釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

まだいけます!!野池フロッグゲーム!!(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年10月14日(土)

22448536_1591326797618613_406200840723770575_n 

前回の釣行から1週間後、少し季節が進んだかなー、と再び東広島の野池に行ってきました。
でも、この日は晴天で、菱藻もまだまだ残っていたので、とりあえずフロッグからスタート!
22489840_1593878944030065_7421535987455676668_n

前回のヒットフロッグ「テッケル/スプリンカー」でリトリーブ多めでサーチしていきますが反応がありません。
そこで、小刻みなストップ&ゴーの夏っぽいアクションに切り替えると、
「ドバーン!!」
と、菱藻から全身を出して派手にバイト!!
しかし、惜しくも乗りませんでした!
おかわりしてくれないかなと、何回もしつこくバイトした周辺にキャストしましたが2回目はありませんでした。

ただ、反応するアクションがわかったので、同じ動かし方で流れ込みが絡む菱藻の上を通すと、今度は、
「ゴボン」
と口だけ出して吸い込んだような控えめなバイト!
魚が乗ってることを確認してフッキング!!
菱藻に巻かれないように一気にランディング!
少しやせ気味でしたが、49cmのナイスバスでした!

22450091_1591326944285265_481641487468081531_n

そのままの勢いでキャストしながら対岸まで進み、岸と平行にキャストすると
「ゴボッ!」
フッキング後は菱藻の上を滑らせるように一気に寄せて抜き上げ!
背中が黒くてシャローのバス!という感じの49cmでした!
22448331_1591327007618592_7895233154701692545_n

22405728_1591326870951939_7478401315519072116_n

そこからは少しオープンウォーターも出てきたので、スピナーベイトやチャター、クランクなどを投げましたが反応なし。
22448510_1593879004030059_5896648994323200990_n

日が出てきて気温が上がってくると岸寄りの菱藻にも反応がなくなったので、沖の菱藻に狙いを変えると派手にバイト!
菱藻に巻かれながら何とかキャッチ!
45cmの綺麗なバスでした!
22365695_1591327067618586_9124629375128154489_n

この時点で昼過ぎでまだまだ釣りができる時間でしたが、フロッグにも反応が悪くなり、翌日に三隅の火電波止に釣行予定だったのでここで終了としました!
が!帰宅中に翌日の釣行は荒天予報のため中止の知らせが・・・。
こうなるんだったら夕マヅメまでがんばればよかったです・・・。
ですが、昼過ぎまででフロッグで40UP3本と、なかなかの釣果に恵まれました!
ここ最近の雨が気になりますが、菱藻が残っていればまだフロッグがいけそうな感じでした!
そして、ウィードが減ってきたら大好きなマキモノのシーズン!
冬までまだまだ楽しめそうです♪

秋のマキモノ・フロッグゲーム!(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年10月04日(水)

マリホ店増田です!

トラウトが禁漁を迎えトラウトロスを患っておりますが、釣り物が多いこの時期にクヨクヨしてはいられない!
ということで、春以来のバスフィッシングに行ってきました!
場所は東広島の野池。
弟2人も行く予定でしたがドタキャンされ、単独での釣行です。

まずは、八本松の野池からチェック☆
2箇所見てみましたが、1箇所は春から続く水位調整による減水で状況悪し、もう1箇所は先行のアングラーがアリ!ということで西条エリアへ。
ここも人気の野池ということもあり、仕事前の朝連に来られた先行者さんが1名。
地元アングラーさんアツいです!!
ですが、ちょうど僕と入れ替わりで出勤されたのでジモティーさんのアツさに負けじと釣り開始!
朝晩は肌寒く秋の気配ですが、まだ菱藻が水面のほとんどを覆っていたのでフロッグからキャスト!
テッケル/スプリンカーというスカートの代わりにエラストマー素材のテールが付いた、ただ巻きに特化したタイプで広い菱藻エリアをサーチします!
IMG-00001-16

