FSO2015番外編『フィッシュアローブースにて』(バンダナ雑記)

 2015年2月23日

バンダナです。
33
2015年2月6日(業者日)・2月7日と8日(一般日)に行なわれた
『フィッシングショーOSAKA2015』
※インプレブログ(http://pagos.jp/?p=85025)も公開しておりますので是非ご覧くださいませ♪

我々パゴススタッフは普段「業者日」のみ会場入りしてカタログ集めや商品チェック等を行なっております。
が、今回のFSではお世話になっている「フィッシュアローさん」からの依頼でブースに立たせて頂く事となりました♪
「初の一般日」
「初のブーススタッフ」
・・・なんですが、更に「トークショーもします!」との事で
「初のトークショー」
もプラスされてしまいました。
んでもってフィッシュアローのトップである「松本さん(松本猛司氏)」をはじめ、ほぼ全員のスタッフ&テスターの方にお会いするのも今回が初めてとゆー・・・
何もかもが初めて尽くしですが「当たって砕けろ」的なノリで3日間大阪に滞在しておりました。

初日(6日)はパゴススタッフとしての行動(カタログ集めとか商品チェックとか)を済ませてからブース入りしておりまする。

72
因みにフィッシュアローは今年で「15周年」を迎えます。
バスフィッシングにおいて様々なブームを巻き起こしバスフィッシャーマンの間では知らない人はまずいないかと。
そして2015年、フィッシュアローはソルトシーンにも本格参戦します!!
第一弾はフラッシュJ1インチSWシリーズをリリースし、現在に至るまで爆発的なセールスを記録!!
第二弾・第三弾が既にスタンバっており、今シーズンは様々なソルトシーンにおいて「フィッシュアロー」の名前を見る事になるでしょう!!
・・・もちろん「ロック&グルーパー」にオニ効きのシリーズも登場しますのでご期待ください!!

今回お世話になったフィッシュアロースタッフ(テスター・MC)の皆さんのご紹介です♪

【松本猛司氏】
62

言わずと知れたフィッシュアローのBOSS。
「モンスタージャック」で全国的なビッグベイトブームを巻き起こし、他にもさまざまなルアー・リグ・メソッドを生み出してきた立役者で昔も今も「バスの人」です♪
「ソルトは分からない」っていつも言っておられるんですが、クセのある(失礼)ソルトテスターをまとめて現在「ソルトでもフィッシュアロー旋風」を絶賛巻き起こし中!!
■ブログ「Fish Arrow blog」http://fisharrowblog.blog40.fc2.com/


【楠本直樹氏】
66

お名前に聞き覚えがある・・・と思ってたんですが「スティールハント・スティールベイト」を開発されたと知ってピンときました♪
フィッシュアロー(バス・ソルトを問わず)のプロト作成やテストにも大きく関与されてるマルチアングラー。 
・・・FBやブログを見れば見る程に、氏に関する話を聞けば聞く程に「本職は何屋さん?」と思ってしまいます(爆)
ワタシにとってはナゾの多い方だったりしますが、釣りに対する情熱やスタイルは大いに共感しております♪
■ブログ「くっさんちへようこそ!」http://ameblo.jp/stillhunt/


【小町広一氏】
63

関東在住でメインターゲットはシーバスとのコトですがライトSWゲームにも注力されてます。
一大旋風を巻き起こしてる最中の「フラッシュJ1インチSW」を開発に関わった中心人物でもあります。
動画とか見てると説明がとても上手いので「何かあった時」の為に勉強させてもらってます♪
■ブログ「小町広一の釣道」http://ameblo.jp/shonan-stream/entry-11989971663.html


【幸田樹典氏】
65

最初に「尺メバル連発」の記事を見たのでメバルの人だと思ってたんですが、基本はバスの人。
でも、フレッシュ・ソルトを問わず精力的に釣行されてるマルチアングラーだと分かりました。
お会いしてから日が浅いのですが、雰囲気から「野生の勘」でエモノを捕らえるタイプのアングラーだと勝手に思ってます(爆)
■「FISHING STATION!」に連載執筆中http://www.fishing-station.jp/news/taglist.php?tag_id=42&page=1


