釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

「闇徘」改め「山陰ショアロックフィッシュ紀行」(バンダナ釣行記)
2013年11月26日(火)

バンダナです。

11月24日の早朝に山陰入りしておりました。
今回はチラホラ情報が出始めている「山陰メバル」を手始めに狙うプラン。

「焦らずともそのうち釣れる」とはいえ、パゴス的には情報もウリにしておりますので後釜にはなりたくない・・・とゆーのも本音の一つ。
しかしながら、脳内にはいまだにアコウが住みついており・・・(笑)
・・・とゆーコトで一番いいタイミングで「あろう」朝マヅメだけに集中してメバルを狙ってみる事に。

マヅメ限定となると場所移動する時間は無いに等しく、最初に入った場所がNGだったらそのまま結果もNGになる可能性が特大。
・・・で、事前情報も「らしい」レベルばかりでアテにする事は出来ないし、自身の引き出しも「すっからかん状態」だとゆー・・・

そんな時は過去の記憶を引っ張り出してその場所をチェックするのが確率的には一番だと思います。
しかしながら、こういった時に限って「あまり行った事のないエリアを求めてしまう」とゆー悪いクセがワタシにはありまする。

今回もそうでした・・・

何を思ったか普段は全く行かないような地磯にIN。
当然ながら地形も潮の流れも分からない中で闇雲にキャストを繰り返します。
8結果は「雰囲気は良かったもののカスリもしねー」状態。
でも、久しぶりのメバル狙いは新鮮味に長けており精神的ダメージは皆無。
「闇」の中を釣り歩くのがワタシの性分に合っていると改めて再認識した次第でございまする。

釣れてれば最高ですが「釣れなかったコトもネタにしてしまう」のがワタシの釣行記ですのでコレはコレでアリかなと♪
今シーズンの「闇ヲ徘徊ス・・・」シリーズも徐々にレベルアップしていきます。
ブログを通じてその過程をご覧頂ければ・・・と思います♪



メバルにフられた後は根魚のチェックに移ります。
アコウ(キジハタ)に関してはシーズン終盤・・・もしくは終了と言ってもいい時期になっております。

そんな中、浜田のとある場所で「正体不明の魚にラインブレイクさせられた」と聞いたのは今から数週間前。
地元のアングラーである「O川君」が教えてくれた情報でございます。
その場所は港湾部でもかなり奥に位置する場所であり、自身の根魚チェックエリア候補からはほぼ完全に抜けている場所。
ただ、切られたのが一度ではなく二度三度切られたらしい・・・
それも結構なガチンコ根魚タックルで。
その正体が根魚で無いにしろ、「ブチ切り魚を獲りたい」「正体を確認したい」と考えるのはアングラーの性でございます♪

その話を聞いて「近日中にチェック!」と思いつつも中々実現できず、この日を迎えております。

そのエリアはメバル狙いで結構お世話になってるエリアで、基本テトラ帯。
水深はかなり浅いエリアでうっすらとボトムが見えるレベル。
自身が考える理想のエリア像とは大きくかけ離れており、それがスルーしてしまう原因の一つでした。
(ワタシ自身、大型狙いの場合はある程度の水深が必要だと考えております)

期待と不安が半々のままキャスト開始。
「オニ浅い・・・」
「場所」「時期」「自身が思う大型アコウ(キジハタ)の住む条件」のいずれもがビミョーな状況であり、徐々に不安感・不信感が大きくなってゆきます・・・

そんな時に明確なバイト!!
残念ながらフッキングに至らずでしたが、ワームには「歯のある魚」によるキズが付いております♪
それも根魚系と思われるキズであり、集中力復活!