ポロポロポロ♪となんとも美味しそうな音を出してくれます。
投げては巻きを繰り返していると、前日の雨の影響で水量豊富になっている流れ込みに到着。
流れ込みの流れが効いている範囲はポッカリと菱藻がなく、そこから先は菱藻密集地帯、流れ込み周辺は葦や倒木などが絡んでいるいかにもなポイントです☆
先行のアングラーさんのロッドにもフロッグが結ばれていたので、キャストされた後だったらダメかもなー、と思いつつ、ポイントから少し距離を空け、とりあえず流れ込み沖の菱藻密集地帯にキャスト。
菱藻の上で出なくても、追って来て菱藻の切れ目で出るかもと期待しましたが反応無し。
そのまま流れ込みまで巻き、立ち位置からフロッグが見えませんが、流れ込み直下で提灯釣り状態で「チョンチョン」とアクションをつけると
「ドフッ!!」
重みが乗ったのを確認してフルパワーでフッキング!!
護岸の角でPEラインが擦れているので急いで魚の所へ駆け降り、アゴを掴んでハンドランディング!
デカイ!
フロッグが見えないと思ったら喉の奥の方まで丸飲み状態でした!
22196333_1581104718640821_2089993392238734649_n

確実に50cmいったと思いましたが、キッチリ測ると49cmでした!
でも久々にエキサイティングなファイトを楽しめました!

22181264_1581866515231308_6695828681487747750_o

その後、秋晴れの気持ちいい天気の中フロッグを投げ続け、数回バイトがありましたが乗らず。
そのうちバイトもなくなったので黒瀬方面に移動しました。
22196112_1581105061974120_2769587478883479091_n

そこは菱藻がなく、良い濁りが入っていたのでマキモノをキャスト!
スピナーベイトとクランクに元気な小バスくんたちがアタックしてくれました♪

22090188_1581866405231319_1150970401631538812_n

22090197_1581105021974124_5059368096536082457_n

22221512_1581104918640801_1913808042504445334_n

小バスたちと戯れていると気付けばもう夕方前。
八本松方面に帰りながら、ラストに気になる野池に立ち寄りました。

チャターを巻くのに丁度良いウィードの生え具合だったのでミブロのコブラチャター3/8ozをキャスト。
ウィードを抜けた瞬間にロッドに重みが乗りました♪
よく走るナイスファイト!
このバスもバイトが深かったです!

22141054_1581104845307475_260164098413536006_n

45cmくらいのグッドサイズでした♪

22220052_1581866268564666_385459350466012248_o

トラウトに夢中になっていてしばらくバスフィッシングに行ってませんでしたが、大好きな秋のマキモノシーズンに突入しているようでした♪
菱藻が残っている池もあり、フロッグゲームもまだ楽しめそうです!
ソルトの釣りも気になりますが、また機会をうかがって行ってみようと思います!

最後の川歩き。(エース池内釣行記)
2017年09月30日(土)

9月29日、今季ラストとなるトラウト釣行へ行ってきました。

気温は20℃、渓流の澄み切った空気、ウェーダー越しに伝わる水の冷たさからも秋の深まりを感じる。
今年最後の川歩き、一本一本の流れを噛み締めるようにラスト釣行はスタートした。

IMG_4454

流石にシーズン終盤、人目に付き易い場所はどこも魚からの反応は薄い。
川が蛇行して道から外れたり、エントリーにてこずる様なポイントに入ると直ぐに反応が返ってきた。

IMG_4450

ハイシーズンであればなんとも思わないこんな可愛いサイズでも、秋の魚は別格。
小さな体もしっかり秋色に染まっていて一尾一尾、見とれる様に写真に収めていく。

IMG_4463

支流を夢中になって遡上していき気が付けば頂上付近。
分水嶺に差し掛かり別の支流へ移動した。

IMG_4448

ひと際透明度の高い、里川の雰囲気が癒される支流では艶やかなヤマメが遊んでくれた。

22050159_1297465220383229_273102198928980481_n

パーマークのコントラストもくっきり、どのヒレもピンッと張りがあり傷ひとつ無い綺麗な魚に見惚れる。

IMG_4460

少し釣り上がると反応がパタッとなくなったので遅めの昼食を取りながら夕方に入る川を模索する。

入口から薄暗くひとりでは心細く今まで入渓を躊躇っていた支流に入る事に。
いざ入ってみると入口の薄暗い区間は直ぐに終わり、木々の隙間から日が差して奥は思ったより明るかった。

