釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

フィッシングショーOSAKA2018行って来ました!(パゴスニュース)
2018年02月06日(火)

こんにちは!エース池内です。

インテックス大阪で開催された「フィッシングショーOSAKA2018」に行って来ました!

フィッシングショーOSAKA2018

自分たちが行ったのは一般公開日前日の業者日。
業者日とは小売店やメーカー関係者の方が商品チェックや商談を行う日です。
久しぶりのFSだと思っていたら、前回行ったのは7年前の2011年でした。



広島をAM6:30に出発し、350km先のインテックス大阪を目指します!

今回のメンバーは本部から矢頭さん、本店から重森店長、矢野駅前店から沖田店長、マリホ店から自分の4名。

大阪フィッシングショー行きに伴い、パゴス本部から借り出したマシンは「TOYOTA カローラフィールダー」

140系とも呼ばれる先代型で伝統のカローラシリーズでは通算10代目にあたります。
搭載エンジンは熟成極まった1NZ-FE型
最高出力 110PS/6,000rpm 最大トルク 14.3kg・m/4,400rpm
高効率なCVTトランスミッションとの組合せで燃費はカタログ値で20.0km/lを達成…
とクルマのハナシに脱線するのはこれ位にして。。

社用車フィールダーの保険適応年齢にギリギリ達していない事を武器に自分は後部座席を陣取り優雅なドライブ満喫中♪
道中順調に進んでいたかと思われましたが、岡山県に入った辺りで事故通行止めの為、兵庫県・赤穂ICで降りろとの表示が・・・
土地勘の無い中、下道に降ろされたたら大幅タイムロスは避けられないと焦りだした頃、無事通行止め解除で事なきを得ました。(汗)

矢頭さん→重森店長→沖田先輩の順で運転をローテーションしていましたがインテックスも目前に迫った大阪都市部ど真ん中の阪神高速環状線で運転手が沖田先輩に交代。。
一抹の不安を隠しきれない中、助手席の矢頭さんは「ナビもセットしてあるんじゃし大丈夫よ♪」とポジティブシンキング。

しかしここは大都会・大阪、しかも分岐、合流だらけの環状線!
ベ○ツとかレク○スなど高級車がキレッキレのドライビングを見せる中、無事たどり着けるか不安になってきた時にナビの指示に敏感になりすぎた我々は焦ってひとつ手前の分岐を右折!
そのまま違う方向に突き進み気づけば閑静な住宅街に居ました。。。

沖田パイセン

無駄に環状線を乗り降りする事2回。。

なんとか無事にインテックス大阪に到着!

少し時間が遅いけぇ逆に入口で混雑せんのんじゃない?といった考えも見事に砕け・・・
寒波の中、冷え切った会場入口の入場チケット販売口に出来た長蛇の列の最後尾に。
人混みの中、全国で猛威を振るっているインフルエンザウイルスの恐怖に怯えながらマスクを装着して順番を待ちます。。

FS入口1 

ここで後ろを振り返ると。。

さっきまで一緒に居たはずの沖田先輩が居ない! エッ(゚Д゚ ≡ ゚д゚)エッ
途中で立ち止まり、カメラの設定をしていて振り向いた時には既に我々が居なかったとの事。。
迷子になるお手本の様な沖田先輩の行動にこれまた一抹の不安を抱きようやくFS会場に入場!

FS入口2

入って直ぐの「ガンクラフトブース」にていきなり凄いの発見!
小さな野池では全身が収まり切らない程のジョイクログランデに興奮し、お仕事で来ているのを忘れ記念撮影!

ガンクラフト2

先ずは業者日恒例のカタログ集めから開始!
各自一台ずつ台車を引きながら会場内のブースをランガンしカタログを収集します!
途中、目を引くアイテムが多数ですが先ずはカタログを収集してその後にじっくり商品チェックの作戦です。

がらがら

3つに分かれた会場をテンポ良く攻めて無事カタログ集め終了。

その後は各自気になった商品をチェックしていきます!

見たい商品が被っている自分は重森さんと一緒に、矢頭さん、沖田さんはそれぞれチェックしたいブースへ分かれていきました。

ここから先はチェックした商品をご紹介します。
数ある新製品の中から主観的にピックアップしておりますのでトラウト、青物関係がメインになっております!
(沖田先輩も写真をかなり撮ってきているみたいなのでそちらのブログUPもお楽しみに!)

多くの方が注目されている新型ステラ&イグジストはブースが大変混雑していて近づけそうになかったので先ずはロッドから!