そして次のバイトは確実にフッキング!!
サイズは・・・小さい・・・でも、アコウ特有の突っ込むファイト。
7可愛いサイズですが入釣して15分程度であっさりゲット♪

それからは結構良いテンポでバイトが続きます。
43
ただし、全てリリースサイズ(爆)

挙句の果てには・・・
2こんなミニマムサイズまでヒットしてくる始末。
この日は小型ばかりでしたが、アコウ(キジハタ)の存在を確認し、エサとなるベイトフィッシュの量もかなり多い事も確認出来ました。



ヒットワームは定番の「フラッシュさん」
flash_j_s2_1 
【フィッシュアロー】フラッシュJシャッド
サイズは「3インチ」でカラーは「ホワイト」ほぼ一択でした。
このカラーは自身が特にお勧めする対アコウ(キジハタ)カラーであり、欠品の多い(汗)パゴスネットショップでもまだ在庫しております。
世の中はアコウ(キジハタ)からメバルにシフトしておりますが、そんな中でも根魚を追い求めておられるツワモノには超オススメさせて頂きます!!
また、来季も常に在庫があるとは限りませんので今の内に確保する事も推奨させて頂きます。
ワタシも確保しておかなければ・・・



ひとしきりチェックした結果分かったのは、フルキャストした先でも水深がなく、藻が点在する砂地っぽいエリアであるというコトでした。
・・・が、所々にテトラ(もしくはそれに近い人工物)が超散発的に沈んでおりました。
それに引っ掛かると表面の牡蠣殻などで何の前触れもなくスパっとラインブレイク・・・
今回、それが3回発生しております。
その為、「O川君」が掛けた「ナニか」もフッキング直後にこのストラクチャーに突っ込んだ為にラインブレイクしたのでは・・・?と想像してしまいました。

「姿見ず」ではそのエモノが何だったのか?そのサイズは?について想像の域を超える事は出来ませんが、今回のアコウ(キジハタ)捕獲でその正体に少し近づけたのではないかと思います。

何にせよ「O川君」ありがとう!!
今シーズン中に「私なりの山陰メバルゲーム」をご馳走させて頂きます♪




この日は非常に穏やかなポカポカ陽気でございました。
浜田港内のいたる所でファミリーフィッシングに興じられる家族連れの姿を見る事が出来ます。
そんな姿を見つつ各波止や港湾部をチェックしつつウロウロしてると「とある波止場」で・・・
1海面に赤い大きな物体が・・・

目の前にを何度か行ったり来たりしたその正体は「紅イカ(ソデイカ)」
毎年、北風が吹く季節になると日本海沖から山陰沿岸部に接岸してくる大型のイカでございます。

我々のような山陰の釣り人がこのイカを見ると「冬になったね~」と思ってしまう程に季節感をともなったイカでもちろん食べる事も出来ます。
イカ限定食味ランキングの中ではちょっと下の方になりますが(笑)

子供たちは何とか引っ掛けられないかと手にしてるサビキ仕掛けやエギをキャストするものの引っ掛かる事無く悠然と泳ぎ去って行きます。
・・・っつか、そのタックルでは引っ掛けたと同時に瞬殺されてしまうんだけどね。

・・・で、しばらくしたらまた戻ってくるソデイカさん(爆)

大型のタモを持ち、まーまー頑丈な根魚タックルを持ってるワタシ。
目の前を行ったり来たりしてるんで引っ掛けて捕獲しようと思えば出来なくもないのですが、引っ掛けて取り込んだ後の事を考えると躊躇してしまいます(デカ過ぎるので)
また、少年たちの目の前で目の色を変えて捕獲するのもなんだか大人気ないかなと・・・

そう思ってると車で近づいてきた地元のお父さんに声を掛けられました。
「釣れるかどーか?」のハナシだったんですが、何気なくソデイカのハナシをしたら喰らい付いてきた(爆)
もしかしてソデイカ捕獲用のギャフを持ってるのか?と聞いたら「持ってる」との返答。
それなら少し待てばイカ獲れるよ♪と・・・

んで、少し待つと・・・
9お父さんの動きが急に慌ただしくなり、子供たちの目の前でガスっとギャフ打ちしてソデイカ捕獲!!
7~8キロはラクにあるであろうグッドなソデイカでした♪