ここの支流は他より2℃ほど水温が低い。
赤い差し色が入った綺麗なヤマメが秋の付き場から飛び出してきた。

じっくりと1kmほど遡上してみましたがこの後、一尾のヤマメを追加して薄暗くなってきたので終了。

IMG_4453

帰り道に本流の気になる場所を数箇所摘みながら打っていく。
渓流ロッドでは心細い様な流れで大き目のミノーをターンさせた瞬間にドンッ!と何かがバイト。

そのままロッドを起こす事ができずに魚体に巻かれラインブレイク。。
正体不明の衝撃にしばらく手の震えが収まらず、その後少し粘ってみるもその一発限りでした。

IMG_4465

最後は本流上流部で夕暮れの中、上流から何かがドンブラコと流れてきた。
一瞬何かの木の実?と思いましたが独特なシルエットにすぐ気が付きました。

この時期にしてはかなり珍しいカブト虫の雌!

カブト・クワガタ好きな自分に渓流の神様が勘違いしてラストにカブト虫をプレゼントしてくれたのかもしれませんね。笑
このカブト虫を近くのナラの木にそっと返して今シーズンの釣りは終了。

IMG_4470

最後も綺麗な川で気持ちよく釣りが出来た事に感謝しつつ収竿。

今年も早春のサクラに始まり春から初夏はサツキ、その後は渓流と2017シーズンもあっという間に過ぎていきました。
大きな怪我やトラブルも無くシーズンを過ごせた事に感謝します。

年が変わればシーズン開幕は意外と早く訪れます、2018シーズンも先ずは早春のサクラマス!
トラウトアングラーの皆さん、一年お疲れ様でした!来シーズンも一緒に夢を追いかけて川に立ちましょう!

goodbye2017stream

2017年トラウトシーズン閉幕!(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年09月29日(金)

マリホ店増田です。

解禁から4月まではサクラマス、5月と6月はサツキマス、それ以降も他の釣りにほとんど浮気することなくトラウトばかりを追いかけた今シーズンもいよいよ今月いっぱいで禁漁を迎えます。
切ない思いを抱きつつ、今週の連休ももちろん渓流へ行ってきました。

場所は鳥取県日野川。
自宅から約2時間半かけて到着すると、先週の雨による増水も落ち着き平水まで戻っているようでした。

朝は本流からトライ!
3年前からこの川に通っていますが、いつも支流ばかりで、本流をまともにやるのは今回が初めてです。
駐車スペースを見つけ、いざ入川!
いきなり良いポイントが連続して現れましたがどこもノーチェイス。
その上の緩い瀬の先にあるポイントに数匹溜まっていて、良型のチェイスもあったんですが、小さいながら1尾キャッチしてホッと一安心。
22050272_1573317219419571_7692015682744529001_n

そこから魚影が濃くなったんですが、良型はチェイスのみだったり、ようやく掛けてもバラしたり・・・。
堰堤を越えて、その先の良さそうな落ち込みでもノーチェイス。
そして、その落ち込みの上のポイントへ。
1枚の岩盤のような地形で、右岸側が流れ込み下からえぐれたように深くなり、一気に駆け上がっています。
立ち位置は左岸からのアプローチ。
手前が浅く足元まで追わせられそうにないし、誘える距離が短い。
アップクロスでキャストして、ソウルズ/バラッドRⅡ(黄色マッキーでゴールドカラーチューン笑)のアクションを活かしてネチネチと首を振らせるように誘うと、大きな魚影が駆け上がり手前で浮き上がった!
22045626_1573683179382975_8315121703564903350_n
そこからは無我夢中!
「食ってくれ・・・!!」と願いながら、それまでより必死にロッドを動かしミノーにアクションを加える!
駆け上がりまでミノーが来て、もうダメかと思ったところで、駆け上がりの上に体を乗せてミノーに食いついた!
手前は浅く、ネットインできるほどの水深がない!
フッキングの勢いそのままに浅瀬に上げ、ロッドで魚を持ち上げネットイン!
やった!!
荒い呼吸のままネットの中を覗くと、鼻が落ちた雄の顔が見える!
22045667_1573702256047734_921065585910285949_n

