壱岐で遊んできた(バンダナ釣行記?)

 2010年7月29日

バンダナです。

7月26日~28日までお休みを頂いて「壱岐」に行ってきました。

複数の方より「壱岐に行く時は連絡して」と言われておりましたが誰にも連絡せずの単独行。

「バチ当たりなヤツだ・・・」なんて言わないでおくんなまし。
今回は一生懸命釣り・・・ではなく「のんびり時々釣り」がしたかったので・・・

それに釣りに関してはしっかりと「バチ」が当たっておりまする・・・

出発は26日早朝。
フェリーはAM10:00に博多港を出港するのでゆっくりと・・・と思ってたんだけど高速代が惜しいので深夜割引が適用されるAM4:00前には高速にIN。
後はひたすら西へ西へ・・・
9 
のんびり走ったので博多港には良い時間に到着し、たいした待ち時間も無くフェリーにIN。
今回は車は博多に置いて体一つで壱岐入りでござんす。

そして2時間後、壱岐・郷ノ浦港へ・・・
8 
壱岐で遊魚&漁師をやっている「紅蓮釣式・岡さん」と合流して早速釣り場へ・・・

しかしここもオニのように暑い・・・

前日に良いサイズのフラットフィッシュを釣ったと言うサーフに行き海パン姿で立ち込み。
格好をバッチリキメたスタイルも良いのですがこういったラフなスタイルでやる釣りも楽しいものですわ♪
7 
ただ、海に入った瞬間「水温の高さ」が気になった・・・
こりゃ「ぬるま湯」ですわ・・・。
因みに岡さんがフラットフィッシュを釣ったのは早朝。「水温高すぎてダメかも・・・」と思いつつもキャストはしっかりさせて頂きますた。

しばらくキャストして岡さんがちぎれて漂っている海藻を引っ掛けたんだけどその海藻に何か付いてる・・・
6 
「イカ類の卵???」
表面に砂がびっしりついてダメっぽそうだけど撮影後にやさしくリリース。

その後も魚からのシグナルは無く、岡さんは「海の家」の手伝いをしに行くとの事でワタシは車を拝借。

明るい内に色々な場所を見て回ろうと車を走らせてみました。
1

・・・丁度この頃、デジカメの調子が悪くなりケータイのトイカメラで撮影しておりまする。
↑写真真ん中チョイ左よりに出た岩は「通称:ゴリラ岩」と呼ばれその名の通りゴリラっぽい形をしておりました♪
因みにこのゴリラ、「ニヤっ」と笑っておりまする・・・

3

海が荒れたら「ヒラスズキ」が出そう・・・

2

「鬼の足跡」と呼ばれる場所。
波が浸食して出来たであろう場所ですが、地元では大鬼がクジラを獲る為に踏ん張ってできた足跡・・・と言い伝えられてるそーです。

それからもアチコチの港や磯を巡り気になる所は「ほんの2~3投」程してからすぐに車に退散をリピート。
「だって暑いし・・・」

そしてキレイなサーフを見つけたらすかさず飛び込んでクールダウン。
そうこうしてるとあっという間に夜に。
5 
夜はアジとか狙いに行く「つもり」だったんだけど宿に着いた途端バタンキュー。
気がついたら27日AM4:00。

27日も岡さんは海の家の仕事があったのですがムリを言って朝イチだけ船を出してもらいました。
10
いやはや、日中の暑さがウソのような涼しさですわ・・・朝焼けもキレイだし・・・
不調だったデジカメも復活しております♪

・・・って今思うに朝焼けって天気が悪くなる兆候なんだよね・・・
8 
シーズン的には端境期みたいなタイミングで何を狙うにも中途ハンパ。
それでも「壱岐だったら・・・」的な考えもあり・・・
それにカツオの回遊が時折あるみたいでカツオが1匹でも釣れれば良いお土産になる・・・と期待♪