一息つくお父さんと波止に横たわるイカの周りに子供たちが集まってきてイカ撮影会が始まります(爆)

まさかこんなに大きいとは思っていなかったようで子供達大興奮!!
目の前で他の人に獲られたのでガッカリするのかと思いきや、全然そんな事無く終始笑顔♪
でも怖いのか触れないみたい・・・(笑)
10一息ついて車にイカを載せようとしたお父さんとイカをパチリ。
もう少しイカを上に持った写真が撮りたいので注文をつけたら「重たいけー勘弁しろ」とのコト。
因みにお父さんの車のトランクには「ソデイカ用大型発砲クーラー」が搭載されております。
ソデイカ専用のギャフと専用の大型クーラー・・・彼は「ソデイカハンター」だったようです。

山陰沿岸ではこれからしばらくの間、「ソデイカハンター」が各地に出没します。
イカの中では低い価値らしいのですが、なにせその巨体ですので結構いい「おこずかい」になるらしい・・・(市場に出せる人はね)
市場に出せない方は自分で食する事になるのですが、大きさも身の厚さも「パネェ」ので捕獲する前に少し冷静に考えてから捕獲して下さいませ♪

プシュプシュ・・・ではなく「ゴフゥ・・ゴフゥ・・・」といってるイカをトランクに積み終え、ニコニコ顔で颯爽と立ち去るお父さん。
その姿を見送った後にワタシも波止を後に・・・

世の中は昼を迎えようとしております。
そしていいカンジにお腹が空いてまいりました。

行く場所は・・・決まってますね♪
「うどんの今田さん」へ迷わずINです。
12
「うどんの今田さんは11月30日で閉店されます」

閉店まで残すトコロあと数日となってしまいました・・・
ワタシは最終日である30日にも浜田入りしますので営業最終日に最後のうどんを食したいと思いますです。

帰りに大将から・・・
11
柿を沢山頂きました♪
ワタシは果物大好き人間ですのでとっても嬉しいです。
ありがとうございました♪

魚のお土産は無くとも「土産話」と「柿のお土産」はあるのでホクホク♪
天気も良かったのでしばらく国道9号線を東に走り、仁摩から山を越えて帰広しましたとさ。


パゴス的今後の展開としましては「メバルモード」に入ります・・・ってか「既に入ってます!!」
・・・が、個人的には「もうしばらくはメバルよりもアコウの方が簡単に釣れるかも」と思ってたりして(笑)
周囲の情報と天候とを見極めながら「二兎追う者」になってみたいと思います♪



さて、次回は・・・「闇徘徊or山ショア」ではなく「それゆけアジング・山陰編」の予定です♪
天気が良ければいいのだけれども・・・

シーバス釣りました!(プリ島釣行記)
2013年11月25日(月)

プリ島です。

11月17日にシーバス狙いで市内河川に行ってきました。
コノシロ付きで大型シーバスが釣れているとお客様から情報を入手しましたので仕事帰りに少し・・・
スニーカースタイル(オカッパリ)で釣行してきました。


コノシロパターンでシーバスを釣った事のないプリ島ですが、コノシロをたくさん食べて大きくなっている大型シーバスをキャッチできるのでしょうか?
ポイントに到着、橋脚の明暗を狙ってルアーを通していきます。

開始から1時間、バイトも無く帰宅しようかと悩んでいると、回収中のルアーに反応する魚体が。
明らかにサイズは狙いの大型シーバスとは違い小さな魚体。
1匹でも釣りたいプリ島、モリックス(RAシャッド 3インチにジグヘッドをセットして正体を調べるべくキャスト!


着水と同時に水面爆発!