「G・ルーミス」

コアなバスアングラーの方に支持されているイメージが強いルーミス、普段触る機会のすくないメーカーさんなので新製品以外もしっかりチェックしております。

Gルーミス1 

その中でも今年注目なのが「コンクエスト」
名前でピンと来た方も居ると思いますがシマノとG・ルーミスの共同開発モデルです!
スピニングモデルのリールシートはシマノ製パーフェクションシートCI4+、ベイトモデルのリールシートにはG・ルーミスオリジナルリールシートを採用しています。
持った感じは今までのルーミスのロッドに比べ遥かに軽量になっていて振った感じは良くも悪くもハリがありシャープな感じでした。
今までのルーミスのテイストが好みの方には違和感があるかもしれませんが落ち着いたデザインはかっこよかったです♪

コンクエスト1 



「シマノ」
「NEWワールドシャウラ」
海外遠征を計画されるアングラーにとってはおのずと選択肢に入ってくるロッドだと思います。
新型はバットとトリガーが交換出来る様になっています、ショートレングスでロングバットなど自分のスタイルに合わせてカスタマイズ可能です。

ワールドシャウラ1



「テンリュウ」
こちらでは主にトラウトロッドの「レイズシリーズ」をチェックしてきました。

テンリュウ2

中でも意外だったのがエリアトラウト用の新製品「レイズ オルタ」
一番強いモデルのRZA60MLM-Tの感触がかなり良く、エリア用ですが里川での使用にめちゃくちゃ良さそうでした!

テンリュウ1
フライロッド「フェイテスシリーズ」も展開しているテンリュウ。
重森店長と本流で使えそうな番手を物色していると担当者の方が来られ解説して頂きました。
そこまでフライには詳しくないので何となく良さそう!と二人で納得してブースを離れました。 (笑)

テンリュウ3  「フェイテスネット」に新サイズが追加されました。
45はサツキマス、60はサクラマスに、ネットの深さがあるのでサツキ・サクラを一本でと言われる方は51を買っておけば両方いけると思います。
シンプルですが作りも良く軽量、値段も全機種定価で2万円台なのでイイ感じです!

テンリュウ フェイテスネット 


 
「ジャクソン」
こちらでもトラウトロッドの「トラウトアンリミテッド」をチェック。
ジャクソンテスターを務めている梶本さんから色々と解説を聞いてきました。
価格も手頃でテレスコモデルからサクラマス用ベイトモデルまで幅広くラインナップしているので自分にぴったり一本が見つかりそうです!

ジャクソン1 



「櫻井釣漁具」
船竿やへら竿のイメージが強いサクラ高級釣竿さんからは個人的トラウトロッドの大本命の「C3+サクラカスタム8.3H」が登場。
元々、ボウズプロダクションからリリースされていたC3というロッドは過去に触った事があり好感触でした。
そのC3をベースに九頭竜川をホームに活躍するスーパーロコアングラーの森下映治氏がプロデュースしたロッドが今回櫻井釣漁具さんからリリースされました。
早速鼻息荒く振ってみみるとめちゃくちゃ良い!負荷を掛ければしっかりと曲がる粘りのあるブランクですが振り抜けが良くキャスト後のブレも無い。
重森店長も「これは良い!」と興奮気味!もう一本は8.6フィートのプロトモデル、こっちも良い!8.6の方は来期発売予定との事です。
これはホントに欲しくなっちゃいました・・・

サクラ2 

トラウトロッドも程ほどにお次はソルトロッドのチェックへ。



「ゼナック」
こちらではオフショアロッドの「フォキート・イカリ」をチェック。
「IKARI-イカリ」とはブランク中央にカーボンコアを注入した新しいブランクで注目度大です!
テスターの本林さんが「ドンドン曲げてみてよ~♪」と穂先を引っ張ってくれます。

ゼナック2 

本林さん「まだまだ竿立てて!もっと曲げて!」と言いますが限界です!(笑)
曲げれば曲げるほどに反発力が増し、粘るブランクは凄まじく折れる気配は皆無でした!

ゼナック3



「MCワークス」
あまりフィッシングショーに出展されているイメージの無かったMCワークスさんですががっつり出展されていました。

MCワークス 

自分もショアではレイジングブルシリーズを愛用しているのでショアロッドを中心にしっかりチェックさせて頂きました。

MC8 

中でもめちゃくちゃ感触が良かったのがこの2本!
「レイジングブル 105XF-1」「ワイルドブレーカー 104HSX」
共に60~80g前後のプラグをキャストし易く負荷が掛かればロッド全体で綺麗に曲がってくれるので身体にも優しい感じでした!
個人的にはワイルドブレーカー104HSXがすごく欲しいです。(笑)

MC7 



「アピア」
シーバスのイメージが強いアピアさんですが今年はショア青物にも力の入れ様がハンパ無いです!
先ずはニューロッド、「グランデージXD」
FBやインスタでちょいちょいプロトモデルが登場していて個人的にかなり気になっていたモデルでございます!

