「シャクリの神様(墨)」 その1

 2007年4月16日

バンダナです。

今年初の「シャクリの神様シリーズ」ですが・・・
「釣りには行っておりません・・・」

一応、明日行く事にはしておりますが・・・

既にビッグサイズのアオリがヒットしているとの情報が飛び交っており、「パゴス本店」には「3.1キロの超ビッグサイズ」を持って来て頂いたお客さんも・・・

例年よりもかなり早く釣れてる様子(例年ならばGW直前~直後)

「何故早くから釣れ始めたのか?」を考えると大体の方が思われるのが「水温」
・・・因みにワタシも「水温」が高い為と思っておりますです。



※ここからはワタシの今までの経験による「憶測」も含まれてます・・・

「産卵」という行動に関しては「水温」が非常に大きなウエイトを占めるのは言うまでも無いかと・・・
おそらく「適水温」になったらあとは「潮」の状況(大潮というのが定説)で産卵を開始するものと思われます。
モチロン「適水温」になったからすぐ産卵・・・とはならないでしょうが水温が徐々に「適水温」に移行しつつあると「あおりいか」も産卵に適した場所(藻場等)に徐々に移行するものと思われます。

さて、さっきから出てる「適水温」って何℃?
色々な説が出てますが大体「17℃前後」から上が「適水温」と言われてるようです。
因みに「山陰」で普通に「春あおり」を釣ってる時の水温は「15℃」から上です。「16℃」あればまず間違いないです。
「産卵」には「17℃以上」必要かもしれませんが「あおり自体」が接岸するきっかけになる水温は「15℃」と言うのがワタシの見解です。

さて、去年の今頃の「山陰」の水温って?
「気象庁」のホームページに大変便利な「日別海水温図」がありましたのでチョイ「引用」させて頂きました。

↓コレは「2006年4月16日」の水温

※画像はクリックしたら拡大します。

毎年「春あおり」の時期に差し掛かるといつもこの「海水温図」を凝視しておりますが特に気にしてるのが「15℃」の線
去年の今頃はまだ九州方面までしか進出してませんね。
コレより10日後の「2006年4月26日」に「山陰エギング」に行ってましたが「返り討ち」にあっております・・・

↓お次は昨日(2007年4月16日現在)の「海水温図」

既に「山陰エリア」まで「15℃ライン」が進出してます。
去年ならば「いつ頃」の状態なのか?見てみたら・・・

↓2006年5月10日の水温と酷似してました。

因みに「去年の5月10日」前後は既に「春あおり」が多数ヒットしておりました。
「水温」だけ見たら「今年のスタートはかなり早い・・」と言う予想が十分に成り立ちます。
実際に釣れてますしね♪

昨年、5月18日のブログ「シャクリの神様 VersionⅡ +
 αストーリー」
でワタシが「良い思い」をさせてもらった時の海水温はこんなカンジ↓↓

この頃はバンバンヒットしてました。
完全に「春あおりシーズン」真っ最中♪

この時の釣果は↓↓

MAX2.3キロでこの他にも多数ゲット♪
この釣行は「島根半島(出雲方面)」
そして実家の釣友は三隅方面で3.8キロの激烈サイズを釣っておられました。

既に「水温上」では「春あおりパターン」に突入してると確信しております。
その「水温」以上で安定してくれれば尚GOOD!

・・・しかし「水温」だけが全てではないのもお忘れなく・・・

ただ、こういった「要因」を1つ1つパズルのように組み合わせて導き出した「答え」で実際にヒットしたら非常に楽しいですね♪



因みに本日(17日)、「本店テンチョー」と「本店店員オキタ」が「三隅方面」に行ったそうですが撃沈してました・・・今日はまだ天気が良く無かったですね(今日は爆風)
「浜田」で「こういか」をゲットしたと聞いております。

「浜田の各港」では「こういか」が比較的簡単にヒットします。
「あおり」にフラれたら「こういか」に慰めてもらうのも良いかと・・・

明日はドコに行こうか・・・?
「めばる」も気になる・・・



【お知らせ】
明日(18日)は「パゴス岩国店」は定休日です。
ワタシは明後日(19日)もお休みしておりますので19日は「ゲーリー重森」「1日店長」をしております。
是非遊びに来てください♪

19日は「ポイント2倍DAY」です!!
「買う」のも「売る」のも全て「ポイント2倍!!」

ヨロシクです♪

ワタシは山陰釣行後、「それゆけ実家」です。
釣行結果は後日UPします♪

最新の投稿

アーカイブ

tags