大型シーバスではありませんでしたが、やっと釣れた30cmのシーバスはうれしいものです。
その後同じサイズのシーバスを3匹追加し、下げ止まりになり潮が動かなくなったので、ストップフィッシング><

久しぶりのシーバス狙いでの釣行で魚が釣れたのでとても楽しい釣行になりました。

目標の大型シーバスが釣れるまで年内がんばって市内河川に通ってみようと思います^^

釣れたらまたブログで報告させていただきます^^



みなさまからの釣果アルバムを募集しています。
魚種も釣り方も問いませんので、みなさまの投稿お願いいたします。
最新の釣果をドンドン投稿しちゃってください♪
アジングメバル投稿

さかなクンのお魚教室in三次に行って来た♪(ビギナー日高雑記)
2013年11月18日(月)

お久しぶりもこれくらいなら、もはやご存じない方もいらっしゃるでしょうが一応随分前からパゴスの一員ビギナーです。

お店には一切出ておりませんが、ネットショップやホームページなどの管理などWEB全般の管理を日々ピコピコと行っております。

釣りの実務は永遠のビギナー、釣具屋の社員でありながら年単位で釣りをしていませんので、当分の間ブログ更新のお役に立っておりませんが、

千載一遇のチャンス到来しましたのでご報告です!

 

時は2月ほど前、偶然にもこちらのビラを入手↓

570

 

これはまさにムネアツ!さかな好きなら見逃せない・・・あのさかなクンが広島に!

しかしこちらへの参加は事前に応募したうえ抽選で決まります。

you・meタウン イズミの2000円以上でお買い上げで一回ひけるガラポンも、はずれのアメちゃん以外は当てた事はございませんので

使ってない運気を総動員して気合でポストに投函!

 

待つことひと月

 

キター!!!!!!!!!!キタキターーーーーーー!

人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━!! キタ ━━━ヽ(´ω`)ノ ━━━!! キタ━━(☆∀☆)━━!!! ☆Y⌒Yキタ

 

当選番号13番!

me

ギョギョギョギョーーーーー!

まさかのポールポジション!

会場を埋め尽くしているちびっこの諸君

身長185cm 足のサイズ29cmのでっかいおじちゃんが最前列でごめんねーーー!

でも不正もコネも偽装もなんもないから許してちょ、くじで当てたもんだから、これはこれでしょうがない。

しかしながらでき得る限り体を小さくすぼめて、なるべく後ろの子供に邪魔にならんように努めておきました。

 

公演は、さかなクンが広島に関係の深い魚のイラストを描いて、そのお魚について解説してくれます。

イラストは描きながらイントロクイズ形式で何のお魚を描いているか当ていき、正解者にはサイン入りでプレゼント!

ご存知の方も多いでしょうが、さかなクンのイラストは超絶に上手です。

聞くところによると、きちっと描く時はうろこの数や歯の数も本物と合わせるそうです。

 

イントロクイズついでにサッと描いた物ですが、それでも相当な出来栄えです。

なんといってもいきなりオウサンショウオを正面からいきますからね、 スギョイ!

 

さかなクンは芸能人なので公演中の写真は禁止です。

なので私の自慢のイラストで状況をご想像ください。

 

kun

 

さかなクンのあふれ出る人の良さまで伝える事ができたでしょうか?

イラストの答えを間違えたちびっこ達に、『残念、ハズレでギョざいます。』というセリフを言わなくてはならない時のさかなクンは

その日最も辛い仕事をこなす大人の表情であったことは作り話ではございません。

わたくし、ますますさかなクンリスペクトでございます。

 

お話は子供のお絵描きのみにはとどまりません。

釣具屋ビギナーはアングラーにも為になるミミよりな良いお話を聞いてきたのでお伝えいたします。

 

みなさんお魚に脂がのってウマイといいますが、あの脂がそもそも何であるか皆さまご存じでしょうか?

