釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

ワームに色をつけてみた(チューンアップ・修理関係)
2010年01月26日(火)

バンダナです。

年末に「ワームのカラーチューン」についてチョロっとブログに掲載させて頂いておりました。
※各画像はクリックすると拡大します。
16 
(↑は「レイン アジリンガーシャッド」をライトブラウンチューンしたもの)

何度かテストしてみて思い通りの釣果も出せたんでそろそろ作り方をご紹介しようかなと・・・


例のゴトク「オニのように簡単」ですので興味のある方はトライしてみて下さいませ♪


先ずは「要る物」から・・・
14 
「油性マジック(マッキーがオススメ!)」
「ティッシュ」
「ナイロン袋(チャック付きでなくてもOK)」

後はカラーチューンしたいワームです。
12 
今回は「レイン アジミート UVオールスターズ」をチューンしてみます。


【その1】ワーム表面のオイルを取る
10 
特に難しい事はありません。
ティッシュの上にワームを乗せて上からティッシュをかぶせて拭くだけ。
最近のワームはオイルまみれなのが多いのでそれをふき取って下さいませ。
尚、完全にオイルを取る必要はありません。
ティッシュにオイルが付かなくなったらこの作業は完了。


【その2】作業台の上にワームを移動
9 
・・・難しく書いてますがメモ用紙や新聞広告など要らない紙の上にのせるだけッス。
マジックの色がついても問題の無い物の上で作業を行なってください。


【その3】マジックでトントン
7 
ワームに色を付けるワケですが、塗ろうとすると難しいので上からトントンするカンジで色を付けて下さいませ。
6 
色ムラが出ると思いますが現時点では問題ありません。
尚、どのくらいトントンするかで出来上がりの色合いが異なります。
濃くしたい場合はトントンしまくって下さい。逆に薄めで行きたい場合はトントン回数を少なめに・・・


【その4】ナイロン袋でモミモミ
5 
色を均一にする為に着色したワームをナイロン袋に入れてください。
今回はチャック付きのナイロン袋ですが別にチャックなしでも問題ありません。
尚、使用したナイロン袋は同じカラーであれば何度でも再利用可能です。
ワームを入れたら・・・
4 
モミモミ。
モミモミする事により色が均一になっていきます。
やったら分かりますが、作業後は色が若干薄めになります。
イメージよりカラーが薄く感じたら袋の中でまたマジックトントンして下さい。


【その5】乾燥・揮発
3 
袋からティッシュ(もしくは要らない紙の上)にワームを出して放置プレイ。
油性マジックには溶剤が入っておりそのニオイはどう考えても釣果に悪い影響を与えそう・・・。
・・・なので1日位そのまま置いておいて下さい。
溶剤は揮発してニオイも取れます。


【その6】完成!!
2 
出来ますた♪
中々に良いカンジでしょ!?


15 
チューン前とチューン後では全く印象が変わってしまいます。
13
「オフト 目力」を付けてエビのイメージ・・・なんてのも良いですね~。


今回はマッキーの「ライトブラウン」という色でチューンを行なっておりまする。
8 
「マッキー」には色が沢山あるので自分のイメージに合った色でチューンしてみてくださいませ。
因みにパゴスには置いておりませんので文房具屋さん等で購入して下さいませ。
1 
「緑」をつかうと「カブラグリーン」のワームが簡単に作れちゃいます♪

ラメの入っているワームに「黄色」を使うと「ゴールドラメ」に早変わり!!

塗る前のイメージと塗った後のイメージが全く異なる場合がありますので先ずはワーム1本試してから量産するのがベターでございます。


【注意点】

☆一部分だけ塗ることは出来ません。
全体に色がまわってしまうので「レッドヘッド」といったカラーは作れませんので悪しからず。

☆他のワームと一緒にすると色移りします。
あくまでも「表面」に色が付いているだけなので他のカラーのワームと一緒にしたら簡単に色移りします。ご注意を!!

☆指に色が付く場合があります。
濃いカラーのワームをセットしたら指に色が・・・なんて事が起こる場合があります。・・・その辺は「ご愛嬌」ってコトで・・・。

☆ワームオイルを介して色移りする場合があります。
濃いカラーにチューンしたワームを保管するのにオイルを付けると色とオイルと一緒になって隣のワームに・・・なんて事が発生しますのでオイルはあまり付けないほうが良いですね。

☆ニオイが気になる・・・
揮発させてもどうも気になる・・・そんな方は「にほひの元」でも作って毎回ニオイを付けてキャストして下さいませ。
テストでは「にほひの元」を使用しなくともヒットしておりますが、ワタシも気になる派なので「にほひの元」を常に携帯・使用しております♪
「にほひの元」の作り方はコチラをどうぞ
http://pagos.jp/?p=24628


☆初めてのチューンならクリア系がオススメ!!
元々色が付いているワームにチューンするととんでもない色になる事が多いです・・・(それが良い場合もありますが)
クリア系ワームであればマジックの色がそのまま反映されるのでチューン後のイメージがしやすいと思います。
同じクリア系でもラメがあるか無いかで印象が大きく変わってきますので色々お試しください。


☆素材によってはNGのものもあるかも・・・
「ダイワ 月下美人ワームシリーズ」のような高強度素材ワームでのテストを行なってないので可とも不可とも言えませんが・・・
もしかしたらマジックの溶剤で素材がダメになるワームがあるかもしれません。
因みに普通のワームはほぼ大丈夫です♪



・・・メーカーのカラーラインナップにないカラーをオリジナルで作る・・・

そしてソレで爆釣・・・


そんなイメージをしながら作ってみて下さいませ♪





バンダナバンバンバン