ)

非常にリーズナブルですのでお気軽に「テナガーハンティング」に挑戦してみて下さい!!

尚、ヘッドライトと滑りにくい靴、濡れても良い服装、虫よけは必須。
パゴスではリーズナブル+明るいヘッドライトも販売しておりますので網と一緒にどーぞ♪
熱中してしまうとつい水の中に入ってしまう場合があるので着替えがあると良いかもです。

テナガーハンティングは夜のゲームですので明るい内に足場や駐車スペースの確認も行なっておくと更にグーです♪
場所によっては民家の近くになる場合もあるかもしれませんが、夜なので静かに!!
出来れば民家の少ない場所をチョイスして下さい。
増水時は危険なばかりかニゴリ等でテナガーハンティング自体が成立しませんので止めておきましょう。
(代わりにウナギを狙うのがオススメです♪)
テナガーハンティングはお手軽ですが、最低限のマナーと安全確保は各自徹底するようお願いします。

シーズンは梅雨時から夏の終わりまで。
夕涼みがてらにやってみてはいかがでしょうか?

・・・涼みに行ったのに熱中してアツくなってしまっても責任は負えませんので悪しからず(爆)

最新の投稿

アーカイブ

tags