2日連続釣行 その2「爆発のタチウオジギング」

 2007年1月18日

バンダナです。

昨日の続き「タチウオジギング編」でございます。

今回のブログは「画像数が非常に多い」ので小さく表示してます。
「画像をクリックしたら拡大します」ので詳細部分をご覧になりたい方は画像クリックをお願いします♪

17日の午前7時に「廿日市大橋下の桟橋」に集合。
 

山口から2名、広島から5名の7人パーティーでの挑戦。

「パゴス的」には「研修」も兼ねた半ば「仕事の一環」

「ああいやだ♪ああいやだ♪」「ニコニコ」しながら乗船。

今回、お世話になったのは「アジアマリンさん」
ワタシが岩国に行ってからしばらくご無沙汰しておりましたが船長は相変わらず元気なご様子♪

今回のポイントは「倉橋・鹿島沖」

既に多くの遊魚船と漁船が密集している状況。これでも「平日」なので少ないほうらしい・・・。

心配していた天気もそれほどは悪化せず「雨」が最初パラついてましたがその後は「太陽」も時折顔を覗かす「絶好の釣り日和」
風もあまり吹いておりませんでした。

それぞれタックルをセッティングしていざ釣り開始!!

船の「魚探」には「赤い帯(タチウオの反応)」が映し出される・・・

直ぐに「ヒット!ヒット!ヒット!」
船のあちらこちらでロッドが大きく弧を描く♪

まさしく「バイトラッシュ!!」
タチウオジギング初挑戦の「本店テンチョー」は恐らく「独特の引き」に最初は驚いたコトでしょう♪

サイズは「指4本前後」がアベレージサイズ。
小さいサイズで針掛かりの良いものは極力リリース。
それ以外は「捕獲」

このゲームの「面白いトコロ」は「ロッドワーク(アクション)」や「カラー」、「ルアーのフォルム」、「リーリングスピード」等を僅かに変化させるでヒット数が大きく変動するトコロ。
色々なパターンを組み合わせてタチウオの反応を探る・・・

因みに「船が移動」したらそれまでのヒットパターンが白紙に戻される・・・コトも多々あります。それも「面白いトコロ」っすね♪

ヒットルアーは「アイマ・ROシリーズ」や「DORAGON・刃ジグ」等。
ウエイトは100g前後でオケ。
「カラー」は数多く用意したら迷います(笑)がローテーションさせることでヒットを持続させたりと有利な事も多いです。

「個人的に」ですが「オレンジ金」と「ミドリ金」は超オススメっす♪ピンク系は「大型」が良くヒットするような・・・。

同じパターンでヒットが延々と・・・という事は無く、刻々と変化するパターン・・・。
それを「いかに早く見つけ出すか?」が「数」を伸ばすコツ。その「数」の中に「大型」を見出す・・・

基本的にはボトム付近に大型がいることが多いですね。

そして「シャチョー」のロッドが今まで以上に大きく弧を描く・・・

指6本強の「ドラゴンサイズ」
このクラスになると「普通のタチウオ」と顔つきが全く異なります。
・・・まさしく「ドラゴン」や・・・

1日中釣れ続ける中で「スレ掛かり」が多発する場面に遭遇する場合もあるかと・・・
大体は「シャクリ過ぎ」や「リーリングスピードが早過ぎ」が大きな原因かと・・・

常に「スレ掛かり」する場合はアクション等を変えてみてください。
タチウオジギングは「如何に口にフッキングさせる(ルアーを喰わせる)か?」という部分にもこだわってみてください♪


「ジギング」というと「コアな釣り」と思われる方が多いですが、この「タチジギ」に関しては「非常に簡単で楽な釣り」です♪
タックルもバス用タックルを持っておられたらとりあえずはそれで挑戦してみるのも手かと・・・

今回もバスロッドを改造した「カスタムロッド」で挑戦される方も多くおられました。
「グリップ延長」が主なカスタム部分。
ブランクスはバス用の「ミディアムクラス」でOK
クランキングロッドも良く曲がるので楽しいです♪

ラインはPE1号前後を200mは欲しいですね。
リーダーは「2種」用意して「メインリーダーは25ポンド前後」、先端50cm位は「牙の対策」として「50ポンド以上のフロロカーボンリーダー」をオススメいたします。
・・・それでもタチウオ君は「あっさり」と切ってしまいますが・・・

リールは上記した「PE1号前後200m」が巻ける物であれば十分に「使えます」
欲を言えば「ソルト対応型」で「パワーハンドル付き」がいいですね。

船上での「履物」は「ブーツ」が定番。
難点は「重たい」「船のキャビンに入るのに脱ぎ履きが面倒」な事。
そんな方には「コレ」をオススメ♪


CROCS(クロックス)
ジョージーシリーズ
「軽く」「脱ぎ履きし易い」
一見「寒い?」感じがしますが全くそんなことナシ♪
パゴス各店にて販売中!!


今回は「鯛ラバージギング」も「オマケ」として考えてましたが、今回のタチウオジギングがかなり「テクニカル」だったので時間が取れず断念。

時間が許す限り皆が「試行錯誤」を繰り返しておられました♪

天気は一瞬悪くなる様相を見せるものの全体的には「安定」
港付近では「鏡のような海上」でした。

帰港は午後5時前。時間的に「ゆったり」とした今回の日程。

「昨日とは大違いやな・・・」

皆、「心地よい疲れ」だったに違いありません♪

桟橋にてクーラーご開帳。

一体何本いるのでしょうか?7人で均等に分けてそれぞれ帰路に・・・

ワタシは皆より少な目に貰いましたが配っていたら「足りませんでした♪」

この時期のタチウオは「脂」がのって非常に美味。
捌くのも特別に難しくないので誰からも喜ばれます。ウロコも無いし♪

皆様お疲れ様でした。

次はいつ行きます?ワタシは何時でも♪

最新の投稿

アーカイブ

tags