山陰ショアロックフィッシュ紀行・其ノ13「新地deミニアコウ」(バンダナ釣行記)

 2012年8月8日

バンダナです。

8月5日に山陰入りしておりました。
今回は「島根半島」への釣行を計画しており前日に実家(三次)に帰省、実家から山陰入りしておりまする。

5日午前3時に三次を出発、R54をひた走り掛合から県道にそれ、佐田を経由して湖陵町へ、そこから大社港を目指して車を走らせます。
そして大社港を横目にしながら日御碕方面に更に車を走らせ目的地へ・・・
15
因みに今回は渡船を利用した地磯釣行でござる。
ホントは自らの足で地磯まで歩いてキャストしたいと考えているのですが・・・

「暑いので移動するだけでもかなり体力を消耗してしまう」
「移動に時間が掛かりすぎる」
「この時期、人間用クーラーが必須」

上記の点を踏まえ、渡船料を払う事で移動ロスを減らすコトにしたワケです。
また、船長が日々アングラーを送り迎えしておられるのでかなりリアルな情報が得られるという利点もありまする。
さらに、自分にとって新地であっても船長からみれば「自分の庭」なカンジなので地理的な事も教えてもらえますし♪
17
尚、今回は利用した渡船屋さんの情報はナシです。
もう少し通って掲載の了解を取ってから詳細をお知らせしたいと思いますが今回のブログ写真を見ればどの渡船屋さんを使ってどのあたりの磯に上がったか即分かる方も多いかと。

14

初めてとはいえ前もって「山陰の空撮」やネットの地図で大まかな地形は把握しており、狙ってみたいエリアの候補もいくつか。
sanin1
でも、今回は様子見なので船長にお願いして「広く探れて比較的楽でそれなりに実績のある磯」へ上げてもらいました。

18
因みに上げてもらった磯は「この場所を薦めてくれるだろう」と予想してた磯でした♪
特徴的な岩なのでこれまたドコの磯か分かる方がおられるかと・・・

8
2タックルとタモ、リグやワーム満載のバッグ、飲料水&弁当がつまったクーラーBOX。
これらを担いで地磯まで歩いたらそれだけで「ごちそうさま」になりそう・・・

出船は午前5時半位で地磯まで10分も掛かっておりませぬ。
普段であれば移動で消費されるハズの体力が温存されておりますので元気一杯♪
初めてのエリアなのでテンションも非常に高くなっております♪
はやる気持ちを抑えつつせっせと準備してキャスト開始。

3
地形把握の意味も込めて早めのテンポで広く探りを入れてゆきます。
尚、予想してたよりも水深があります。
それもかなり・・・

19
その点を踏まえ、今回は「30g」を実戦初投入。
因みに「スリンヘッド」は21gがMAXウエイト。
この30gはダミキジャパンさんの「ビッグマウス」という商品です。
(写真奥がスリンヘッド21gで手前がビッグマウス30gです)

ビッグマウスはキャスティングからバーチカルまでこなせる30~100gまでのラインナップ。
前々から21g以上のウエイトを欲しておりパゴスで仕入れてもらいました。
・・・因みにこのビッグマウス、製品版は鯛ラバよろしくラバースカートとネクタイ、フックが付属しており1個単体で定価¥850(30g)というシロモノ。
スリンヘッドと比較して値段が高くウエイトがウエイトなので使用する方が少ないと判断しており「パゴス本店のみ」で試験的に仕入れております。
・・・お店の残りも近々ワタシが購入する事になりそうですが興味のある方はパゴス本店まで!!

30gウエイトでも30カウント以上を要するエリアもあり「フカイトコロスキー」のワタシとしては一層期待してしまいます。
・・・が、その期待とは裏腹に反応は皆無・・・

「釣れた」も「釣れぬ」も自身の経験値として蓄積され「狙って獲った」への足掛かりとなります。
なので焦る気持ちは一切無く、いつ訪れるかも分からない魚からのシグナルと地形把握に神経を集中させます・・・
4
沖の深場ばかり目を向けてましたがふと足元をチェックした時、「とっかかり」が見え始めました。

3
キャストを開始したエリアは足元から一気に落ち込む地形。

4
しかし、そのすぐ隣には変化のある地形が、そして水中にもうっすらとシモリが見えました。
その際を意識しながらのキャスト&トレースで「ゴンっ!!」

ヒット&ファイトのパターンから何がヒットしたのかは直ぐに分かりました♪
13
「カサゴ氏」

この1匹がきっかけで足元から次々をカサゴ氏を捕獲。
平均サイズが良く「良い磯」である事を確信♪

カサゴ氏を数匹釣り上げ「とりあえず安心」した後は岩場を移動しながら周囲のチェックを開始します。
5
急な斜面もありますが岩質が滑りにくい事と凹凸に富んでいるのでかなり移動しやすいです。

16
この日は快晴。
ただし、陽が高くなると共に東からの風が強まっております。
また、潮の流れに乗って大量の流れ藻が目の前に広がったりと苦戦させられる場面も多々ありました。

陽が低い時にはあちこちにあった日陰も陽が高くなると共に消失。
陽はジリジリと照りつけ体感気温も一気に上昇。
クーラーとクーラーの中の冷えた飲み物のありがたみがよく分かります♪

次に入ったスポットは大きなスリット部分。
前もって空撮で確認しており大きいスリットであると分かっておりましたが予想以上に巨大でした。
そのスリットの途中から出口に向けキャスト。
スイミング&フォールで探りを入れていると3投目で「コンっ!!」
12
お久しぶりのアコウさんですがかなり小ぶりッス(笑)

