シャクリの神様『山陰ショアジギング編』(バンダナ釣行記)

 2008年7月3日

バンダナです。

昨日はお休み。

ふと、

釣れても釣れなくても

「思いっきりキャストして」

「思いっきりシャクりたい」

・・・という気分になったので、

「ショアジギング」に行ってみる事に。

事前に状況をチェックしてみたトコロ、「三隅」でチョイと前に「マメヒラ」がジグにヒットしてたらしい・・・

「三隅火電波止に決定♪」

・・・ホントは朝から行くつもりだったのですが、前の日に寝るのが遅くなってしまい起きたらAM11:00過ぎ・・・

ほいでもって出発がPM2:00過ぎ・・・

・・・ま、いっか

そして「三隅」へ到着。

いつもお世話になっている「中本渡船さん」の船にて「火電波止」へ・・・

午前中は雨も降ったみたいですが、ワタシが波止に立った時は「曇」時々「太陽」

南風で「蒸し暑いっす・・・」

海はベタ凪

波止にはワタシ一人・・・

「貸切です♪」

せっせと準備してキャスト開始。

難しいコトを考えず思いっきり「投げて」「シャクる」

久々のショアジギなのでカラダがついていかずとってもしんどくて辛い中にも「爽快感アリ」

しばらくシャクり続けていた時、ふと気が付いた。

内側で何かが跳ねてる・・・

一瞬「ボラ?」と思ったものの数が多く何かを追ってるみたい。

早速チェックしてみたところいきなり「ヒット!!」

・・・が「姿見ず」でバレた・・・

その後も続く「プチナブラ」

そして遂にキャッチ!!

正体は「サゴシ」でした。

サイズは60あるなしってカンジです。

・・・もうチョイ頑張れば「サワラ」やな・・・

コンディションは非常に良く引きも良いナイスな魚体です♪

「正体」が分かれば「シャクリパターン」も決定。

「ワカナ」「ヒラマサ」よりもスローでストップをチョイ長めにとり表層を意識しながらアクションすると「ゴツン!!」

思い通りの展開なので「楽しいっス♪」

・・・その頃「外側」では・・・


大量の「油」が・・・

何かあったのか???

これで外側のゲームは断念して内側の「サゴシ狙い」に的を絞るコトに。

「潮目」「ナブラ」「ベイトの動き」を視認しながらキャストすると高確率でヒット。

・・・結構高確率でバレもしますが・・・

船長には「7時頃には帰ります」と言っておりましたがついつい「延長」

陽が完全に沈み闇が辺りを包み込む頃にやっと「納竿」

「投げるだけ」「シャクるだけ」と思って行った今回のゲーム。

終わってみたら「意外に大漁♪」

長い波止をウロウロ、時には走ったりしてシャクり続けたのでヘトヘトになりましたが思いっきりリフレッシュできましたです♪

「少々遅くなってもいいよ」と快く言ってくれた船長、「ホントにありがとうございました♪」

「次は遊漁(根魚ジギング)」のほうでヨロシクお願いしますね♪



今年は「春のショアジギ」が不調だった山陰。

少しずつですが「復調の兆し」が見えてきたのではないか?と思いますです。

是非釣行してみてください!!

最新の投稿

アーカイブ

tags