【なっちゃん(阪口なつさん)】
64 

フィッシュアローブースにおけるトークショーのMCを担当して下さいました。
関西エリアの釣り番組「The Hit」のリポーターもされてます♪
「釣りガール」でありながら、釣り以外の様々なメディア・イベント等で活躍されてるタレントさんでもあるコトを知ったのはごく最近のコト・・・(滝汗)
釣りに関する知識と経験は並みのアングラーよりはるかに上っす♪
■ブログ「つりんちゅ~釣人~阪口なつofficial blog」http://ameblo.jp/natsu-sakana/


21
一般日は・・・一言で言うなら「怒涛」
フィッシングショー全体の最終的な入場者数は昨年より約1000名多い53058名(業者日・一般日含む)となりました。
ワタシは初の一般日だったので昨年と比較が出来ないのですが、周りのスタッフや別メーカーの知人たちに聞いても「去年より熱気(活気)が凄かった」と言っておられました。
釣り人口は減少の一途を辿っておりますが、アツいアングラーは健在ってコトですので非常にうれしく思っております♪

多少の波はあるもののひっきりなしにお客さんが来られ、大目に用意したカタログも閉館を待つことなく全て配布。
・・・お陰で自分用のカタログを持って帰る事が出来ませんでした(爆)

フィッシュアローはバスフィッシングのメーカー。
ブースに立ち寄られる方の大多数がバスアングラーの方でした。
しかし、そんな中にもソルト系のルアーにアツい視線を送る方もおられ、少しずつですがフィッシュアローのソルトシーンへの浸食(笑)を実感しました♪

トークショーは「第1回(午前11時)」と「第2回(午後3時)」の2部を2日両日行ないました。
8
ワタシは午前の部で松本さん、なっちゃん、小町君と共にトークショーをやらせて頂きました。
75
内容についてはそれぞれが得意とするゲームに関するものであり、当然ではありますがフィッシュアロー製品の事を絡めて「どういった釣りをするのか?」等のお話をさせて頂きました。
もちろんワタシは「ロック&グルーパー」
自分の周囲(中国地方・山陰エリア)ではアングラーの増加・関心が高まっているのを実感していますが、関西ではまだまだ。
1
午前・午後の部ともに両日満員御礼の中でのトークショーでしたが、ロック&グルーパーをやったことのある方はごく僅か。
「フィッシュアロー=バスフィッシング」であり、更に「アコウ=クロー系ワーム」という構図が一般的。
そんな中では認知度が低くて当然かもです。
これからも認知度を高めるべく精力的に釣行&情報発信を行なっていきます!!

舞台裏にて・・・
3
舞台裏では第2回のトークショーを控えた楠本さん、幸田君、なっちゃんがスタンバってます。
みんな「緊張する」って言ってましたが傍から見てる限りはそう見えなかったんだけど(笑)

2
因みに自分の台に立ってる時は緊張しまくって何しゃべったか覚えてないレベル(爆)
松本さん・楠本さん・幸田君・なっちゃんのトークショーを見てる時はお客さんと一緒にトーク内容をしっかり聞かせて頂きました♪
話し方やトークのつなぎ方などをそれなりに勉強・・・してもいざ本番になったら真っ白になってしまうんだろーなー・・・

初日のトークショーは文字通り「真っ白け」になってしまったんですが、2日目のトークショーでは「マグバイト・岸名氏」にも急遽トークショーに参加して頂き、初日よりはるかに気楽にトークショーさせて頂きました。
オマケに『マグバイト・バサロ』もじゃんけん大会の景品にして頂き、感謝感激でございました♪
岸名さん、この借りは必ずお返しさせて頂きますね♪

9
トークショーの後のじゃんけん大会は大盛況!!
インジェクションモデルとして復刻した『モンスタージャック』や「そのまんまブルーギル」の『フィンズギル』等の豪華賞品もあり非常に盛り上がっております!!