 

あれはそもそも海中のプランクトンが海中を浮遊するために体内で生成する油脂であるそうです。

水の中に油分を落とすと当然浮きますよね。その原理でプランクトンは海中を浮遊しているそうです。

そいつをイワシがたらふく食べて、脂の乗った美味い鰯に、その鰯をさらにでかいフィッシュイーター達が喰ってそいつらの脂にと・・・

てなわけらしいです。だからせっせとプランクトンを食べる鰯さんはえらいんだと力説されておりました。

 

公演の45分はまさにアッという間でございました。

三次市の熱い企画に感謝感激、市長様、広島市にもムネアツ企画どうかよろしくお願いします。

さかなクン楽しい時間ありがとうギョざいました。

月一定例釣行3・それゆけヒラセイゴ「後編」(バンダナ釣行記)
2013年11月15日(金)

バンダナです。
「釣れてない」のでサラッと書きます・・・(涙)
当ブログは「ファイブコア・安部さん」と行く山陰釣行の後編でございます。

前回(http://pagos.jp/?p=68193)の釣行ではミニマムセイゴばかりでございました。
天候も非常に悪く、苦戦しながらの釣りを強いられたのですが、この日は・・・

「雨」

それも我々が釣りをするタイミングをピンスポットで狙ったかのように・・・(爆汗)
「どっちのせいなのか?」につきましては浜田道の上では結論が出ず、取り敢えず雨が降り出す前にケリをつけようというプランになりました。

出発は14日午後6時半頃。
12日の時よりも早く出発し、少しでも早くポイントに・・・と思いつつも晩御飯をまったり喰らうとゆー・・・(笑)
2定番ポイントである「うどんの今田さん」は木曜日が定休日の為、道路向こうにある「すし蔵さん」にIN。
回転寿司屋さんなのですが、浜田で獲れた魚も出しておられるとのコト。
一人ではなんだか入りづらいのですが、今回は安部さんもおられます。
そして「晩御飯は寿司」で二人とも意見が一致しております♪

一番の目当てである「ノドグロ」など海の幸を堪能していざ釣場へ。


・・途中経過はあまりに釣れてないので端折ります・・・


結果。
1「アジ3ぴき」

セイゴは安部さんが釣った超ミニマム君のみ。
雨は日付変更線を越えるまでは何とか小康状態だったものの急に風が強くなり大粒の雨。
横殴りの雨になり、更に追加ダメージを喰らわせられたのは「雷」

同日、同じエリアに単独で出撃されていた「I田氏」は某所にて25cm位のメバルを複数匹捕獲したとのコト。
その場所は我々の回遊ルートに組み込める場所だったのですが、近隣エリアに到着した直後の「ピカッ」・・・「ガラドーーーーン」でやる気は完全消失。

ゲームエンドは15日午前1時頃。

魚は全然ダメでしたが、安部さんとの釣行ではどうも釣果は二の次になってしまいます。
アングラーには色々なタイプの方がおられますが、安部さんとワタシは非常に似たタイプ。
メインとするジャンルはそれぞれ「シーバス」であり「根魚」なのですが、根底に流れるアングラーとしての「気質」「性質」「思考」は間違いなく近いモノを感じます。
だから釣れなくても楽しめてるとゆー(笑)

安部さん、今回もお疲れ様でした!!
次回もまた「楽しい釣り」しましょう♪


1日挟んだものの連釣となった今回の「月一定例釣行」
原則「テトラ・磯・高所NG」なのですが、来月は少し冒険してみたいよーな・・・



安部さん、覚悟しておいて下さい・・・フフフフフフフフ・・・

月一定例釣行3・それゆけヒラセイゴ「前編」(バンダナ釣行記)
2013年11月13日(水)

バンダナです。

ワタシの定番ブログの一つとなった「月一定例釣行編」も順調に回を重ねております♪
この月一定例釣行は「ファイブコア・安部さん」との釣行であり、瀬戸内・山陰を問わず「安部さんを連れまわして釣りをする」というモノでございます。

