月一定例釣行4・それゆけアジング「大荒れの山陰にて」(バンダナ釣行記)

 2013年12月17日

バンダナです。

少々ネタが古くなっておりますが・・・
12月12日に山陰入りしておりました。

毎月恒例行事となっている「ファイブコア・安部さん」との釣行でございます。

直前まで「山陰か瀬戸内か?」で悩んでおりましたが山陰でもゲーム展開できそうな天候に推移しており山陰釣行を決定。
出発前に「キミッツさん」でお好み焼きを食し、いざ出発です♪

荒れてるのは間違いないので先ずは「ヒラセイゴ」から狙ってみるかな・・・

いつも通り高速を使って浜田へ・・・ではなく、今回は戸河内ICまで高速を使い、そこからはR191を使って益田市に入るプラン。
道中は予想していた程の雪が無く、安部さんニコニコでワタシはガックシ。
7

それでも山間部はマイナスの世界。
深夜早朝はカチコチやな・・・

車内で「あーだこーだ」言ってるとあっという間にファーストエリアに到着。
予想よりも荒れてませんがそれでも雰囲気はいいカンジ・・・
「雰囲気だけはね」
期待値マックスでキャストを繰り返すも反応一切ナッシング。

早めに見切りをつけて次のポイントへ・・・とその前に湾奥の外灯下が気になった。
「ちょっとチェックしてみますか?」とキャストしてみたトコロ・・・
5
超ミニマムなアジゲッツ♪

中々ノらないもののバイトは頻発。
それが二人のテンションを高めてゆく・・・(爆)
「5cm前後のアジしかいない」のは分かっているのですが、そのアジを何とかして連発させようと試行錯誤。
4
浜田のアジは表層の小さなベイトを捕食していることが多かったので、今回シークレットとして極小ジグヘッド+極小ワームを持ってきてたのですがココで活躍するとは・・・

使ったのはヤリエさんのジグヘッドとワームの「極小コンビ」
ajimebaami_1amibaits_1
「ヤリエ・アジメバアーミー NO.647」
「ヤリエ・アーミーベイト NO.691」

かなり小さいので釣り場でセッティングするのは難しい(っつか面倒)と判断、予めジグヘッドにセットして持って行ったんですが大正解でした♪
お互いに「次に行きましょう」の言葉を発する事無く黙々と豆アジとの対決を繰り広げております・・・(爆)

・・・で大幅に時間をロストしてしまったとゆー・・・

次のエリアへの移動を決意した時点で日付変更線がかなり目前に迫っておりました(汗)
予定ではテンポよくランガンして浜田にかなり近づいてるハズなのに。

次は安部さんお気に入りの港でございます。
ヒラセイゴの実績がそこそこ高く、足場も良く、外灯も良い感じで照っており・・・のまさしく「安部さんポイント」でございます(笑)
910

外灯下にはセイゴの影が多数。
キャストすると直ぐに反応があるものの釣れるのは手の平有る無しのセイゴ君ばかり。
それでも楽しめてしまうのはライトタックルを持ち込んでいるせいなのか?それとも安部さんと釣りしてるからなのか?
安部さんは「ラッキークラフト・ストリームドライブ35HD(FC55カラー)」でヒラセイゴゲット♪
対するワタシは最初からヘタレて「バークレイ・ベビーサーディン」をチョイス。
フッキングに苦戦する安部さんを尻目に連発させるもののサイズは相変わらずでございます♪

ひとしきりキャスト&捕獲を繰り返すと反応が突然ストップ。
すぐに完全沈黙状態になり、ここで見切りをつけて移動する事に。

既に日付変更線は突破。
浜田港内のアジは「深夜に機能するよーな気がしている」のでこのタイミングで一気に浜田に戻りアジングを展開。
ついでに明暗部で何度も目撃したシーバスも狙ってしまおう・・・と思ってたら目的の波止が真っ暗・・・
何かトラブルがあったのかどうかは不明ですが、全ての外灯が消えてました。

仕方が無いので別の波止にIN。
ココがこの日最後のポイントとなっておりまする。

気を取り直して・・・と思ってたら今度は背後からの強風。
時折突風状態になり、追い風ながらも釣りが展開しにくく四苦八苦。
それでも狙いのスポットにキャストが決まるとアジからの反応が・・・♪
3

最後に「アジングらしいアジ」をゲットして二人してご満悦♪

そんな我々の目の間では単発ながらボイルが発生しております。
よく目をこらして見たらアジではなさそう・・・
水面のナニかを目がけて反転食いしている様はまさしく「メバル」であり、何とか釣ってやろうと試行錯誤。

その内、沖合では雷がピカピカし始め、突風と共に大粒の雨がバチバチ叩きつける始末。
なんだか釣りが修行じみてきた・・・
それでも雷はまだ遠く、雨は短時間に降ったり止んだりをリピートしておりましたのでゲームはこのまま続行。

捕食対象となっている「水面のナニか」はおそらくアミとかそういった極小のベイトに違いない・・・
「それならば」と再び「極小コンビ」をセット。
その目論見は見事に的中し、水面直下を走る極小コンビに黒い影がバイト!!
11
・・・でその正体はヒラセイゴ君だったとゆー。
てっきりメバルだと思ってましたがコレはコレで十分にアリでございます♪

その後、雨足が強まり、突風ビュービュー時間が長くなってきたのでココでギブアップ。

2
(写真は帰りの道中に撮ったものでございまする)

豆アジに時間を費やし・・・浜田では風と雨に邪魔され・・・で一部修行の様相を呈しておりましたがお土産としては十分!
本当はもっとたくさん釣って頂くつもりでしたが、時間も天候もタイミングも選べない我々にとってこれがこの日最高のパフォーマンスだったかと。

「いや、時間配分をもっとよく考えたらもっと良い結果になってたのでは・・・」

それもそうなんですが、安部さんとの釣行は「楽しさ一番・釣果は二の次」なのでございます♪

8
この日の締めは「ローソンうどん」
個人的に「野菜かき揚げ」がツボっており、いつもトッピングしてるんですが、かき揚げのサイズが大きくなっておりました。
それだけでハッピーでございます♪

結局、うどんを食した後の撤収開始が13日午前3時頃で、広島に戻ったのが午前5時前・・・
次の日の仕事は・・・まぁ中々にハードでございました(爆)

安部さん、今回もお疲れ様でした。
次回もまた再び「楽しみ&修行」しましょう♪

荒天続きの山陰では良いカンジに海が掻き回されておりいよいよ冬の海に変貌しつつあります。
山陰メバルに関しては相変わらず苦戦を強いられる方が続出している感がありますが、懲りずに「攻めの釣行」でいきましょう!!
・・・そう言ってるワタシ自身がメバルに関して少し守りに入ってるんですけどね(爆)
ワタシは他の釣りで攻めに転じたいと思っておりまする。

さて、次はドコでナニ狙おうか???

最新の投稿

アーカイブ

tags