トークショーの時間以外はブース内をウロついてカタログを配ったり、興味津々で商品を見られてるお客さんに声をかけたり、質問にお答えしたり・・・等々。
普段はパソコンとにらめっこであまりしゃべる機会が無いのですが、2日間で数ヶ月分しゃべった感じです(笑)

尚、話題のつなぎ役として持ってきた「ゼナック・プロト」と「アブ・プロト」
両方とも事前に各メーカー担当さんのご厚意によりお客さんに見せてもOK!のサインを頂きました。
先程も述べましたがフィッシュアローブースにおける「ロック&グルーパー」お客様はホントごくわずか。
ですが、お声をかけて下さった全員が「非常にアツい方」ばかりでメッチャ嬉しかったです♪
7
時間の及ぶ限りプロトロッドとフィッシュアロー製品を絡めた個別マシンガントークをかまさせて頂きました!!
2日間を通じて、ワタシにお声掛け下さった皆様、本当にありがとうございます!!
自身が理想とする最強のロッドと新たにラインナップされる「フラッシュJ-SWシリーズ」で是非ロック&グルーパーを獲って下さい!!

10
松本さんは終始サイン&記念撮影。
「フィッシュアロー=松本さん」の構図をあらためて実感した次第でございます。
また、なっちゃんの人気もすごくって「なっちゃんいますか?」って何度も聞かれましたね。

さて、ココでフィッシュアロー製品のご紹介です♪
11
『エアバッググラブ』
ボディ内部を中空にする事で「浮かせる事が出来る」グラブです!!
これまでも「グラビンバズ」など水面で引き波を立てるグラブテクニックがありましたが、エアバッググラブは更に進化して「ポーズで浮かせたままにする」コトも可能に!!
バスが追ってくるけど動かし続けたら追い切れない・・・でも止めるとフォールして見切られる・・・そんな時にはエアバッググラブです!!
また、常時浮いた状態なのでテールが水面を叩く「小魚が水面を逃げ惑うような波紋と音」をどなたでも容易に出す事が可能!!
更に、ベイトフィネスでもキャスト出来るウエイトを備えた4.6インチもラインナップされます♪
・・・個人的にはスイミングリグのフォール着底後にボトム立ちするグラブをイメージ・・・
・・・絶対アコウ(キジハタ)釣れますわ♪
19
尚、グラブつながりで『フラッシュJグラブ(仮称)』も現在開発が進んでおります!!
個人的な話ばかりで申し訳ないのですが、ワタシはロック&グルーパーゲームにおいてグラブをあまり使いません。
それは自分の中で「使ってみたい」と思わせるようなグラブが無かった為。
既存のグラブは「バス用」のイメージが強すぎて中々手が伸びないんです(それだけバスフィッシングしてた時にお世話になってました♪)
フラッシュJシリーズは多くの人にとっては「バス用」のワームになると思いますがワタシにとっては「ロック&グルーパー用」のワーム。
そのグラブタイプが出るとなれば・・・
今から非常に楽しみで仕方ありませぬ♪

14
『フラッシュJソルトウォーターシリーズ』
現在は『フラッシュJ1インチSW』『フラッシュJハドル1インチSW』の2種がリリースされております。
発売以来、全国的に「フラッシュJ1インチSW」のブームが巻き起こっており「ソルトでもフラッシュJ」のイメージが根付き始めております!!
今後は大きいサイズのフラッシュJ-SWシリーズが登場する予定。
春から始まる「山陰ショアロック&グルーパーゲーム」の主戦力となる
『フラッシュJSW』
『フラッシュJシャッドSW』
『フラッシュJスプリットSW』

もリリースされます!!

正確な発売時期についてはまだ聞いておりませんが、春のロック&グルーパーシーズンに間に合うように・・・とお願いしておりますのでこうご期待!!
いずれのタイプも「ソルト専用カラー」を身にまとい、更に「フィッシュフォーミュラ」も配合!!
まさに「死角無し」の状況となります・・・
15
尚、既存のカラーにも手放せないカラー達が存在します。
例えばワタシにとって「ワカサギ/シルバー」は絶対に手放せないカラーです!!
また、現在関東エリアにおいてフラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)を連日のように捕獲しておられる方(根緒氏)がおられます。
氏が使用されてるのは『フラッシュJ5インチ』
20
(↑は実際に根緒氏が使用されていたワームとジグヘッド)
カラーに関しては「パープルウィニー/シルバー」が非常に良いとの事。
SWカラーの登場によって既存のカラーの存在が希薄になりがちですが、一部カラーに関してはSWカラーと同等かそれ以上の威力を発揮するカラーもありますのでその点はお忘れなきよう!!
新たに登場するSWカラーと既存のカラー・・・これらを併用する事でより狙いのターゲットに対する「包囲網」を狭くすることが可能となります♪