自分と魚も落ち着いたところで、魚を浅瀬に置いて記念撮影。
尺を少し超える雄のアマゴ。
オリーブにもブルーにも見える背中に、パーマークに滲んで少しピンク掛かった朱点、背中の黒点の多さ、はっきりと残ったパーマーク、腹部の小さなパーマークの数、整った鰭。
本来はヤマメの川のはずだけど、そんなことが関係なく思えるくらい個性的でかっこいい魚でした。
もう少し季節が深まれば、さらに良い色になりそうな、そんな魚でした。
21768299_1573314246086535_7288227865494272240_n

22049902_1573314336086526_5896780364224006227_n

21766789_1573317052752921_7305666872772747712_n
22007315_1573314156086544_3490912753773406916_n

そこから先も気になりましたが、翌日一緒に来る弟のために残しておこうと思い、ここで退渓しました。
良い魚が釣れて心に余裕が出たので、景色を撮影しながら車まで戻りました。
少し前まで緑一色だった山は、少し黄色や赤が増えはじめ、季節が変わっていることを感じさせます。

21768076_1573316216086338_8900582479215549789_n
21766864_1573315972753029_3637431452808343254_n

車に戻ると、次は支流へ向かいました。
入ってすぐのところでかわいいカエルがお出迎えしてくれました。
21768182_1573315862753040_2967304007043963661_n

先週入ったときは尺アップのチェイスがありましたが、今回はノーチェイス。
いつもは最初の堰堤までで切り上げるのですが、調査も兼ねてさらに上を目指してみました。
堰堤から上は違った渓相になり、雰囲気、水色ともにとても良い感じなんですが、所々に釣り人の足跡があるせいか反応は全くなしでした。
22045830_1573315769419716_382401363637872751_n 

それでもさらに堰堤をいくつか越えて釣り上がると、浅いけれど雰囲気のある区間になりました。
白泡にブッシュが絡むポイントにキャストして誘うとヒット!

22007509_1573315306086429_7136243898934936405_n

綺麗なゴギが釣れてくれました。

21768320_1573315366086423_7389887996886001787_n

22008475_1573315646086395_5678687656383674450_n

ここからはゴギとイワナの棲み処のようで、シンドラー/ウシワカのカラーに似た体色の魚たちが所々で飛び出してくれます。
21768171_1573314586086501_2248443610494387181_n

相変わらず良いサイズをバラしたりしながら釣り上がると、魚止めの堰堤に到着。
どうやら数尾溜まっていたようで、4回ヒットさせて1キャッチという結果でした。
キャッチした1尾も撮影前に逃げられちゃいました。

22045764_1573314799419813_936543015472916476_n

ここでこの支流も一区切りといった感じで退渓。
まだ数時間釣りができる時刻ではあったんですが、次の日もあるので体力とポイントを温存しておこうと思い、道の駅で世界一になったことのある大山Gビールを買って帰宅しました。
22007649_1573314689419824_2162033909206516677_n


翌日は弟を乗せて、綺麗な朝焼けの中、再び日野川へ。
22008137_1574803745937585_8450059424205523403_n

まずは、前日に反応が良かった本流の区間から釣り上がります。
22007933_1573313942753232_2891162505056705399_n

僕は前日に尺アマゴを釣っているので、弟優先で行ってもらいます。
さすがに前日歩いているので反応は落ちていましたが、それでもチェイスがあり弟がファーストフィッシュをキャッチ。
そして、前日の尺アマゴポイントでは何もなく、そこから上の区間へ突入。
いつデカい魚が飛び出してくるか期待していると、オーバーハングの下に深みがある美味しそうなポイントが。
ふと、その美味しそうなオーバーハングを形成している木を見上げると、ポイントと同じくらい美味しそうなアケビを発見! 笑
2年前、重森さんとお客さんのSさんと別の川へ釣行したときに、自生しているものを食べて美味しさを知って以来、釣りしながらたまに上を見上げて探していたんですがここで発見!
ポイントを弟に釣ってもらったあと、今日イチのテンションで木によじ登り、手を目一杯伸ばしてキャッチ&イート!笑
まったりとした甘味で美味しかったです♪