今回は「ラッキークラフト・FC55シリーズ」での釣果を得るべく山陰でヒラセイゴを狙うプラン。

「ラッキークラフト・FC55シリーズ」はラッキークラフトルアーのファイブコアオリジナルカラーとご理解ください。
4カラーに関してとってもシビアであると言える中国地方アングラーの方でも納得頂けるカラーばかりとなっております♪
FC55カラーが採用されたルアーに関しましては
「ストリームドライブ35HD」
「ワンダー45」
「エアクロー」
「ポコポコクラピー」

の4種になる予定。
その中でも「ストリームドライブ35HD」と「ワンダー45」に関してはメバルプラッギングに関して「超ド定番」ですので要ゲットです!!
当然ながらパゴスでも取り扱い致しますので販売開始の際はヨロシクお願い致します♪

山陰への出発は12日午後7時前。
目的地は「浜田~益田方面」
晩御飯は「うどんの今田さん」
対象魚は「ヒラセイゴ」と釣れれば「アジ・メバル」
ミッションクリアの最低ラインは「FC55カラーで魚を捕獲する事」
・・・とゆーカンジです。

雨の心配をしましたが雨に関してはほぼ問題無しでした。
・・・が、ドコに行ってもとにかく爆風・・・
磯・テトラ帯・足場の高い波止等はNGという条件も追加されており、それらを踏まえてのエリアチョイスを行ないます。

・・・とその前に腹ごしらえ♪
5
浜田は「うどんの今田さん」でうどん&おむすびを食します。
今田さんは11月末で閉店を迎えられる為、月イチの来広である安部さんにとっては最後のうどんとなります。
ワタシはまだ何度か立ち寄る予定ですが、それでも名残惜しむかのようにうどんをすすります。

そして十分にお腹を満たし、いよいよ実釣です!!

取り敢えずワタシ自身が「ヒラセイゴ狙いなら鉄板」と思ってるエリアに行ってみます。
開始早々に二人ともバイト&バラシが発生しており、ミッションクリアは容易いものと思っておりましたが「そうは問屋が卸さねー」とばかりに後が続きませぬ・・・
厳密にいうと超絶ショートバイトが単発発生しておりますが、ノせる事が出来ませぬ。
最終的に「お助けアイテム」としてジグヘッド&ワームまで投入したものの二人ともキャッチするに至らず移動・・・

・・・で、この時既に午後11時を回っております(超焦)

次は今シーズン初のヒラセイゴを乱舞させたポイントに。
ただし、その次の週に立ち寄ったら超ミニマムになってたので期待度はかなり低目です(笑)

外灯に映し出される魚影・・・
キャストしたら次々にバイト!!
3反応はすこぶる良かったのです、ヒットするのはミニマム&マルセイゴ。
それでも爆風&闇の中、二人してキャッキャ言いながら楽しんでおります♪
1一応ミッションクリア・・・でいいですよね?

6
安部さんもマルでしたがセイゴを捕獲♪
ライトタックルを持ち込んでのゲームですのでエモノが小さくとも楽しめるのでございます♪

プラッギングではマルセイゴがメインでしたがお助けアイテム「ジグヘッド&ワーム」ではヒラセイゴキャッチ!
開始からしばらくは綺麗だった手を魚臭くすることに成功しております(爆)

その後も港湾部を中心に転戦するものの状況は芳しくございませぬ・・・
ドコ行っても風強過ぎ!!
「荒れてるなら港内にアジが入ってるかも・・・」とアジもチェック。
爆風下、神経を集中して捉えたアタリ!!
2アンタかい!!

お互いの精根尽きた13日午前2時にゲームエンド。
二人とも帰りはテンション乱高下・・・異常な車内であったのは言うまでもありませぬ・・・


安部さん、お疲れ様でした。
次回は・・・明日(14日)ですね(爆)

今回の「月一定例釣行」は2部構成♪
ヒラセイゴリベンジできるか?それとも再び返り討ちに遭ってしまうのか?



続きは「後編」で!!