山陰ショアロックフィッシュ紀行2014・其の8「宇竜に行ってきた」(バンダナ釣行記)

 2014年7月30日

バンダナです。

7月26日に山陰入りしておりました。
今回は久しぶりに宇竜にある「木村渡船さん(ごんげん丸)」に乗っての根魚ゲームです。
木村渡船さん⇒ http://kimurasou.seesaa.net/

この日は午後から荒れる予報。
風も出そうな状況であり、正午までがタイムリミットだろうと予測。
毎週のように近くまで行っておきながらも船長にはすっかりご無沙汰しており、また来季の事も少々お話させて頂こうと思い、今回は「釣り50%・話50%」ってなカンジです。

勝負は早い段階で決まると思い広島を午前0時半頃に出発。
一番船に乗るべく車を出雲に向けひた走らせます。
・・・とはいえ三次まではしっかり下道ですけど(笑)

午前3時過ぎに現着しましたが、既に多くの釣り人が受付をすませて出船待ち。
ワタシも素早く受付を済ませてせっせと準備します。
出航は午前4時半頃。

渡船に関しては「渡礁の順番取り」と「出航までの待ち時間」が難ではありますがこれは仕方のないコトです。
木村渡船さんの場合、渡礁は受付順となっております(磯の予約は出来ません)
その為、一級磯に上がりたい場合は相当早くから港入りして待つ必要があります。
シーズンや釣況によっては(受付待ちの為)車中泊される方もおられるようです。
渡礁順番や磯の予約等のシステムに関しましては渡船屋さんによって異なりますので事前の確認が必須です!!

今回、上がろうと思った磯はワタシのみ。
焦る必要が無くなったので一番船の一番最後に渡してもらう事にしました。
そして出港から約30分後に渡礁。
・・・船に弱い方はこの時点でゲロリンチョになるかもです(汗)

磯に上がった時点では弱風+凪。
非常に良いカンジ♪
「釣れるのはもう少し後になってからだろう」と思いつつも素早くセッティングしてキャストを開始します。

因みに上がった磯は「穴の口」と呼ばれる磯です。
水深があり、潮通しも良く、沖合には瀬がある・・・という中々にグーな場所♪
西側に面した磯であり、この日の風向き(西系の風)ならば敬遠すべき磯とも言えますが、短期勝負で臨むつもりでしたので迷いなくこの場所をチョイス。
(他の釣り人が一切いなかったのは風向きを考えた為だと思われます)

風は予想よりも早い段階で「強風」に・・・
梅雨明け以来、猛暑になってしまった日本列島ですが風のお陰で暑さは多少和らげられております。
「といってもメッチャ暑いですけど」

風と闘いながらゲームを展開してると・・・
5
「フエフキダイ」ゲット♪

6
フエフキ系は水温が高い事を証明する魚の一つです。

定番の「カサゴ氏」はコンスタントにヒット♪
・・・つか、最終的にこの日の根魚はカサゴ氏オンリーだったとゆー・・・
4
でもナイスなサイズがヒットしたのでホクホクです♪

風と共に来襲した流れ藻にも苦戦を強いられつつ、朝食休憩を取りながらゲームを展開。
午前9時を過ぎる頃にはかなりの強風となり風波も立ち始め、一層厳しい状況となります。
2
納竿は午前11時過ぎ。
一応本命となるアコウ(キジハタ)は獲れず・・・でしたが、「夏の釣り」を堪能♪

「アコウ(キジハタ)は夏の釣り」という印象を強くお持ちの方も多いかと思います。
しかし、山陰エリアではやや釣果が落ちる時期に差し掛かったと思っています。
(厳密にいうと釣る事自体は可能ですがサイズ+数が若干下がるタイミング)
理由ですがデイゲームが主体の山陰根魚ゲームの場合、夏の強烈な日差しと水温の上昇が悪影響を与えるのでは?と勝手に推測。
また、(暑さで)人間側のテンションが保ちにくくなる・・・という側面もあります(笑)
・・・となればナイトゲームで・・・と考えなくもないのですが、当面はデイゲーム主体を継続しつつ夏季の必殺パターンの構築を目論みたいと思います。
『なんにせよ暑さ対策は「激必須項目」です!!』

