「シャクリの神様(墨) + αストーリー

 2006年5月17日

バンダナです。今回チョット長いですがお付き合いを・・・。

前回のブログ「シャクリの神様」を見られた方は「またショアジギか・・・」と思われるかもしれませんが

違います。今回はエギング。

17日に出雲・大社湾にて今シーズン初のボートエギングに行ってまいりました。前日の夕方、船長より突然の電話にて三隅方面に行くハズが大社方面へとシフトチェンジ。タックル内容を大幅に変更して例のゴトク「雨の降る中」出雲へ・・・。

前回、散々な目にあったこの場所。最近は調子が上向いてきてるらしく前回お世話になった渡船屋さんに情報提供してもらったトコロ、「ボチボチじゃケド3キロ出てるよ」とのコト。
グングン上がるワタシのテンションを知ってか知らずか次の船頭さんの発した次の言葉

「でもココ2日位は良くないねー」

・・・同行者には黙っておこ。

船にタックルを搭載してポイントへ。前日の天気予報は「雨」。降水確率も高い。それに平日。
それなのに各有名ポイントに人・ヒト・ひと。皆狂ってます(笑)
後日分かったコトですが、各ポイントに立ってた多くのアングラー
「約半数が知ってるヒト」でした。

前からウスウス思ってましたが「やっぱ皆さんクレイジーですね(笑)」

船の良いトコロは「ポイントが無限に広がる」コト。ただそれだけなんですが、どれだけの威力を持ってるかはやった人ならお分かりだと思います。
「岸からのバス釣りがボートからの釣りに変わった」
「岸からのシーバスやチヌをウェーディングでやってみた」
といったカンジでしょうか。

悪い部分もありマス。
「ラインは常に動いている」
「船のポジションが安定しない」
釣りという動作以外の手間(金銭面とか)がかかる」
「酔う」
特に最後のは人によっては死活問題。ワタシもその1人デス。

この日は幸いなコトに「微風・ベタ凪」心配してた「雨」もそんなに降ってないデス。

定置網付近でキャスト&シャクリ。常にラインが動く船上ではラインの動きに集中・・・。

高まるコンセントレーション。相変わらず寝てないのでヘンにハイになるテンション。

またまた来られました。神様シリーズ。

エギだからやっぱ「シャクリの神様」か。でもジグの時とはちょっと別人(親戚?)
船長の言葉も「無視」。周りの状況や揺れる船、降ってる雨も「完全無視」
傍からみればやはり「何かに取り憑かれてる」ように見えてるハズ。

動き続けるラインの微妙な変化を捉えて「ガン!」とアワセると


2.3㌔捕獲。

船中ちょっとしたお祭り騒ぎ。前回(1年前)にアオリ1ハイで終了した船長が連続ヒット。初めてエギングロッドを握られた同行者の方が初ヒット・初ゲット。サイズも殆どがキロアップ。


釣れたらとりあえずイケスへ。
弱ったり掛かり所の悪かったアオリ君は〆てクーラーIN。

皆ホクホク顔で帰港。「神様」もいつの間にやら離脱されてました。


釣果の一部
いやー楽しかったッス。


その日の夕方・・・・

三次の実家に帰っていつもお世話になってる釣具店へ・・・。
今回の目的は2つ。
「自分の釣ったアオリのウエイト測定」
「数年ぶりに更新されたアオリイカの実物確認」

甲寸38センチ位。
ウエイトは2320㌘。
他1.6㌔~

只今ココではアオリダービー開催中。山の中の猛者達が日々ウエイトを競っておられます。
昨年は100名近いアングラーが参加したこの大会。今年は何人ですか?

ワタシが見る優勝ラインは「6.5㌔以上」。

2㌔オーバーを3ハイで優勝です♪

5月14日頃の集計結果。
日々記録が更新されてます。

エントリーしてる殆どが釣り仲間。彼等から釣ったデータ聞くだけで色々なコトが分かってきます。
「潮と釣果の関係」
「水温と釣果の関係」
「春アオリのポイントとその特徴」
「ヒットエギとカラー・サイズの関係」
「アオリの群れと時間の関係」
等々・・・。


んでアオリを釣ったら気になるのがウエイト。殆どの大会ルールはウエイト方式ですね。
以前、釣り場で計測したウエイトと三次で計測した差をみてみました。因みにポイントから三次までの帰着時間は最低でも1時間チョイ。

結果はキロオーバーのアオリだとウエイトの差は楽に100㌘以上は軽くなってます。それは大きくなればなる程差も大きくなっていきマス。最大で約300㌘軽くなってました。

ウエイト勝負の大会の時は保存方法にも気をつけましょう。

それを踏まえて↑の集計表画像の下から3番目に注目。
異常な数字が入力されてます。

滅多にお目にかかれない超ビッグサイズ。

甲寸48㎝  3.63㌔!!
デカイっす。ただそのヒトコトしか出てきません・・・。
現場ですぐに検量したら何キロだったんでしょうね?恐るべし。

置いてあるエギは全部4号。3号ぢゃないよ。釣られた「S氏」オメデトーございます。いいモノ見させていただきました。
・・・・んでそのアオリイカ、
何処かに「バンダナ」って名前ありませんでした?

まだしばらくは冷凍展示してあるみたいなので興味あれば是非!!

最新の投稿

アーカイブ

tags