「それゆけアジング」しつつ「闇ヲ徘徊ス・・・」 その14

 2007年4月22日

バンダナです。

昨晩、広島より「KIYO氏」改め「おうじろう氏」来岩。

以前より予定していた「それゆけアジング」を決行。
天気の悪化が心配されたものの「極端な悪化は無い」と判断してました。
雨はいつものコトだし♪

「大島」「上関」数秒悩んだ結果「上関」に行く事に・・・
前回の「それゆけアジング」で良いサイズをゲットした港を先ずは攻めてみるもアタリ無し・・・
それでも「おうじろう氏」はメバルを数匹ゲットしてましたがワタシにアタリは皆無。

波止を散々ウロウロした挙句、移動する事に・・・

因みに週末だけにアングラーの人数は「尋常ではありませんでした」
ココまで多いとは・・・

次なる港でも「AZING」を展開。
定番リグである「ピノリグ」を遠投してボトムをチェックするもヒットしたのは小型の「あじ」
それも「超単発・・・」

因みに「おうじろう氏」はココで「めばる」「きつねめばる」↓をゲット♪

↑↑この画像は「おうじろう氏」のブログ「Someday-Somewhere!」より拝借♪

薄明るい外灯周りには恐らく「めばる」であろうシルエットが時折映し出されてました。
リグが根掛かりロストしたのをいい機会にチョイ狙ってみる事に・・・

しかし、ヒットしたのは思わぬグッドサイズの「あじ」

「あじ」はひょっとして「表層」???
それからは徹底した「表層打ち」

一瞬の変化を捉えてフッキングに持ち込むと単発ながら「あじ」の良型がヒット♪

因みに「生きたあじ」のブツ持ち写真は無し。
だって「ドタンバタン」して撮影し難い&手が「ギトギト」になるし・・・ササッと〆て水汲みバケツにIN。

んで「あじ」に混じって良型の「めばる」もお目見え♪

↑↑この位がこの港のスタンダードサイズ(16~18cm)

最大は22cmでした♪↓↓

「あじ」ばかりに気を取られてましたがやっぱ「めばる」も楽しいっす♪

この日は「強風」になるであろうと大体の予測をしていたのでPEライン→フロロラインにチェンジしてましたが「大正解」

反面、PEオンリーの「おうじろう氏」はやや苦戦中・・・

「風対策」の為にジグヘッドのウエイトを重くすれば「ターゲットのレンジを外れてしまう」のと「ノーカンジ(自然)なスイムが出来ずバイトしてこない」の悪循環に陥ります。
・・・かといって軽いジグヘッドだと風に流されるPEラインに引っ張られて思い通りのトレースが不可になってしいます。不自然な動きにもなりますし。
今回は「ライン」の差が釣果に大きな差をつけた典型的な一夜となっておりました。

そして、明らかにこの夜の「ターゲット」は表層を漂うようにしている「エサ」を食ってました。
それは「あじ」も「めばる」も同様・・・ついでに「しーばす」も(瞬殺されましたが・・・)



今回のテーマは「風対策」
常に吹き続けているようにみえる「風」ですが吹き方には強弱の「間」があり弱くなった瞬間にキャストしてラインメンディングしてリーリングする・・・コレが「風対策」の一つ。

それと「立ち位置」を意識する事も・・・
自分がトレースしたいラインと風がいいカンジでリンクするように「自分から動く」というのも大事だったように感じます。

昨晩は終始ウロチョロしてました。



その甲斐もあって非常にゲーム性の高い一夜を過ごす事が出来ました。

←クリックしたら拡大します

お客さんにはいつも「アジング=ボトム狙い」と言ってますが、そうでない状況もあるコトを再確認した釣行になりました。

次の日(今日)が仕事の為、途中で納竿となりましたが、魚や潮の状況からいってもこの日は夜明けまで十分に楽しめたことでしょう♪

「おうじろう氏」お疲れ様でした♪
また近い内に・・・



この日は「スナメリ君」が港近くに居ると先行されてたアングラーの方よりお聞きしました。
んで、沖の方で「プシュープシュー」いってたのを「おうじろう氏」が聞いてました。
ワタシは全く気付きませんでしたが・・・

基本的には「魚を散らしてしまう困ったちゃん」ですが、一度は見てみたいですね♪

最新の投稿

アーカイブ

tags