ベイトが小さいみたいなので小さくって比重のあるミノーをチョイスしてキャスト開始。
終始周囲を見回してナブラを探す・・・

「でも何もナシ」

一緒に乗船した「T君」はバーチカルジギングにて鯛を捕獲。
7 
「マダイ」ぢゃなく「チダイ」っすね。
丁度食べ頃サイズで美味そう・・・♪
その後、「T君」がマダイを1匹追加してタイムリミット。

「カ・・・カツオが・・・」

港に戻って再び車を拝借。
気温は上昇を続け釣りをする活性はよいよ低下してるワタシ・・・
近くの釣具店で青虫と投げ釣り仕掛を購入してその辺のサーフに浸かりながらチョイ投げ。

「入れ食いです♪」
小一時間程度でエサが無くなり釣り終了。

壱岐に行く前はデイのロックフィッシュゲームを・・・等と意気込んでおりましたがクッソ暑いのでそのテンションはプッツン。
脳内は観光モード。
6
一旦宿のある郷ノ浦に戻りシャワーを浴びてから再び出発。

5 
これまでは釣りモード全開で来てたんで町や風景を見るといった趣は一切ナシ。
でも今回は間逆でございまする。

4 
元々徘徊癖のあるワタシ。
ここ壱岐でも例外なくその癖が発動。島を2~3周させていただきました。

3
それにしても「オイシそう」な港ばかりですわ・・・

オイシそうな港、オイシそうなサーフ、オイシそうな磯・・・
島の時間はとてもゆったりと流れておりそれを感じるだけでも気分が良いですわ・・・

そして壱岐で「オイシそう」と言えば「壱岐牛」
2 
アチコチで飼育されておりました。

今回は食の方でも少々奮発して昼は「壱岐牛ステーキ」やら何やら色々と堪能♪
ムチャクチャ美味いっす♪とっても高かったけど・・・

「因みに釣りという文字は脳内からすっかり消えております」

そして宿に戻ってからは釣ったキスを・・・
1 
料理してもらって堪能♪これまた美味し!
そしてすっかりご満悦の27日はあっという間に過ぎ去ってゆく・・・

最終日となる28日は岡さんも自由に動けるとの事なので朝から時間の許す限り船を出してもらい・・・と思ってたら何か天気が怪しい・・・
それでも港までは行ったんだけど雨風ともに強く「のんびり楽しい釣り」とはいかない様相。

それに今回はレインスーツなんて持ってきてませんし。

その場で中止を即断したんですが、他で釣りをする気もナシ。
オマケに午後になると更に天候が悪化する予報。もしかしたらフェリーが欠航!?なんて可能性も僅かながら出てきた・・・

28日はPM5:30のフェリーに乗って帰る予定でしたが帰りの予定を早める事に。
・・・って考えてたらAM7:00のフェリーに十分間に合う事が判明したのでそれで帰ることにしました。

せっせと帰り身支度を整え、郷ノ浦港へ。
「今度は秋頃に♪」と岡さんに別れを告げフェリーに・・・

のんびり過ごしたんで疲れてない・・・と思ってましたが横になった途端「爆睡」
あっという間に博多港に着いておりました。
1 
博多も強風と雨。

昼過ぎには広島に到着し今回の壱岐行きは終了と相成りました。

「今回は何をしに行ったん?」と聞かれれば「観光です♪(もしくはキス釣りです♪)」とお答えさせていただきまする。
まぁガツガツ釣りをするも良し、今回のようにのーんびりするも良し、要は自分が楽しめたのであれば良しってコトで♪

岡さん色々とありがとうございました。
また行かせてもらいます♪

それと今回の壱岐行きにお誘いしなかった皆様へ・・・
「まともな釣り」をしてないのでごカンベンを♪

またしばらくは広島を基点にした釣りですわ・・・

さて次回は31日に瀬戸内アコウゲームの予定。
全くもって釣れてないワタシ、「あの方」に教えて頂く事にしました。

その模様は後日ご報告いたしまする♪

最新の投稿

アーカイブ

tags