闇ヲ徘徊ス・・・「’09初山陰メバル」(バンダナ釣行記)

 2009年1月17日

バンダナです。

15日の晩に今年初の「山陰メバル」へ・・・

このところ荒模様の山陰。

それでも年明けからメバルが好調に推移してます。

お客さんからも釣友からも良い話ばかりを聞かされておりました・・・

そんな中で行く事が出来ず悶々としてましたがやっとこさ釣行できる事になりルンルン気分で一路山陰へ・・・

この日の天候は「曇・雪・北西風強し・波3m」

ここ数日荒れまくってるコトを考えると今日しか良いタイミングは無いってカンジ。

先ずは「浜田・湾奥」

場所的に波の心配は皆無ながら今シーズンの動向を見てるとチョイ早いかも・・・そう思いながらポイントIN。

meabru1

テトラの際を通すと速攻でヒット♪

サイズはまずまずなんだけどひどく痩せてる・・・アフターなんかな?

オマケに後が続かない・・・
mebaru2

ひとしきり歩いて痩せたメバル君をポツポツゲットした後、「やはりまだ早い」と判断し移動を決意。

実家の釣友が良い思いをしてる島根・大田方面に進路をとりその道中、気になるエリアをチェック。

心配してた波はさほどでもなく問題は風のみ。・・・とはいっても冬の山陰では普通の状況なんだけどね。

そして港に程近い地磯にIN。

波止によって波は和らげられ、ポツンとある外灯からもれる光がいかにも・・・ってカンジ。

風は真横から強く吹いてるのでPEラインは恐らくイミをなさないとフロロ4ldをチョイス。

盛期にはウィードがもの凄い場所なんだけど今はまだ5割程度。

外灯下では小さいながらもメバルが時折ライズしとります。

・・・他が釣れんかったらコイツ等狙お♪

いつもならワームをセレクトするんだけど今回はプラグを先ずキャスト。

前回(年末)にチェックした時は魚っ気すらなかった場所でしたが・・・

今回はそのエリアで怒涛のラッシュがスタート!!

極めつけはこの1匹!!!!

一瞬「尺やらかした???」と思ってしまったプリプリのメバル。
mebaru29cm

・・・メジャーがズれて28を指してるんだけど実際は29cmでございますです。

mebaru29cm_2

・・・この1匹を捕獲した事でこの日の釣りは十二分に堪能できたんだけどこの日はまだまだ爆発!!!

mebaru3

そしてワームへの交換の必要性を全く感じさせない程に「ハマッた」プラグでのゲーム展開。


今回、ワームでメバルのいるエリアにキャストしようかと思えば必然的にウエイトを上げざるを得ないんだけどそうしたらレンジが下がってしまいレンジを上げようとすれば竿をたてて早く巻く必要性アリ。
・・・でも竿を立てれば風の影響をモロに受けてしまうし早く巻く事でメバルのスポットをじっくり攻めるコトが出来なくなってしまう・・・風でどんどんルアーが動いてしまうしね。
そんな中でプラグをチョイスしたコトはエリアへの到達とレンジの一定キープ、リップによる抵抗により強風下でもワームよりもじっくりとそのエリアをトレースできる点などを考えるとベストチョイスだったと思っておりますです。
plug

今回使ったプラグたち。

リップが無いので風が弱まった時や風裏でしか投げれなかったけど「スミス メバペンソリッド(写真左下)」の威力は強烈!!
ただ巻きでも軽いトゥイッチ&フォールでも常に安定したバイト数でした♪

「ジャクソン アスリートライトソルトチューン55(写真右下)」はメバルには大きいと抵抗をもつアングラーも多いんだけど大きいが故のアピールと荒波下での安定した泳ぎは秀逸。適度な引き抵抗も強風時には大きなアドバンテージをもたらしてくれます。
・・・この日最大(29cm)もこのミノーで捕獲しワタシの中での株は急上昇しました♪

「ジップベイツ リッジ35SS(写真上中央)」は今回の主役!!
半数はこのリッジ35SSで獲りました。軽いジャーク&ポーズで「コンっ!」はハマりますわ・・・♪
特に真ん中の「メバルチャートクリア」は溺愛しております♪
・・・パゴスでは一番人気の無いカラーですが・・・


当初、プラグをチョイスしたのは「たまたま」だったんですが使えば使うほどその威力と有効性を体感。

そしてまだまだ続くバイトラッシュ。
mebaru4

「ジャクソン アスリートライトソルトチューン55」

mebaru5

「ジップベイツ リッジ35SS」

mebaru6

↑またまた「ジップベイツ リッジ35SS」

ヒットするのは20cmをラクに越えるプリプリのメバルばかり。

29cmを始めとした明らかなBIGサイズの中には抜き上げ出来ずにバラしたヤツや「姿見ず」の状況で4lbフロロをブチ切っていったヤツも・・・

この状況を考えたら尺オーバーの可能性も捨てきれないんだけど戦車みたいなプリメバルの重量と突進によって切られたと解釈しておりますです。

当然ながらリリースサイズの基準も今回かなり大きめ。

釣れてる時に釣れてる場所にリリースすると群れが散ったりする場合があるので磯場では潮下、港なら波止裏にリリースするのが基本。
tidepool

今回はタイドプールに一時避難(後、リリース)

sunrise

「釣れ具合が悪くなった?」と思って空を見上げたら夜明けを迎えておりました。

不思議なことに「マズメラッシュ」は起こらないこの場所。

周囲が明るくなるにつれてフェードアウトしていきました。

result

それでも納得の釣果。

「ワームに頼らないゲーム展開」
「PEラインよりもフロロ(ナイロン)の方が良い状況の再確認」
「BIGサイズのラッシュ」

と得る物が多かった今回の釣行。

年末から釣れずに悶々としてただけに楽しい釣行となりました♪

天気だけでいえば今晩(17日晩)もかなり良いので行ってみておくんなまし♪

さて、次回はいつ行こうか????

最新の投稿

アーカイブ

tags