闇ヲ徘徊ス・・・「其ノ4・ハドル縛り」(バンダナ釣行記)

 2014年2月17日

バンダナです。

昨日(16日)の夕方に山陰入りしておりました。
前日はかなり荒れていた・・・との事でしたが到着してみたら凪状態なんスけど・・・

出発は午後4時頃で到着は午後6時過ぎ。
マズメから日付変更線までが今回のタイムリミットっす。

せっせと準備をしていざ出撃!

出来るだけ足場の良い場所を・・・と思いつつも昨今の厳しい状況を考えるとそれ相応の場所に行く必要をひしひしと感じております。
今回はまずテトラ帯からチェック。
まだビミョーに明るさを残している時は全くの音沙汰ナシ。

「やはりダメか?」

そう思った矢先に突然のバイト!
一気に寄せて抜き上げ・・・の途中でポトリ。
ガッカリした反面、マズメラッシュに入った事を確信し、同じスポットにキャスト。
すると即バイト!
・・・でまたしても抜き上げでバラしてしまったとゆー・・・

トドメはバイトスポットで一瞬のフッキングの後のバラシ。
これでスポットは完全沈黙。
後は何を投げようが巻こうが止めようが全くの無反応状態に・・・

この間約10分・・・

唐突にバイトが始まり、唐突に終焉を迎える。
真に上手であればその短い間でも確実にエモノを手にしているハズ。
まだまだ修行が足りませんな。

その後はランガンを繰り返します。
日が沈んでしばらくしたらお月さんが出てきたので外灯無しのエリアを中心にチェック。
予想していたよりもかなり波が低いので地磯にも出てキャストを繰り返すもただ静かに時が過ぎるのみでございます。

途中で立ち寄った「とある港」ではセイゴの群れを発見。
手の平クラスが主体であるものの前日入荷した「フィッシュアロー・フラッシュJハドル1インチ」に丁度良いエモノ♪
flash_j_huddle1_1
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005208/
さっそく試してみます♪

「フィッシュアロー・フラッシュJハドル1インチ」は「バス用」ですが、一目見た瞬間にメバルに効くと確信。
パゴスではメバルカテゴリのワームとして取り扱っております。
ネットショップでは15
日の午後8時から販売を開始させて頂いたにも関わらず既に複数色が欠品しております。
本当にありがとうございます!!
近日中には再入荷する・・・と思いますが、新製品ゆえのメーカー品不足も予想されますので在庫の残っている内にゲットして下さいませ♪

セイゴは船を留めるロープに発生した海草の下にいるものと判断。
ロープに引っ掛けないように一定の距離を取ってキャスト。
ロープと並行にトレースすると一撃でバイト!
8
超ミニマムですがアグレッシブにバイトしてくれたヒラセイゴ君♪

その後もバイトは続きます。
5
フラッシュJハドル1インチが大きく見えてしまうくらいに小さなセイゴ君たち・・・
それでも果敢にバイトしてきます♪
4
ヒラとマルが混在しており、そのいずれもがフラッシュJハドルに好反応!!
6
途中からサイズアップを目論みスポットやレンジを変えてみるも僅かにサイズアップしたのみでございました。

漆黒の港で一人・・・
何気に楽しんでおります(爆)

同じ系統のルアーを使い続けると一気にスレてしまい反応が乏しくなります。
フラッシュJハドルをひとしきりキャストした後はフォローで「モンスーン・BBイール」をキャスト。
bb_eel1
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10004661/
もちろん「テールカットチューン」したものです♪

5
アジはそのままでOKですが、メバルやセイゴ狙いの際にはBBイール・テールカットチューンを是非お試しあれ・・・

7
フラッシュJハドルに反応しなくなった個体をBBイールで根こそぎます(爆)
・・・とはいえ、全てキャッチ&リリースしてますけど。

港内のセイゴに癒され、いよいよ外洋に面したテトラ帯のチェックに入るもののこの場所はウネリが残っておりました。
波の落ち着いたタイミングを見計らいながらキャストを繰り返すも大きな飛沫を数発喰らってスゴスゴと撤退。