アピア1 

今までのアピアのロッドからすればかなりシンプルなデザインですが自分はこっちの方が好みです♪
振ってみた感じもかなり良さ気で価格は5万前後かな?と勝手に予想していましたがどうやら4万前後で登場するみたい!

アピア7 

ギャフを取り付けるランディングシャフトも登場します!
伸ばしてみましたがよくある玉ノ柄の様にしならずシャッキとしているので足場の不安定な磯際でのランディングもスムーズに行えそうです。

アピア5 

全長は4.5mで長さを段階的に固定できる様になっていました。
価格は3万後半予定との事、発売されれば自分も買います!(笑)

アピア ランディングシャフト 
 
ロックショア用のライフベストも開発中でした、こちらもかなり拘っている様でウェーディングベストにある様な大きなポケットなどの収納は一切排除して磯での動きやすさと安全を追求したモデルになっています! 
万が一の落水の際も首周りの浮力体が頭を支え呼吸が確保できる様になっている所も素晴らしいと思いました♪

アピア ベスト 



「がまかつ」
ルアーロッド以外も見てきました、新しくなった「我夢者Ⅱ」
フカセ青物に対応した4号竿を持ってみましたがめちゃくちゃ軽く驚きました! 

がまかつ2 



「ツララ」
パゴスでアルバイトをしていた前野君がテスターを務めています!
ブースでも頑張ってましたよ~♪

ツララ 

怪魚ロッドのイメージがあるかもしれませんが瀬戸内のターゲットにピッタリなロッドも多数ラインナップしているツララさん。
自分も初期にラインナップされていたグリッサンド73をいまだに現役で使っています♪

ツララ1 

「ダイハツ」とコラボしたツララカスタムの「ハイゼット」も目立っていました!

ツララ車1 
 
そろそろダイワ、シマノブースが落ち着いてきたのでリールチェックに参ります!



「ダイワ」
今年で60周年を迎えるダイワからは「NEWイグジスト」が登場。

イグジスト1 

スプールエッジ、ラインローラーなどパッと見でも形状が変わっているのが分かりました。
ボディーは眩しい位のシルバー!この辺りのフラッグシップモデルははっきりと好みが分かれる所なので実際に触ってみて気に入れば買って間違いは無いと思います。

イグジスト2 



「シマノ」
イグジストと同じく大注目の「NEWステラ」
先代の黒+金からガンメタメインのカラーリングに変わりかなり印象が変わりました。

ステラ1 

良く回転はどうだった?と聞かれますが良くない訳がありません!(笑)
新型で驚いた点は初期回転時の軽さ、ノーマルギヤとエクストラハイギヤの差が殆ど感じられませんでした!
ステラ独特の回した時のヌルヌル感もより極まっていましたよ!

ステラ2

「NEWエクスセンスCI4+」
レアニウムCI4+ベースの先代型はサツキ・サクラ用に愛用していますがストラディックCI4+ベースになってモデルチェンジです。
ベールアームからネジ一つに至るまで真っ黒に仕上げられていて個人的には好きです♪

エクスセンスCI4 2「ストラディックSW」
コスパ抜群のストラディックにSWが登場です、秋の近場青物にピッタリな感じです!
バイオマスターSWの実質的な後継機種ですね。

ストラディックSW1
ベイトリールでは「バンタム」に人だかりが出来ていました。

バンタム4
 
アルミ一体型のコアソリッドボディで高剛性を実現。 
メインギヤもでっかいのが入っていて巻き上げも強そうでした!

バンタム6 

「アンタレスDC MD」
ドラグ強化、ロングハンドル、XBブレーキ搭載でビッグゲームに対応したアンタレスDCです。
ワールドシャウラとの組合せで怪魚狙いにどうぞ♪

アンタレスDCMD3 

「カルカッタ コンクエスト300・400」
こちらは新型というよりマイナーチェンジ、先代との変更点はレベルワインド連動になりキャスト精度と飛距離の向上、ブレーキシステムがSVSインフィニティからSVSへ。
担当者に話を聞くとSVSインフィニティが駄目だったのではなくレベルワインド連動にする事でブレーキユニットのスペースの問題でSVSへ変更したとの事。
先代をオクトパッシングに使用している方からも大注目の一台です。

カルカッタコンクエスト1 

「オシアジガー」もモデルチェンジ!