その後はカサゴ氏オンリーとなり、磯際ではフグ系の猛攻によりワームが次々をお釈迦さまに・・・
9
特に浅目の磯際バーチカルはサイアク・・・
ニオイの有る無し関係なしに一瞬でボコボコにされる始末。

風の当たる面では沖合のゲームが展開しにくい状況ですが、30gヘッドをフルキャストしてラインメンディングをしながらのゲームを展開。

風の影響を抑える為にロッドを低く構え、ライナー気味でキャストしてもPEラインが風に流されて大きく湾曲した弧を描きます。
これが結構ストレスになります・・・
そのストレスを飲み込みつつの数回目のキャストで弧を描くPEラインがバイトの感触と共にスッと引き込めた!!
反射的にフッキング動作に移行。
フッキング後の鋭い突っ込みとその後の重量感たっぷりの抵抗・・・

「もしかしたら本命?」

そして水面に浮かび上がるシマ模様の根魚。
抜き上げるまで「本命」だと思っておりましたが・・・
11
「カサゴ氏」

カサゴ氏は釣り上げたのを見るとシマ模様はほとんど分かりませんが何故か水中にで寄ってくる際にはシマ模様がはっきりと見えます。
おかげで何度アコウと見間違えたことか・・・
今回もそうでした(笑)

10
それでも嬉しい1匹♪

ヒットワームはワタシの十八番♪「フィッシュアロー・フラッシュJシャッド」(今回は3インチ)
flash_j_s2_1 atxrs
尚、最近は「ラパラ・トリガーXフェロモンスプレー」を頻繁に「シュッシュッ」して良い結果を得ております。

ニオイがもたらす効果は「バークレイ・Gulp!」シリーズの登場とその驚異的な効果により疑問を持つ方が激減。
各メーカー共にワームに対し「ニオイ」を添加するのはもはやフレッシュ・ソルトを問わず常識となっております。
しかしながら、魚達に効果のあるニオイは人間さんにとっては「不快臭」である事がほとんど・・・
ワタシ個人はバークレイのニオイもフジツボバリューのニオイも全く平気な人間なんですが、生理的に受け付けない方も多々おられます。
このフェロモンスプレーはそういった不快臭がほとんど無いのが特徴。
逆にあまりにニオイが無いので「ホントに効くのか?」といった不安が出てくる始末。
そこで2012山陰根魚シーズンでは試験的に序盤から使い続けてきましたが幾多の釣行を経て「効く!」という確信を持つに至りましたのでここで紹介です。
「商品自体は以前から売られておりますが(笑)」
フラッシュJシリーズはそのリアルなフォルムながらワーム自体に集魚効果のあるニオイは添加されておりません。
それでも釣れるのが魅力なんですが、渋い状況に出くわした際に「ニオイの有る無しが影響してるのでは?」と思う事もしばしば。
その不安をフェロモンスプレーは一蹴してくれます♪
「ニオイがダメな方はコレしかありません!!」と断言させて頂きます♪

基本的にはメバル・アジ等に使用する集魚スプレーとの事ですが根魚にも効きますので是非お試しを!!
意外と置いてるショップさんが少ないので見かけたら即ゲットです。
因みにパゴスでも現在(2012/08/08)欠品状態・・・早急に仕入れてもらわなければ・・・

6
ゲーム自体は正午に終了。
体力的・精神的・飲み物的にも余裕があったので延長しようかと思ったのですが今回はスパッと撤収。

帰りの渡船では他の磯に上がっておられた根魚アングラーの方がおられました。
クーラーの中を見せてもらったらグッドサイズのアコウが2匹・・・
それでも「小さいし少ない」とのコト(汗)

その方と話をしてる内にオススメの磯を教えてもらいました♪
次回はそこに行ってみるつもり。

いきなり行って素晴らしい釣果を得る事もありますがワタシの場合、そのほぼ全てが「運」による結果。
それよりも何度も通って、苦戦して、レベルアップして釣果を得るのがワタシらしいかなと。

今回は有望なエリアに上げてもらったにも関わらずの結果でした・・・
なんだかんだ言っても最終的に自分が納得できれば大きかろうと小さかろうと多かろうと少なかろうと「納得の結果」になるんですけどね。

ただ、実際の釣果を見せられ、エリアの良さを教えてもらった以上はそれ相応の結果が欲しい・・・
なので今シーズン中に「それ相応の結果を出します♪」
IMGP5202
今回立ったエリアは広大なエリアのほんの1点。
その点を少しずつ繋げて線に、その線を繋げて面に・・・

さて、次はドコに行こうか・・・ではなく、この地に戻ります!!

chain1

【インフォメーション】

きたる9月8日(土)にアコウの祭典
「ファントムカップ2012」が開催されます!!
今回の募集人数はちょっと少なめの「70名」となっております。
参加募集は既に行なっており現在(2012/08/08)、まだ余裕があるとの事です。
※募集人数に達した時点で募集終了となりますのでお早めに!!

尚、前回はペアでの出場が条件でしたが今回は個人戦となります♪

詳しくは⇒ http://www.fimosw.com/u/pockin/uv36b13kb5cfnw
ファントムカップ
現在、「ピュアフィッシングジャパンさん」「エコギアさん」「オーシャンルーラーさん」「カンジインターナショナルさん」「オフトさん」がブースを出される「予定」
※「シマノさん」「モリックスさん」もブースを出されるという情報もございます。

また、ポッキン氏はもちろんその他の著名アングラーさんも会場に来られるとの事ですので大会自体に参加しなくともブースを見たり話をしたりとバッチリ楽しめるのではないか?と思います。
興味のある方は是非!!


最新の投稿

アーカイブ

tags