闇デ落水ス・・・(バンダナ釣行記)

 2009年3月6日

バンダナです。

昨日・一昨日とお休みでございました。

んでもって一昨日の夜から山陰へ

天気予報では「ベタ凪」を十分に予測できるような天気でこの日の夕方から「島根・大田方面」に釣友が行っており彼からも「ベタ凪&反応悪し」の情報が・・・

そして前回の釣行時、「完全なる敗北」を喰らってたんでしばらくは「どないするか?」と思案したんだけど結局釣行決定。

だから出るのが遅かったんだけどね。

出発はPM10:30頃。

とりあえず浜田を目指して国道191号をひた走ったんですが、途中からまたもや「益田方面」に進路チェンジ・・・

前回のリベンジ・・・ではなく「凪の時の対応方法」を検証しに行ったという事にしておくんなまし。

before

↑↑前回かなりの雪が残っておりせっせとクーラーに雪を詰めた場所も・・・

↓↓雪はかなり融けてしまいご覧の有様。
after

今年は水不足になるのか???

2時間位で益田に到着。
それから更に走ってポイントIN。

前回よりも更にベタ凪・・・

それでも時折ライズらしきものも確認出来、先ずは買ったばかりの「オフト デカスクリュー」をキャスト。
デカスクリューとメバル

一発で喰ってくるやんけ♪

「凪」という要素はあまり関係ないのか?と思ってましたがそれからは魚からの応答ナシ。

「居るけど食わない」「居ても数少ない」「(凪のせいにして)1匹釣れたら場荒れして他が食わなくなる」ってゆーのが今回の見解でございます。

荒れ気味で水面がザワザワしてるほうが警戒心も薄れ果敢にバイトしてくるハズ・・・

特にこのエリアでは・・・

ワームを使って根の際をねちっこく攻めたら・・・
メバル27cm位

本日最大サイズ。

ベビーサーディンでの捕獲

「バークレー Gulp!ベビーサーディン」
をガッツリいってます♪

しかし、この1匹を釣った後はまた延々と沈黙・・・

ポイントを休ませる為、他のエリアもチェックしたんですが数はボチボチ釣れるもののサイズが小さい。

数箇所チェックして「手のひら君とそれ以下」と戯れた後、先程のポイントに再IN。

そして良いサイズの「ヒラセイゴ」がヒット!!
どう見ても抜き上げ出来そうなサイズでなく網なんて持ってきてない・・・

そんなワタシの眼に入ったのが「降りてハンドランディング出来そうな岩」

普段は波に洗われててとても降りるという発想自体浮かばないんですが今回はベタ凪のお陰で「降りてきて♪」と言わんばかりの状況。

ヤリトリしつつその岩に降りる為の足場を探し少しずつ降り始めた時・・・
次に足を置く予定の足場がヘッドライトの光加減のせいか有るように見えて実は無かった・・・

その直後、「一人背負い投げ(多分ね)」を掛けられたようなカンジで岩場を1回転位して海にチャプン。

「実際はチャプン♪なんてかわいいレベルではありませんでしたが・・・」

一瞬上も下も分からない状態になりましたがライジャケのお陰で強制的に浮上出来、パニックらしいパニックには陥らずに済みました・・・

咳き込みつつ先ず気になったのが「携帯」「かかったヒラセイゴ」
とりあえず磯に這い上がって上記2点のチェック。

携帯⇒車に置いてたんで無事♪
ヒラセイゴ⇒ラインプッチンでミノーごとサイナラ・・・

自身は膝をすこし打っただけでタックルにも破損等は無く今回は「笑い話」として処理出来そうですわ・・・

そして濡れネズミ状態で気温3度の中、鼻水ダーダーでコソコソ着替え・・・
上着はあったんですがズボンとパンツの替えは無く絞れるだけ絞ってパンツ一丁で運転するハメに・・・

「その場面は想像しない事」

その後はテンション激下がり・・・ってゆーか「完全ゼロ」になり納竿。

「金輪際行くものか!!!!!」

・・・と思っておりましたがいい条件になったらまた行っちゃうんだろーな・・・


少々面白おかしく書いておりますが今回の落水は客観的に目の当たりにしたらかなり緊迫した場面では無いか・・・と思います。

実際に当事者になったら更に・・・

今回は冷静(本当に冷静だったかは???ですが・・・)に「自分の位置」「周囲の状況」「這い上がれる場所」等の確認が出来ましたが、これが荒天時だと果たしてどうなっていたことやら・・・

また、ワタシは山陰釣行時(特に磯場に行く際)は「ゲームベスト」を装着しておりコレが「岩場で転倒したときのダメージ軽減」「落水した際の浮上」に大きく貢献してくれました。

それでも頭を打ったり、気を失ったり、骨折したりする程のダメージを受けないワケではありませんから「移動時には細心の注意を払う」「初めてのエリアは明るい内にこれから釣りするエリアのチェック・万が一の対応方法・救出場所・脱出場所を確認しておく」というのがベストっすね。

「夜に落水したらホントに上も下もワケわかんない」というのは今回、身をもって体験しましたので最低限、ライジャケの装着は行なってください。

・・・あと、最近は「膨張式ライフジャケット」も多数出ており「動きやすさ」「コンパクトさ」から愛用する方も多いですが磯場では「転倒時のダメージ軽減」には効果が無く、「磯場等では岩などで膨張体部分が破れて浮力体としての機能を失う」等のデメリットがありますので重々ご注意を・・・

あと「着替え」もお忘れなく!!

帰りの道中、「職質にあったらどうしようか?」と結構マジで心配してしまいました。
↑「海に落ちました」って言って「証拠物」を見せればOKなんだけどね。

次回からは「車常備用衣類」を搭載しておきます。


皆さんも釣行の際は気をつけて!!

あと、明日(7日)に開催されます「第8回パゴスロックフィッシュカップ」で山陰方面をお考えの方に一言・・・

今晩をピークに荒れ模様となり明日の夜は若干ウネリが残りそうなカンジです。
足場の低い地磯やテトラ帯でのゲームは場慣れしている方を除いて止めておいたほうが無難です。

ここ最近では浜田の湾奥でもいいサイズがポツポツ釣れだしたみたいなのでそれをイチかバチか狙ってみるのも手かと・・・

何にせよ安全面には細心の注意を払いつつゲームを楽しんでください♪

・・・さて、次はいつ行こうか??(←全く懲りてない)

最新の投稿

アーカイブ

tags