オシアジガー2 

「炎月プレミアム」
新機構「フォールレバー」搭載の注目の一台!
巻きとフォールの二段攻めで誘えるそうですが簡単に言えばベイト版レバーブレーキリールでしょうか?
元々は海外輸出モデルで逆輸入としてデビューしたそうです!

炎月プレミアム1 



リールも一通りチェックした後は何気にアツイ小物の世界。

「デコイ」
デコイさんからは秋の釣りシーズンには絶対活躍間違いなしの小物が多数リリースされます!
ブレードが付いたこちらのワイヤー。

デコイ1 

ブースではこんな感じでワームが付いていましたがパゴス的には20g前後のメタルジグを付けても面白いと思いました!
サゴシなどの歯物がヒットしてもワイヤーなのでブレイクも防げて一石二鳥♪

デコイ4

「アームリグ」なるものも・・・
これは解説図どおりにライケン途中のディープアジングに使ってみたいです♪

デコイ3 

お次はアシストフック!
一見ただのアシストのようですが意外と少ないホロフィルムを採用したアシストフック!
ティンセルのアシストフックに比べ光の乱反射がハンパ無かったです!
パゴスが提案する山陰クロムツゲームにもバッチリ使えそうで楽しみです♪

デコイ5



「ピュアフィッシングジャパン」
衝撃の製造中止からようやく「新型ガルプ」がデビューします!
気になる新型では匂いはこれまでのよっちゃんイカ系を踏襲し少し硬かったマテリアルを柔らかく改良。
ベビーサーディンは俗に言うプラモ型ではなく一本一本切り離して型に入れてパッケーシングされるので変形などもなくなりそう♪

ガルプ 



「ジャッカル」
「ティモン」ブランドのトラウトルアーをメインにチェック。
「トリコロールスプーン」「トリコロール流芯」が新登場!

トリコロールスプーン

両方とももちろんパゴスでも取り扱い予定ですので楽しみですね♪

トリコロール流芯

バスルアーでは人気ユーチューバー「釣りよかでしょう。」とコラボしたルアーが注目を集めていました。

ジャッカル×釣りよか

個人的には醤油ボトル型ブルーギルの「ボトラーグリンチ」が可愛らしいと思いました!

釣りよか 

人気の羽ものプラグ、ポンパドールのサイズアップバージョン「メガポンパドール」も登場します!

メガポンパドール2 



「フィッシュマン」
ロッドを見るつもりで寄ってみるとショーケース内にヤバイ商品が!
スカジットデザインズ×フィッシュマンコラボカラーパンプキン!!
これは見逃せない!グッドタイミングで代表の赤塚ケンイチ氏が来られたので早速質問攻めに!(笑)

 パンプキン1

カラーは全6色出るそうで発売時期は5月予定!
数が少ないみたいなのでもしかしたら注文数入ってこないかもとの事・・・
もちろんパゴスも注文しますので入荷したら是非ゲットして下さい!

パンプキン2

その他に何か無いかな?と会場を散策していると・・・

「魚矢さん」のブースの一角に壮大な光景が!!



「KM工房」
青物ポッパーのマストアイテム「ティンバー」が壁一面ずらりと並んでる!
釣れるポッパーは他にもありますが、冬の北西風吹き荒れる佐田岬でも風を切って飛んで行ってくれるポッパーはそう多くありません!

KM工房2

へぇ~100mmのかわいいサイズのティンバーも出たんだ~と見ていたら。
後ろから代表の橋本健二氏登場!あえて大きなフックを付け浮力を殺したティンバーでヒラスズキを狙う方法など色々教えて頂きました。
以前、佐田岬の磯でお会いした時から3年くらい経ちますがその時の事も覚えていてくださいました!

お仕事で行っているにも関わらずここでもがっつり記念写真!(笑)
橋本さんありがとうございました♪

KM工房3 



そんなこんなで昼食も食べずにカタログ集めと商品チェックを終えた頃にはPM3:00を過ぎていました。
夕方の渋滞時間には都市部を出たかったのでそのまま帰路に。
大阪を抜け西宮名塩サービスエリアにてかなり遅めの昼食となりました。

自分は食券機で間違える事必至なネーミングの「しょうゆ名塩ラーメン定食」を注文。
海苔にまで名「塩」ラーメンとプリントされていますがバリバリのしょうゆラーメンです。(笑)

ラーメン 

運転したい気持ちは山々ですが保険適応年齢の件があるので帰りも渋々後部座席です。(笑)
矢頭さん、重森さん、沖田さん運転お疲れ様でした!

長い割りにかなり偏った商品ばかりのFSレポートでしたが最後までお付き合い頂きありがとうございました!
写真の商品以外にももちろん沢山チェックしてきていますので気になる新製品の事はお店で何でもお尋ね下さいね!(笑)

insta