秋アオリの準備

 2006年9月4日

バンダナです。

そろそろ「秋アオリ」が良くなっていく時期ですね。
先日(8月28日)に「島根半島」に行った際も多くの「エギンガー」さんがシャクっておられました。
サイズはまだまだ小さいものの1ヶ月もしない内に「食べごろ
サイズ」になっていくことでしょう。

・・・アオリ食いたい・・・

そろそろ「エギング」の準備をしなければ・・・

ところで皆さんはエギに「アワビ(アバロン)シートつける派」ですか?
ワタシは「つける派」

あの「アワビシート」って結構高いっスよね・・・
天然素材で尚且つ加工が難しいので仕方の無いことですが・・・

出来るだけロスを少なく、でもキレイに貼り付けたい
「間違っても長方形に切ってそのままペタリはやだ!」

最近の「アワビシート」は長方形(正方形)にカットしたものを売ってます。
上手くカットすると殆どロス無くキレイな「菱形」にカットが可能です。

今回は「アワビシートのカッティング」ネタです。
既に知ってる方はスルーもOKですが一応見てくださいマセ♪

【必要な道具】

☆アワビ(アバロン)シート
☆ものさし
☆良く切れるハサミ(もしくはカッター)
☆ボールペン(画像はマジックになってますがボールペンの方が具合が良いです)

キレイな「菱形」を作るには先ず「長方形」をアワビシートに描いていきます。・・・アワビ面に描くワケにはいかないのでアワビシートの裏側に線を引っぱります。
それではやってみましょう!!
(各画像はクリックすると拡大します)

【1.縦に点を打つ】
先ずは「ものさし」で縦に6mmずつ点を打っていきます。


出来たら反対側にも6mmずつ点を打ちます。
メンド臭くても各手順をキッチリとこなすこと!!
キレイな「菱形」の為に・・・

【2.横線を引っぱる】

 

点を打ったらソレを基準に横線を引っぱります。
「アワビシート」の裏側ってマジックもボールペンも色が付きにくいもの。
何回もペンを往復させると線が引けます。

【3.横に点を打つ】
次は横に14mmずつ点を打っていきます。
出来たら反対側にも14mmずつ・・・

【4.縦線を引っぱる】
点を結んで縦線を引っぱっていきます。

【5.長方形の完成】
こんなカンジに線が引けた事と思います。
1mmズレただけで仕上がりがキレイになりませんのでご注意を・・・。

【6.対角線を引っぱる】
今度は出来た「長方形」を基準にして対角線を引っぱります。


全てに対角線を引っぱるとややこしくなるので最初の1本をスミに引いたら1つ飛ばしで引っぱるとオケ。
画像では右上の端に最初の対角線を引っぱってそれから1つ飛ばしで対角線を引っぱってマス。

【7.こんなカンジに・・・】
1つ飛ばしで対角線を引っぱるとこんなカンジになります。
意外と難しかったりするので慎重に・・・。

【8.「菱形」が出てきました・・・】
先程引っぱった対角線と初めに引っぱった長方形の線が交わる部分を目印にしてもう一つの対角線を引っぱっていきます。


・・・文章よりも画像を見ていただくほうが解かりやすいかと・・・
キレイな「菱形」が出てきました♪

【9.「菱形」が沢山♪】
ココまで来ればしめたもの♪
あと一息です!!

【10.カッティング】
出来た「菱形」を良く切れる「ハサミ」でチョキチョキ切っていきます。
どんどん切っていくと「ハサミ」の「刃」に「アワビシート」の「ノリ」が付いて切れにくくなるので溶剤で「ノリ」拭き取りながらカットしていくとグーです♪

【11.完成!!】

 

ハイ出来た!!

早速、貼ってみますか♪


うーん・・・良いカンジ♪(自己満足)

・・・ところでカットしていくと「菱形」以外にも2種類の「二等辺三角形」がチョコチョコ出てきたと思いますがコイツは「リサイクル」可能です♪

同じ「二等辺三角形」同士を合わせると「菱形」が出来るんですね~。
左右(上下)非対称のアワビパターンなんてのもオツなもんです♪

・・・それ以外の残りは流石にリサイクル不可。エギのボディーの側面に張ってみたり、「シンカーに貼ってみたり」すると良いですよ♪

さて、肝心のエギングですが、「9月18日」に行ってきます。

ソレまでは「アオリ」残しといてね♪


【追記】

どーも文章の説明がイマイチ解かり難かったかなと・・・最初はテキトーな紙で練習して上手くいくようになってから「本番」に入ってください。

今回の「縦6mm横14mm」はワタシが3.0寸のエギに対して作成する「菱形」のサイズです。人によっては「ソレよりも大きく(小さく)したほうが良い」と思われるかも知れません。それに関しては各自の好みの大きさで作成してもらって良いと思いマス。
・・・因みにワタシの中での「基準」は
 2.5寸→「縦5mm横12mm」
 3.0寸→「縦6mm横14mm」
 3.5寸→「縦7mm横16mm」 ・・・デス。

初期の「アワビシート」は「長方形」でなかったので無駄が非常に多かったのですが今頃の「アワビシート」は非常に無駄が少なくすむようになりましたね♪

「菱形」を貼る位置ですが、ワタシの場合は針近くセッティングしてます。必ず・・・という訳ではありませんがアオリイカがアワビシートを狙ってくる状況が多々あるので少しでもフッキング率UPになるのでは・・・と勝手に思ってます(笑)

「アワビシート」を張るエギは「新品」がオススメです。1度でも使ったエギや「エギマックス」などのスプレー類を吹きかけたエギに対しては接着力が極端に下がります。気が付いたら剥れてた・・・なんて事が無いように気を付けてください。因みにアワビシートを保護する「コーティング剤」なんてのも売ってるみたいです。
ワタシの場合はロッドメイキングに使う「エポキシ系コーティング剤」を塗ったりしますが硬化するのに時間がかかるのが難点です・・・でも少々の「ガジガジ」では剥れない強固な皮膜が形成されマス♪

あまったアワビシートの残骸を集めて「シンカーに貼る」ってのはワタシの知り合いに教えていただいた方法です。「どうせ見えてるなら思いっきりアピールしてしまえ!!」的な発想だそうです(笑)
・・・でも実際に貼ってみたら好釣果に恵まれたので今では何本かのエギに施してます。確かにダートした時のアピール力は最強です!!お試しあれ♪

最新の投稿

アーカイブ

tags