22008456_1573313539419939_6933846373290789418_n

秋の味覚に舌鼓を打ちながら釣り上がると弟にヒット!
ヤマメとアケビを並べて撮ったみたいです。笑
アケビの大きさが15cmくらいなので余裕の尺ヤマメ!
な訳ないですね。笑 かわいいサイズの綺麗なヤマメでした。
22008130_1574803789270914_7941966687239395373_n

そこから上も雰囲気の良いポイントが続きます。
21766301_1573313766086583_5728734336803360073_n

楽しめる程度にチェイスとヒットがあり、肩の力が抜けている僕は、シーズン中あまり使っていなかったミノーを投げてみたり。
その中のひとつ、ダイワのシルバークリークミノーがとても良い感じでした♪
1000円以下の価格でアルミ貼り、ヒラ打ちで良く光ってくれます♪
21768188_1573313669419926_3903062171155721393_n

そして、確信部手前の良さそうな流れでまずまずのサイズが僕にヒット!
ルアーは、今年からパゴスが新たに取り扱いを始めたザンマイ/ソリスト50MDⅡ(こちらも黄色マッキーチューンしてますw)。
まだ使いこなせてませんが、他にないアクションでポテンシャルが高そうです!

22007907_1573312922753334_699369860128734223_n

その後、確信部、その上の堰堤もやりましたが、魚は出てきてくれず。
退渓して昼食休憩して、支流に向かっていましたが、途中の本流が気になりプランを変更。

21951028_1573312666086693_1839506575358747564_o

するとすぐに弟のロッドに反応が!
本流らしいシルバーが綺麗なヤマメでした。

22008465_1574803865937573_4190837411624199023_n

そこから本流をラン&ガン。
そのうち1箇所で尺を超える魚のチェイスがありましたが食わせられず。
秋の日が落ちるのは早く、夢中で釣りをしていると気付けば暗くなっていてタイムアップ。
弟に良いサイズの魚は出ませんでしたが、新鮮な本流の釣りを楽しんでもらえたみたいです。

釣りが終わってから、気になっていた根雨のチャンポン麺を食べてきました。
器いっぱいに入ったボリュームあるチャンポン麺で美味しかったです♪
21766723_1573313172753309_4604546157691682472_n

あ~、これで僕の今年のトラウトが終わってしまいました。
トラウトを始めてから一番川に通ったシーズンになりましたが、思うように釣果が出ず、振り返るとなかなか厳しい年だったなと思います。
それでも、所々で思い出に残る魚も釣れてくれて、ラストに良い魚が出て、大きな怪我もありませんでしたし、良い形でシーズンを締めくくれたのではないかと思っています。
来年は、なんとかサクラマスを釣りたいと思ってますが、この魚だけはなかなか釣れてくれないですね。
それでもできる限り川に通ってみようと思います!

10月からは、バスフィッシングも再開して、青物にアジング、そして山陰沖波戸と楽しみな釣りが待ってます♪
とりあえず、来週は山陰沖波戸でクロムツや青物などいろいろ狙ってみる予定です♪
釣れましたらまたご報告させていただきます!

2017青物遠征シーズンスタート!(エース池内釣行記)
2017年09月25日(月)

こんにちは!エース池内です!

だいぶ気温も下がってきていよいよ秋本番!ってカンジになってきましたね♪
21日に今季一発目の青物遠征に行ってきました!

ふと、最後に青物釣行記を書いたのはいつ頃かな~?と思って過去の釣行記を見ていると最後に書いたのがなんと!約一年前でした。。(汗)
その一年前の釣行記はコチラ→https://pagos.jp/?p=109889

今回は偶然にも一年前の釣行記と同じ四国南西部は愛媛県・中泊エリアの沖磯へ釣行してきました!

IMG_4211

今回ご一緒させていただいたメンバーはいつもお世話になっている破魔矢さん、オキキヨさんのお二人。
実は二日前にも同じ磯に釣行されたお二人、かなりイイ釣りをされて満足されていましたが、その釣果に触発された自分が今回無理を言って釣行日程を組んで頂きました!
前々日の深夜に広島へ帰ってきて翌日は一日お仕事をしてからその日の夜に再び四国へ出発!と考えただけでもドッと疲れそうなスケジュールを組んで頂いています!(汗)

IMG_4183

広島からの道中。
期待に胸が膨らむ自分と一昨日通ったばかりの道を引き返しているだけのお二人との温度差を感じながら・・・(笑)
5時間ちょっとかけ出船場所の愛媛県・愛南町中泊に到着。

今回も去年と同じく「しば渡船」さんにお世話になりました!

