疾風でのメバルゲーム(バンダナ釣行記)

 2010年4月3日

バンダナです。

昨日(4/2)に急遽、「ルアーガイド船 疾風(はやて)さん」でメバルゲームに行ってきました。

「疾風さん」は山口県は柳井市から出港するルアーゲーム主体の遊漁船でございまする。

※疾風さんのHPはコチラ
http://www.hayate0904.com/

今までにも何度か乗るチャンスが無かったワケではありませんが荒天でキャンセルになったりしており今回は「潮のタイミングが良くないので・・・」と言う「疾風船長 内山氏」に無理を言って出していただきました。

瀬戸内の魚って潮にとても正直。
行く前からシャチョーにも「この潮まわりはホントに厳しいよ」とは言われておりましたが釣れても釣れなくってもいいから「乗りたい」という気持ちが先行。

今回は「シャチョー」「お客様のO崎氏」とワタシの3名。
船自体は5名までOKとのコトですが、ルアーを含めたゲームを展開するのであれば3名くらいが丁度良いかと・・・。
1 
PM8:00柳井を出港。
出港してすぐにポイント到着。

ポイントに到着してみて潮の流れの速さと複雑さに驚き、「ルアーでは難しいかも・・・」と内心思いながらもダウンショットでゲーム開始。
因みにシャチョーとO崎氏は胴突き仕掛けにワームをセットしたタックルでゲーム開始。

そしたらすぐにシャチョーにヒット!!
2
・・・良いサイズですわ・・・。
でもココでは極々普通のサイズみたい。
それからも連続でヒットさせるシャチョーとO崎氏。

「ルアータックルで何とか・・・」と意気込んでいたワタシですが、早くもルアータックルでの展開が通用しないと判断。
「一応」持ってきてたメバル仕掛けとタックルを手に取ろうとしたら近くの水深の浅いエリアに移動。

ココならルアーをキャストして狙えそう・・・

・・・と言う事で皆でキャスト開始・・・。

「連続ヒット!!」
・・・シャチョーだけですが(汗)

「連続バラシ!!」
・・・はいはいワタシですよ・・・(涙)

それでも魚からのシグナルがあればそれはそれで楽しく色々なルアーを試しておりました。

このエリアは「潮流が早い&ストラクチャー際を狙ってバイトを取る」という状況でバイブレーション系が威力を発揮!!

シャチョーは
「タックルハウス ローリングベイトRB48」
http://pagos.ocnk.net/product/1505
http://pagos.ocnk.net/product/1089

を、ワタシは
「バスディ レンジメタル32ES」
http://pagos.ocnk.net/product/1790

で連続バイトに持ち込んでおりまする(ワタシはことごとくバラしてしまいましたが・・・)

しばらくすると反応が乏しくなり移動。

次なるエリアは人工構造物群の付近での釣り。
各所に外灯が灯されいかにも釣れそうなカンジ・・・。
魚探にも好反応!!

1投目から反応があるもののサイズは非常にミニマム。
そんな中でワタシの本日最大サイズが・・・
3 
でもココでは極々普通・・・。

その後はミニマムサイズの猛攻が続き少しでもサイズアップを図ろうと色々なルアーであらゆるレンジを探ったもののサイズは変わらず。

「それなら」と前回お世話になった「ラッキークラフト シンゴスクリュー」をキャストしたら1キャスト6バイトとか・・・。
フッキングに至らないのはそれだけサイズが小さいってコトで・・・。

前に疾風で良い思いをされてるシャチョーとO崎氏は物足りない内容だったかもしれませんが初めてのワタシにとってはそれはそれで楽しく・・・。

あっという間にタイムリミットを迎えました。
8 
実釣時間は約3時間。
その時間内でもイケスいっぱいの大型メバルとか大型アジが釣れる時もあるというのだからこのゲームの真のポテンシャルはとても高いものと想像できますわ。

港に戻ってからは船長がイケスで活かしているメバルに・・・
7
目と目の間にピックを刺して絞め・・・
6
すぐにエラを切って血抜き。
5
激流の中にいる美味なメバルを良い状態で持って帰れるよう配慮してくださいました♪

釣果は「予想通り」の内容。
4 
岸からの釣果だったら「BEST!!」
初めて疾風に乗っての釣りなら「GOOD!!」
「爆」を知る者たちから見たら「・・・・。」

ワタシは当然「GOOD!!」でございまする。
いやはや楽しかった♪

今回で場所のイメージやアプローチの方法が分かったので次回はもう少し良い結果になるハズ。
激流エリアでは魚が浮かない限りルアーでのゲームは成立し難いので次回は大人しくメバル仕掛けに頼りますわ。

あと、「潮の時間」が非常に重要で「下げ始めから2時間位」がベストとのコト。
今回は「良くない」とされる「満ち上げ」での釣行だったので思うような釣りが展開出来なかったと皆言っておりました。
「とにかく釣りたい!!」という方は船長の指示に従った「魚主体」のタイムスケジュールを組んで下さいませ。
たとえ1級エリアでも「人間主体」の動きでは本来のポテンシャルを見る事無くタイムオーバーになりかねませんです。

気になる料金はお一人¥3000也。
お財布事情の厳しいワタシでも気軽にボートゲームが楽しめるナイスな金額です♪
また短時間釣行なので翌日仕事・・・という方でも負担無く楽しめると思います。
それでデカいメバルやアジが釣れたら言う事無いですね♪

※お問い合わせ・料金等詳細につきましては「ルアーガイド船 疾風」のHPをご覧下さい。
http://www.hayate0904.com/

シャチョー・O崎氏お疲れ様でした!!
また無理を言って出してもらった「疾風船長 内山氏」ありがとうございました!!

次回は12日に・・・♪

最新の投稿

アーカイブ

tags