闇ヲ徘徊ス・・・其ノ8「2012年2月・稚鮎」(バンダナ釣行記?)

 2012年2月16日

バンダナです。

15日の晩に再び山陰入りしておりました。
今回はロッドメイキングパーツメーカー「ファイブコア・ABE氏」が一緒。
4

(↑今回も写真を撮ってませんでしたので一昨年の大阪FSの写真)

・・・本来ならば瀬戸内でアジングをする予定だったんだけど良い情報が無く「どうせダメなんなら山陰で砕け散ってしまえ!!」ってゆーノリ。
・・・ワタシに至ってはアジングの準備が全く出来ておらず車に先日の山陰タックルがそのまんま載ってた・・・とゆー事もあるんですが。

テトラ歩きや荒れた地磯、暗黒フィッシングに難色を示すABE氏でしたが半ば強引に拉致。

そういえば言い忘れてましたが「なんも釣れてません」

PM9:30頃に浜田に到着して近くの港へ・・・
波が高くなる予報でしたので風も強いかと思いきや意外と風は穏やか。
波は日曜日よりも高めでウネリもある状況でした。

出来るだけ足場の良い場所を選びながらのゲーム展開でしたが今回「も」アタリすらない状況・・・
厳密にいうと「とある港」で数回バイトがありましたが全て姿見ずの状態でフックアウト。

「もしかして呪われてるのか?」と思いつつも時間一杯までキャストを繰り返す2人。

今回も「早く帰ろうね」と話してましたが今回も「嘘八百」でござる。


日付変更線を超え、ドコに行けども何事も無く・・・
「とあるエリア」で撤収の際に海面を何気なく照らしたらベイトの群れを発見!
水面でザワ付くベイト。
その正体を確かめるべくミノーをキャスト、群れの中でジャークを入れ2匹ほど捕獲。
稚鮎/シラス 
稚鮎。
 
「シラス状態」なので断定出来なかったのですがFBで松尾氏に「稚鮎です」と教えて頂きました♪
もう少し成長してウロコが出る位になるとワタシレベルでも判断が出来るんだけど。
畳半畳サイズの群れを形成してウロウロしておりました。

当然その周囲をしっかりチェックしたんだけど稚鮎君を捕食するであろうフィッシュイーターからのシグナルは無くゲームエンド。
今回「も」砕け散りましたが稚鮎の群れを発見できたのはかなり大きな成果っす♪
Rock氏と釣行した時のブログでは「稚鮎つきではありません」と書いておりましたが場所によっては既に・・・

因みに・・・
モンスーン/MONSOON/BBイール 
同日15日に正体を現した「モンスーン・BBイール」が非常に良い感じ♪
BBイールは「ウナギのシラス」をモチーフにしてるんだけど鮎・イワシ等の稚魚にも非常に酷似しており山陰エリアでの活躍にも超期待です!!

稚鮎を見つけた場所は普段、あまり立ち寄らない場所なんですが次回からは「回遊ルート」の一つになったのは言うまでもありません♪
恐らく日を追う毎に成長していくハズなのでそのうち誰が見ても「稚鮎」の写真になると思います♪
その稚鮎につくであろうフィッシュイーターも捕獲せねば!!

尚、広島に戻ったのは16日AM3:30・・・
2人とも「へらちょんぺ」になって解散しましたとさ。

ABE氏今回もお疲れ様でした!
行きの道中で雪をクーラーに詰め込んだのに魚のお土産が無く申し訳ないのですがまたタイミングを見て山陰入りしましょう♪

今度は地磯にお連れいたします・・・

さて、次もシラスエリアをチェックしてみようか???

最新の投稿

アーカイブ

tags