今回は3人での釣行なので二手に分かれて渡礁することに。
オキキヨさんは水道ど真ん中に位置するナカバエという瀬に、破魔矢さんと自分は一昨日も好調だったコデ島の西に渡礁しました。

IMG_4207

ベイトはキビナゴ、中層から上での反応がほとんどなのでジグよりプラッキングに分があり!と一昨日得たばかりの超新鮮なヒットパターンを教えて頂きスタートフィッシング!(笑)
岬の先端で振られていた破魔矢さんのポッパーに早速カンパチがバイト!しかし直ぐにフックオフ・・・

その後、見切りの早いカンパチ相手に立ち位置を変えたりルアーローテーションを小まめにして50cm前後のカンパチをキャッチ!

IMG_4187

自分は沖の潮目でバイトを繰り返すエモノをやっとフッキング!
派手なジャンプを繰り返しながら上がって来たのは・・・

ダツ!!(特大サイズ)


瀬戸内でチヌのトップゲームの最中などに釣った事のあるサイズとは比べ物にならないゴン太サイズ!(笑)
リーダーとプラグがズタボロになる事を除けばバイトもド派手でナイスファイターです。

IMG_4279

破魔矢さんもカンパチのバイトが遠のいた頃にダツラッシュ!
ベイトが居る事の証拠って事でプラスに捉えよう!ということでした。(笑)

IMG_4195

そして自分にも本命のカンパチがヒット!
男女群島や太平洋のオフショアで見るようなカンパチと比べると可愛いサイズですがキビナゴをたらふく捕食しているのでこのサイズでも脂が乗ってかなり美味いらしいです♪

IMG_4276

そして離れた場所で釣られていたオキキヨさんは朝一にワンキャストワンバイトで連発したそうでかなり楽しめたそうです!

IMG_4294
IMG_4288

釣ったカンパチからフックを外している最中にも捕食したばかりのキビナゴを吐き出していました!

IMG_4285

BOXに忍ばせておいた「バサロHD」を潮が緩んだタイミングで投入!
一投目からフォールでゴゴゴンッ!!とアカハタがひったくる様にバイト!
※こちらの釣りも楽しく夢中になり過ぎて青物の時合を逃す恐れがあるので要注意です!(笑)

IMG_4189

その後、終了間際には磯際を2mオーバーのサメの群れが回遊し出し、反応がパタッと遠のきストップフィッシング。
オキキヨさんの方はカンパチを血抜きしているとサメが寄ってきて最後まで磯から離れてくれなかったそうです。。(怖)

 何故か海と隔離されたタイドプールに優雅に泳いでいるハリセンボンさん。
※背ビレをパタパタして泳ぐ姿は中々の癒し系です、背ビレが奏でる音声もお楽しみください♪



恐らく釣り人に釣られてタイドプールに放たれたようで破魔矢さん曰く一昨日から居るそう。(笑)
可哀想なので救出して海に逃がしてあげた所、かなり寒そうにしておりました。。(笑)

そしてそこから広島までまっすぐ帰宅。はもちろんせずに道の駅や釣具店に寄り道!
最後は松山市内の名店でこれまた一年振りの絶品焼き鳥に舌鼓を打って帰宅♪
この寄り道も遠征釣行の楽しみの一つです♪

IMG_4240IMG_4247

今年も青物遠征のシーズンがやってきました!
日帰りでも十分非日常的な釣りが楽しめる沖磯遠征、かなり楽しいですよ♪


破魔矢さん、オキキヨさん今回は四国ピストン釣行お疲れ様でした!
次はどこ行きましょう?色々と妄想しながら楽しみにしておきます♪

7bdc71b2794d_thumb
「釣具全品」&「アウトドア用品」全力買取中です!!!
ルアー1個、オモリ1個からでも買取OKです♪査定はもちろん「無料」ですので使わなくなった釣具、キャンプ用品は是非パゴスまでお持ち下さい!
tenpo2
outdoor