現時点では「夏は厳しくなる」と言ってますが、まだまだ未知の部分が多いのが山陰根魚ゲーム。
エリアやパターンの開拓が進み、数年後には「夏のデイゲームが最高!!」って言ってる可能性もありますのでその辺は悪しからずです(爆)

さて、帰る為に船長にTELします。
丁度昼前&強風というコトもあり、他の釣り人も撤収を考えておられた様子。
「20分くらい待ってもらえます?」と聞かれたので「問題ありません♪」と即答。

「日陰でゴロンするか?」とも考えましたが磯際のヤツラが気になる・・・
3
「ウミソーメン」

朝イチの凪の時は乾燥気味で採る気ナシでしたが、今は波を浴びて良いカンジに「戻ってます(爆)」
渡船が来るまで波の間隙をぬって採取開始!!
波が引いたらサッと降りてナイフでカット、波が来たらサッと上がって小さな水たまりにIN。
これをひたすらリピートします。

大分良いカンジで集まった・・・と思ってたらひと際大きな波が来て「ウミソーメン入り水たまり」をさらっていったとゆー・・・
磯のスリットを流れていく様はまさに「ソーメン流し」
ヘタをすれば「逆ソーメン流し」になる可能性もあるのでただ見送る事しか出来ないこの虚しさよ・・・

その後、気を取り直して渡船が見えるまで頑張ったものの「お茶碗軽く一杯」分を採取して撤収。
1

帰港後、船長としばし話をしてから宇竜を後にしております。
船長とは現在、そしてこれからの事について・・・
非常に魅力的なフィールドをいかに楽しみ、伝えていくか?を模索、上手く連携出来れば・・・と思っております♪

帰りは途中途中で仮眠しつつ「奥出雲」へ。
行きつけとなった「山県そばさん」で割子そばを食して帰路につきましたとさ。


【インフォメーション】

お待たせして申し訳ございません。
【マグバイト】エクストリームスイミングリグ バサロ
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005286/
やっとこさ再入荷致しました!!
7
パゴス各店にて販売を再開しておりますので是非とも宜しくお願いいたします!!

また、「バサロ」と最強の相性を持つ
【フィッシュアロー】フラッシュJシリーズ
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10004909/
も再入荷しております♪
8
ワタシが溺愛している「フラッシュJスプリット」も3インチ及び4インチが再入荷!!
個人的には「4インチ」がオススメですが、軽量ウエイトのバサロを使用される方は3インチも是非お試しあれ♪

尚、「パゴスネットショップ」でも各種取り扱っておりますので遠方の方、ご来店出来ない方は是非ご利用下さいませ。
vassallo_1flash_j_split1
マグバイト・バサロ⇒ http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005286/
フィッシュアロー・フラッシュJシリーズ⇒ http://item.rakuten.co.jp/pagos/10004909/


今年の夏も非常に厳しい暑さです。
それも梅雨明けした途端、いきなり暑さの質が変わったので身体が慣れておらず今回の釣りは非常に疲れました。
同じような状況を何度か体験すると多少は適応できるとは思いますが・・・
それでも「刺すような暑さ」ですので暑さ対策は万全にして下さい!!

そんな中での山陰根魚ゲームはオニのような展開を強いる事となりますので気安く「行きます?」とお誘い難い状況でございます・・・
それでも「行ってみたい」というマゾヒスト全開(爆)の方はお声掛け下さいませ♪
プランは早朝~正午まで釣り、それから出雲方面なら冷たいそば、浜田方面なら冷たいうどんを食して帰る・・・とゆーカンジです。
それでも「へらちょんぺ」になる可能性が大ですが、釣って頂けるよう精一杯努力させて頂きます♪

さて、次はドコで「修行」しようかな???

最新の投稿

アーカイブ

tags