タイムリミットが近づく中、この日最後になったポイントにIN。
入った時は誰もいなかったんですけど既に人が出たり入ったりておられたようで真新しい足跡が複数・・・
ココから次のエリアまでは中移動する事になり、移動時間でタイムリミットを迎える事になりますのでココを最後のポイントと決めて入釣。

荒れ過ぎず、静か過ぎない絶妙な波加減。
雰囲気だけはすごくいいカンジなんですけどね・・・
雰囲気「だけ」は。

シーバスやメバルからのシグナルは無く、最後に重めのジグヘッドでボトムをチェックしてみる事に。
ココはまだソルトルアーのまともなカテゴリがシーバス位しかない時にバスタックル持ってカサゴを狙ってよく通っていた場所。
約20年前・・・エコギアが出始めた頃だったような・・・(超ウロ覚え)
右も左も分からず、仲間と試行錯誤していた頃です。
今のようなタックルやリグは全くなく、狙い方についても全く確立しておらず、全てが手探りでしたが同時に非常に楽しい時期でもありました。

そんな事を思い出しながらボトムをトレースしていきます。

サーフに隣接したエリアであり、過去に何度も突っ込まれて切られたストラクチャーは砂に埋まって無くなってました。
しかし、何らかの痕跡が残っているようでそれにジグヘッドがコンタクトした瞬間にバイト!

掛ける前からエモノの正体は判っております♪
1
中々にグッドコンディションのカサゴ氏。

2
特に意識はしてませんでしたが必然と「ハドル縛り」で釣りを展開しておりました。
「これはイケる!」と確信してしまった新製品ならば仕方ないですよね(笑)
そして最後もハドル♪

パゴス店舗やネットショップ、他の取り扱いをされているショップさんで見られた方はお分かりの通り、フラッシュJハドル1インチはバスカラーオンリーとなっております。
「もう少しメバル向きのカラーがあればいいのに・・・」
とお思いの方は少なからずおられるかと思います。
パゴスでは今季からフィッシュアローさんのソルト進出に対してのお手伝いをさせて頂く事になりました。
フラッシュJハドルのソルト用カラーの実現に向けて意見を積極的に出していきます。
また、別ブログでも書いたのですが「パゴスオリカラ」についても脳内で色々な案が出ております・・・
メバルやアジなどのライトSWをメインにアコウ(キジハタ)等のジャンルでも色々な提案をさせて頂く事になると思いますのでどうぞヨロシクです♪

色んな事を考えるばかりで釣りに行けてない状況をヤバいと思い始めておりますが、脳内妄想したり部屋で鉛削ったりするのも楽しいんですよね・・・(爆)

ワタシの山陰メバル釣行記「闇ヲ徘徊ス・・・」シリーズは昨シーズンの半分程度の釣行回数となっております。
更に捕獲したメバルに至っては半分ドコロではないレベルしか釣ってないとゆー・・・

それでも今回の釣行はなんだかホクホクした気持ちで終了する事が出来ております。
今シーズンの山陰メバルは「厳しい・釣れない」という声ばかり聞こえておりワタシ自身もそうだと感じております。
・・・でも、楽しむ事は十分に可能!!
ワタシのようにサイズや数のみにこだわっていた方も目線を変える良い機会になるかも?とお考えくださいませ♪

今回は小さなセイゴ君や太ったカサゴ氏でしたが狙って獲ったので非常に楽しめております^^
この楽しさが皆さんにも伝わると良いのですが♪

さて、次回は「ファイブコア・安部さん」との釣行の模様をお届けする予定です。
また釣行ネタ以外のネタも色々とご報告させて頂く事になるかもです。

なにはともあれ週末の天気が穏やかでありますように・・・(笑)

最新の投稿

アーカイブ

tags