13
こちらは参考出品ではありますがフィッシュアローとタナハシさんがコラボしたライトSWタックルボックスです!!
『プラノ1612タナハシチューン』
『プラノ1312タナハシチューン』

現時点では「参考出品」ですが、ライトSWにもフィッシュアローの名前が定着しつつあるのでもしかしたら発売するかも?

12
こちらもテストが続いております。
『ウィールヘッド for フラッシュJ1インチSW(仮称)』
見てお分かりの通り「ペラ付きのジグヘッド」です!!
タダ引きだけで水を撹拌、その水の動きがワームのアクションに直結、更に撹拌時の波動もターゲットを寄せる要因となります。
現在はフックの大きさや形状等の調整が行なわれております。
今シーズンはちょっと無理そうな感じですが、来季のアジメバシーズンにはお使い頂けるものと思います♪

18
『フィッシュアロー×レイチューンコラボルアー』
レイチューンさんはビルダー上原徹也氏が手がけるリアルハンドメイドルアーメーカー。
特にトラウトミノーに関してはパゴスでも取り扱いをさせて頂いており、高い人気と評価を頂戴しております。
そのレイチューンとフィッシュアローがコラボレーション!!
インジェクション(プラスチック成形)モデルとして量産化する計画です。
1617
冒頭のビッグベイト以外にミノー「80」「65」を現在企画・計画中。
いずれもターゲットはバスとなります。
こちらの商品に関しましても情報が随時フィッシュアローより発信されますので要チェック!!

新情報は随時ご報告させて頂きますのでヨロシクです♪
22
この2日間はホントにあっという間に過ぎ去ってゆきました。
時間が空いたら他のブースに・・・と思ってたんですが、思うように動けずでフィッシュアローブース近くの数メーカーさんに短時間だけ足を延ばしただけ。
ワタシはフィッシュアローのみのお手伝いでしたが、小町君や幸田君達は他のメーカーのテスターもしてるので忙しそうに飛び回ってました♪

そしてフィッシングショーOSAKA2015が終了。
23
閉館時間と共に各メーカー一斉に撤収作業に移行。
24
同時に専門業者によるブースの解体やごみの収集、機材の搬出が始まります。
25
また来年も来れる・・・のか?
また呼んでもらえるように頑張ろう!!

テスター陣は一足先に会場をぬけさせて頂き、それぞれ帰路に。
行きは車でしたが帰りは新幹線。
小町君と共に新大阪駅まで松本さんに送って頂き、小町君とも新大阪でお別れ。
お土産を買い込んで広島方面行きの新幹線に飛び乗ります。

・・・何気に迷うかと思ってたんだけどスムーズに乗る事が出来ております♪

ところがどっこい広島駅に着いてからがわけわかめ。
取り敢えずバスで自室近くまで・・・って思ってるんだけどどのバス停から乗ればいいのか皆目見当がつかない・・・。
「小一時間」右往左往しつつバスの運転手さんに聞きつつで何とか自室まで帰る事が出来ました。
まさか広島に戻ってから一番迷うコトになろうとは・・・(爆)

何にせよ無事に帰る事が出来ましたので「めでたしめでたし♪」

今回のフィッシングショーでお世話になった全ての皆様、本当にありがとうございました!!
またお疲れ様でした!!

業者側(パゴス)の立場による会場入りは一般の方と同じくメーカー側(出展者)から見れば「お客さん」の立場。
その立場が180°反転した今回の経験は非常に勉強になりました。
また呼んで頂けるように今後も釣行+情報発信を精力的に続けてまいります!!

さて、今年の釣行は色々と忙しくなるぞ・・・と♪

最新の投稿

アーカイブ

tags